渋いっ!僕らのTokyo Jazz Cruising♪~今夜も出航!~

Live cafe & bar 池袋Apple Jump(アップルジャンプ)店主の日誌

Phil Jones BRIEFCASEというベースアンプをゲット!

2008年12月30日 | Apple Jump 創業日誌
昨日は、渋谷のKEYという楽器店に、ベースアンプを買いに行きました。
「Phil Jones BRIEFCASE」というモデルです。
機材の選定というのは、とても難しいです。

実は、11月ごろ、「Accoustic Image」というアンプを買う直前まで行きました。色々調べると、とても評判が良いらしい。そして、知り合いのセミプロレベルのベースマンからも推薦されました。
しかし、予算オーバー。ところがしばらくすると、プロご用達の大久保ベースセンターで、状態の良い新中古が出ているのを発見。
購入直前まで行きましたが、結局様子見としました。
この時点で、まだ入居審査が出ていませんでした。もし、審査がおりなかったら自分が使いもしないものをずっと部屋に置いておく事になるわけで、さすがに躊躇しました。そして、このアンプ、あっという間に売れてしまいました。
こうなると、心理的には微妙な状態に成ります。
買っとけば良かった、、、そして、店員の言葉、“これは、人気があって、滅多に上物は出ないんです。”という発言が、まんざら購入をプッシュするためのセールストークでは、なかったようです。

今回の「Phil Jones BRIEFCASE」は、有名なプロのベーシストから推薦を受けたものです。アコースティック・ベースの増幅というのは、なかなか厄介なんだろうな、というのは、素人でもわかります。
人間の体より大きな木の箱を、太ッとい弦でズシンと鳴らす。そして駒に取り付けられた、ネクタイピンのような小さなマイクで拾って、増幅するわけです。
エレベでもアコベでも何でもいけます!などという、廉価な量産モデルで旨く処理出来るわけがありませんね。
25席程度の小さなスペースで、ピアノトリオのような小編成のアコースティックサウンド中心の編成のものに対応する、ベストな選択がこのモデルということです。ベースの自然な響きが、ストレスなく広がっていくということですね。

ベース売り場のスタッフにバリバリ弾いて貰いました。
驚いたのは、10センチちょっとしかないスピーカーが、かなりのボリュームが出て、しかも全然割れない!
“それがこの「Phil Jones BRIEFCASE」ならではの、特徴なんです。”とこの店員も誇らしげに言ってました。
写真では良く判らないと思いますが、色とかツマミとかビンテージのような雰囲気でとても気にいりました。
これで漸くベースアンプから開放されました。でも、楽器屋めぐりって、結構楽しいです。

さて、間に合いそうだったので、この後、浅草に移動して、ZINCというライブハウスで久しぶりに行川さをりさんのライブを観にいきました。
行川さん、相変わらず素晴らしいです。そして前回よりアバンギャルド指数がかなり高かったです。顔をくしゃくしゃにしながらスキャットしてました。
マリア・ヒタの「Caminho das aguas」、シコ・ブアルキの「Quem te viu, quem te vê」前回は全く予備知識がなかったけど、今回は予習充分です。堪能しました。
行川さんのライブも4月ぐらいに組みたいと思ってます。
(ご本人の感触もとても良かったですので、実現できると思います。)


さあ、今回で今年は最後の更新です。
来年は、大変な年になりそうですが、少しずつ良いものにしていきたいと思ってます。
この1年で、いろんなことがありましたが、とても充実した年になりました。
このブログ楽しくて為になるよ、などと全く面識のない人からメッセージを頂いたり、素晴らしいミュージシャンと出会ったり。

何ヶ月か前にちょっと素敵なyoutubeの映像を見付けました。
エリス・レジーナの「海のメストリサラ」をバックに、ブラジルのダンスクラブみたいな感じの女の子達が、振り付けしてます。
このなんともいえない、ゆるゆるな感じが、とても和ませてくれます。
年末のご挨拶代わりに、その映像を最後に紹介します。

それでは、良いお年を!

