渋いっ!僕らのTokyo Jazz Cruising♪~今夜も出航!~

Live cafe & bar 池袋Apple Jump(アップルジャンプ)店主の日誌

Apple Jump その他の3月ライブのみどころ

2009年01月31日 | Apple Jump ライブのみどころ
今決定しております、Apple Jump その他の3月ライブのみどころをご案内します。
すべて、(会場)19:00(開演)1st:20:00~、1st:21:30~ 2ステージ各1時間

 3月13日(金):佐藤達哉(sax)、高内ハル(g)
        (Music Charge) 2800円(税込)
 (みどころ)
  佐藤さんは、長年テナーサックスのトッププレーヤーとして活躍しております。  その指導にも定評があり、雑誌「JAZZ LIFE」のサックス講座は人気コーナーとして読み継がれ、又多くの現役プロミュージシャンの師匠格に当たります。
  長年ニューヨークで活躍してきた、高内ハルさんのクールでソウルフルなギターとの相性も抜群です。円熟した大人のジャズを堪能して頂けると思います。

 3月20日(金):“Enjoy ! Jazz Standard”
         小島のり子(fl)、続木徹(p)、鈴木克人(b)         (Music Charge) 2500円(税込)
 (みどころ)
  “Enjoy ! Jazz Standard”は、リーズナブルな価格にて、スタンダードジャズを楽しむ企画です。火の出るような白熱のライブも良いけれど、週末は、気軽にジャズを楽しみましょうということです。スタンダード、ブラジル、オリジナルと幅広いレパートリーで楽しめる小島さんは、最近珍しくバス・フルートも吹かれています。ほろ酔いながら、まったりとジャズフルートの世界を堪能して頂きたいと思います。

 3月21日(土):“Enjoy ! Jazz Standard”
         吉野ミユキ(as)、槙田友紀(p)、矢野伸行(b)  
(Music Charge) 2500円(税込)
 (みどころ)
  こちらも“Enjoy ! Jazz Standard”シリーズです。約一年前に吉野さんを紹介した「♪目黒の夜空に、小鳥鳴く。 50寄航目 記念ライブ!」は、単独記事では、当ブログNo.1のアクセス(852)となっており、ライブ現場での人気は大変高いサックスプレーヤーが吉野ミユキさんです。ビバップ、スタンダードを中心とした王道ジャズサックスを楽しんでいただきたいと思います。

3月27日(金):安井さちこ(p)、佐瀬正(b)
       (Music Charge) 2700円(税込)
 (みどころ)
  昨年発売したCD「恋人~エナモラーダ~」は、SwingJournalゴールドディスクを獲得しています。ピアノが良く響く上野GH9で、安井さんのトリオを聞くのを楽しみにしていましたが、そのGH9も閉店してしまいました。ということで、微力ながら当店でのライブをお願いしました。ソロで聞いたミシェル・ルグランの「シェルブールの雨傘」は、今でも強く印象に残っています。



スタート月として、とても満足のいく編成が出来たと思っております。
スペシャルライブと合わせて、スケジュール欄に更新しましたので、お気に入りのライブが見つかりましたら、是非ご来店頂ければ幸いです。
コメント

遠藤 雅美、再びオール'55を唄う!

2009年01月29日 | Apple Jump ライブのみどころ
3月22日(日):遠藤雅美(vo)、井上ゆかり(p)、山下弘治(b)
       (Music Charge) 2800円(税込)
 (みどころ)
  遠藤さんは、ジャズ以外にも「アメリカ」や「トム・ウェイツ」等のアメリカン・ロックなど幅広いレパートリーを歌う新しいタイプのジャズシンガーです。最近は、オリジナルもレパートリーに増えてきていて、ジャズシンガーというカテゴリーの枠を大きくはみだしている感じです。
実は、以前ライブレポートした、「バーボン・バックをもう一杯!~謎のシンガー遠藤雅美を追って~」と「遠藤 雅美、オール'55を唄う!~謎のシンガーアゲイン~」2つを合わせると1000を超えるアクセスがあります。

CDも出しておりませんし、ホームページもない遠藤さんが、どうしてこれだけ沢山の反応があるのか、とても不思議です。何しろ今まで50人ぐらい紹介してきた中で3番目ですから、、、
口コミの世界では、人気沸騰中という感じでしょうか。
このメンバーがまた素晴らしい!

