渋いっ!僕らのTokyo Jazz Cruising♪~今夜も出航!~

Live cafe & bar 池袋Apple Jump(アップルジャンプ)店主の日誌

Apple Jump 写真館~田窪寛之、田村和大、堀秀彰、国貞雅子

2010年11月02日 | Apple Jump ライブスケジュール
12月スケジュールをUPしました。

年末ということも有って、何本か来日・帰国ライブが組まれております。
中でも、NY・マンハッタン音楽院に留学中のピアニスト挾間美帆の帰省ライブが、注目です。今回は、馬場孝喜(guitar), 織原良次(el-bass)、柴田亮(drums)といった若手の俊英をサポートに従え、注目のライブとなっております。

それから、アルバム『GHIBLI meets JAZZ』がAmazonジャズチャートで1位を記録するなど大ヒットを記録した立石一海トリオ。今回はジブリの楽曲に加え、J-POPの冬の名曲やクリスマスソングも加えたスペシャルプログラムでApple Jump再登場です!

そして、恒例の西山瞳ライブは、神戸ジャズヴォーカルクイーンコンテストにて審査員特別賞受賞した実力派ボーカリストとギブソンジャズギターコンテストで最優秀ギタリスト賞を受賞した注目のギタリストとのスペシャルなコラボ。

さらに人気スペシャルグループ、中島明子のDeZZ SPECIAL!も年末に相応しい賑やかなライブになること必至です。

その他詳細は、Apple Jumpホームページの12月スケジュール欄をご参照下さい。



10/26 田窪寛之(piano)、金森基(bass)、長谷川ガク(drums)


肝心のリーダーが写らなかったので、ここはピンで1枚。田窪寛之(piano)。

田窪トリオ2度目の出演です。若手期待のピアニストということで、学生を含め若い世代のオーディエンスが大勢来客されました。
以前は、ポップなサウンド作りに力を入れていたけど、今は、クラシカルなジャズのスタイルに興味があります、とMCで言っていたように、演奏は、気を衒わない王道ジャズ路線。
でもアンコールで演奏した、その当時に作ったポップなオリジナル、とても良かったです。
今は色々と試している時なんでしょう。この先、楽しみな若手の逸材です。


10/27 田村和大(piano)、間亮介(bass)、今泉総之輔(ds)

田村和大はお隣の立教大OBで、ベースの間亮介は現役の立大生です。立教の付属高校には、ジャズのコンボの部活があって、30年以上の歴史があるそうです。これは驚きです。ビッグバンドやジャズをレパートリーとする吹奏楽などは、沢山の高校で活動していると思いますが、コンボとなるとあまり聞きません。
譜面を中心としたアンサンブルではなく、即興演奏を中心としたコンボジャズは、一人ひとりの力量がハッキリ出る編成なので、まともな演奏の水準になるまでハードルは高いです。
この日は、その付属高校でピアノを担当している高校生が来店されました。しかも一人で!
頑張って活動を続けて欲しいですね。田村さんも時々指導に行かれているようそうです。

田村和大のリーダーライブは初めてです。ファンキーなナンバーが得意のようで、リーモーガンの「サイドワインダー」がこの日の最大の見せ場。club系JAZZの人気グループ「クオシモード」のドラマー今泉総之輔のサポートもこの手の8ビート系のナンバーでは真骨頂という感じでした。


10/30 堀秀彰(piano)、中林薫平(bass)、柴田 亮(drums)

恒例となってきました堀秀彰トリオです。何度も取り上げているので詳細は触れませんが、スタンダードやオリジナルを中心とした密度の高い演奏が繰り広げられました。
この日は、数日前から大型台風が直撃するということで、何人かのキャンセルがありましたが予定通り実施いたしました。(実際は、少し小雨がぱらついた程度で、全く影響はありませんでした。)

堀秀彰は、次回は、1/28。サックスの浜崎航とのDUOとなります。



11/2 国貞雅子(vocal)、荻原亮(guitar)

国貞雅子は9月の初出演に続く2回目のステージです。
素晴らしい歌声と、楽しいステージングで、仕事を忘れて堪能しました。パンチのある「サニー」、スティービーワンダーの「Don't You worry 'bout thing」、それからマリーナ・ショーの名唄で有名な「ラヴィング・ユー・ワズ・ライク・ア・パーティ」。
個人的にツボ満載のプログラムでした。


最後は、サンバの名曲「TRISTEZA(トリステーザ)」で締めくくり。
このBIG SMILEと楽しいトークでステージと客席が一体となりました。

国貞雅子の次回は、来年1月あたりで調整をしております。お楽しみに!!


