渋いっ!僕らのTokyo Jazz Cruising♪~今夜も出航!~

Live cafe & bar 池袋Apple Jump(アップルジャンプ)店主の日誌

おとぎの国のサックス楽団。

2007年10月29日 | ジャズ・ライブ
停泊地)吉祥寺「SOMETIME」(07.10/18←報告の日にちがしばし逆転します。)
メインアーティスト)サキソフォビア(サックス四重奏楽団)
  <岡淳(T.sax,篠笛)緑川英徳(A.sax)竹内直(T.sax,B.cl)井上 JUJU 博之(B.sax)>

今年結成10年目と言う事で、今日は記念のライブ録音も兼ねている。来年このCDが発売されるらしい。サックス4本と言う編成は、クラシックでは定番だけどもジャズでは凄くレアーな編成。これで10年間活動を続けるのは本当に凄い。しかも月曜だと言うのにほぼ満席。予約を入れておいたので、レンガのカウンター席(ピアノカウンターを店の人がこう呼んでました。)を確保。斜め後ろからではあるが、お目当ての竹内直さんの僅か1メートルぐらいの絶好の位置で観戦。ピアノの上に、普段見慣れないライブ録音用の重厚なマイクが4本立っていて、いつもと違うぞ、というテンションが張り詰めている。

予定時間少し過ぎたあたりで、半地下のような、控室兼客席の方から、サックスの音が響きだし、竹内直を先頭にサクソフォビアの面々が演奏しながら登場。
四人ともそれぞれ個性派(つまり濃い!)集団で、サックスの腕は、超一級。
演目は、スタンダード有り、スティービーワンダー有り、邦楽ありの何でもありで、全員のボーカルまで披露。何か、おもちゃ箱をひっくり返したような実に楽しいライブでした。
渋くてクールなイメージの岡淳さんは、ソロの途中でその場でひとりでグルグルと回り始めると客席から“おー!”と言うどよめきが聞こえました。
アンコールは「テキーラ」。一人ずつソロを取り“テキーラ”と叫びながら店が用意したテキーラの一気飲み。ミュージシャン稼業もなかなか大変ですね!わたしは弱いので、牛乳でやります、と言うわけにいかないですよね。
演奏が終わると、また最初のようにサックスを吹きながら退場。
なんかこの日の「SOMETIME」は、「東京ジャズニーランド」おとぎの国出張公演のようでた。

(追記)
竹内さんが、バスクラリネットで循環呼吸(息を吸いつつ吹き続ける)で延々吹きまくるパフォーマンスのあと、熱狂した女性ファンから「もっと行け~」と絶叫したあの声は、CDに収録されるかな・・・

あ、時間だ。そろそろ船に戻らなきゃ。
コメント

斉田佳子さん、笑いながら怒ること出来ますか?

2007年10月27日 | ジャズ・ボーカル・ライブ
停泊地)渋谷JZ Brat(07.10/18)
メインアーティスト)斉田佳子(ボーカル)/三木俊雄(ts)堀 秀彰(p)生沼邦夫(b)
         吉岡大輔(ds)高瀬龍一(tp)片岡雄三(tb)秋山 卓(as)

歌良し、MC良し、選曲良し、おまけにルックス良し。船長の若手一押しボーカリストが 斉田佳子。今夜は特に、CD「Bon Voyage」のメンバー揃い踏みで管楽器4本。しかもサックス三木俊雄等超一級の豪華ライブを堪能。特に三木さん独特のミステリアスな編曲の「A HOUSE IS NOT A HOME」(バカラック作品)は絶品!
名門のボストン、バークリー音大出身。器楽奏者で同大学出身者は、今では珍しくないけど、ボーカリストではあまり聞きませんね。でも小難しい選曲をしたり、テクニックをひけらかす様な事は全くなく、非常に自然体で好感度満点。特に歌っている時の表情がいいですね!
(チョット脱線:映画「フラガール」の蒼井優さんの表情も素晴らしいですね!あれだけ激しいダンスの動きを繰り返しながら笑顔を絶やさない。尋常ではないですね!)
バークリーでは「パフォーマンス科」という言い方をするくらいだから、表情とかのトレーニングもされたのだろうか?機会があったら聞いてみたいですね。
昔、テレビで竹中直人の「笑いながら怒る」という爆笑の芸を見て、仲間と練習してみたけど、これがなかなか難しい。斉田さんなら出来そうだな。

ということで、斉田さんのライブから元気を一杯もらい大満足の一夜でした。

さあ、そろそろ船に戻らなきゃ。
コメント

ぼちぼち出航!

2007年10月26日 | 出航!
さて、ぼちぼち出航しますか。
“渋いっ!僕らのTokyo Jazz Cruising”へようこそ。船長のShibui Gordonでございます。当blogでは、東京を中心に活躍する、愛すべきジャズ系ミュージシャンの最新ライブの様子とそれにまつわるヨモヤマ話をご紹介していきたいと思います。

今から申し上げますが、一応日誌となっておりますが、せいぜい週一、いや月一、隔月になることも充分予想されます。毎日見てるけど全然更新されてないじゃないか!といったお怒りは、今から静めていてくださいね。それから、当クルージングでは、青山や丸の内、東京ミッドタウン等の大型高級クラブへ立ち寄ることは、ほとんど有りませんので、あらかじめご了承願います。

それでは、出航!

Manami Morita Japon Tour 2010

コメント

池袋Apple Jumpホームページ

池袋Apple Jumpホームページ