渋いっ!僕らのTokyo Jazz Cruising♪~今夜も出航!~

Live cafe & bar 池袋Apple Jump(アップルジャンプ)店主の日誌

激レア・フライヤーとか井上 ゆかり・トリオのことなど

2008年06月27日 | ジャズ・ライブ
停泊地)水道橋 東京倶楽部(08.6/20)
メインアーティスト)井上 ゆかり(p)、加藤 真一(b)、藤井 摂(ds)

あれ!、また井上 ゆかりさんじゃん。結局追っかけかぁ、といった疑惑ももたれそうですが、そうではありません。
この間に、5つのライブ観戦を挟んでおりまして、たまたまこのBlogに登場するのが連ちゃんになってしまったということですね。

このJazz Cruising、ここのところペースがあがっています。
船長もここのところプチ・アル中状態ですね。ちょっとヤバイです。
体中の血液は、ジンとバーボンに入れ替わり、体液の大半は、トニックウォターとジンジャーエールでちゃぷちゃぷ状態。
香水は何もつけてないのに、乗組員からは“船長が通ると、レモンやライムのにおいがするわ”といわれる始末。

さて、前回のブログでフライヤー(宣伝告知チラシ)についてふれました。ただし、見たことない方も多いと思われますので、最近入手したものをアップしました。

まず左のモノクロの手書きのもの。ご存知、ブラジリアン情熱シンガー「上田裕香」さんの定期通信です。小さい頃は絵を書くことに夢中になっていたというように、なかなかインパクトあります。よく読むと“よろちくび”なんていうオヤジファンが泣いて喜ぶフレーズが添えられています。リーダーライブ会場だけで入手できるレア・アイテムですね。

それから小さいモノクロのものは、福島のアレサ・フランクリン「菅波ひろみ」さんのもの。菅波さんは、このブログで紹介できてませんが、素晴らしい歌声の情熱ソウル系シンガーです。今年になって2回観にいってます。ピアノの続木 徹さんやサックスの井上 博之さんの似顔絵が激ウマです。みなさんいろんな才能があるんですね。

それからカラーの美しいものが、本日の主役井上ゆかりさんの2枚です。
上は、リーダーライブ告知用のフライヤー。これをもって休憩時間とか各席回ります。前回の立川でも、
“へえ、水道橋でリ-ダーライブですか、はい、行きます!”とあちこちで宣言してました。
まあ、集客に苦しんでるクラブのオーナーからみれば、女神みたいなものです。

その下は本日のセットリスト(曲目リスト)。予め各席に配布されていました。
いやー、ライブ報告ブロガーにとって凄い助かります。
曲名記憶しておくの大変なんです。曲名、ちゃんと言わない人も結構いるし。

その井上トリオは、ビル・エバンスの名演で有名の「Beutiful Love」でスタート。井上さんは、季節感を出したいということで、梅雨時にちなんだ曲として「雨にぬれても」やジョビンの名曲「バラに降る雨」を披露。
この辺の編成はなかなか楽しいです。「バラ・・」はジョビンには珍しいワルツの曲で最近井上さんのライブで頻繁に聞くことが出来ます。
このペーソスの効いたフレンチポップのような妖艶な曲は、井上さんのスタイルに見事にはまっています。定番曲になりそうですね。
それから最後は、ピアノトリオの魅力を存分に味わせてくれた、オリジナルの「Vision of Crowd Horses」で締めくくり。この躍動感たっぷりの演奏に、満席の会場は大歓声となりました。

素敵なフライヤーを作り、サポートライブの合間に熱心に告知し、季節を感じる楽曲やオリジナル編成のハイレベルなパフォーマンスでおもてなし。
そして最後は満面の笑顔で送り出し。
今日集まった全員が楽しそうな笑顔で、“また来よう”とつぶやきながら帰途に着いたんじゃないかな。

9月にはついに初のホールコンサートが計画されています。
キュートな笑顔の奥に秘められた、プロのエンターテイメント魂とその行動力は尋常ではありませんよ!