(追記)

マリーナ・ショー「フー・イズ・ジス・ビッチ・エニウェイ」(blue note)

先ほど取り上げた「ラヴィング・ユー・ワズ・ライク・ア・パーティ」が収録されています。
ジャズファン、ソウルファンと様々なジャンルの垣根を越えて魅了する名盤中の名盤。
ギターの名手、D・T・ウオーカーのバッキングが又良いんです!!!!!
しかし、このアルバムタイトル、凄いですね。ネイティブの人は、どう感じているんだろう。。
コメント

9月スケジュールをUPしました。

2010年08月02日 | Apple Jump ライブスケジュール
さて、気がつけば、早くも8月になってしまいました。
9月スケジュールをUPしました。

9月の注目は、既にお伝えしているManami Morita Solo(9/2) 。既に7割程予約で埋まっております。未だManami Moritaサイドの告知が始まっていないにも係わらず凄いですね。
トリオの時とペースは、変わらないです。
興味のある方は、お早めにお予約されることをオススメします。

それから、ジャズボーカルでは、以前からAppleでプッシュしている石川早苗。今回は、豪華に伊原康二トリオと共に登場します。
さらに、以前からオファーしていた、実力派シンガー国定雅子も初登場します。

そして、敬老の日は、人気コンビ「山崎史子(vib)、松本茜 (piano)」のDUOをお届けします。この日は、「敬老の日」を祝して、シニア(60歳以上)割引(500円)あります。
さらにさらに、ブラジル系人気ユニット「音あそび」も最終金曜日に控えております。

是非ご期待下さい。

詳細は、HPの9月スケジュール欄をご参照下さい。
コメント

8月スケジュールUPのお知らせ&Apple Jump写真館

2010年07月02日 | Apple Jump ライブスケジュール
ワールドカップでの、日本代表の予想外の活躍により、日本列島が大いに盛り上がった6月でした。

サッカーの神様ペレが活躍した、1970年のメキシコ大会からフォローしているオールドサッカーファンとしては、停滞気味であった日本サッカー界に、とてつもない大きな光が差し込んだことは、嬉しい限りです。
次回の高校のOB大会までに、ブレダマを蹴る練習でもしようかな。。

さて、気がつけば、早くも7月になってしまいました。
8月スケジュールをUPしました。
8月は、若手ピアニスト、3人の俊英にリーダーライブをお願いしました。
田窪寛之トリオ(8/4)、古谷淳クインテット(8/6)、佐藤浩一Quartet (8/19)
何れも次世代を担うミュージシャンとして、既に様々な形で評価されております。
是非ご期待下さい。私自身もとても楽しみにしております。

詳細は、HPの8月スケジュール欄をご参照下さい。

最後に、6月のライブ・ショットをお届けします。


6/13 堀秀彰(piano)、安ヵ川大樹(bass)、柴田亮(drums)


もう一枚。安ヵ川大樹が加わると、ぐっと存在感が光ります。


6/15 挾間美帆(pf)、江森正敏(b)、柴田亮(ds)、伊澤隆嗣(a.sax)
挾間美帆、NYへ旅立つ、最後のライブでした。ぐっとスケールアップして戻ってきて下さい!



