渋いっ!僕らのTokyo Jazz Cruising♪~今夜も出航!~

Live cafe & bar 池袋Apple Jump(アップルジャンプ)店主の日誌

鮮烈デビュー、片倉 真由子トリオ

2008年05月27日 | ジャズ・ライブ
停泊地)上野GH9(08.5/19)
メインアーティスト)片倉 真由子(p),高道 晴久(b),倉田 大輔(ds)

Tokyo Jazz Sceneに突如、彗星の如く登場したピアニスト片倉 真由子さんについては、以前、「池田篤と片倉真由子が加わって、・・・」で紹介しました。
このセットでも、勿論、片倉さんの実力は充分発揮されていたと思いますが、ここはひとつ、リーダーライブのピアノ・トリオでじっくりと味わってみたいな、ということで、もう一度上野に参上となった次第であります。

さて本日の片倉トリオの第一ステージは、スタンダードの「It could happen to you」でスタート。わぁ、いきなりドカンとストライクが来ました。
実は、ベテラン・ピアニスト(1936年生まれ)で、ビバップ系の
ホッド・オブライエン/Hod O'Brien という方がいて、日本ではほとんど音沙汰なかったのに、昨年突然「Live At Blues Alley」というライブ盤3部作を発売して一躍ジャズピアノファンの注目を浴びました。(Blues Alleyは目黒ではありません、Washington D.C.ですよ!)
わたしもこの内の、タッド・ダメロン作品をメインに収録した「Third Set」がお気に入りで、とりわけ2曲目の「It could happen to you」の虜になってしまい、通勤時に毎日のように聞いていました。
この曲は、blue Noteに録音したバド・パウエルのバージョンもよく知られてますね。

ということで私にとっては、ポンとご挨拶代わりに名刺を渡されたような感じで、のっけから完全に取り込まれてしまいました。
続いて、大好きなモンクの曲をということで「Reflections」と一曲挟んで、同じくモンク珠玉のバラード「Ruby, My Dear」
イヤー、たまらないです。鋭くエッジがあり、しかも歌心たっぷりのフレージングとコードワークが、モンクの名曲を、鮮やかに描き出し、片倉さんに導かれて、会場全体が独特のプチ・アバンギャルドな世界に包まれていくという感じかな。

最後は、これまた大好きなマッコイ・タイナーにちなんだオリジナル「Blues for Tyner」で一部は終了。
こうなると待ち遠しいのは、勿論コルトレーン・ナンバーですね。
きっと演ってくれると期待した二部の三曲目に出ました。バラード「ネイマ」です。ところが片倉さんのバージョンは、バラードではなくスピーディーにアレンジされた斬新な「ネイマ」。意表を付かれましたが、こういうのもありか、という感じでなかなか楽しいです。

それから留学中に亡くなられたお父様にささげたオリジナルの「Song for my father」。
MCによるとお父様もミュージシャンだったらしく、本当は一緒に競演したかったと話されてました。アメリカで訃報を聞いた時は、ショックで1ヵ月ピアノを弾けなかったと、当時のことを語ってました。
片倉さんは、アドリブのときフレーズを唄わせようとして、ピアノと一緒にスキャットするんです。私の目の前1メートルぐらいで演奏しているので、それがよく聞こえます。曲に合わせて、体中からメロディーを絞り出そうとするのがすごく感じられて、余計に胸に迫って来ます。この美しいレクイエムをハミングしている片倉さんを見たとき、もしかしたら、お父様に語りかけているのかなと考えた瞬間、ドバーっときそうになりました。まあ、ぎりぎりセーフという状態。
ひょっとして片倉さんは、と心配しましたが、勿論完璧に弾ききりました。
MCでも“父に捧げる曲が出来たということは、もう私のほうは心配要りません!”と高らかに宣言してましたね。

そして、最後は又コルトレーンの軽快なナンバー「ロニーズ・ラメント」で締めくくり。

うん、今日は本当にスペシャルな一日となりました。片倉さんのような若いプレーヤーがモンク、マッコイ、コルトレーンといったヘビー級ミュージシャンの音楽をリスペクトして、新しい解釈でしかも飛び切りハイレベルな演奏されているのを観て、すごく頼もしかったですし、単純に刺激的で楽しかったです。
久しぶりに頼もしい新人が登場して来ました。しばらくは目が離せませんね。

今年の夏は、ジュリアード・オールスターズ(Dominick Farinacci(tp)等)の一員として、日本を含めたアジアツアーに参加するそうです。
ちょっと話題になりそうですね。あっという間に、別世界に行ってしまいそうです。

お近くのスモールクラブで、スキャットを聞きながら片倉さんのピアノを聴けるのは今のうちですよ!