昨日連絡があって、この記念すべき初出演の日に、例の「オール'55」を歌いましょうということになりました。
これ、とっても楽しみです。この日ばかりは、仕事を忘れて、バーボンバックを片手に、このアメリカンな遠藤 雅美ワールドを堪能したいと思っております。
コメント

道路側の看板はこんな感じです。

2009年01月25日 | Apple Jump 創業日誌
ビルに面した道路側に、大きめの看板を付けることにしました。
こんな感じです。



Apple Jumpの入居するビルは、立教大学の直ぐ隣になります。
但し、大学に面した立教通り(St.Paul's St.とも呼ばれています。)に面しているわけではありません。正確に言うと、ちょっとだけ、顔を出しているという感じでしょうか。
よくみていると、時間帯によっては、立教通りがとても混雑する為、このビルの前の通りが、JR西口に繋がる、格好の抜け道になっていることが、判ります。
まあ、大半は立大生で、学生が、当店のような店の常連になるとは考えにくいんですが、よく観察すると、教職員のような人が結構見かけます。
そう言えば、先日も、作家でルポライターの立花隆さんが通り抜けていきました。
大学で講義を持っているのでしょうか、独特の風貌をしているので、直ぐにわかりました。

宣伝というのは、効果測定が難しいので、どの程度反応するかは、予測できませんが、ここはひとつ利用しない手はないな、ということで、少し大きめの看板を付けることにしました。

“グランドピアノ常設”などということは、ジャズの店では珍しくもなんともないんだけど、最近色々な人に店の説明をする機会があって、多くの人が、“それは、凄いですね!”と反応するのをみて、このなんともベタな表記を入れる事にしました。
コメント (2)

登場!中西俊博 ~TOYONO with 17 strings~

2009年01月22日 | Apple Jump ライブのみどころ
☆オープン記念スペシャル・ライブ~特別編 TOYONO with 17 strings~
2009年3月31日(火):TOYONO(vocal)、中西俊博(vl)、竹中俊二(g)、阿部浩二(g)
(会場)19:00(開演)20:00 2ステージ(Music Charge) 3000円(税込)

2日前にTOYONOさんから、このメンバーのスケジュールを押さえた旨の連絡を受けた時には、嬉しいと思う反面、いいのかなぁ、こんな小さなハコでという気持ちが先立ちました。
バイオリン奏者の中西俊博さんは、長年ジャズやポピュラーバイオリンの世界で日本でトップランナーとして活動しています。活動の中心は、ホールや、大型ジャズクラブです。
ここはひとつ、TOYONOさんの協力申し出に、感謝しないといけませんね。

今回のTOYONOさんのセット、とてもユニークな響きをします。
ギターの名手竹中さんに、7弦ギターの阿部さんが加わり、さらに、中西さんのバイオリンがフィーチャーされるということですね。
しかもこの3人のプレーヤーがそれぞれ独特の響きを主張しながら、絶妙にブレンドされて、TOYONOワールドが展開されていきます。
弦が合計17本。
さしずめ“TOYONO with 17 strings”という感じでしょうか。
ブラジル音楽をベースに、オリジナルな世界を築いてきたTOYONOさんのサウンドを、是非この機会に堪能して頂きたいと思います。

このメンバーを揃えるのに、ライブは週末にといった制約があっては実現しません。ウィークデイ開催ですが、是非ご期待ください。

それにしても、中西さんのスケジュール表の、青山円形劇場やビルボードライブに混じって、Apple Jumpが表示されるなんて、まだちょっと、想像できないな、、、
コメント