6/16 野本晴美(piano)、織原良次(b)、今泉総之輔(ds)


もう一枚。トレードマークのロングヘアーをばっさり切って登場しました。


中島明子(piano,vocal)、堤智恵子(sax)、織原良次(bass)、長谷川ガク(ds)、はたけやま裕(per)
Apple Jumpでもっとも盛り上がるライブです。次回は、11月になります。


以上。
コメント

7月スケジュールとジブリ・ジャズ&Apple Jump写真館

2010年06月01日 | Apple Jump ライブスケジュール
時間が経つのは早いもので、もう6月に入りました。

このブログをお読みになっている一部の方は、よくご存知ですが、私は大のサッカーファンであります。(もっとも、プレーヤーとしては、高校卒業と共に終了しております。)
そうです、サッカーのワールドカップ南アフリカ大会の季節に突入しました。

6月のスケジュールを組む時は、日本対オランダ戦だけは、お休みにしないとな、と考えてました。
なぜなら、時差の関係があるにも拘らず、日本戦ではこの試合だけ、ゴールデンタイムに生放送があります。(テレビ朝日、6月19日(土)試合開始20:30)日本サイドから強力プッシュがあったんでしょうね。
いくら今回の日本代表が期待できないといっても、欧州の強豪でスター軍団とのガチンコ勝負となるこの試合は、最大の山場です。
ライブを組んでもお客様来ませんね。
(勿論、私も観たいです!)

さて、7月スケジュール、ホームページにUPしました。

レギュラーでお願いしているライブの他に、楽しい企画があります。

◎7/31(土)「GHIBLI meets JAZZ」(ビクター、7/14発売)アルバム発売記念LIVE
   by 立石一海トリオ (Music Charge:2000円)

スタジオ・ジブリの新作が公開されるのに合わせ、ジブリの名曲の数々がピアノトリオによって、より美しく、よりやさしく、よりハッピーに楽しめるライブです。

その他詳細は、Apple Jumpホームページの7月スケジュール欄をご参照下さい。




さてさて、先週は、5月の締めくくりに相応しいライブの連続で、満席の中の充実したライブとなりました。



5/28(金) 宮野寛子(piano)、遠藤雅美(vocal)

遠藤雅美の透明感のある歌声は、すっかりApple Jumpの定番となりました。
次回の出演は、7/1(木)です。


5/29(土)松本茜(piano)、生沼邦夫(bass)、二本松義史(drums)
初登場のドラマー二本松は、Apple Jumpからの推薦で組みました。
この日は、ビバップ系の4ビート中心でしたが、オールマイティなドラマーで若手では注目株です。


もう一枚。松本茜。
来るたびに上手くなっています。お得意のビバップチューンは勿論、表現力の難しいエリントンのナンバーなども充分堪能しました。

次回の出演は、8/28(土)です。


5/31(月)堀秀彰(piano),安東昇(bass),横山和明(drums),横田寛之(sax)

横田寛之カルテット「ゴウダヴ」のライブも恒例となってきました。
ご機嫌なバンドサウンドに、ジャズに馴染みの薄い、若いオーディエンスも大満足といった様相でした。

「ゴウダヴ」の次回は決まっておりませんが、このバンドのサウンドプロデューサー的役割のピアニスト堀秀彰は、今月、トリオのレコ発ライブがあります。
6/13(日) 堀秀彰(piano)、安ヵ川大樹(bass)、柴田亮(drums)

今月も、お待ちしております!

コメント

6月ライブスケジュール & 新企画:プロ及び上級者限定セッション始動!

2010年05月01日 | Apple Jump ライブスケジュール
6月ライブスケジュールをホームページにアップしました。

2年目を迎えた、Apple Jump。
今期の重点目標として、ピアニストのリーダーライブをもっと充実させたいということです。

今回リーダーライブとしての初登場は、野本晴美、吉田桂一、阿部篤志。
何れも魅力たっぷりの個性派揃い。個人的にも楽しみなミュージシャンで、今回限りではなく定期的にお願いしたいと思っております。
そして業界では篤い信頼を得ている音楽プロデューサーで、A&Rとして国内外のアーティストを手掛けてきたピアニスト立石一海も定期的にプロジェクトライブを行なっていくことになりました。
それから、レギュラー出演者では、堀秀彰のレコ発ライブも注目の編成です。