コメント

バーボン・バックをもう一杯!~謎のシンガー遠藤雅美を追って~

2008年06月18日 | ジャズ・ボーカル・ライブ
停泊地)立川Jesse James(08.6/11)
メインアーティスト)遠藤 雅美(vo)、井上 ゆかり(p)、平岡 雄一郎(g)

本日登場する遠藤雅美さんに関して、事前の情報は全くありませんでした。
そもそも、今時珍しくホームページがありません。なので、どんなルックスなのか、どんな経歴の持ち主なのか、又どんな志向のシンガーなのか全く判りません。
唯一の手がかりは、信頼置ける女性ボーカルウォッチャーからの情報です。
“六本木alfieに時々出演する遠藤雅美というボーカルがいて、面白いらしい。”という情報です。
ここに出演する演奏者は勿論日本でトップクラスです。シンガーでいえば、ケイコ・リーさんや伊藤君子さんといったところ。お金を払ってでも出演させて欲しいというシンガーはいくらでもいます。

その遠藤さんが、最近立川ジェシー・ジェイムス(通称立川JJ)にブッキングされているということで、本日出航となった訳です。
この店は、バーボンとボリューム満点のステーキが特徴です。ちょっと、アメリカンなライブレストランと言った感じで、カントリーシンガーのウィーリー・ネルソンやエミルー・ハリスが飛び出してきそうです!(かなり、例えが古いぞ!)

そしてアルコールは、なんとバーボン以外はビールしか置いていない!
以前着たときは気付かずに、いつものジントニックをオーダーしたら、出来ないといわれました。
ジンを置いてないBarがあるのかと、この時は目が点になりましたね。
ということで今回は、メーカーズ・マークでバーボンバックを作ってもらいました。このバーボンバックは、ジントニックに次ぐお気に入りカクテル。
バーボンをジンジャーエールで割り、レモンを絞って軽くステアすれば出来上がり。とても飲みやすくておいしいので、家でもほとんどこれを飲んでます。

さてステージの方は、ジョビンの名曲「エスターテ」をインストでスタート。
素晴らしいデュオです。こういった密度の濃い演奏を聴くと、そもそもベースやドラム、いらないじゃんという感じです。
2人ともその完成度の高く堅実なプレイで、シンガーや管楽器プレーヤーなどからの競演オファーが絶えません。超売れっ子ミュージシャンですね。

ピアノの井上さんに関しては、以前“当世ミュージシャン気質”で紹介しています。常に前向きで、ファンサービス満点。今日も休憩時間には、自分のスケジュールを美しいフライヤーにしたものを持って、ぐるっと回って宣伝してました。これ、編集ソフトのフォトショップとかを駆使して自分で作っているらしいです。
HPの日誌も365日、何年も毎日更新しているそうです。(うわー、すいませんでした。私にはできません。)
今日は、開演の10分前ぐらいに、トレードマークのワインレッドのボストンバックを下げて入ってきました。つまり、リハなしの初見ですね。
いつもいろんな人のサポートをしているので、聞いたことがない曲が頻繁に登場するらしいです。それをコードとメロディーだけが記載された譜面をもとに、凄い完成度の高い音楽へあっという間に持って行きます。まるで手品みたいですね。
レパートリーは2000曲ぐらいあるそうですよ。
左手でベースラインを弾きながら、右手でシェーカーを振るという匠の技も時折見せてくれます。これ、結構難しいです。

そして、遠藤さんが登場して、スタンダードの「Just In Time」でスタート。
ロックバンド「アメリカ」のナンバーや、S・ワンダーの「Overjoyed」をはさんで、最後は、ご機嫌なスイングナンバー「Almost like being love」で締めくくり。
いやー、遠藤さん、すごく良いですね。元々、アメリカンロックやA.O.Rが好きで、後付でジャズのレパートリーを増やしていったようです。だからなのか、声が太くて強いです。ひと口にジャズシンガーといっても、Rootsがいろいろあり、個性豊かでなかなか楽しいです。