電飾看板はこんな感じです。

2009年01月16日 | Apple Jump 創業日誌
前回お伝えした、電飾看板のイメージが固まりました。
こんな感じです。



正面から見るとこうです。



夜の闇に映えるし、なかなか面白い仕上がりになりそうだな
と楽しみです。


本来のコンセプトは、黒をベースに赤をアクセントに入れるということでした。
黒は、クール、エレガント、ダンディ、ソフィスティケイテッド(洗練された)、そして、渋いっ!というイメージです。
そして赤のイメージは、ホットとか、ソウルフルとか、情熱とか、ブルース・フィーリングのようなものです。

この両方が、上手いこと同居した音楽なり、空間が提供出来ればと思っています。

それにしてもちょっと目立ちすぎかな、とも思いましたが、外壁は、隣接する立教大学にマッチングさせて、アンチークレンガで装うことにしたので、丁度いい塩梅になるんじゃないかなと期待しています。しかし、こればっかりは、出来てみないと解りません。

さて、本気で赤いピアノを探そうかな、、、
コメント

Apple Jump アクセス&MAP

2009年01月12日 | アクセス&MAP
アクセスとMAPを紹介します。

場所)東京都豊島区西池袋3-33-17
    東武西池袋サンライトマンションB1
    池袋駅西口、立教大学隣り。池袋駅地下鉄副都心線側C3出口より約2分。

JR中央改札口を出て、地下街を東武百貨店のある西口方面へ向いますと、何度か、立教大学や地下鉄副都心線の看板が出てきます。それに沿って進みますと、立教通りに面する最寄のC3という出口に出ます。これを大学に向かって1分程歩くと、リビエラという大きな結婚式場がありまして、そのはす向かいのビルの地下となります。




漸くロゴが出来ました。

カラーは、当初から黒をベースに赤を入れることを決めていました。
しかし、問題はフォントなどのレタリングです。
散々と考えた末、ごくごくスタンダードな“Times”に決めました。
色々と奇抜なものや、面白い候補があったんですけど、こういったものに
気をてらう必要はないな、という判断です。
スタンダードでいきましょう、ということですね。

基本となるものは、こちらです。



そして、アイキャッチ的な局面では、こちらを使います。
(なにしろ、客席の1/4をピアノで占めるわけですからね)



それから、店の周りの電飾などでは、黒はいけません。闇夜のカラスになってしまいます。そこで、こちらを使います。



“お宅のピアノ、赤くないじゃん”なんて怒られるかな、、、


コメント

3月スケジュール

2009年01月10日 | Apple Jump ライブスケジュール
<3月スケジュール>
すべて、(会場)19:00(開演)1st:20:00~、1st:21:30~ 2ステージ各1時間

☆オープン記念スペシャル・ライブ

~第一弾 赤坂由香利スペシャル・トリオ~
3月1日(日):赤坂由香利トリオ(古野光昭(bass)、藤陵雅裕(a&s.sax))
       (Music Charge) 3000円(税込)

~第二弾 竹内直&片倉真由子DUO~
3月4日(水):竹内直(t.sax)、片倉真由子(piano)
(Music Charge) 2800円(税込)

~第三弾 上田裕香ブラジル・セッション~
3月7日(土):上田裕香(vocal)、小畑和彦(g)、森田英介(p)
(Music Charge) 3000円(税込)

3月13日(金):佐藤達哉(sax)、高内ハル(g)
        (Music Charge) 2800円(税込)

3月20日(金):“Enjoy ! Jazz Standard”
         小島のり子(fl)、続木徹(p)、鈴木克人(b)
        (Music Charge) 2500円(税込)

3月21日(土):“Enjoy ! Jazz Standard”
         吉野ミユキ(as)、槙田友紀(p)、矢野伸行(b)  
        (Music Charge) 2500円(税込)