さらに、新企画⇒プロ及び上級者限定セッションが始動します。
6/7(月) 長谷川朗 Monday Session
    メンバー:長谷川朗(sax)、田村和大(p)、ポールドワイアー(b)、海野俊輔(ds)
 19時から長谷川朗カルテットによるLIVEを行い、20時頃からプロミュージシャン及びプロを目指す、アマチュア上級者によるセッションとなります。
 エントランス・フィー1000円 + 1ドリンク
 (セッションに参加の方も、ギャラリーの方も同一料金となります。)

以前から、このような企画を考えておりましたが、今回長谷川朗の発案とぴったりマッチングしたため始動することになりました。
プロミュージシャン同士の交流の場として、或いは優れた才能があるにも拘わらず、コネクションがないために演奏の機会が乏しいアマチュア上級者のプレゼンの場としても積極的に利用していただきたいと思っております。
そして勿論、そんな現場を冷やかしに、ご覧になる方も大いに歓迎です。

以上、詳細は、ホームページの6月ライブスケジュール欄をご参照下さい。
コメント

5月スケジュールのアップ&先週のApple Jump写真館

2010年04月06日 | Apple Jump ライブスケジュール
Apple JumpのHPに5月のスケジュールをUPしました。

注目は、バークレー音楽院卒業後、NYを拠点に活動する、バイオリニスト大村朋子の日本ツアー。(5/12)
サポートは、今年に入って日野皓正Gに抜擢されたベーシスト須川崇志等、若手の逸材がズラリと顔を揃えます。
それから、前回大好評だった、西山瞳(piano)、牧山純子(violin)とのDUOも組まれております。(5/13)

詳細は、当店HPの5月のスケジュール欄にてお確かめ下さい。

続きまして、先週のライブからApple Jump写真館のご報告。


菊池太光(p)、高澤綾(tp)、宮田伸一(b)、永山洋輔(d)、レイモンド・マクモーリン(ts)

火曜日には、高澤綾クインテットのライブがありました。
毎月編成していると、時々偶然が重なる時があります。
今回出演者に指摘されて始めて気がついたのは、国立音楽大学出身者のリーダーライブが3本連続してることです。
高澤綾(tp)⇒挾間美帆(p)⇒山崎史子(vib)

ライブは、ロイ・ハーグローブのナンバーから始まり、バンドサウンドのコンセプトがしっかり伝わってくる、楽しく刺激的なライブでした。



トランペットとサックスをフロントにするクインテットは、市原ひかりグループ以来です。
ジャズが最も光輝く、王道の編成ですね。理屈抜きに楽しいです。

高澤綾のリーダーライブは、定期的にお願いしようと思っております。
現在次回のブッキングを調整中です。



挾間美帆(pf)、江森正敏(b)、斉藤たかし(ds)、伊澤隆嗣(a.sax)

金曜日には、挾間美帆(はざまみほ)セッションのライブがありました。
彼女は、昨年、同大作曲科を卒業したばかりで、3人の中では最も妹分です。
既に在学中から、作編曲家としての手腕は知れ渡っており、山下洋輔の作品のオーケストレーションや、テレビ朝日系「題名のない音楽会」での編曲などジャンルを超えた多彩な活動を行なっております。

何曲か、同世代のmanami moritaの楽曲とテイストが近いものがあって、それがとても興味深かったです。
今日会場にいらした方も、この新鮮でユニークなサウンドに驚かれたと思います。
血沸き踊る壮絶なインプロビゼイションとメンバー間のインタープレイを求めるジャズファンにとっては、“これはジャズではない”と指摘されるかも知れません。
本人もジャンルへのこだわりは全くないようです。
ジャズやファンクをベースにした新世代のバンドサウンドを軽やかに楽しく作り上げているという感じでしょうか。。

毎日手伝いに来ている若いスタッフが、まかないを辞退して、ステージを食い入るように見ていたのが印象的でした。
今後目を離せない注目の新人です。


ちょっと不思議なキャラのMCでした。

挾間美帆にも定期的にライブをお願いしようと思いましたが、残念ながら、6月後半から留学のためにニューヨークへ旅立ってしまうそうです。
大学院で二年間、作曲の勉強をするということで、この溢れんばかりの才能に、さらに磨きをかけることになりそうですね。

ということで、出国前にもう一度だけ、Apple Jumpでライブを行なうことになりました。

☆6/15(火) 挾間美帆(pf)、伊澤隆嗣(a.sax)、江森正敏(b)、柴田亮(ds)

今回お見逃しの方は、是非ご来店下さい!

