渋いっ!僕らのTokyo Jazz Cruising♪~今夜も出航!~

Live cafe & bar 池袋Apple Jump(アップルジャンプ)店主の日誌

本年最後の Apple Jump 写真館

2009年12月30日 | Apple Jump ライブ報告&諸々
12/24のクリスマス・イブから始まった、Apple Jump本年最後の5日間連続のライブをご紹介します。



12/24(木) 松本茜カルテット~クリスマス・イブ・スペシャルライブ~
松本茜(piano)、生沼邦夫(b)、正清泉(ds) ゲスト:太田剣(as)
茜ちゃんとイブを過ごそう!ということで、この日は熱心なファンで埋め尽くされました。
1月にはニューアルバム「PLAYING NEW YORK」がリリースされます。
松本茜の次回は、2/27(土)にトリオで出演いたします。


Apple Jumpの常連さんには、このシルエットを見ただけで直ぐ判りますね。手前味噌ですが、有能なスタッフのMakiです。
優秀なスタッフに恵まれていることが、今年スタートしたApple Jumpが、無事に年を越すことが出来た、一番の理由です。


12/25(金) maiko(violin)、太宰百合 (piano)
本年3度目となる当店のライブ。当店の空間にも慣れてきたようで、とても気持ちよさそうに演奏されていました。バイオリンによるクリスマスナンバーは、とても心地よく胸に響きました。勿論おはこの「リベルタンゴ」「モーションブルー」も披露されました。
maikoの次回は、2/5(金)にトリオ(宮野弘紀(g)、進藤陽悟(p))で出演いたします。



12/26(土)遠藤雅美(vocal)、宮野寛子(piano)
オープンした3月から、出演していただいている遠藤雅美。トムウェイツの「オール'55」は、当店のテーマ曲のようになって来ました。遠藤の透明感のある歌声と、だみ声が特徴のトムウェイツのナンバーとの一見ミスマッチしているところが逆に面白いです。本日の一番は「虹の彼方に」でした。
遠藤雅美の次回は、2/12(金)に宮野寛子とDUOでお届けします。
また、宮野寛子は、1/16(土)に、トリオ初登場となります。
前回出演された時、Apple Jumpでは、とても気持ちよくピアノが弾けます!といった演奏後の雑談からこのトリオによるリーダーライブが実現しました。


12/27(日)米田真希子(vo, piano, samba dance)、グスターボ・アナクレート(sax,flute)、佐藤慎一(b)、吉田和雄(ds)
米田真希子とグスターボ・アナクレートのDUO BRASILの初登場のライブは、ブラジル系名ドラマー吉田和雄が加わったフルメンバーによる楽しいライブでした。
ブラジル風ライブスタイルなのでしょうか、ステージと客席が一体となって、会場全体がこのワクワクするようなフレーボのリズムと歌声を堪能されておりました。
グスターボ・アナクレートのアルトサックスのサブトーンがまた美しい!


12/28(月)山崎史子(vib)、今野勝晴 (piano)
本年最後のライブは、当店初登場のビブラホン奏者山崎史子のDUOでした。

ビブラホン奏者とピアニストのDUOといえば、なんと言ってもチックコリア&ゲイリーバートンのコンビですね。

このチュリッヒでの1979年のライブ盤は本当に素晴らしいです。特にチックコリアの稀代の名曲「Bud Powell」の演奏は、何回聞いても飽きません。

この日のライブでも素晴らしい「Bud Powell」が演奏されました。今野勝晴とのコンビネーションも抜群です。アンコールは、これまたチックコリアの「Spain」。

このようなハイレベル且つ高密度のライブで、本年のライブを締めくくることが出来て大変光栄です。


さて、当ブログも本年最後の更新となりました。
今年は、3月に念願のApple Jumpの創業があり、個人的には激動の年になりました。
多くの方から“こんな経済状況の時期になぜ!”といった言葉をいただきました。確かにノウハウや実績のある一般の飲食店でさえ厳しい時期に、この複雑怪奇でとてもデリケートなライブバーという業態を、私のような全くの門外漢が運営するには、超えなくてはならないハードルが山ほどありました。
そんな中で、何とか年を越すことが出来たのは、優秀なスタッフ、ミュージシャン等による甚大なるご協力、それから勿論、たくさんの素晴らしいお客様に恵まれたおかげ、と心から感謝しております。

2009年のキーワードは「Change」でした。公私共に激動の年。
来年は、この「Change」の後に「HOPE」が見える年になるといいですね。
ということで、最後に年末に相応しいジャズのスタンダードナンバーの歌詞をご紹介します。
(一応ジャズバーのマスターなので、、ほんの少しロマンティックに。。)

「虹の彼方に/OVER THE RAINBOW」から抜粋(E.Y.Harburg - Harold Arlen)

♪虹の向こう側のどこか高い空の上に
♪いつか子守歌で聞いた国がある
♪虹の向こう側の空は真っ青で
♪そこでは、どんな夢もかなえられる

♪幸せの小さな青い鳥たちが
♪虹を超えて飛んで行けるのなら
♪私にだって出来ないはずはない!

