渋いっ!僕らのTokyo Jazz Cruising♪~今夜も出航!~

Live cafe & bar 池袋Apple Jump(アップルジャンプ)店主の日誌

1月ライブ・スケジュールをホームページにアップしました。

2009年11月30日 | Apple Jump ライブスケジュール
1月ライブ・スケジュールをホームページにアップしました。

前回大入り満員で、「JAZZ LIFE」にもライブレポートが掲載された、浜崎航(sax)&片倉真由子(piano)DUO 1/8(金)、ボストン、ニューヨーク、日本で活動するメンバー全員がバークリー音楽院での同期生で、若手の俊英が揃った、山田吉輝&則武諒QUARTET 1/10(土)、スムースジャズ系の人気ピアニスト宮野寛子のトリオ初登場1/16(土)他、20代よりNYで、Clarence Penn(ds), James Genus(bass)とトリオを引率して来たピアノの奇才アーロン・チューライや、人気ピアニストの鬼武みゆきが初登場する等、見どころ満載の20本のライブ編成となっております。

弊店ホームページのスケジュール欄をじっくりとご参照の上、ご予定に加えていただければ幸いです。

コメント

Apple Jump 写真館~怒涛の一週間が終わりました!~

2009年11月23日 | Apple Jump ライブ報告&諸々
月曜日から土曜日まで連日続いた、怒涛のライブ6連ちゃんも、初出演、石川早苗さんの素晴らしい歌声で、無事幕を閉じました。
後半のライブをステージ写真を通じてご紹介します。


11/18(水)は、西山瞳(piano)×田中光栄(ハーモニカ)のDUO。

ハーモニカ奏者は、続木力、matsumonicaに続く当店3人目の登場です。
それそれ、個性があって楽しいです。
本日披露された、超ヘビー級のブラス製のハーモニカは、管楽器のようにズシンと響きました。
しかし、この扱いの厄介なクロマチックハーモニカで、西山さんの難解なオリジナルを易々と吹いておりましたが、その技術には、驚くばかりです。


11/19(木)は、槙田友紀(piano)、大友義雄(a,sax)のDUO

大友義雄は、私が学生のころに、新進気鋭のビバップ系アルトサックス奏者として颯爽と登場しました。
こんな形で再会するとは思いませんでしたね。
最初の音がでた瞬間から、圧倒的な存在感を感じました。
他のスタイルには目もくれず、ビバップ一直線のちょっと職人気質の大友義雄のジャズ魂には、感服するばかりでありました。
私の大好きな、珠玉のバラード「Nightingale Sang in Berkeley Square/バークレイ広場のナイチンゲール」には、しびれました。
それからディズニーナンバー「美女と野獣」も楽しかったです。この写真をご覧になれば、なぜこの曲を選択したかご理解頂けると、、
(いやいや、こんなこと書いてしまうと、ヤバイ、、、)



11/20(金)は、girls☆night(女子限定)  女の子のための、女の子によるライブ&トーク。メンバーは、佐々木朝美(vo), 福井亜実(p), 佐藤えりか(b) +瑶子(トーク)
この日は、ジャズライブ初めてというお客様も多く、スタンダード以外に、YUNA ITOの「Endless Story」や平井堅の「瞳をとじて」などのJポップチューンも披露されました。
とても参考になった、瑶子さんのトークや知的モテになるための心理ゲームなど楽しい企画となりました。その内容に関しては、当日参加された方のみの貴重な情報なので、ここでは、披露することは出来ません。



11/21(土)は、石川早苗(vo)、橋本信二(g)のDUO

同業者からも一目置かれている、若手期待の本格派ジャズ・シンガー石川早苗の初登場でした。
コールポーターの「LOVE FOR SALE」、「枯葉」など、期待に違わぬ圧倒的な歌声を披露していただきました。それから充分歌いこまれた一青窈の「ハナミズキ」。
仕事を忘れ聞き惚れておりました。
歌伴の名手橋本信二のギターが、また冴え渡っておりました。
たった二人で、これだけの高密度のパフォーマンスには驚くばかりです。
石川早苗さんには、今後定期的に当店への出演をお願いしました。

さて、この佐々木朝美と石川早苗を一晩で楽しめる企画が来月あります。
それが、以前お伝えしました。
12/18(金)「池袋ミュージシャン・クルーズ」
この超お得な企画に是非ご参加願います。
オススメですよ!