海のメストリサラ

コメント

重要なお知らせです。この航海もようやく最終停泊地に向かいます。

2008年12月29日 | Apple Jump 創業日誌
予想外の大航海になってしまった「渋いっ!僕らのTokyo Jazz Cruising」も遂に最終停泊地を見つけ、錨を下ろすことになりました。

回りくどいことを書いてる場合ではありませんね。バーチャルからリアルの世界に戻ります。
既に一部の方には伝えておりますが、来年3月1日、池袋・立教大学隣りに新しいライブハウスが誕生します。ひとごとでは、ありませんね。私が創業します。

(店名)Live café & bar APPLE JUMP
(デクスター・ゴードンの曲名にちなみました。それから、林檎がジャンプするという、ニュートンの万有引力の発見秘話をあざ笑うかのようなタイトルが気に入っています。)
(オープン日)2009年3月1日

池袋というとロサ会館周辺の北口のケバケバした繁華街のイメージがありますが、立教大学のあるここら辺りはとても落ち着いた雰囲気で気に入りました。

今まで1年強に渡り、書いてきた、ライブ報告のブログ「渋いっ!僕らのTokyo Jazz Cruising♪~今夜も出航!~」は今後は、創業日誌のようなスタイルに変えていきます。

この間に一冊本が書けるぐらいいろんなことがありました。
そこらたりも公表できるものをチョイスして、書いていきます。

これまでは、10日前後の更新でしたが、今後はもう少し短いスパンでエントリーしていきますので、お見逃しなく!(ほんとかなぁ~)

コメント (2)

和製ノラ・ジョーンズ、大城蘭は、期待通りのミラクル・ボイス!

2008年12月21日 | ジャズ・ボーカル・ライブ
停泊地)六本木alfie(08.12/15)
メインアーティスト)大城 蘭(vo) 平岡 雄一郎(g) 谷口 純子(p) 山村 隆一(b) バイソン片山(ds)

今からおよそ1ヵ月程前でしょうか。あるライブ会場で、プロフェッショナルのボーカル情報筋から耳打ちされました。
「沖縄出身で、ミラクル・ボイスのシンガーが、12月に六本木alfieに出演するよ。これ、見逃したらヤバイね。」

そのシンガーが本日紹介する、大城 蘭(おおしろらん)さんです。
大城さんは、HPによると、沖縄出身のアイリッシュ系のクォーターで現在27歳。
3年前のホテルでのライブが、youtubeにアップされていますが、なかなかの美人でスタイルも抜群です。
これでミラクル・ボイスだったら本当にヤバイなと、鼻を思い切り伸ばしながら待っていると、まずはインストで「ミスティ」からスタート。
そして、大城さんです。映像で見慣れたショート・ヘアではなく、シャンプーのCMから飛び出したような美しいロングヘアーで颯爽と登場しました。
1曲目は、ポップチューンの「Side By Side」。2曲スタンダードを挟んで、今年リリースしたアルバム『LAN』から、ナット・キングコールで有名な「Mona Lisa」、「星月夜/Starry,Starry Night」と続きます。
今回のアルバムでは、絵画をイメージして選曲しているそうです。それで、ダヴィンチやゴッホの名作にちなんだ曲が登場する訳です。
特に「Mona Lisa」では、平岡さんの17インチの大型アコースティックギターと、大城さんの美しいボイスが絶妙に溶け合って独特のテイストを作り出しています。
本日の演奏のアレンジは、すべて平岡さんによるものです。
この後のガーシュウィンの「OUR LOVE IS HEAR TO STAY」や「HOW HIGH THE MOON」といった、数十年前のクラシカルなスタンダードナンバーが、平岡さんの斬新でフォーキーなアレンジによって全く新しいサウンドに生まれて変わっていきます。そしてそれを見事なまでにマッチングしているのが大城さんのクリスタルなボイスです。
先ほどのYoutubeでの比較的典型的なスタイルでの歌唱を観た時は、正直なところ、特に面白いとは感じませんでしたが、一人のサウンドクリエーターの手によると、こんなにも変わってしまうのかと感心した次第です。