最後までお付き合い有難うございました。

2010年、Apple Jumpでお会いすることを楽しみにしております。

それでは、良いお年を!
コメント

特報!Manami Morita来日ライブ決定!

2009年12月19日 | manami morita
本年9月、Apple Jumpでの衝撃的ライブも記憶に新しいかと思いますが、上原ひろみ以来となる、ジャズ界の大型新人ピアニストManami MoritaのApple Jumpでの来日ライブが決定いたしました!

Apple Jumpでの前回のライブの模様は、以前のブログにアップしてありますので、興味のある方は、ご参照願います。
速報!manami morita trio Live at Apple Jump 初日
Apple Jump 写真館~manami morita trio 最終日~

大ヒット・アルバム”Colors”のナンバーはもちろん、未発表作など、Manami Moritaの新たな一面を披露する”Colors”リリース・ツアー第2弾となります。
今回も前回同様、ボストンからのレコーディングメンバーが来日いたします。
丁度、Apple Jumpでは、3月でオープン1周年ということで、スペシャルライブとして、2Daysを組むことが出来ました。

今回は、ビルボードライブ大阪などの超大型ライブハウスのライブも予定されており、ミュージシャンとしてのグレードが、一層アップしております。
しかしながら、Apple Jumpのように、演奏者と数メートルの距離で、このブレイク直前の若き才能のライブをご堪能いただく、またとない機会だと思います。
是非お早目のご予約をお勧めいたします。

2010年3月3日(水)、4(木) 
Music Charge:3000円
1ST 20:00~21:00
2ND 21:30~22:30
(入替制ではありません)

Manami Morita (Piano) 、Zak Croxall (Bass)、Thomas Hartman (Drums)


只今より、予約受付開始いたします。⇒両日ともSOLD OUTしました。
ご予約メール 又は、tel: 03-5950-0689


(プロフィール)
1984年生まれ。幼少よりクラシック音楽に触れつつ、ミッシェル・カミロ、ミシェル・ペトルチアーニ、パット・メセニー、小曽根真から影響を受け、ジャズに目覚め、独学でジャズを会得。上智大学外国語学部英語学科入学後、2005年には名門バークリーに留学。在学中から既に欧米の有名コンペで数々の賞を獲得し、エスペランサ・スポルディングやホーザ・パッソスと共演を果たす。卒業後、自主制作アルバム「COLORS」が、タワーレコード新宿店で大掛かりなディスプレイのもと記録的なセールスとなり話題に。
そして、同年、ランブリング・レコーズより国内盤をリリースし、来日公演も大盛況となった。上原ひろみ以来となる、ジャズ界の大型新人である。
http://www.myspace.com/manamimorita

コメント

Apple Jump 写真館~市原ひかりグループ ~

2009年12月07日 | Apple Jump ライブ報告&諸々
昨日は、楽しみにしていた、トランペッター市原ひかりのクインテットのライブが有りました。



市原ひかりtp 浅井良将as 堀秀彰pf 中林薫平bs 安藤正則drs

浅井良将は、関西在住の注目のサックスプレーヤーで、いまや市原ひかりGの欠かせないメンバーになっています。
その他のメンバーは、東京のジャズのライブシーンの中で、トップランナーと言える若手の俊英がずらり。



試行錯誤の上、今月からステージライトの配置を換えました。いい感じでミュージシャンにひかりが当たるようになりました。
タイトな黒いジャケットに、ひかり輝くトランペットが美しく映えます。


もう一枚。今度はフリューゲルホルン。

トランペッター市原ひかりの魅力は、まずその美しい音色ですね。
それは、数年前に彼女がまだ学生だったころに、初めて聞いた時から感じておりました。
そのことは、以前のブログで書いております。
そしてその演奏スタイルは、テーマから導き出されたモチーフを、バンドによって繰り出されるサウンドから刺激を受けながら、丁寧に積み上げ、展開していきます。
トランペッターにありがちな、大音量で吹きまくり、拍手喝采といった体育会系トランペッターのものとは、真逆なスタイルです。

本日はスタンダードの「イット・クッド・ハプントゥ・ユー」以外は、市原やバンドメンバーのオリジナルでした。
特に印象的だったのは、ラストの堀秀彰のオリジナル「Inspiration」。そしてアンコールを飾った、市原ひかりの「Beginning」。
時折見せる安藤正則の32ビート(ドラムンベースとかジャングル・ビーツと呼ぶのかな)が、刺激的で全体のサウンドに斬新でコンテンポラリーなカラーを付けていたのがとても印象的でした。

今日からこのメンバーでレコーディングに入るそうです。新しいアルバムが楽しみです!
コメント   トラックバック (1)

池袋Apple Jumpホームページ

池袋Apple Jumpホームページ