渋いっ!僕らのTokyo Jazz Cruising♪~今夜も出航!~

Live cafe & bar 池袋Apple Jump(アップルジャンプ)店主の日誌

Apple Jump 写真館~西山瞳+2クラ、怪物・西口明宏など~

2010年11月30日 | Apple Jump ライブ報告&諸々
怒涛のような11月も終わり、無事12月を迎えました。
11月は、HPに掲載されていない、貸切を含めると過去最高のライブ&イベント数となりました。有りがたいことに満席のライブも少なからずありまして、単月では、オープン以来過去最高のお客様にお越し頂きました。

11月後半のライブからPICK-UPして、紹介いたします。


11/17 臼田道成(vocal & guitar) 、小島のり子(fl)

リオデジャネイロで活動する臼田道成の帰省ライブも恒例となってきました。特にこの日は、バースデイライブということで、大勢のファンが集結いたしました。
このライブを最後に、又ブラジルへ戻ってしまうので、次回は、来春以降になりそうです。


11/20 太田朱美(flute)、中村真(piano)

初登場の太田朱美は、以前から是非一度、当店で演奏してもらいたいと希望しておりました。コンビで以前、ツアーをしていたピアニストの中村真が、ボーカルの伴奏で来たときに、直ぐに今回のライブ編成が決まりました。こういった形で自然に出演者が広がっていくことを理想としております。
「星影のステラ」からアンコールの「オールザシングス・ユーアー」まで、名手・中村真とのコンビネーションも抜群で、この若手No.1のジャズ・フルート奏者の魅力を充分堪能できたライブとなりました。

中村真の次回は、オランダ出身のドラマーの来日に合わせた、スペシャル・ライブです。
1/16(日)中村真(piano)、吉橋厚(ts)、西嶋徹(b)、セバスティアン・カプテイン(ds)


11/22 山田友和(trumpet)、馬場孝喜(guitar)

大阪在住のトランペッター山田友和は、当店は初登場。プログラムは、山田が敬愛する、沖縄をテーマにしたオリジナルを中心に進められました。同じく関西出身の馬場孝喜とのコンビネーションも抜群。

馬場孝喜の次回は、NYのマンハッタン音楽院に留学中の期待の若手ピアニスト挾間美帆の帰省ライブ。
12/28 挾間美帆(p),馬場孝喜(guitar), 織原良次(el-bass)、柴田亮(drums)
凄く刺激的なメンバーですね。既に多くの予約が入り始めてますので、早めのご予約をオススメします。


11/24 兵頭佐和子(piano)、俵山昌之(b)、藤井学ds)

ピアニスト兵頭佐和子も当店初登場。定評ある美しいオリジナルを中心に素敵な演奏を繰り広げられました。これまた、初登場のベーシスト俵山の音色とラインがまた美しい!
兵頭の次回は、1/6(木)兵頭佐和子(piano)、石河麗(flute)、三間早苗(cello)
フルート・チェロ・ピアノのクラシカルなアレンジでオリジナル曲をご堪能ください。


11/26 西山瞳(piano)、鈴木孝紀(cl)、土井徳浩(cl)

いわゆるクラシカルなスウィング・ジャズの世界では、複数のクラリネット奏者の丁々発止としたバトルプレイなどは、珍しくありません。特に銀座界隈あたりのクラブでは。。
しかし、今回のようなモダンジャズの編成でピアノ+2クラリネットというのは、かなり意欲的というか、マニアックなスタイルですね。
プログラムは、西山瞳、鈴木孝紀のオリジナルや土井徳浩の持ち込んだ、ギンガの曲など、難曲揃い。
この編成で、しかも難曲ぞろいのプログラム。それでいて、会場は満席の中、一人も途中で帰ることなく最後まで食い入るようにステージに集中しておりました。
これはひとえに楽曲のもつ構成力と、3人の力量のなせる技か。


もう一枚。鈴木孝紀(cl)、土井徳浩(cl)

2人の音色の違いはアンブシャー(マウスピースの加え方)によるものか。鈴木が、グイっと口を引き締めているのに対して、土井の方は、口をすぼめて、ルーズに当てているのが、写真を見ると一目両全です。

西山瞳の次回は、1/14 人気の牧山純子とのDUOが組まれております。
又、土井徳浩の次回は。
1/19 土井徳浩(cl)、佐藤浩一(p)、本川悠平(b)、紺野智之(ds)




11/30 西口明宏(ts.ss)、佐藤浩一(piano)、池尻洋史(b)、大村亘(ds)

11月のトリは、西口明宏 Quartet。NYで録音したデビューアルバム「Tre Agrable」の発売記念ライブでした。
今春、活動の拠点を、ニューヨークから東京に移した、テナーサックス奏者西口明宏の当店3度目のライブ。リーダーライブとしては、初ライブです。
西口は、最近、使い慣れた国産のサックスから、CORN社のチューベリーというビンテージ楽器に変更しています。写真では解りにくいですが、とても美しいシルバーコーンです。
これが又渋い音でよく鳴るんですね。8月に初めて出演した時と全然音の迫力が違います。

