Shell工房(スタッフブログ)

Shell工房は写本装飾好きのプチ職人8名のユニットです。波と砂に磨かれて輝く貝殻のように日々修行中!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

世界の写装で謹賀新年!

2017-01-09 | ご挨拶
酉年お初の写装は鳥ウォッチング…写本によく登場する鳥さんたち、孔雀や鳩、鶏など多いですよね。
そう、フクロウやミミズクもいるいる!あれ?でもなんだか様子が変だぞ~
British Libraryより(Harley 4751 f. 47)13世紀
まわりの鳥さんたち、フクロウを突いてるみたい?お正月からなんてことを!痛いじゃないの!
Bodleian Libraryより(MS. Bodley 764, Folio 73v)
フランス国立図書館所蔵(1401-1500年 )
コラ!なんばしよっと
“アラゴンのマルティヌスの聖務日課書”パリ国立図書館 1400年頃

フクロウは古代ギリシャ時代では、アテナ(知恵の女神)のお供なので、
知恵・知識・学問・芸術のシンボルとされていましたが、なぜか中世では魔女のお供になって凶事や暗黒のシンボルになっちゃった
フクロウは鋭い爪やくちばしが特徴な猛禽類=肉食。鳩や小鳥やカラスの天敵とされているけど、カラスだって日中にフクロウの巣やヒナを襲って全滅させることもあるそうです。そんなこんなの理由で他の鳥さん達に突かれているのでしょうか。お気の毒なフクロウ
でも大丈夫!日本では福来郎、不苦労、不老など、縁起もので人気者フクロウ・ミミズクくんで開運・招福!今年もよろしくお願いしまーす

店長から今年の抱負など皆様へご挨拶〜〜って。
「はい、わたくし、一人前のサービスマンを目指します!」ってダメ?(「新年の抱負 正しい立て方の例」参照した)いろ、とりどりに頑張るぞ〜〜

***ickey***
マッキーまたまたおめでとう〜〜
3人娘っこさん達、今年もよろしく〜〜
きみちゃん、めぐみちゃん、今年もブログ助けてね〜〜
コメント (2)

おめでとうございます

2017-01-08 | ご挨拶


今年も工房メンバーとたくさん楽しいことを共有できますように!
もちろんみなさまにもたくさんの笑顔がありますように!

私は、、、締切には余裕を持って。がんばりま〜す。

                   kyon


コメント

あけましておめでとうございます

2017-01-02 | ご挨拶


新年あけましておめでとうございます

皆さまにとって
たくさんの実りある一年になりますように!!
そしてたくさんの良いことが起こりますように!!
心よりお祈り申し上げます。

今年も工房シスターズ一丸となって
文字書き&色塗り
世界の写装から
たくさんの面白知識や情報を
ブログにて発信していきます!
新たな企画もネリ練りしてますよ~

夜しか立ち寄れなかったので写真が暗いですが
二子玉川のアトリエ入口には
こんなにゴージャスな門松が飾られてます!



アトリエの気もパワーアップ間違いなし

今年は、ワークショップも再開いたします~
お楽しみに!!!

年末から早々と釧路の実家と東京の実家に泊まり込んでいますが、
久しぶりにペンも紙もコンパスも色鉛筆もマーカーも持たずに
1週間以上すぎ、書きたい病が発症しそう
ムズムズ・・・

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Moo~













コメント

今年もありがとうございました

2016-12-31 | ご挨拶
今年もShell工房をご愛顧いただきありがとうございました。
メンバー一同、皆さまへの感謝の気持ちでいっぱいです。
来年は皆さまにとって輝かしく羽ばたける1年となりますように
今年の干支のお申さん、名残惜しそうに蛍の光を演奏してくれているのかな?

“オルガンを弾くお猿さん
MS Douce 266, c. 1480-1500. ボドリアン図書館

皆さま〜よいお年を
コメント

西アジア細密画展

2016-11-14 | ご挨拶
西アジアの細密画展が、明日15日から開催されます。
われらが店長は、な、なんと丸5年かけて描いた渾身の作品を発表いたします
つい5日前まで仕上がりが予定より1週間遅いと心配していたものの、本日ようやく搬入〜〜
チラ見せ

これで驚くなかれ〜〜
直径3mmのお花や細かいニョロニョロに息が止まりそうになります。

荒木先生の作品も毎回可愛らしいですよね〜。ステキ
皆さぁ〜ん、細密画展へGO


***ickey***
きみちゃ〜ん!ラテン語のお勉強頑張ってね
コメント

ご報告

2015-05-01 | ご挨拶
GWですね。五月晴れ気持ちいいですね
Shell工房作品展での収益金を一部ですが東日本大震災復興支援財団に寄付させていただきました。
これからもShell工房の活動が少しでもご協力できればと願っています。
メンバー一同

stilllifequickheart: Flemish1500-10(作者不明)
コメント

Shell工房の貝殻たち

2014-11-26 | ご挨拶
Shell工房は
個性豊かな8人のプチ職人が集まって、ワイワイガヤガヤ、
波に揉まれて美しい形に変化する貝殻のごとく、
日々腕を磨きながら写本装飾グッズやキットを作ってます。

スタッフのご紹介

Moo む~ (河南美和子) 一応、名ばかりの店長。信頼できるスタッフに囲まれて、楽楽♪

Yuchi(小川百合) 副店長。やさしくほんわか、陰のまとめ役。

Micky (井上美紀子) 工房のオピニオンリーダー &「世界の写装から」のネタ発見上手。

kick (菊地 泉)  繊細な箱ものを一手に担当。旅行好きのカルトナージュ職人。

Nao P (渋谷直子) 工房一番の技術者。シッカリ、きっちり、工房の大蔵大臣。

emiy (土橋恵美) じっくりと丁寧な仕事をする本フェチ。

Kyon (中川恭子) 土壇場で頼りになるオールマイティーなアネゴ!

いちご (二村五子) 繊細で静かに咲く歌姫シスター♪ モチロン、仕事も超繊細。

どうぞよろしくお願いいたします!!


Shell工房の名前の由来

昔はね、金の粉を保管するのに貝殻を器にしたんだって
今でも金泥のことを Shell Goldっていうんだよね
みんなキラキラGoldと静かに輝くShell Goldが
好きなのさ

コメント

ようこそ!

2009-04-03 | ご挨拶
貝殻は、常に海水に洗われ、砂に磨かれ、どれも魅力的な美しさ感じます。
みんな形は違うのに、イビツだったり欠けてたりするのに、
それぞれ個性的で洗練された美しさを持っている・・・
それは海の中でキラリと光る宝石ですね!
一人の人間として、自分磨きをわすれず、いつかは洗練された貝のような
魅力を身につけたい・・・
そんなメンバーと一緒にShell工房を立ち上げました!

目指すはプチ職人!!

カリグラフィーだけでは物足りず?金箔のキラキラに心を奪われながら、素敵なもの・・・あったらいいな・・・おしゃれ!・・・そんな手作り物を作って販売していきます。

お楽しみに!!

むー



コメント