そして2部に入って、まず印象的だったのは「ALL THE THINGS YOU ARE」。この曲は、日本では、インスト系の曲のイメージが強いですが、アメリカではボーカル曲としてとても親しまれているようです。
何年か前にアメリカで、「私の大好きなスタンダード曲」のようなアンケートがありました。ダントツで一位だったのが「OVER THE RAINBOW」。そして、このALL THE~も確か3位ぐらいに入っていたのを知って大変ビックリした経験があります。
日本では、ボーカルでこの曲を聴く機会があまりありませんが、今日改めて最高のボーカル・ナンバーだなと再認識しました。

それから何曲かスタンダードが続いた後登場したのが沖縄民謡「てぃんさぐぬ花」。夏川りみさんの歌唱で何度も聞いてますが、鳳仙花を歌ったとても美しいスローナンバーです。
そして次が西田佐知子の歌った昭和歌謡の代表的なナンバーで「アカシアの雨がやむとき」。
セットリストだけ見た人は、きっとこれらの選曲に、相当困惑すると思いますが、平岡さんのアレンジした斬新なサウンドと大城さんのボイスによって、ガーシュウィン、沖縄民謡、昭和歌謡といったばらばらなルーツを持った素材が、全く違和感なく、ジャズクラブalfieに響き渡ります。
そして最後はアルバムの巻頭を飾る「Vaya Con Dios」でお開きに。

私は、ジャズボーカルは大好きなんですが、銀座や赤坂のクラブみたいな、ロングドレスで迫ってくるようなものは苦手です。アメリカのライブ・レストランみたいに、ひょいと寄ったら、カジュアルな雰囲気で、馴染みのジャズやポップチューンがリラックスして楽しめたというのが理想です。
今日はそんな理想に近い、しかもとても刺激たっぷりのライブを堪能しました。

平岡 雄一郎プロデュース、フィーチャリング大城蘭。赤丸急上昇鉄板のコンビですよ。
コメント

miggy ワールド全開! ~宮嶋みぎわTrio feat.永山マキ~

2008年12月10日 | ジャズ・ライブ
停泊地)吉祥寺Strings(08.11/26)
メインアーティスト)宮嶋みぎわ(p)、高井亮士(b)、広瀬潤次(ds)
ゲスト:永山マキ(vo)

かなり乱暴な分け方だと承知で書きますが、ジャズ・ミュージシャンは、2つのタイプに大きく分類できます。

1)スタンダード・ナンバーを中心に、即興演奏をとことん追及するタイプ。
2)Original楽曲の作曲を中心に、独自の世界を創造していくタイプ。

恐らく、前者のケースが圧倒的に多いと思います。なにしろジャズの世界には、コール・ポーターやデューク・エリントンといった、偉大な作曲家の残した、ジャズの演奏に映える楽曲が山ほど有ります。
なにも自分が新しい曲を創らなくても、目の前にはいくらでも美味しい素材が溢れている訳ですね。

しかし、極まれにですが、後者のタイプで成功しているミュージシャンがいます。
私の場合、真っ先に思い浮かぶのは、ピアニストの国府弘子さんです。
既にリーダー・アルバムは、20枚以上リリースしていますし、500人とか1000人規模のホール・ライブを日常的にこなしている、文字通りジャズ・ピアニストの第一人者です。
しかし残念ながら、この実績のわりにジャズの世界では、あまり評価されていない様に感じます。
国分さんは、以前、インタビューで確か次のように答えています。
“私は、様々なジャンルの音楽家と共演することが多いのですが、クラシック系の方からは、ジャズを演っているコワい人のように思われるし、ジャズの人からは、ポップスのような軽い音楽を演っている人と扱われるし、何処にも居場所がないんです。”

