Welcome to MUNDO SAYAKA

... Sayaka's music life. Viajando con mi violin!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チュニジア模様

2011-12-31 | Weblog
まずはご飯関係



オレンジが安い!種類も豊富で、みんなよく食べるみたいです。



このオリーブの数。
オリーブはチュニジア発祥と言われているようです。



Kefという西側の街で食べたクスクス。
上にはナッツがたくさん!ちょっと甘めでした。







このツナとパプリカのようなちょっと辛めの前菜。
オリーブオイルたっぷり。
どのレストランでも出てきます。
全体的に香辛料が独特。


Kefのホテル。大きな一軒家でした。
内装が素敵!





私の部屋は一番いいお部屋だったみたい。



おっと!よく見るとここにもジャパニーズパワーが。
右下注意。


アラブ諸国独特の温泉、ハマムに行きました。
と言ってもビデオクリップ撮影の為ですが。



道のり長し、色々なものに遭遇します。



歴史があります。幻想的でしょ。



ここがお風呂。
足だけ入りましたが、ほんの5分でつるつるになりました。

たくさんの人がここまで歩いて来るそうです。
健康になりたい人や妊娠したい女性とか。



撮影スタッフ。
みんなとっても真面目です。

チュニジア人は長い間真面目に働いてきましたが、一部の人間だけが裕福で、でも文句を言わずに耐えてきたそうです。しかし今回の革命で皆が言いたい事を言うようになり、反発して働かない人がたくさんいるとか。
チュニスはとってもきれいな街ですが、所々にゴミ等が放置されています。

この革命はとても重要で、国民は自由のない生活から解き放たれたけれど、言いたい事を言うだけでは解決にならないのでこれからが大変。でも年々良くなる事を皆心から願っているようです。

一人の青年が焼身自殺をしたことで始まったこの革命。



ここがその有名な街です。


チュニジア人はとても穏やかです。
みんな親切だし、特に日本とチュニジアは交流が深いのでとても喜ばれます。
日本に入るのにビザがいらない国はチュニジアだけだそうですよ!

南っぽいノリもあり、真面目な顔をしてるかと思いきやヒドイ冗談を言い続け、笑いでお腹が筋肉痛になりそうです。

一度行ってみたいと思っている方は是非に!
治安はニュースほど悪くないですよ!!
というよりかなり安全。

また来る事になりそう、その時は是非ご一緒に☆

コメント

チュニジア充実!!

2011-12-29 | Weblog


「白と青」のみで有名なSidi Bou Saidという街に基本的に滞在しています。

とにかく美しい!!

1日の間に色々な事が起こり過ぎてキャパ超えしそうですが、とても歓迎されて幸せです。



今回呼んでくれたウード奏者リアドさんのスタジオ。
この丸い楽器がウード。

「SAYAKA、アラビア語で名前をどう書くか教えてあげる」

と言われて練習。



どうよ!

書いた後に、なんと名前入りのウードをプレゼントしてくれました!
ビックリ。

明日からウードのレッスンが始まります。



録音も2曲しました。映像も。
明日はケフという場所に行って、野外で撮影する事になりました。

ラジオにも突然出演。パルマのA-La-Laが流れました!

予定をなんにも知らなかったので、サプライズの連続です。

ご飯は魚中心にしてもらっています。
海の近く、やはりとても質が良いです。



これはお通しみたいなもの。
全部美味しいよ~



シェフと☆

お店のオーナーさんが、YanniのDVDを見て私の事を知っていました。
世界は狭いっす!

さてさて明日はどんな1日になる事やら!?
コメント

チュニジア行ってきます!

2011-12-27 | Weblog


アルフィーライブ、たくさんのお客様に囲まれて幸せな1日になりました!!!

ありがとう!

ではではチュニジアに行って参ります。

リハが中心なんですが、どうやら色々企画してくれている模様。
楽しみ~

パーコで写真いっぱい撮ってきます☆
コメント

25日はクリスマスライブ!