3月22日(日):遠藤雅美(vo)、井上ゆかり(p)、山下弘治(b)
       (Music Charge) 2800円(税込)

3月27日(金):安井さちこ(p)、佐瀬正(b)
       (Music Charge) 2700円(税込)

~特別編 TOYONO with 17 strings~
3月31日(火):TOYONO(vocal)、中西俊博(vl)、竹中俊二(g)、阿部浩二(g)
       (Music Charge) 3000円(税込)


3月ライブ、予約受付開始いたします。
下記内容をご参照の上、左カレンダー下のMAILをクリックして、ご予約願います。
電話も繋がりましたので、こちらでも、ご予約いただけます。→03-5950-0689
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(システム)
    MC(ミュージック・チャージ)+1ドリンク
    その他のテーブルチャージ、サービス料等はありません。       
    又、ステージ毎の入れ替えはありません。
(場所)豊島区西池袋3-33-17
     東武西池袋サンライトマンションB1
     (JR池袋駅より6分、地下鉄副都心線池袋駅より2分)
  
コメント

オープン記念スペシャル・ライブ 3連発~第三弾 上田裕香ブラジル・セッション~

2009年01月07日 | Apple Jump ライブのみどころ
さて、池袋Apple Jumpのオープニング・スペシャル・ライブ3本目が決定いたしました。

☆オープン記念スペシャル・ライブ 3連発

~第三弾 上田裕香ブラジル・セッション~
2009年3月7日(土):上田裕香(vocal)、小畑和彦(g)、森田英介(p)
(会場)19:00 (開演)20:00 2ステージ(Music Charge) 3000円(税込)

上田さんに関しては、過去2回当ブログで紹介しています。
発見!ブラジリアン情熱シンガー上田 裕香
J Jazz界は、才女であふれている(中編)~上田 裕香続報~

この中で紹介している、エリス・レジーナのナンバー「帆掛け舟の疾走/コヒーダ・ヂ・ジャンガーダ」や、ミルトン・ナシメントの「Bridges/トラヴェシア」のYouTube映像を是非ご覧になってください。

前回片倉真由子さんの紹介で1200以上のアクセスがあったと書きましたが、実は、上田さんもそれに近いアクセスがきています。
ブログというのは実に面白いメディアですね。
2人ともリーダーアルバムとかまだ出していませんし、専門誌とかで大きく取り上げられてもいません。そして、ライブの現場では、これらのミュージシャンの話題が沸騰していても、アルバムとか出すまではマス媒体がフォローしないので、皆さん情報に飢えているんでしょうね。

上田さんは、一応ブラジル音楽をメインにしていますが、ライブ活動の中心は、ジャズ系のライブハウスです。ジャズも歌いますし、日本語のオリジナルもとてもいい歌を歌っています。まさにジャンルレスのミュージシャンですね。

一体このパワーの源は何なんだろうと、いつも感心します。
ブラジル系ギターNo.1の小畑さんと、ピアノの森田さんが加わり、上田ワールドを堪能できる、申し分のないメンバーが揃いました。
これ、必見です!





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~第一弾 赤坂由香利スペシャル・トリオ~
2009年3月1日(日):赤坂由香利トリオ(古野光昭(bass)、藤陵雅裕(a&s.sax))
(会場)19:00 (開演)20:00 2ステージ(Music Charge) 3000円(税込)

~第二弾 竹内直&片倉真由子DUO~
2009年3月4日(水):竹内直(t.sax)、片倉真由子(piano)
(会場)19:00 (開演)20:00 2ステージ(Music Charge) 2800円(税込)
コメント

オープン記念スペシャル・ライブ 3連発~第二弾 竹内直&片倉真由子DUO~

2009年01月05日 | Apple Jump ライブのみどころ
さてさて、池袋Apple Jumpのオープニング・スペシャル・ライブを企画中ですが、これまた、凄い組み合わせが実現しました!