コメント

速報!横田寛之と若き獅子達。。

2009年11月19日 | Apple Jump ライブ報告&諸々
火曜日は、横田寛之カルテット「ゴウダヴ」のライブがありました。


ご覧のように、超満席状態。多くのお客様が立見でご覧になられ、大変窮屈な思いをされたと存じます。
この場をお借りしまして、お詫び申し上げます。
写真には写っておりませんが、メンバーは、横田寛之(sax)、堀秀彰(piano)、安東昇(bass)、横山和明(drums)。
編成的には、極オーソドックスなアコースティック系のサックス・カルテット。

オープニングを飾った「WE ARE YOUNG LIONS」。
この仲間たちと、“ドカンと一発ジャズパーティを始めようぜ!”という名刺代わりの一曲。
スタンダードの「OLD FOLKS」以外は、横田寛之と堀秀彰のオリジナルで構成されておりました。たぶん。。恐らく。。(実際は、ステージを見てる余裕はなかったです。)
すいません。。。。

横田のオリジナルは、ドイツの数学者に捧げた曲や太宰治の「走れメロス」からタイトルにつけたりと、なかなかユニーク。
ポンとメッセージを投げかけて、それを受け手が、それぞれ自由に咀嚼しながら、このユニットのインプロヴィゼイションを楽しむと言う感じかな。
何か知的ゲームのような、好奇心をそそられる独特のジャズライブでありました。

コメント

速報!ピアノ・ドクター辻 秀夫と素晴らしき仲間たち

2009年11月17日 | Apple Jump ライブ報告&諸々
月曜日は、ハクエイ・キム(p)、会田 桃子(violin)、吉見 征樹(tabla)のトリオによる、それはそれは、素晴らしくも高密度のライブがありました。

今回のライブをプロデュース的立場で取り持っていただいた方が、プロご用達のピアノ調律師、辻 秀夫さんでした。
Apple Jumpと辻さんとの係わりについては、書くと非常に長くなりますので、又別の機会にご紹介させていただきます。


ステージ左から、ハクエイ・キム(ピアノ)、会田桃子(バイオリン)、吉見征樹(tabla)そしてソファーの左隅で耳を傾けているのが辻氏。

本日は、月曜日にかかわらず、メンバーのファンや辻さんのファン(店をはじめて知ったのですが、辻さんの管理しているピアノでお気に入りのミュージシャンのライブを聞きたいという方が大勢いらっしゃいます。)の方々で満席となりました。

実は、先週火曜日に月例の調律をした後、日曜日のジャムセッションで、様々なレベルのアマチュアの方が入れ替わりピアノを弾かれ、調律が荒れる可能性があるということで、ジャムセッション終了後の夜9時ごろ来店され、この日の為に再度調律をされました。
辻氏が信頼し応援しているミュージシャンのライブを最高の状態で行って欲しいということで、この2度目の調律は、無償でやっていただきました。
氏のプロフェッショナル魂には、感服するばかりであります。

名門の桐朋音大出身で、クラシック畑で活躍し、タンゴバイオリンの世界では第一人者の会田桃子は、当店初登場です。
この会田とジャズピアニスト・ハクエイキム、タブラ(インドの太鼓)奏者とのコラボレーションは、一体どんな音楽になるんだろうと、ワクワクしておりました。
前半は忙しすぎて、ステージを観る事が出来ませんでした。
後半で、印象的だったのはフォーク・ナンバーの組み曲風「ドナ・ドナ」、共通のお知り合いの方が難病で亡くなったときに捧げた美しくも物悲しいレクイエム。そして、2ndステージの最後を飾ったイスラエル人の作曲による「Solaris」。

ベーシストがいない分、時折、ハクエイキムが、斬新でユニークなビートを左手で刻みサウンドにアクセントをつけます。
当初は、会田とハクエイキムのDUOで活動していたとの事ですが、吉見のダブラが加わって、サウンドに立体感と、なんともいえぬノスタルジックでユーモラスなテイストが加わりました。
そしてなんといっても会田のバイオリン。強く美しく、そしてその高い音楽性に裏付けられたダイナミックレンジの広いパフォーマンスに会場中が、揺れ動いておりました。
アンコールは、前回のハクエイ・キムのトリオでも演奏された「HOME BEYOND THE CLOUD」。