コメント

緊急編成!注目のイタリア人サックス奏者マックス・イオナータの来日ライブが急遽決定

2010年02月24日 | Apple Jump ライブスケジュール
店を始めると、思いも寄らない、お話が飛び込んできます。
今回は、飛び切り嬉しいニュースです。

注目のイタリア人サックス奏者マックス・イオナータの来日ライブが急遽決定し、3月ライブスケジュールに追加いたしました。



2010年3月23日(火)
Music Charge:3,000円
1st 20:00~21:00
2nd 21:30~22:30
(入替制ではありません)

『マックス・イオナータ&吉本章紘 Quartet』
Max Ionata(t.sax)、吉本章紘(t.sax)、古谷淳(piano)、池尻洋史(bass)、柴田亮(ds)

マックス・イオナータは、イタリアを代表する俊英トランペッター、ファブリツィオ・ボッソ(HIGH FIVE QUINTETのリーダー)と朋友関係にあり、お互いの新作では、共演するなどイタリアン・ジャズ界を背負うジャズプレーヤーとして熱い注目を集めております。
「JAZZ LIFE」誌1月号でも、カラー見開きで2ページに渡って紹介されており、国内外での評価は急上昇しています。

今回の来日では、DJ&プロデューサー須永辰緒氏監修のCD『夜ジャズ~CLUB JAZZ DIGS LUPIN THE THIRD』の発売イベントにも参加するなど、ジャズファンのみならずクラブ系のファンからも注目を集める存在です。

単身での来日ということで、Apple Jumpでは、日本の次世代を担う俊英を揃えた編成でのライブが決定いたしました。


只今より、予約受付開始いたします。
ご予約メール 又は、tel: 03-5950-0689



最新作「Inspiration」MAX IONATA QUARTET feat. FABRIZIO BOSSO


【プロフィール】
MAX IONATA, tenor saxophone マックス・イオナータ
朋友ファブリツィオ・ボッソとともにイタリアン・ジャズの未来を背負う伊達男イタリア・アブルッツォ州出身/ローマ在住、1972 生まれ。ペスカーラのコンセルヴァトーリオ、そしてビル・ラッソ監修によるコロンビア・カレッジ・シカゴのジャズ・プログラムを修士の後、ロザーリオ・ジュリアーニ、ルーカ・マンヌッツァ、エマヌエーレ・チーズィ、ロバート・ボニソーロ、スティーヴ・レイシーらに師事。
2000 年、マッシモ・ウルバーニ賞を受賞。同年、自身のクァルテットでバロニッシ国際ジャズコンクール優勝。2001年、仏アヴィニョンの国際コンクールにて市民賞を受賞する。
以降の活躍は目覚ましく、世界的プレイヤーとの百戦錬磨の共演、伊Schema 諸作品への参加、ダニエーレ・スカンナピエーコとの双頭プロジェクト『テナー・レガシー』を経て、およそ7年振りに自身のクァルテットによる渾身のハードバップ~モーダル作『インスピレーション』(2009)を発表し一気に大ブレイク。
ここ日本でも、須永辰緒氏監修の『夜ジャズ~CLUB JAZZ DIGS LUPIN THE THIRD』に参加するなど、オーセンティックなジャズ・ファンのみならず、若いクラブ・ジャズ層からの支持も厚く、その倍音豊かな野太いサウンド、とめどなく溢れ出る明快かつ力強いフレージングをもとに、ファブリツィオ・ボッソとともにイタリアン・ジャズ界を背負う一人として熱い注目を集める。
コメント   トラックバック (1)

3月ライブ・スケジュール

2010年02月07日 | Apple Jump ライブスケジュール
3月ライブスケジュールをホームページにアップしました。

3月は、Apple Jumpのオープン1周年となります。
さて、1周年だし、誰かビッグネームを呼んで、花を咲かせてもらいましょうか!という発想はありません。
日頃お世話になっているレギュラーミュージシャンに、いつもどおりの素晴らしいライブをお願いいたしました。