それからMCがとても面白いです。ちょっととぼけた感じで、女優の高畑淳子さんに雰囲気が似ています。(若いのにすいません、あくまでも愛嬌のある雰囲気がというところがですよ! ふー、パソコン苦手だって言ってましたから、これ読んでませんよね・・・)
芝居がかっていて、マジなのかジョークなのか掴めません。不思議なエピソードを話しているうちに、いつの間にか次の曲の紹介に繋がっていったりします。
計算してしゃべってるのかな?
とにかくユニークな雰囲気を持っていて、さすが謎のシンガーだな、という感じです。

2部に入って、何曲かスタンダードを唄ったあと、ついに出ました。
トム・ウェイツの「Downtown Train」。ロッド・スチュワートのカヴァーでヒットした渋いナンバーです。井上さんと平岡さんの好サポートもあって、本日一番の名唄ですね。最後はバラード「Someone to watch over me」でしっとりと締めくくり。

まさか今日トム・ウェイツが聞けるとは思いもしませんでした。女性シンガーでは、聞いたことありませんね。これは、ギターの平岡さんからのアイデアらしいです。今度は「オール'55」を唄ってくれないかな。

このアメリカンなバーでバーボンを飲みながら、渋いトム・ウェイツのナンバーと謎のシンガーを堪能。
思わず、「マスター、バーボンバックをもう一杯!」と止まりません。
そして「彼女にも一杯さし上げて。」
なんてセリフを吐いたら、気分はもう'70年代の片岡 義男の世界ですよ!
(あっ!若い人にはまったく通じませんね・・・)


(追記)
このお話には、後日談があります。

遠藤 雅美、オール'55を唄う! ~謎のシンガーアゲイン~

コメント

たなかりか 知ってますか?

2008年06月09日 | ジャズ・ボーカル・ライブ
停泊地)六本木alfie(08.6/7)
メインアーティスト)たなか りか(vo)金子 雄太(org)渥美 幸裕(g)倉田 大輔(ds)

数日前に、信頼置けるある情報筋から、1本のMailが入りました。
「たなかりか、知ってますか?」というタイトルを見て、ピンと来るものがありました。これは、面白いことになりそうだな、というカンですね。
この情報は、以前渋谷のライブバーでフルート奏者太田朱美さんを教えて頂いたTさんからの物で、情報のグレードとしては、高レベルのものと判断しています。
前回の経緯は「たくましき、若獅子達!」で書いてます。

たなかさんは、大阪在住で、2~3ヶ月に1回の割合で東京に来て、このAlfieでライブをして、戻ってしまいます。なので、今回のようなきっかけがないと見逃してしまいます。私の中の、1度ライブを観てみたいシンガーの中にずいぶん前から入っていたのに、ずっと後回しになっていたところです。

店に入るとほとんどのところに、黒いコースターが置いてある。これは予約で満席状態の印ですね。危なかったですね。それほど知名度があるわけではないし、飛び込みでいいかなと思ったけど、念のため予約していて正解でした。カウンターの真ん中に無事に席をゲット。
今日は、Alfie 2daysの2日目で、昨日も満席だったらしいです。CDのレコ発やバースデイ・ライブでもないのに凄いですね。皆さん、何処から情報を仕入れているのかな?
ライブ少し前にママさんご出勤。Billboard(ここから5分ぐらいの東京ミッドタウン内。)でチャカ・カーンのライブを観てきたらしい。このママさんは、天才ドラマー故日野元彦さん(皓正さんの弟)の奥様で、スリムなジーンズがトレードマークです。

昨日はオランダのテレビ局の取材が入って結構慌しかったそうです。
「世界のジャズクラブ」という特集らしく、日本では、ここと青山Body & Soulが取材対象になったそうです。これは正しい選択ですね。オランダのエンターテインメント情報部員もなかなかやるなあ。

ライブは、ソウルフルなインストナンバーでスタート。
次に、たなかさんが登場して、1曲目は、ナット・キングコール・ナンバーでお馴染みの「Love」。そしてレイジーな8ビートにアレンジされた、クルト・ワイルの名曲「Speak Low」と続く。