コメント

鈴木 良雄4とは、ちょいワル風凄腕激渋四人衆の事也

2008年05月23日 | ジャズ・ライブ
停泊地)吉祥寺SOMETIME(08.5/17)
メインアーティスト)Bass Talk
    鈴木 良雄(b),野力 奏一(p),井上 信平(fl),岡部 洋一(perc)

まずは、本日のリーダー、鈴木良雄さん(愛称チンさん)のご紹介です。
チンさんは、23歳で渡辺貞夫(愛称ナベサダ)さんのグループに抜擢されて以来、およそ40年間、日本のジャズ・ベース界のトップ・プレーヤーとして活躍されているJジャズ・ジャイアンツの一人です。

チンさんの所属していたダンモ研(早大モダンジャズ研究会、通称ダンモ研)に、一年遅れて、一人の飛び切り優れたギタリストが入部してきました。その方が、今来日している増尾好秋さんです。増尾さんは、在学中からナベサダGに抜擢され、それからニューヨークへ渡り、なんと、ジャズサックスの巨人ソニー・ロリンズのレギュラーGへ参加するという快挙を遂げました。増尾さんに関しては、又別の機会にもっと詳しく紹介したいと思います。

そして、増尾さんの同期で、福岡から来た風変わりな青年がいました。マイルス・デイビスに憧れて、トランペットを始めたということです。しかし、自分には、マイルスのバラードのように哀愁を帯びたラッパを吹くことが出来ない。周りの部員からも「おまえのラッパは泣いていないよ。むしろ笑ってる!」とからかわれて、楽器はあきらめました。
でも、口達者をかわれて、司会(MC)兼マネージャーとして、チンさんや増尾さんについて全国回りました。いわゆる“ビータ”(演奏旅行)というヤツですね。
皆さん、もうお察しですよね!この風変わりな青年が、タモリこと森田一義さんです。

さて、本日サムタイムに登場した「Bass Talk」のそのほかのメンバーもそれぞれのジャンルでトップ・プレーヤーです。平均年齢50歳ぐらいかな。ラテンパーカッション界の重鎮、岡部さんが最年少です!イヤー、皆さん渋い。楽器を構えてるだけで絵になるという面構えですね。

このちょいワル風凄腕激渋オヤジバンドの一曲目は、鈴木さんのオリジナル
「Morning Sun」でスタート。
今回のステージは、昨年12月に発売された「LOVE LETTER」というアルバムの収録曲を中心に演奏されました。このアルバムは、鈴木さんらが昨年発足した「ONE」というレーベルから第二弾として発売されました。
このレーベルの立ち上げには、超多忙なスケジュールをぬって僚友タモリさんも参加してるんです。
そして、第一弾は、期待の若手ピアニスト海野雅威さんをフィーチャーした作品が発売されました。この海野さんは、もう直ぐニューヨークへ武者修行の旅に出るんですね。だからお世話になってるチンさんへ挨拶を兼ねて本日サムタイムに観に来ていました。

さて演奏の方は、特に細かく触れる必要は有りません。達人達が4人あつまり、しかもセッションではなくバンドとして、密度の高い演奏をすると、こんなに上質で美しいサウンドが生まれるのか、という印象ですね。チンさんの作曲も勿論いいんだけど、アレンジャー野力さんのサウンド作りが光ってます。
非常に聞きやすく楽しめて、しかも密度が高い。
実はこの2つが重なることは、なかなかないんですね。軽すぎず、重過ぎない。
ライブパフォーマンスを知り尽くした達人だけがなせる匠の技です。

さあ、ベテランミュージシャンの燻し銀の演奏に堪能した後は、若き才能の発掘の旅に向かいます。
これ、実は凄い必見の航海になったんですよ!