そして、その長身から繰り出すテナーサックスも豪快ながら、オリジナル楽曲のスケールが又大きい。
2部のハイライトは、譜割りが難しく、共演者泣かせの「マサムネ」。
怪物・西口明宏の咆哮は冴え渡り、ダイナミックに突き抜けていきます。
これ、一聴の価値あります。
それから、佐藤浩一は、8月以来の出演でしたが、だんだん凄みを帯びてきましたね。注目のピアニストで、今後目が離せません。

西口明宏の次回は、
1/29 西口明宏(ts.ss)、佐藤浩一(piano)、清水昭好(b)、柴田亮(ds)

佐藤浩一は、他にも下記ライブが予定されております。
1/19 土井徳浩(cl)、佐藤浩一(p)、本川悠平(b)、紺野智之(ds)
1/25 市原ひかり(trumpet)、佐藤浩一(piano)


1月のライブ・スケジュールがアップされておりますので、詳細は、HPの
スケジュール欄をご参照下さい。
1月ライブ・スケジュール
コメント

極上のエンターテイメント、初出演トライトーンなど~

2010年11月16日 | Apple Jump ライブ報告&諸々
11月も折り返しに入りました。今月は、HPに掲載されていない、貸切を含めると過去最高のライブ&イベント数となっております。
前半戦のライブからPICK-UPして、紹介いたします。


11/10 石川早苗(vo)、橋本信二(g)

恒例になってきました石川早苗のライブ。今回は信頼置けるベテランギタリストとの共演です。おはこの「EAST OF THE SUN」,「CHEEK TO CHEEK」等スタンダードを中心にパンチのある歌声を聞かせてくれました。それから「ハナミズキ」も素晴らしかったです。

次回は、かなり賑やかで意欲的な編成となっております。
1/27 石川早苗、馬場孝善(g)、松尾由堂(g)、小林幹(尺八、p)


11/12 Aaron Choulai(piano),清水昭好(b),福森康(d)

オーストラリア出身のAaronは、何度か出演しておりますが、トリオは、初出演です。
清水昭好と福森康の好サポートもあって、その強烈な個性を充分発揮した、素晴らしいライブとなりました。個人的には、最後に演奏したオリジナルが一番印象深かったです。

次回は、2/12(土)に同じメンバーで出演することが決定しました。


11/13 松本茜(piano)、嶌田憲二(bass)、柴田亮(drums)

キュートなルックスとは裏腹に、ハイスピードで躍動感のあるビバップチューンやホレスシルバーなどのファンキーナンバーを得意とする松本茜。やはり一番は、BUB POWELLの「CELIA」ですね。テーマソングのようになっております。


実は、ライブの前日が、23歳の誕生日。この日は、誕生・後夜祭としてのライブとなりました。
この年で、ビバップスタイルのピアノをバリバリ弾く松本茜。今後が大いに楽しみです。
次回は、2/18(金)に出演されます。



11/14 トライトーン(混声アカペラグループ)

初出演です。それから、アカペラライブも、当店では初となります。
以前、レコード会社に勤務していた頃、アメリカから来た「FOR EXAMPLE」という、日本ではほとんど無名の黒人アカペラグループを、放送局の小さなスペースで直に聞いた時の、感動は、今でも忘れません。人間の声だけで、これだけ密度の濃いパフォーマンスが出来るんだ!という衝撃ですね。

この日は、人気グループ・トライトーンの登場とあって、客席は超満席となりました。


「オーバーザレインボー」、マイケル・ジャクソンの「ヒューマン・ネイチャー」(日本語オリジナル歌詞!)、スタンダード・ジャズ、日本語オリジナルなど、非常に良く練られたプログラムで1曲たりとも飽きることがありません。
そして、写真で見るとおり、ステージングがとても楽しいんです。


最後は、拍手と歓声が沸きあがり、ステージと客席が一体となって、この極上のエンターテイメントの幕がおりました。

5人編成ということもあり、充分なステージのスペースをとることが出来ませんでしたが、メンバーの皆さんも、当店でのライブを気に入っていただき、その場で即、次のライブが決定しました。そのことを、MCで伝えると帰り際に、直ぐに予約が殺到して、約半数の方が次回のライブの予約をされました。

お客様には、随分窮屈な状態で長時間過ごしていただくことになり、大変恐縮です。
この場をお借りして、お詫び申し上げます。

トライトーン、次回は、1/9(日)。新春ライブとして再び登場していただきます。
今回お見逃しの方は、是非お早めにご予約されることをお勧めいたします。


(追記)メンバー紹介が出来ていませんでしたね。最後に寄りの写真をパチリ!