2011-12-20 | Live informations


12月25日の日曜日、7時半からです。
Tel.03-3479-2037(予約して下さいね☆)

ピアノの森村献さん、あとはパルマの大儀見さんと小泉哲夫。

しかも、もしかしたらパルマメンバー揃っちゃうかも!?

予定が決まっていない方は是非アルフィーに!

六本木アルフィー


忙しくしています。

先日はジルデコライブ@渋谷JZ Blatに参加。
ジャズありロックあり、そして日本語の歌が心に響く素敵なライブでした。
チェロの橋本歩さんとも初共演。



ジルデコ


先週末は名古屋。
栄のプラチナムでの夜会というパーティーで亮太郎くんとフラメンコダンサーの箆津さんと。
毎年行われるこのイベントにはおよそ800人もの人が。
みんな仮面を着けてました。


ちょうど同じ日にスインゴサが名古屋ライブで、1曲だけ参加してきました!



A song for Japan。
スインゴサは23日の六本木ヒルズアリーナのイベントでも、震災がきっかけとなり作曲されたこの曲をやります。私も参加します。
ヒルズアリーナ


名古屋の本番後のご飯!!



とろけた~!!!
イルプレミオにて。

27日からチュニジアに行く事になっています。
本当に行けるのかな!!
正月 in Tunisia、全く想像出来ずドキドキです。
チュニジアのミュージシャンとリハーサルをしてきます。アラブ音楽で使われるウード(ギターの様な楽器です)やダラブッカ(打楽器)も演奏するという事になっているらしく(!)、頑張って練習してきます。

楽しみだー!
コメント

日本にいない感じ、、

2011-12-13 | live reports


日本ラテン化大計画、参加してきました。
デラルス、熱帯、スインゴサ。
楽屋裏は完全に同窓会。
私も懐かしい人々に会えて嬉しかったです。



この日はスインゴサの衣装が赤ということで、赤い靴を履いたのですが、本番直前に壊れた!!
2回位しか履いてないし、そこそこいいものだったはずなのに。

それで舞台袖で赤いガムテープを見つけて小細工。

みんなに「それらしい、ばれないよ」と言われてステージに。
ところが大儀見さんが私を紹介するなり靴のネタばらし!弾く前ですよ!
酷いですねほんとに。

これがその靴。。。








続いてはフラメンコ。



スペイン人たちのエネルギーに引っ張られて、情熱的でパワフルなステージを作る事が出来ました。

よく見ると、歌のディエゴさんは女装しています。

という訳でリハはやっぱりかぶり物。



ダンサーのPedroさんと。



歌のDiego。

Diegoにかぶせてもらっている



大儀見さん。



あ、素敵な女子がいる?



と思ったら



亮太郎でした。

昨夜、ダンサーのPedroさんがプラッサオンゼのライブに来てくれました!
その後みんなで飲んでしまった!!

あー、スペインもまた行きたい。


フラメンコな毎日の間にNYのラティーノたちとも再会。

8日の夜中はRumbaセッション。



相変わらずバカテク。
でもめちゃくちゃグルーヴが気持ちいい~



コンガのRichie Floresと。
プエルトリコで一緒にやろう、と約束しました。
Horacioとは、Palma Habaneraで共演したい。そのうち実現させるんだ!


なんかずっとスペイン語喋ってるし、夜が長くて時差ボケ状態だし、年末はチュニジアに行く予定だし!
日本にいる感じがしないっ

年内最後は25日(日)@六本木アルフィー。
ぜひ来てね☆
コメント (3)

12日は青山プラッサオンゼに!

2011-12-04 | Live informations


急遽決まったこのライブ。

Palma Habaneraのライブが暫くないのですが、そろそろ聴きたくなってきた!という方はぜひこちらに。ほぼパルマです。
ブラジル料理があるライブハウス、日本じゃないと思って来てもらえたら更に楽しめると思います。
生音も聴こえて、気持ちいいはず!ぜひ気楽な格好で。

12月12日(月)8時から
http://www.praca11.net/

待ってます!!