さあ、航海日誌が全然追いつかなくなってるなぁ。全速で出航!
コメント

向井滋春 ブラジリアン ナイトは、噂通りの白熱セッション

2008年05月19日 | ジャズ・ライブ
停泊地)青山BODY&SOUL(08.5/15)
メインアーティスト)向井滋春 ブラジリアン ナイト
   (続木徹(pf) 八尋洋一(b) 吉田和雄(ds) 城戸夕果(fl) 森下亜希子(vo))

このblogでも何度か紹介しているJブラジル音楽界の歌姫Toyonoさんが、今リオで新作のレコーディングをしています。その様子が、彼女のBlogやmixiに逐次報告されています。
ブラジルは日本の丁度地球の裏側だから、今ブラジルは秋ですよ。
不思議ですね。
そして日本にいながら、レコーディンクの進行状況やリオの表情をリアルタイムで知ることが出来る。凄い世の中になったもんですね!

今年は、ブラジル日本移民100周年記念の年だそうです。1908年に神戸港を出港した
笠戸丸に、決死の覚悟で乗船した移民の方々にとって、全く想像も付かない世界になってきました。そうすると、この後の100年後は、また想像も付かないことが起きてくるんでしょうね。もちろん、それは私も、ご乗船の方々も知ることは出来ません。
あっ!何が起きても不思議ではないので、ひっとして今後知る方法が出来るかもしれませんね!(未来に飛べるとか、200歳になっても元気でピンピンしてるとか・・・)

オチのない前振りはこの辺にして、今日は、ベテラン・トロンボーン奏者向井滋春率いる「向井滋春 ブラジリアン ナイト」のご紹介です。
向井さんは、私が10代の頃からジャズ・トロンボーン奏者のトッププレーヤーで、30年以上たった今でも、ずっと維持している信じがたい鉄人ですね。
昔から少林寺拳法をされているのは有名で、それで、ずっと精進しているのでしょう!
それから、渡辺貞夫さんに続き、いち早くブラジル音楽をジャズに取り入れたのも向井さんです。

さて、このセットは、噂が広まってるせいか、開演30分前に着いたのに既に満席状態です。そして、このBlogではもうお馴染みのジョビンの名曲「シェガ・ヂ・サウダーヂ」で一部がスタート。さらに「ビリンバウ」やジャバンのナンバーが続きます。
イヤー、楽しいです。何よりリズム隊が最高ですね。八尋さんと吉田さんは、ブラジリアン・フュージョン・バンド「スピック&スパン」の名コンビです。
特に吉田さんのドラミングは、格別です。気がつくと、ついつい吉田さんのプレイに目が行ってしまいます。とくに派手なことはないんだけど、アイデア満載のサンバ・リズムが、バンド全体のグルーブを引っ張ります。
ソリストもとても気持ち良さそうですね。こんなリズム隊でソロが取れるんだから、楽しくてしょうがないぜ、という雰囲気が、会場全体に伝わってきます。

そして、二部は、向井さんのチェロをフィーチャーしたジョビンの「エスターテ」でスタート。さらに、ボーカルが加わって、「おいしい水」「マシュケナダ」「ソー・メニー・スターズ」とセルメン・ナンバーが続きます。
イヤー、これで盛り上がらないわけがないですね。
そして最後は、もう一度向井さんのチェロでジョビンの「トリスチ」で締めくくり。(向井さん、やっぱりこのスウィートなボッサは、ボントロで聞いてみたかったですね!まあ、それも次回の楽しみにしますか。)

うん、今日は、ブラジリアン・ジャズ・サウンドを充分堪能しました。
やっぱり、この二つが融合すると、クールでスウィートでダンサブルな、ゴキゲンなサウンドが生まれますね。今日改めて確認しました。

ご乗船の皆さん、このセットお勧めですよ。今まで紹介した中では、ミュージックチャージは高め(4,000円-但し、外税とサービス料で10%別途あり。実質4400円)ですけど、満足度満点です。

但し必ず予約を入れたほうがいいです。今日も、入れなくて何人か帰って行きました。

うん、若き才能を発見するのも楽しいけど、ベテラン・プレイヤーの演奏は、やっぱり安心して楽しめますね。

とうことで、次はベテラン激渋四人衆を観に行きましょう。
それでは、次の停泊地吉祥寺に向かって出航!
コメント

池田篤と片倉真由子が加わって、今度の『SOund of JAzZ』も凄いんです! 