3月にオープンしたApple Jumpの100本を越えるレギュラーライブの中でも、最も密度の高いライブのひとつとなりました。

メンバーの皆さんが、Apple Jumpの音場空間とホスピタリティをとても気に入って下さり、次回1/31(日)に再演することになりました。
今回お見逃しの方は、是非次回ご来場願います。
コメント

今週のApple Jump

2009年11月16日 | Apple Jump ライブのみどころ
今週のApple Jumpの営業案内をお届けいたします。

今回は、先ほど配信いたしましたApple Jumpのメルマガに掲載されている内容と大体同じものを掲載いたしました。
Apple Jumpのメルマガでは、一層踏み込んだ内容や、直前のライブ情報を直接指定されたメールアドレスに配信しております。
時々、貴重な先行情報などもお届けいたしますので、是非ご登録をお勧めいたします。
Apple Jump HOMEPAGEから簡単に入会することが出来ます。 


すべて、OPEN:19:00 CLOSE:23:30
 ライブスタート 1set 20:00 - 21:00
         2set 21:30 - 22:30

今週は、月曜日から土曜日まですべてライブが開催されます。

・11/16(月)
 ハクエイ・キム(p)、会田 桃子(violin)、吉見 征樹(tabla)
 Music Charge(2800円)
 jazz, tango & originalを中心に、格調高く個性と感性溢れる ユニークなトリオ。
 超オススメライブですが、残席僅かとなっております。 

・11/17(火)
 横田寛之(sax)、堀秀彰(piano)、安東昇(b)、横山和明(ds)
 Music Charge(3000円)
 雑誌「JAZZ批評」で「要注目ミュージシャン」としてに取り上げられた、アルトサックス奏者が、堀秀彰等若手の俊英を従え、初登場。
堀秀彰曰く、日本最強のサラリーマンジャズ・ミュージシャンがこの横田寛之。斬新なアイデアとそれを裏打ちする卓越した技術。
こちらも今週の一押しライブです。

・11/18(水)
 西山瞳(piano)×田中光栄(ハーモニカ)
 Music Charge(2800円)
 独自の世界を切り開いている、注目のピアニストが、ブルース ハープとクロマチックハーモニカを独自の方法論で同次元で操る、個性的かつ最先端の次世代スタイルを持ち味とする田中光栄との、レアな共演です。

・11/19(木)
 槙田友紀(piano)、大友義雄(a,sax)
 Music Charge(2500円)
 バークレー出身の人気ピアニスト槙田友紀が、ビバップ系アルトサックスの名手との共演です。

・11/20(金)
girls☆night(女子限定)  女の子のための、女の子によるライブ&トーク。

佐々木朝美(vo), 福井亜実(p), 佐藤えりか(b) +瑤子
¥6,000 (ローストビーフ他オードブル盛り合わせプレート+フリードリンク&デザート)
女性のお客様のみのご予約受付となりますが、中間の方や女装の方も主催者のOKがでれば大丈夫のようです。
この日は、ジャズのスタンダードのみならず、
「Endless Story」
「瞳をとじて」
「Can't Take My Eyes Off You」
といったJポップやポップスも聞くことが出来ます。
佐々木朝美の唄も素晴らしいのですが、“知的モテ女になるため”で有名な恋愛に関する数々の名言をブログでされている瑤子さんのトークもお楽しみです。
異性とお付き合いを始めたら、
“会えたらいいね”とか中途半端な言葉ではなく、“会いたい”
と素直に言うこと。
どういうところに惹かれているか、具体的に伝える!
握手をしたり、ハグをしたり、スキンシップを絶やさない。
といった進言を最近のblogで教示されております。。。
この日は、Apple Jumpのスタッフも女性にお願いしてあります。
男性は、マスターのわたくしだけです。。ちょっと、心細い。。

・11/21(土)