☆オープン記念スペシャル・ライブ 3連発

~第二弾 竹内直&片倉真由子DUO~
2009年3月4日(水):竹内直(t.sax)、片倉真由子(piano)
(会場)19:00 (開演)20:00 2ステージ(Music Charge) 2800円予定
注.3月のライブは週末に予定をしておりますが、スケジュールの関係でこのライブはウィークデイ開催なっております。

竹内直さんに関しては、以前「スピリチュアル・ジャズへのいざない」で紹介しております。その卓越した技術を元に、既にオリジナルな世界を構築している、類まれなミュージシャンです。個人的にも、一押ししているテナー・サックス奏者です。

そして、片倉真由子さんに付いても、「池田篤と片倉真由子が加わって、今度の『SOund of JAzZ』も凄いんです!」と「鮮烈デビュー、片倉 真由子トリオ」と過去2回に渡って紹介しています。
私の方では、このブログの記事毎のアクセス数が判るんですが、既に合わせて、1200以上のアクセス数となっております。これは、凄い数です。1番ですよ!
卓越した技術とジャズファンを唸らせるしびれるような歌心を合わせもった期待の若手プレーヤーですね。

この2人が共演するとなれば、火の出るような熱いライブになるのは、間違いありません。
テナーのトッププレーヤーと若手No.1のピアニストが、当店のような極小さな、しかもまだ影も形もないライブハウスの出演オファーに対し、即答で快諾頂きましたことに本当に感謝しております。

是非ご期待願います。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~第一弾 赤坂由香利スペシャル・トリオ~
2009年3月1日(日):赤坂由香利トリオ(古野光昭(bass)、藤陵雅裕(a&s.sax))
(会場)19:00 (開演)20:00 2ステージ(Music Charge) 3000円予定
コメント (2)

オープン記念スペシャル・ライブ 3連発~第一弾 赤坂由香利トリオ~

2009年01月03日 | Apple Jump ライブのみどころ
あけまして、おめでとうございます!

昨年中は、「渋いっ!僕らのTokyo Jazz Cruising♪~今夜も出航!」に沢山の方がお立ち寄り頂き有難うございました。
また、突然のLIVE HOUSEの創業カミング・アウトに驚かれ、戸惑われたかと思いますが、多くの方から、直接激励の言葉を掛けていただき、有難うございます。
この場をお借りして、御礼申し上げます。

さて、創業に向け多くのことを積み残したまま、年を越してしまいましたが、オープン記念スペシャル・ライブが続々決定しておりますので順次ご案内致します。

☆オープン記念スペシャル・ライブ 3連発

~第一弾 赤坂由香利スペシャル・トリオ~
2009年3月1日(日):赤坂由香利トリオ(古野光昭(bass)、藤陵雅裕(a&s.sax))
(会場)19:00 (開演)20:00 2ステージ(Music Charge) 3000円予定

赤坂さんに関しては、昨年7月に当ブログで紹介しています
約一年半に渡るライブ三昧の中でも、最も胸を打ったボーカルライブで、今でも鮮明に記憶しています。
その赤坂さんが、記念すべきオープニング・ライブを快く引き受けていただき、大変感激しております。
赤坂さんのファンの方は勿論、まだの方は、どうかこの特別な日に“初めての赤坂由香利”をご堪能頂ければと思います。正真正銘の“いちおし”ボーカルライブです!

Live café & bar APPLE JUMPでは、当ブログで紹介してきた方々を中心にライブの編成を行っていきます。どうか、ご期待願います。(あ!勿論、JOYCEとかROBERT LAKATOSとかは、無理だと思います。)

今年は、大変な年になりそうですが、どうか、最後までお付き合い願えれば幸いと存じます。
本年もよろしくお願いします。
コメント

池袋Apple Jumpホームページ

池袋Apple Jumpホームページ