いやー、たなかさん、めちゃくちゃカッコイイですね!
タレントの梨花さんにちょっと雰囲気が似ていて、モデル並みのスタイル、歌が激ウマときたら人気が出ないわけがありません。
元々ソウルミュージックからジャズに入ってきたということで、ファンキーで黒っぽい音楽志向のようですが、この手にありがちな、絶叫とかのスタイルではありません。細身なのに、声量が豊かで、常に余裕を持って、ニコニコと歌い上げていきます。
さらに、スタンダードの「Just Friends」ときて、1部の最後は「On Green Dolphine Street」で締めくくり。
このへんのアレンジは、ハモンドオルガンの金子さんによるもの。
数十年前の曲とは思えない、ヒップでスタイリッシュなサウンド作りは、金子さんの独壇場ですね。そして、このハモンド、ギター、ドラムスのセットも本日のようなアーバン・ソウルなサウンドにはベストの選択です。

そして2部は、ソウル・クラシックス「Feel Like Making Love」のインストでスタート。ロバータ・フラックやマリーナ・ショーでお馴染みのナンバーですね。
それにしても、この若いギタリストすごくいいです。渥美さんは、ピックを使わない指引きスタイルです。名器Gibson 335で、3度やオクターブをトレモロで盛り上げたりするあたり、名手David T Walkerの影響を感じました。
あっ!というか、このジャンルで影響されていない人は、いませんね!
それから注意深くこのblogを読んでいる人には直ぐ分かったと思いますが、ドラムスは、前回ご紹介した、片倉トリオのドラマー倉田さんです。
王道4ビートジャズの世界から、8ビート主体のアーバンソウル系ジャズまで見事なパフォーマンスで叩いてしまう。凄いですね、今の若いプレーヤーは!

そして本日のハイライトは、ホレス・シルバーのファンク・チューン「ニカの夢」。ちょっとスローボッサ風のアレンジで、しびれました。
最後は、軽快なサンバで締めくくり。当然アンコールとなり、ギターとデュオでCrystal Keyのバラードでしっとりとお開きに。

今日は期待通りのライブで、普段よりチャージは高め(4,750円)でしたけど、充分堪能しました。この料金で、2Days満席というのは凄いです。口コミの威力なんでしょうね。
次回は、8月にピアノとデュオが1日組まれているそうです。するとその次は、年末ですか?
たなかさんは、2年前に結婚してから、ライブをかなり減らしているんですね。大阪の梅田ミスター・ケリーズがホームグランドなので、そこでは、毎月観られるらしいけど・・・

まあ、東京にいれば何でも手に入るという考えがいけないのか。
関西には、他にも気になるシンガーが何人かいるんですよね。
やっぱりエンターテイナーを生む土壌があるのかな。

今度この航海、関西方面に舵を取ろうかな!

コメント (4)

目次-Index-  バックナンバーはこちらからどうぞ!

2008年06月04日 | ブログ 目次
ご乗船の「僕らのTokyo Jazz Cruising」、実は、前回の片倉トリオのライブ観戦で、昨年7/18の仮クルージングから通算すると104寄航目となりました。
100本目の節目には、何か芝居じみた大げさな記事を一丁書こうじゃないか!と予定していたんだけど、いつの間にか100本超えてしまいました。
凄いですね。この“僕らのTJC”は、超高速走行で、夜の街を疾走しております。

さて最近、新規でこちらの“僕らのTJC”にご乗船いただく方が増えております。
ということで、今回過去の記事を読みやすいように、目次を作成しました。
(船長って意外と暇なんですか疑惑がちらほらと・・・)
まあ、変なタイトルが多くて、何がなんだか判んなくなっちゃった、というのが真相です。

今後ここを索引ページとして、更新していきたいなと思ってます。
(たぶん、、、忘れそうな気もしますが、思いつきで作ってしまったので・・)


ぼちぼち出航!
 この“僕らのTJC”の出航宣言といったところですね。

正しいジャズ系ライブ・スポットの歩き方(上)
正しいジャズ系ライブ・スポットの歩き方(下)
 初めて、ライブに行かれるかたは、こちらからどうぞ!