とはいえ、スケジュール表をご覧になっていただければ判るとおり、共演者も含め見どころ満載のライブ編成になっております。

先行案内しておりますManami Morita Trio(3/3,4)は、既にSOLD OUTとなっております。

片倉真由子の“炎のDUOシリーズ”は、念願のJAZZ SAXの巨匠山口真文が初登場(3/10)。
西山瞳(piano)は、昨年、ポニーキャニオンからCDをリリースしたバイオリニスト牧山純子とのDUOは、初顔合わせ(3/13)。
初登場の伊藤芳輝(flamenco guitar)のライブは、coba(アコーディオン)、葉加瀬太郎(Vln)、など数々の共演をしている売れっ子パーカショニスト仙道さおりが参加の注目のライブです(3/22)。

それから、1周年記念FRIDAY VOCAL SPECIAL NIGHTと称して、それぞれタイプの異なる素晴らしい若手ボーカリストに出演頂き、なんと!2500円(1drink付き)というスペシャルプライスでご提供させていただきます。ハイ!。これを機会に是非才能溢れる若き歌姫をご堪能下さい。

~1周年記念FRIDAY VOCAL SPECIAL NIGHT~
 Music Charge:¥2,500(1drink付き)

~~~~上田裕香~~~~~~~佐々木朝美~~~~~~~石川早苗~~~~~

3/12(金)上田裕香(vocal)、橋本信二(g)、大口純一郎(p)
3/19(金)佐々木朝美(vocal)、石田衛(p)、岸徹至(b)
3/26(金)石川早苗(vocal)、馬場孝喜(g)、小林幹(尺八)

その他、見どころ満載のライブの詳細は、Apple Junp ホームページの3月ライブスケジュールをじっくりご覧頂き、お立ち寄り下さい。

お待ちしております!
コメント

1月ライブ・スケジュールをホームページにアップしました。

2009年11月30日 | Apple Jump ライブスケジュール
1月ライブ・スケジュールをホームページにアップしました。

前回大入り満員で、「JAZZ LIFE」にもライブレポートが掲載された、浜崎航(sax)&片倉真由子(piano)DUO 1/8(金)、ボストン、ニューヨーク、日本で活動するメンバー全員がバークリー音楽院での同期生で、若手の俊英が揃った、山田吉輝&則武諒QUARTET 1/10(土)、スムースジャズ系の人気ピアニスト宮野寛子のトリオ初登場1/16(土)他、20代よりNYで、Clarence Penn(ds), James Genus(bass)とトリオを引率して来たピアノの奇才アーロン・チューライや、人気ピアニストの鬼武みゆきが初登場する等、見どころ満載の20本のライブ編成となっております。

弊店ホームページのスケジュール欄をじっくりとご参照の上、ご予定に加えていただければ幸いです。

コメント

Apple Jump 12月ライブ・スケジュールをアップしました。

2009年11月03日 | Apple Jump ライブスケジュール
Apple Jump 12月ライブ・スケジュールをアップしました。

先行してご案内しております、市原ひかりグループ12/5(土)、「池袋ミュージシャン・クルーズ 2009」12/17(木),18(金)、それから、クリスマス・イブの松本茜カルテット(ゲスト:太田剣(as)12/24(木)等、見どころ満載の編成となっております。
弊店ホームページのスケジュール欄をじっくりとご参照の上、ご予定に加えていただければ幸いです。

詳細は、下記HPスケジュール欄をご覧下さい。
12月ライブ・スケジュール
コメント

Apple Jump 11月ライブ・スケジュールをアップしました。

2009年10月03日 | Apple Jump ライブスケジュール
Apple Jump 11月ライブ・スケジュールをアップしました。

吉本章紘(ts)、横田寛之(sax)といった、若手注目ミュージシャンによるリーダーライブや、出演者もお客様も店のスタッフもすべて女性限定の(私だけは、店主の特権で混じらせて頂きます!)「女の子のための、女の子によるライブ&トーク。」といったユニークなイベントも開催されます。

詳細は、下記HPスケジュール欄をご覧下さい。
11月ライブ・スケジュール
コメント