2008年05月09日 | ジャズ・ライブ
停泊地)上野GH9(08.5/5)
メインアーティスト)『SOund of JAzZ』
      (広瀬 潤次(ds),池田 篤(as),片倉 真由子(p),本川 悠平(b))

広瀬さん率いる『SOund of JAzZ』は、以前このブログでは「たくましき、若獅子達!」という記事で紹介済みです。
今読むと、ちょっと興奮しすぎたかなという感じもありますが、メンバーが一体となって、非常に密度の濃いジャズを堪能させてもらった、という思いは今も変わりません。
そしてその信頼のブランド『SOund of JAzZ』に、私の大好きなサックス奏者池田 篤さんがフロントに入ったと聞けば、もうジッとしてはいられません。

9階でエレベーターが開くと、いつものように、ホール案内係りのお兄さんが待ち構えています。そして通されたのが、カウンター席の入り口から五番目のところの絶好のポジッションです。よっしゃー!という感じですね。
ちょっと、このGH9を紹介します。
上野にある本格的なジャズクラブで、連夜、著名ジャズミュージシャンが演奏しています。床は大理石で出来ており、最上階のため天井が三角のロフト部分と吹き抜けになっています。そのためか、とても音がいいです。
但し残念なのは、快適にライブを観るポジションが限られていることです。
入口入ると左手手前が演奏スペース。奥がバーテンダーの作業スペースです。それに平行してずらーっと12席ぐらいカウンターが並んでます。
従って、8席目ぐらいの人から、ステージを観ようとすると前のひとの頭がずらっと並んでいるので、左右前後に首を振ったりしながら観ることになり、結構疲れます。
先月着たときは、10席目ぐらいで、途中でステージを観るの止めてしまいました。
そこで今回は早めに予約を入れて、さらにその時、ステージの近くを希望している旨を伝えました。(こういう時に遠慮していては、ジャズ・クルーザーの船長は務まりません!)それが効いたのか、会場満席の中絶好のポジッションをキープした次第となりました。

さて、ステージは、広瀬さんのオリジナル「Page One」からスタート。
広瀬さんはとても几帳面な感じの方で、1曲ごとに丁寧に曲の紹介をします。
なにか、大学のジャズのセミナーを受講している感じでとても好感持てます。
本の最初のページを開くあのトキメキみたいなものをイメージして作曲しました、ということです。
いやー、最初のテーマを聞いただけで、完全にしびれました。このユニットやはり凄い力を持ってます。

それからアルト・サックスの池田 篤さん。
これほど楽器を自在に操り、しかもテクニカルに走らず、非常に高い音楽性を持っているミュージシャンは、そうはいません。私の中では、少なくともアルト・サックス奏者ではNO.1プレーヤーですね。ジャズ仲間からもその博学ぶりは知れ渡り、広瀬さんは、「東洋のジャズ博士」と紹介してました。
それから、そのレッスンも定評があり、人気サックス奏者矢野沙織さんが高校生の時に、池田さんの元に通っていたのは有名な話です。
実は、以前私も池田さんに習いたくて、教えているルーツ音楽院に問い合わせしたことがあります。(当時毎日曜教えてました。)そしたら、非常に人気があって、朝から夜の10時ぐらいまで全部埋まっているということでした。しかも、誰か辞めたら連絡して下さいという、キャンセル待ち組も結構いるらしい。そして生徒が、なかなか止めないということでした。ということで、結局あきらめることにしました。

そして今日ビックリしたのは、2曲目のブルースで池田さんがテナーを吹き始めましたことですね!テナーは初めてです。しかしこれが又いいんです。ごりごりで渋くて、しかもスリリングで。今度テナーだけのステージが有ったら絶対行きます。

そして一部の最後は例の超高速の「Just One Of Those Things」で締めくくり。

そしてここからは、しばし「プチJ Jazz界は、才女であふれている」コーナー。
(今回もこのタイトルで良かったんだけど、ちょっと、きりがないので止めました)