石川早苗(vo)、橋本信二(g)
 Music Charge(2500円)
若手期待の本格派ジャズ・シンガーが、信頼置けるジャズ・ギターの名手を従え、当店初出演します。
同業者からも一目置かれている石川早苗のライブは、個人的に最も楽しみにしているボーカルライブです。

以上、お待ちしております!
コメント

Apple Jump 12月ライブ・スケジュールをアップしました。

2009年11月03日 | Apple Jump ライブスケジュール
Apple Jump 12月ライブ・スケジュールをアップしました。

先行してご案内しております、市原ひかりグループ12/5(土)、「池袋ミュージシャン・クルーズ 2009」12/17(木),18(金)、それから、クリスマス・イブの松本茜カルテット(ゲスト:太田剣(as)12/24(木)等、見どころ満載の編成となっております。
弊店ホームページのスケジュール欄をじっくりとご参照の上、ご予定に加えていただければ幸いです。

詳細は、下記HPスケジュール欄をご覧下さい。
12月ライブ・スケジュール
コメント

これが噂の「池袋 ミュージシャン・クルーズ 2009」です!

2009年11月01日 | その他
今からおよそ一ヶ月前くらいからでしょうか。都内のジャズファンの間で、ある噂が流れておりました。

「オレが掴んだ情報では、どうやら池袋で面白いジャズのイベントがあるらしいよ。」
「へ~、横浜のジャズプロ(横浜ジャズプロムナード)みたいなやつ?」
「うん、確かにあんな感じなんだけど、今回の池袋のは、今年オープンした、Apple JumpとP's Barの2店でやるらしい。」
「あ!知ってるよ。でもこの2店は、歩いて5分ぐらいの所にあるよね。お互い競合店じゃないの?」
「うん、そうなんだけど、池袋ってデカイ街じゃん。都内では、新宿駅、池袋駅、渋谷駅、東京駅の順に乗降客の多いエリアなんだって。」
「え!都内で2番目と言ったら、凄い人だよね。」
「うん、何しろ毎日250万人以上の人が利用しているんだって。」
「250万人以上!」
「そう、だから競合とかセコイ事言ってる場合じゃなくて、一緒にこの日本有数の巨大な人口集積エリアで、ジャズのライブシーンを盛り上げようよ、と意見が一致したらしいんだ。」
「なるほど、面白そうだね。それじゃあ、当日はがんばって、両店をハシゴしなきゃ!」
「いや、どうやら走り回る必要はないらしいんだ。」
「どうゆうこと?ジャズプロとか、何とかジャズクルーズとかさ、お気に入りのライブを目指して、歩き回るでしょ、、、」
「それが、今回の池袋のやつは、ミュージシャンが休憩時間に移動して入れ替わるらしいんだ!」
「あっ!それが噂に聞くミュージシャン・クルーズってやつか!!」

以下、詳細をお知らせします。




   河波浩平            中溝ひろみ  
12月17日(木) Open 19:00 Music Charge:¥2,500
1st Set 20:00~20:50 河波浩平(vo)&森田英介(pf)
2nd Set 21:30~22:20 中溝ひろみ(vo)&寺島優樹(pf)
※1部、2部との入れ替えはありません。出演者が入れ替わります!
P's Bar様では、順番が逆になります。)
店に居ながらにして、2組のライブを楽しめるのが、「池袋 ミュージシャン・クルーズ 」。初日は、男女の素敵なジャズ・ボーカルの世界をご堪能いただきます。




   石川早苗            佐々木朝美
12月18日(金) Open 19:00 Music Charge:¥2,500
1st Set 20:00~20:50 石川早苗(vo)&元岡一英(pf)
2nd Set 21:30~22:20 佐々木朝美(vo)&廣田ゆり(pf)
※1部、2部との入れ替えはありません。出演者が入れ替わります!
P's Bar様では、順番が逆になります。)
店に居ながらにして、2組のライブを楽しめるのが、「池袋 ミュージシャン・クルーズ 」。2日目は、テイストの異なる2人の女性ジャズ・ボーカルの世界をご堪能いただきます。


以上、この初の試みに是非、ご参加願います!
ご来店お待ちしております。
コメント

池袋Apple Jumpホームページ

池袋Apple Jumpホームページ