Apple Jump 10月ライブ・スケジュールをアップしました。

2009年09月03日 | Apple Jump ライブスケジュール
Apple Jump 10月ライブ・スケジュールをアップしました。

3月にオープンした池袋Apple Jump。芸術の秋に相応しい、充実したライブ編成になったと自負しております。

人気ピアニストの松本茜、ハクエイ・キム、個性溢れる実力派ユニット"vice versa"のボーカリスト石塚 明由子、クラシックで培った伸びやかでソウルフルな歌声を持つ北浪良佳、ジャズ・フルートの新星Miya等々

魅力溢れるミュージシャンが大勢初登場します。
じっくりとスケジュールをご覧いただき、ご予定に加えて頂ければと幸いです。

Apple Jump 10月ライブ・スケジュール
コメント (2)

Apple Jump 9月ライブ・スケジュールをアップしました。

2009年08月06日 | Apple Jump ライブスケジュール
Apple Jump 9月ライブ・スケジュールをアップしました。

3月にオープンした池袋Apple Jump。第3クールのスタート月に相応しい、充実したライブ編成になったと自負しております。

じっくりとスケジュールをご覧いただき、ご予定に加えて頂ければと幸いです。

Apple Jump 9月ライブ・スケジュール
コメント

Apple Jump 8月スケジュール

2009年07月20日 | Apple Jump ライブスケジュール
Apple Jump 8月スケジュールがアップされました。

初登場の方を中心に、いくつか注目のライブをピックアップさせていただきます。

1 (土) 伊原康二トリオ〔JAZZ〕     Music Charge:¥2,500(税込)
伊原康二(pf),池尻洋史(b),金井洋平(ds)

スタンダードジャズの真骨頂。ジャズ・ピアノのマエストロ、初登場!
伊原康二ほど過小評価されているジャズピアニストはいないのでは、という意見が業界関係者の中で、多くの方が指摘しております。
日本のエディ・ヒギンズと言えば、スタンダードジャズ・ピアノの達人・伊原康二のことです。(私が勝手につけたのですが、、、)
多くのファンの方々から、是非井原さんのトリオを聞いてみたいという声を頂き、今回のライブが実現いたしました。


8 (土) 上田裕香〔SAMBA,JAZZ〕     Music Charge:¥2,500(税込)

上田裕香(vo)、二村希一(p)、織原良次(el-b)、福森康(ds)

夏を飾る、ドラム入りのド派手なサンバセッションが実現!
上田裕香のド迫力の熱唱は、一度聞いたら度肝を抜かれます。
普段は、あえてドラムレスの編成でライブをされておりますが、今回は夏を飾るド派手なライブをやりましょうということで、フル編成によるライブが実現しました。
こちらのライブは早めに予約されることをお勧めします。


15 (土) 佐々木朝美〔JAZZ VOCAL〕    Music Charge:¥2,500(税込)

佐々木朝美(vo),石田衛(p)
佐々木朝美は、声楽で鍛えた伸びやかな歌声が特徴の本格派若手ジャズシンガー。
注目のボーカリストが初登場します。


22 (土) 渡辺薫〔ポップス、ジャズ、ボサノバ〕 Music Charge:¥2,500(税込)

渡辺薫(vocal)、大渕昭(p)、岩崎まこと(b)、中島道博(ds)

ジャズ・ポップス・オリジナルなど幅広いレパートリーを歌うシンガー。アルバム「泳いできてね」も好評。
6月の当店初ライブで大好評だった渡辺薫のライブ。
こちらのライブは早めに予約されることをお勧めします。

28 (金) 中島香里×楠真紀子〔JAZZ〕    Music Charge:¥2,500(税込)

中島香里(vib)、楠真紀子(p)

若手ジャズビブラフォン奏者の新鋭、中島香里初登場。
4月の堀・浜崎DUOへの飛び入りがきっかけで当店への出演となりました。


29 (土) 堀秀彰トリオ〔JAZZ〕       Music Charge:¥2,800(税込)

堀秀彰(p)、高道晴久(b)、長谷川学(ds)
多彩な活動をしている注目度No.1のピアニスト。 トリオ初登場。

詳細は、HPの8月スケジュール欄をご参照願います。
コメント