トライトーン・メンバー:左から、多胡淳、青木肇、渡辺愛香、多胡オサム、松永ちづる
コメント

Apple Jump 写真館~田窪寛之、田村和大、堀秀彰、国貞雅子

2010年11月02日 | Apple Jump ライブスケジュール
12月スケジュールをUPしました。

年末ということも有って、何本か来日・帰国ライブが組まれております。
中でも、NY・マンハッタン音楽院に留学中のピアニスト挾間美帆の帰省ライブが、注目です。今回は、馬場孝喜(guitar), 織原良次(el-bass)、柴田亮(drums)といった若手の俊英をサポートに従え、注目のライブとなっております。

それから、アルバム『GHIBLI meets JAZZ』がAmazonジャズチャートで1位を記録するなど大ヒットを記録した立石一海トリオ。今回はジブリの楽曲に加え、J-POPの冬の名曲やクリスマスソングも加えたスペシャルプログラムでApple Jump再登場です!

そして、恒例の西山瞳ライブは、神戸ジャズヴォーカルクイーンコンテストにて審査員特別賞受賞した実力派ボーカリストとギブソンジャズギターコンテストで最優秀ギタリスト賞を受賞した注目のギタリストとのスペシャルなコラボ。

さらに人気スペシャルグループ、中島明子のDeZZ SPECIAL!も年末に相応しい賑やかなライブになること必至です。

その他詳細は、Apple Jumpホームページの12月スケジュール欄をご参照下さい。



10/26 田窪寛之(piano)、金森基(bass)、長谷川ガク(drums)


肝心のリーダーが写らなかったので、ここはピンで1枚。田窪寛之(piano)。

田窪トリオ2度目の出演です。若手期待のピアニストということで、学生を含め若い世代のオーディエンスが大勢来客されました。
以前は、ポップなサウンド作りに力を入れていたけど、今は、クラシカルなジャズのスタイルに興味があります、とMCで言っていたように、演奏は、気を衒わない王道ジャズ路線。
でもアンコールで演奏した、その当時に作ったポップなオリジナル、とても良かったです。
今は色々と試している時なんでしょう。この先、楽しみな若手の逸材です。


10/27 田村和大(piano)、間亮介(bass)、今泉総之輔(ds)

田村和大はお隣の立教大OBで、ベースの間亮介は現役の立大生です。立教の付属高校には、ジャズのコンボの部活があって、30年以上の歴史があるそうです。これは驚きです。ビッグバンドやジャズをレパートリーとする吹奏楽などは、沢山の高校で活動していると思いますが、コンボとなるとあまり聞きません。
譜面を中心としたアンサンブルではなく、即興演奏を中心としたコンボジャズは、一人ひとりの力量がハッキリ出る編成なので、まともな演奏の水準になるまでハードルは高いです。
この日は、その付属高校でピアノを担当している高校生が来店されました。しかも一人で!
頑張って活動を続けて欲しいですね。田村さんも時々指導に行かれているようそうです。

田村和大のリーダーライブは初めてです。ファンキーなナンバーが得意のようで、リーモーガンの「サイドワインダー」がこの日の最大の見せ場。club系JAZZの人気グループ「クオシモード」のドラマー今泉総之輔のサポートもこの手の8ビート系のナンバーでは真骨頂という感じでした。


10/30 堀秀彰(piano)、中林薫平(bass)、柴田 亮(drums)

恒例となってきました堀秀彰トリオです。何度も取り上げているので詳細は触れませんが、スタンダードやオリジナルを中心とした密度の高い演奏が繰り広げられました。
この日は、数日前から大型台風が直撃するということで、何人かのキャンセルがありましたが予定通り実施いたしました。(実際は、少し小雨がぱらついた程度で、全く影響はありませんでした。)

堀秀彰は、次回は、1/28。サックスの浜崎航とのDUOとなります。



11/2 国貞雅子(vocal)、荻原亮(guitar)

国貞雅子は9月の初出演に続く2回目のステージです。
素晴らしい歌声と、楽しいステージングで、仕事を忘れて堪能しました。パンチのある「サニー」、スティービーワンダーの「Don't You worry 'bout thing」、それからマリーナ・ショーの名唄で有名な「ラヴィング・ユー・ワズ・ライク・ア・パーティ」。
個人的にツボ満載のプログラムでした。


最後は、サンバの名曲「TRISTEZA(トリステーザ)」で締めくくり。
このBIG SMILEと楽しいトークでステージと客席が一体となりました。

国貞雅子の次回は、来年1月あたりで調整をしております。お楽しみに!!


(追記)

マリーナ・ショー「フー・イズ・ジス・ビッチ・エニウェイ」(blue note)

先ほど取り上げた「ラヴィング・ユー・ワズ・ライク・ア・パーティ」が収録されています。
ジャズファン、ソウルファンと様々なジャンルの垣根を越えて魅了する名盤中の名盤。
ギターの名手、D・T・ウオーカーのバッキングが又良いんです!!!!!
しかし、このアルバムタイトル、凄いですね。ネイティブの人は、どう感じているんだろう。。
コメント

池袋Apple Jumpホームページ

池袋Apple Jumpホームページ