海図なしに航海が出来ないように、ジャズ・クラブの「スケジュール表」なしに、この「Tokyo Jazz Cruising」は運航出来ません。そこで、行きつけの主なクラブのスケジュール表がアップされると、印刷して目の前にぺたぺた張っておきます。
(赤エンピツで丸したりして、このクルージング、結構ローテクです!)
そして、ここに、この4月ぐらいから、ちょっとした異変を読み取りました。きっとビギナーのクルーザーさんは見逃すかもしれません。
しかし、船長のプライドが有ります。ご乗船の皆様方のためにも、特オチ(旬な情報を見逃すこと)は許されません。

それはこういうことです。
著名ミュージシャンのいくつかのバンドで、全く知らない新しいピアニストに入れ替わっている!という異変です。
その方が、本日登場の片倉 真由子さんです。
色々調べたんですが、まだアメリカから帰国したばかりで、あまり情報がありませんでした。ここが又いいですね。超先取り情報ですよ!
ホームページによると、1980年生まれで、仙台市出身。お母様がやはり仙台在住のジャズピアニスト。
ボストンの名門バークリー音大を卒業して、ニューヨークへ移り、ジュリアード音楽院でピアニストのケニーバロンからピアノを教わっている。
向こうでもすごく優秀だったらしく、色々賞とかとっています。
また、ハンク・ジョーンズやドナルド・ハリソン等と競演して腕を磨いている。
20代の丁度いい時に海外にいたのは、すごく良かったですね。
日本にいたら、直ぐ、天才少女出現などと騒がれて、沿線のクラブのセッションなどでしっかり力を付けることは出来なかったでしょうね。
(すいません。わたしも、直ぐこう言う、天才少女・王子ネタに乗ってしまいます。)
ニューヨークにいたら、エリート校で優秀だったり、なんかの賞を取ったからといって、若いプレーヤーを必要以上に、もてはやしたりはしないんでしょうね。
セッションに行っても、“So, What ?”(それがどうした?)という感じなんでしょうね。一兵卒ですよ、きっと。

片倉さんのピアノとてもいいです。池田さんとインタープレイも堪能しました。
とくに、セカンドセットの「Swing Like Monk」が印象的でした。モンクのような、プチ・アバンギャルドな感じが得意なのかな。でもいろいろ引き出しを持っていそうで楽しみなピアニストが登場しました。
広瀬さん、池田さんはもとより、中村誠一、山口真文、大坂昌彦、三木俊雄等各トッププレーヤーが自己のリーダーバンドに入れたがるのは、私でも分かります。
今日は、噂を聞きつけたプロのベテランピアニストが2人観に来てました。
それから玄人筋のクルーザーもちらほらと目を光らせていました。
まだちょっと遠慮している感じがしました。自己のトリオでは、思い切り爆発するのかな。ちょっと、楽しみで、早速帰りに、予約してきました!
(片倉さん、ジャズのピアニストでは珍しく、譜面台を立ててピアノを弾くときが多いです。これだと正面から表情が見えなくなってしまうので、ちょっと残念です。)

さて、ライブの方は、前回同様「Stomping At The Savoy」を全員の合唱つきで演奏。これ、ほんとユニークです!
当然アンコールとなり最後はオリジナルの「The Happiest Day」で締めくくり。

イヤー、数ヶ月ぶりに、『SOund of JAzZ』を堪能しました。

新しい発見もあったし、何より、池田さんのサックスにドカンとやられました。
又聞きたいな。グレコでピアノの石井彰さんとDuoがあるらしい。

ということで、今度の週末は、大塚へ出航!となりそうです!


(追記)
その後、片倉真由子トリオのライブ報告をアップしました。
どうぞ、合わせてお読みください!


コメント (2)

G.W.は、山本のりこの極上ボッサで温泉気分!