<ジャズ・ライブ>
☆おとぎの国のサックス楽団
サキソフォビア(サックス四重奏楽団)

たくましき、若獅子達!
『SOund of JAzZ』広瀬潤次(ds),太田朱美(fl),堀秀彰(p),本川悠平(b)

退屈な日曜は、サムタイムでシエスタを!
シエスタ:井上信平(fl),小泉明子(vo/p),安井原の新(perc)

東京・ナイトクラブ・クルージングみたいな!
佐藤春樹(tb)佐藤達哉(t.sax)板垣光弘(p)早川哲也(b)滝幸一郎(ds)

☆♪目黒の夜空に、小鳥鳴く。 50寄航目 記念ライブ!
黒野 治子(p)吉野 ミユキ(as)渋谷 盛良(b)鈴木 麻緒(ds)

本日出航!いざ吉祥寺へ。
大石 学(p)

こっちの守屋は、凄~ごいぞ!
守屋純子(p) 高瀬龍一(tp) 近藤和彦(as) 片岡雄三(tb) 納浩一(b) 安藤正則(ds)

公約違反か? 大型高級クラブへ。
類家心平(tp),ハクエイ・キム(p)
丸の内のOLさんは、賢い!
同上

スピリチュアル・ジャズへのいざない
竹内 直(ts,fl)清水 絵理子(p)俵山 昌之(b)江藤 良人(ds)

J Jazz界は、才女であふれている(前編)~鳥、鳥、鳥~
槙田 友紀(p)河原 秀夫(b)藤井 学(d)

J Jazz界は、才女であふれている(後編)~天才少女出現~
守屋さんのモンタレージャズフェス出演、札幌のerenaちゃんのこと等。

池田篤と片倉真由子が加わって、今度の『SOund of JAzZ』も凄いんです!
『SOund of JAzZ』広瀬 潤次(ds),池田 篤(as),片倉 真由子(p),本川 悠平(b)

向井滋春 ブラジリアン ナイトは、噂通りの白熱セッション
向井滋春 ブラジリアン ナイト
  続木徹(pf) 八尋洋一(b) 吉田和雄(ds) 城戸夕果(fl) 森下亜希子(vo)

鈴木 良雄4とは、ちょいワル風凄腕激渋四人衆の事也
Bass Talk:鈴木 良雄(b),野力 奏一(p),井上 信平(fl),岡部 洋一(perc)

鮮烈デビュー、片倉 真由子トリオ
片倉 真由子(p),高道 晴久(b),倉田 大輔(ds)

激レア・フライヤーとか井上 ゆかり・トリオのことなど
井上 ゆかり(p)、加藤 真一(b)、藤井 摂(ds)

プロご用達・福田 重男の燻し銀TRIO
福田 重男(p) 小杉 敏(b) セシル・モンロー(ds)

Robert Lakatos from Budapest Live at Body & Soul
ロバート・ラカトシュ(pf) トーマス・スタベノワ(b) クラウス・ヴァイス(ds)

☆“いわゆる”発見!情熱フリューゲルホルン奏者、土農塚 隆一郎
佐藤 春樹(tb)feat.土農塚 隆一郎(flh)板垣 光弘(p) 河上 修(b)
安藤 正則(ds)

熱烈歓迎!渡辺 香津美 ジャズ回帰プロジェクト
渡辺 香津美(g), グレッグ・リー(b)

市原 ひかりと懐かしき銀座スウィング(上)
~スタンダード・ジャズに魅了され~
市原 ひかり(tp), 杉本 篤彦(g), 阿部 篤志(p),岸 徹至(b), 岩瀬 立飛(ds)

