志村建設専務の日々坦々

つれづれなるままに…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

京都にて その32 桂離宮 月波楼3

2013-04-04 11:52:13 | 桂離宮

屋根はこけら葺寄棟です。

Dscn2291 月波楼 見返し

数奇屋建築を語る上で、「侘び」「寂び」という言葉が重要です。

宗教的な意味合いもあるようですが、日本人古来の季節感や

無常観をベースに醸し出された、感情ないし美意識です。

日光東照宮のギラギラの権力誇示や、人を惑わす巨大仏教建築とは

対極にある建築様式で、世界でも稀有な価値観、建築様式です。

時間とともに朽ち果てそうな庵ですが、これもまた勤勉な日本人による

「手入れ」によって 後世の私達も観賞することができます。

コメント

新住協ドイツ研修旅行

2013-04-03 18:52:36 | 建築の話
 

Dscf1814 ファイスト教授の講義

 

ドイツ・オーストラリアで勉強をしてきました。

ミュンヘンでのバウメッセ(建築展示会)、

パッシブハウス協会の設立メンバーの講義をうけることが、

主な目的です。 

成田発 ミュンヘン行き全日空NH207便から話を始めます。 

隣席の客がA社の生産管理の社員で、今回の出張はドイツ工場での

打ち合わせと、チェコスロバキア工場立ち上げの現地視察が

目的とのこと。なかなかの国際人で初めてドイツに行く私に、

いろいろレクチャーしてくれました。 

A社は日本を代表する企業ですが、その物作りの心構えは

1 製品(product) 2 心(mind) 3 コンセプト(concept) とのこと

 

前置きが長くなりましたが、今回の研修旅行で一番印象に残ったのは

パッシブハウスのコンセプトでした。 製品は時代とともに進化するし、

人も世につれて変わる、でもコンセプトは…

行程6日目インスブルグ大学でのファイスト教授、冒頭での講義です。

スライドから転記すると Passive House is available とあり

 1 no Patents  (ノー パテント)

 2 no trademark !  (ノー トレードマーク)

 3 all rules and the tools have been published

(だれにでも公開されたルール、情報)

 4 everybody is allowed to built a Passive House

(だれにでもパッシブハウスは造れる)

日本だと無印なんとかと云いつつ、しっかり商売しているところも
ありますが、このコンセプトを聞いて新住協との共通点がはっきり
しました。
なぜこのコンセプトなのかと聞くと、快適な省エネルギー住宅を
出来るだけ早く多く建設する為には必要不可欠とのこと。
 
新住協の設立メンバーの鎌田先生もよく同じ話をされます。
ヨーロッパと日本遠く離れていますが、同じ志の研究者がいます。
私達はファイスト教授や鎌田教授の意を受け、日本でのQ1住宅建築を
 
推し進めなければと思いました。
 <v:shape id="_x0000_i1037" coordsize="21600,21600" type="#_x0000_t75" style="width: 3in; height: 159.75pt;"> <v:imagedata o:title="871" src="./新住協ドイツ研修.files/image003.jpg"></v:imagedata></v:shape>
Image003
高性能化に関わるコストの話は日本も同じ
ポイントは断熱材・気密・窓の性能、換気による熱ロスの低減です。
コメント