池袋Apple Jumpの7月スケジュール

2009年06月10日 | Apple Jump ライブスケジュール
池袋Apple Jumpの7月スケジュールが固まりました。

店のHPの正式なものは、もう少し時間が掛かりますので、まずは最小限の情報をお伝えします。

よくCDのキャッチフレーズで“捨て曲なしの全曲入魂のトラック!”といった宣伝文句がありますが、こちらは、すべてお勧めライブでぎっしり詰まっております!

<7月スケジュール>

すべて、(Open)19:00 、(Close)23:30
(Live)1st:20:00~、1st:21:30~ 2ステージ各1時間
システムは、Music Charge+1Drink~。入れ替えはありません。
(テーブルチャージ、サービス料等は一切ありません。)


7月2日(木):西山瞳(piano)×井上淑彦(t.sax)
       <初登場:ジャズ>(Music Charge) 2800円(税込)

7月3日(金):遠藤雅美(vocal)、宮野寛子(piano)
       <ジャズボーカル>(Music Charge) 2500円(税込)

7月4日(土):山本のりこ(vocal,g)、二村 希一(p)、岸 徹至(b)
<ボサノバ>(Music Charge)2500円(税込)

7月6日(月):竹内直(t.sax)×清水絵理子(piano) 
       <ジャズ>(Music Charge) 2800円(税込)

7月8日(水):岡淳(t.sax) ×片倉真由子(piano)
       <ジャズ>(Music Charge) 2800円(税込)

7月9日(木):土濃塚隆一郎(フリューゲルホルン)、柴田敏弥(p)
       <ジャズ>(Music Charge) 2800円(税込)

7月10日(金):谷口英治(cl)、吉本章紘(ts)、佐藤浩一(P) 、池尻洋史(b)
       <ジャズ>(Music Charge) 2800円(税込)

7月11日(土):小島 のり子(fl)、山岸笙子(p)、カイドーユタカ(b)
        <ジャズ>(Music Charge) 2500円(税込)

7月12日(日):オープン・ピアノ&ステージ(午後2時~5時)
        楽器の演奏又は歌う方参加費1000円+1ドリンク
        ご見学の方は500円+1ドリンク

7月16日(木):トキオ・ボッサ・トリオ(Toquio Bossa Trio)
        遠藤律子(p)、山根幸洋(b)、吉田和雄(ds)
        <初登場:ブラジル> (Music Charge) 3000円(税込)

7月17日(金):佐藤達哉のコルトレーン三昧
~7/17命日企画:ジョン・コルトレーンに捧ぐ~
佐藤達哉(sax)、板垣光弘(piano)
<ジャズ>(Music Charge) 2500円(税込)

7月18日(土):西澤沙苗(vo.g),服部正美(パーカッション)
       <初登場:ボサノバ>(Music Charge) 2500円(税込)

7月19日(日):初心者歓迎ジャズ・ジャムセッション
(参加費) 1800円(税込)

7月23日(木):TOYONO (vo)中西俊博(vl)阿部浩二 (g)コモブチキイチロウ(b)
       <ブラジル>(Music Charge) 3000円(税込)

7月24日(金):行川さをり(vo)前原孝紀(gt)織原良次(フレットレスbs)
       <ORIGINAL,MPB,BOSSA NOVA>(Music Charge)2500円(税込)

7月25日(土):菊丘ひろみvo.g 高田泰久g 金子大介per
       <初登場:ボサノバ>(Music Charge) 2500円(税込)

7月30日(木):堀秀彰(p)&浜崎航(Ts)
       <ジャズ>(Music Charge) 2800円(税込)

7月31日(金):赤坂由香利、岡淳(T.Sax&Flute)、加藤真一(Bass)
       <ジャズ・ボーカル>(Music Charge) 2800円(税込)

以上、ご来店お待ちしております。
コメント

池袋Apple Jumpホームページ

池袋Apple Jumpホームページ