市原 ひかりと懐かしき銀座スウィング(下)~府中の森で発見!~
同上

<ジャズ・ボーカルライブ>
斉田佳子さん、笑いながら怒ること出来ますか?
斉田佳子(ボーカル)/三木俊雄(ts)堀 秀彰(p)生沼邦夫(b)
吉岡大輔(ds)高瀬龍一(tp)片岡雄三(tb)秋山 卓(as)

伊藤君子さん、ジャズですか? ジャズですよ!
伊藤君子(ボーカル),山本剛(p),安ヵ川大樹(b)

今夜も絶品!「アマポーラ」
井上ゆかり(P),北浪良佳(vo),里見紀子(vln)

“当世ミュージシャン気質”
同上

西荻窪の地下室は、秘密のアジトのたたずまい!
チコ本田(ボーカル)岡恵美(p)荒巻茂生(b)大田智洋(ds)

ヘイ、ミスター・ベースマン! ラーメン食ぶる?
同上

もし、バカラックの音楽がなかったら・・・
平賀マリカ(v)
守屋純子(p) 高瀬龍一(tp) Andy Wulf(sax) 山下弘治(b) 池長一美(ds)

ケイコ・リー、ライブ・アット・ドルフィー2008
ケイコ・リー(v)五十嵐 一生(tp),野力 奏一(p),渡辺 直樹(b),渡嘉敷 祐一(ds)

初めてのライブは混合ツイン・ボーカルで!
矢幅 歩(vo) ギラ・ジルカ(vo)小畑 和彦(g) 竹中 俊二(g)

たなかりか 知ってますか?
 たなか りか(vo)金子 雄太(org)渥美 幸裕(g)倉田 大輔(ds)

バーボン・バックをもう一杯!~謎のシンガー遠藤雅美を追って~
遠藤 雅美(vo)、井上 ゆかり(p)、平岡 雄一郎(g)

トミー・キャンベル ヴォーカルセッションは極上のエンターテインメント
トミー・キャンベル(ds) 伊藤大輔(vo) 山口有紀(vo)
                   ケイ柴田(pf) グレッグ・リー(b)

ドカンと胸に響きます!~“いわゆる”発見!赤坂 由香利~
赤坂 由香利(p, vo) 永塚 博之(b) 久米 雅之(ds)

遠藤 雅美、オール'55を唄う! ~謎のシンガーアゲイン~
遠藤 雅美(vo)、井上 ゆかり(p)、平岡 雄一郎(g)


<ブラジル、ラテン>
船長→沢口 靖子→チェ・ジウ→プラッサ・オンゼ→新垣 結衣
TOYONO(v)、
竹中俊二(g)、渡辺剛(key)、クリス・シルヴァースタイン(b), 宮川剛(d&per)

初めてのジャズ、初めてのラテン!
関モヒカーノ恭史(p),藤田明夫(as.fl) 高橋ゲタ夫(b)
平川象士(ds)スペシャルゲスト:谷口英治(cl)

前田優子 with 13 Strings & Flute
前田優子(vo)長澤紀仁(g) 阿部浩二(7弦g) 上西智子(fl)

ようこそ! 行川ワールドへ
行川さをり(vo)、伊藤志宏(p)、橋本学(perc)

寒い夜は、プラッサでボファーナ!
Bophana(ボファーナ)山田里香(Vo.&Shaker)、小池龍平(g&vo)、織原良次(b))

発見!ブラジリアン情熱シンガー上田 裕香
守 新治(ds)上田 裕香(vo) 二村 希一(pf) 木村 将之(b)

J Jazz界は、才女であふれている(中編)~上田 裕香続報~
上田 裕香さんのYou Tube映像など。

G.W.は、山本のりこの極上ボッサで温泉気分!
山本のりこ(vo,g)二村希一(p)、matsumonica(harmonica)

JOYCE Live at Blue Note Tokyo~祝・ボサノヴァ生誕50周年~
JOYCE(vo,g)

<ジャンプ・ブルース>
吾妻光良&The Swinging Boppers Live at JIROKICHI 2008
吾妻 光良&The Swinging Boppers(略称:バッパーズ)














コメント

池袋Apple Jumpホームページ

池袋Apple Jumpホームページ