2008年05月03日 | ラテン/ブラジル系ライブ
停泊地)吉祥寺STRINGS(08.4/30)
メインアーティスト) 山本のりこ(vo,g)二村希一(p)、matsumonica(harmonica)

このブログではジャズの市場のことを、とても小さなマーケットのように、何回か書いていますが、他のジャンルを考えると、意外とそうでもないなと感じます。
特に邦人のライブ情報とかは、結構豊富で、しかも簡単に入手できます。
「スイング・ジャーナル」や「ジャズ・ライフ」といった専門誌にはミュージシャン情報が満載していますし、青山「BODY & SOUL」や六本木「ALFIE」に行けば、日本のトップクラスのミュージシャンの大半を知ることが出来ます。

ところがブラジル音楽系のライブ・クルージングをしているとそうは行きません。なかなか確かな情報が取れません。
例えば今人気のボサノバ。
あてずっぽうに、ライブ・レストランなどへ聞きに行ったりすると、かなりヤバイレベルだったりします。
しかし、これだけ日本に定着した音楽が、渋谷や青山のおしゃれカフェなどのBGMで終わるのはもったいない。やはりライブで楽しみたいですね!

Jボッサ界には、小野リサさんという超人気歌手がいます。
それでは、他には?となるとなかなか出てきません。
そこで最近mixiのボサノバ関係のコミュニティにいくつか入りました。
このコミュニティは、結構、営業の書き込みが多いので、いろいろと割り引いて、情報を整理する必要があります。ここから導き出されたのが、本日登場の「山本のりこ」さんです。

山本さんは普段は、一人で弾き語りをすることが多く、今日のようなケースは珍しくて、とても楽しみにしていたということです。
ピアノの二村さんは、以前、上田裕香さんのときにその名手ぶりを紹介しました。
matsumonicaさんは、「音遊び」というブラジル系人気ユニットのハーモニカ奏者です。
さてステージのほうは、ジョアン・ドナートの作品で始まり、山本さんのオリジナルやジョビンの曲など、とてもいい感じで、まったりと進んでいきます。
山本さんの歌声、とても良いです。ナラ・レオンがアイドルということなので、王道ボッサ路線なんだけど、しっかりとした密度ある歌声が、うっとりとやさしく会場を包み込むといった感じですね。この独特のリズムに引き込まれて、あちこちでゆれています。
すごく心地良いですね。丁度ゴールデンウィークだし、極上の温泉に浸ってる気分です!しかも今日は満席状態。20人以上が狭い中、肩を寄せ合ってます。そしてその内15人ぐらいは女性ですよ。そうか!つまり、ボッサを聞きながら混浴に入ってるということですか!ん~!ナイス!ナイス!ナイス!OH, Yeah!・・・・

今日のライブで特に良かったのは、ジョビンの「フォトグラフ」と「ばらに降る雨」です。これらは、ジョビンの曲でもジャズ・プレーヤーはまず取り上げない曲ですね。こういった発見があると楽しいです。
それからジョビンの「平和な愛」と紹介した曲。聞き覚えが有る曲です。でもこの邦題知りません。ずっと気になって翌日ふと思い出しました。アストラッドのあの投げやりな感じの、とって付けたような英語のボッサ、「ONCE I LOVED」のことでした。このようなことが時々あります。「シェガ・ヂ・サウダーヂ」が「想いあふれて」とも言い、ジャズの世界では
「NO MORE BLUES」となることは既に学習しています。

今日は本当にステージと観客が一体となった素晴らしいライブでした。
最後の曲が終わると、熱い拍手が止まらず、当然アンコールとなりました。
最後は皆さんの知ってる曲でということでマルコス・バーリの「サマー・サンバ」で締めくくり。
ボサノバのまったりとしたイメージとは異なり、予想外の熱いステージに大満足のライブでした。

ブラジル音楽通によれば、ボサノバが、世界で一番浸透して愛されているのは日本だそうです。しかもブラジル本国以上ではないかということです。
生誕して50年を経て地球の裏側の日本で、何故こんなにボッサが支持されているかブラジル音楽業界も不思議らしいですね。
でも、このブログを読んだ人ならすぐにその訳が判りますよね。

そうです。温泉です。日本人は温泉が大好きなんです。
それでは、いっそ、温泉でボサノバを楽しむ、なんて企画はどうかな?
きっと受けませんね。都会で温泉気分に浸れるのがボサノバの魅力だと思うからです。

さあ、そろそろジャズのクルージングに戻らないと、本当に看板倒れになってしまいます。
それでは、次のジャズ・スポットに出航!









コメント

池袋Apple Jumpホームページ

池袋Apple Jumpホームページ