Shell工房(スタッフブログ)

Shell工房は写本装飾好きのプチ職人8名のユニットです。波と砂に磨かれて輝く貝殻のように日々修行中!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

世界の写装から

2016-06-07 | カリグラフィー
梅雨です。カタツムリですでんでん虫です
写本挿絵にはがよぉ~く登場します。なぜ?
ラテン語の“concha”は“巻貝”に由来して→内耳の蝸牛(cochlea)=カタツムリなんだそう。
英語“snail”は古期英語で“這うモノ”という意味ですって。
“這うモノ”っていうくらいだからイメージはよくない
キリスト教では“罪”とか“怠”のシンボルとして扱われているらしいです
だからなのか、騎士や動物たちにやっつけられる挿絵が多いようにかんじます。

フランス国立図書館より

す、住むか????

***ickey***また、笑ってねマッキーさま
コメント

世界の写装から

2016-06-01 | 写本
今日から6月。半年折り返し~
先週の土曜日は総会でカリグラフィー仲間と親睦を深めましたお友達がブログをチェックしてくれているというので更新だよ~ん

なんだか楽しそうなカップル

British Libraryより(Harley 4431 f. 128 “ Hippomenes and Atalante”France)
“ Hippomenes and Atalante”ヒッポメネスとアタランテ(ギリシャ神話)

ヒッポメネスはアタランテ(男性顔負けの戦士で韋駄天なみの快速女子)が大好きヒッポメネスは恋の女神アフロディーテに相談した。
そして金のリンゴを3つ忍ばせて、アタランテとよ~いどんで駆けっこ
足の速いアタランテはヒッポメネスより後に走ったけれど、案の定、追いつきそうになった時に、ヒッポメネスはリンゴを転がす戦法に出た
リンゴに気を取られたアタランテは競走に負けて、そしてふたりはゴールイン…だったのに、
アフロディーテにお礼に行くのを忘れてしまい、ふたりは、な、なんとライオンにされてしまったあぁ~あ
(ところでヒッポメネス、靴下は片っぽ、どうしたん?)

***ickey***クミちゃん、カオリン
コメント (2)