国分さんのライブは、ビックリする様な超絶テクニックで圧倒するという類の演奏ではないんですが、演奏のクオリティーが高く、何よりも楽しくて、最後までオーディエンスを飽きさせません。
この独自の世界を切り開いている国分さんのようなミュージシャンがもっと評価され、それを目標とする若いプレーヤーたくさん増えてくれば、ジャズ・クラブももっと賑やかになるのになぁ、、、

さて、このOriginal楽曲の作曲を中心に、独自の世界を築き始めている貴重なミュージシャンが、本日紹介するmiggyこと宮嶋みぎわさんです。
宮嶋さんの音楽活動は、多岐にわたっています。

☆miggy+(ミギー、オーギュメントと読みます):宮嶋さんが作曲・アレンジしたオリジナル曲のみを演奏するビッグバンド。
☆hitme&miggy:サックス奏者山上一美さんとのDUOユニット。
☆Lynn:hitme&miggyにさらに、ツインボーカルが加わった変則カルテット。
☆ピアノトリオ

次々に楽想や企画が湧いてくるのでしょうか、何れもセッションのようなものではなく、それぞれのユニットごとに書き下ろしてアレンジされた楽曲が中心となって活動しています。

そして今夜のライブはピアノトリオに、『モダーン今夜』というユニットのボーカリスト永山マキさんがフィーチャリングされたセットです。

ライブの方は、2曲ほどオリジナルが続いた後、
“次はチャーリー・パーカーの「Confirmation」です。この曲は、恐れ多くてあまりプロのミュージシャンが取り上げないようですが、学生の頃から大好きで、なんか、自分の解釈がひょっとしたら的外れかもしれないけど、気にしないでやってみます!”と意外なことにこのビバップの代名詞とも言える曲が演奏されました。
これが実に軽快で楽しい。この曲のこんなポップな演奏は初めてです。

そして、二部の1曲目は、オリジナルの「パレード・オブ・プリン」。
これは、真夏に自宅でピアノを弾いているときに、好物のプリンがピアノの向こう側から列をなして押し寄せてくることを夢想したときに思いついて書いた曲だそうです。ちょっと、ソニー・ロリンズのラテン・ナンバー「St.Thomas」を連想させるご機嫌なナンバーです。
宮嶋さんは、社会人の経験が長かったからなのか、MCがとても上手で的確です。会場からも笑顔が絶えない楽しいアットホームな雰囲気でライブは進んでいきます。
次に、やはりオリジナルの「Grateful lights from the sea」。
悩み事があったり、行き詰ったりしたとき、よくお母様が夕日を見に、海に連れて行ってくれたそうです。
その時の思い出を曲にしたようですが、とてもドラマティックで雄大な曲で、本日の一番でした。これは、miggy+のCDの最後を飾る曲でもあるので、今度はジャズ・オーケストラバージョンでも聴いてみたいですね。

後半は、永山さんが参加して、エリス・レジーナで有名な「カイデントロ」やスタンダードの「But not for me」で締めくくり。こちらも、定番的な歌唱とは全くテイストの異なるポップな歌声でした。
永山さんは、ブラジル系シンガーでもジャズ・シンガーでもありません。自分に一番フィットする曲をジャンルレスで選択して歌っている感じです。
終演後少しお話をする機会ががあったんだけど、「わたし、ポップスなんです。」などと何故か恐縮してました。一応ジャズ系のライブハウスなので、“全然ちがうな!”なんて怒られると思ったのかな。
永山さん、ちょっとCoccoのような独特な雰囲気を持ったなかなか素晴らしいシンガーですよ。

今日は、miggy ワールド全開で、とても楽しく刺激たっぷりのライブを堪能しました。

昔から、ジャズの世界では、ポップで解りやすく楽しめるものを軽くみる雰囲気があります。
でもそんなことお構いなしにわが道を行く、このたくましいmiggyさんを、今後共注目していきたいです。













コメント

池袋Apple Jumpホームページ

池袋Apple Jumpホームページ