そして本日の日本ラテン化大計画!SPECIALというイベントに参加します。
12月4日(日)@日本橋三井ホール
15:00 開場、16:00 開演 全席自由6,000円(整理番号付き)
出演者:ORQUESTA DE LA LUZ / 熱帯JAZZ楽団 / SALSA SWINGOZA
http://www.nihonbashi-hall.jp/home/contact.html

スインゴサに参加です。海外の著名なアーティストたちが、日本を応援する為に演奏した"Song for Japan"という曲をサルサバージョンでお届けします。スインゴサはこの曲を収録し、売り上げを東北に届けるという計画を進めています。私はストリングスの録音をさせて頂きました。

そしてもう一曲はロスバンバンの曲!!


来週はアメリカから仲間がやってきます。
12月7、8、9日は是非ブルーノートへ!
http://www.bluenote.co.jp/

2年前にMaracaのコンサートで久々に共演したアメリカ在住キューバ人ドラマーHoracio Hernandezやロビーやリッチーなどなど、Deep Rumbaのメンバーがサックスの菊地成孔氏と濃すぎて気持ちよいステージを作り上げてくれる事でしょう。

忙しくなりそう。。。

9日はフラメンコのステージ!



マンサニージャ10周年記念公演



先日変なタクシーに乗った。

変なタクシーというか変わった運転手さん。
楽器を持っているとよく話しかけられますが、この日の運転手さんはバイオリンという楽器に独特の執着心があり、私を乗せた事があると言ってみたりナントカさんと言うバイオリニストをよく乗せるとか、その人の家の細かな情報とか全く興味のない事をずっと喋り続ける。

この手の運ちゃん結構いまして、毎回気持ち良くないのが「プロかアマか知りたがる」こと。
普段は適当に「楽しいですよ」などと詳細は明かさず会話を終えますが、今回の運ちゃんは大学はどことかどんな活動してるのかとか、しつこく聞いてくる。

その上、バイオリンを弾く人生の大変さを語り始め(私も良くわかってるつもりデス)、私の嫌いなこのフレーズ「バイオリンは3歳からやっていないともう絶対ダメでしょ」を連発。
それで
「あれ、お客さんは何歳から?」
「6歳ですよ」
「あらー、じゃあちょっと遅かったかなあ」
「。。。」

ほぼずっと黙っていたけど、このオッサンの偏見をなくすために、日本の行き過ぎた詰め込み教育と海外の良さを説明したら
「だって、◯◯大学の先生がそう言ってたよ」
「その先生古いし間違ってますよ」
「えー、じゃあその◯◯大学の先生に言っておきますよお」
「あー、ぜひ言っておいて下さい」

しまいには、私の家が何処だか知りたがる勢い!怖い!!通報!!!

とんだバイオリンフェチ親父に出くわしてしまいました(涙)
頼む、いい音楽でも聴いてくれ!


つい先日とある巨匠バイオリニストが来日、オーケストラとバイオリン協奏曲を演奏するという事で聴きに行きました。高齢のため椅子に座っての演奏、チューニングもままならず観客もドキドキ。始めるかな、と思ったらポケットからハンカチを出してブーンと鼻をかんだ。
みんな、つい笑ってしまった。

存在自体が音楽というか、音楽なのかその人の人生を観ているのか何なのかわからない、不思議な感覚。
こういう風に音楽できるようになりたい。
素敵な1日となりました。
コメント

札幌行ってきました!

2011-12-02 | Palma Habanera


JRタワーホテル日航札幌36階。
眺め最高!!

札幌CITY JAZZがプロデュースするイベント、100席限定のディナーショーでした!



お陰様で120名ほど来て頂いたそうです。
もちろんパルマやキューバファンも来てくれて嬉しかった。

1時間のステージでしたがお客さんのノリの良さに影響されて楽しいステージとなりました。

ステージ後には美味しいご飯を用意して頂きました☆


そして最後は狸小路6丁目のハバナに!



ちょっと暗くて見えにくいけど。
ハバナ7年(キューバのラム酒ね)で乾杯しました。
本当に札幌は幸せな気持ちになります。
札幌ハバナ

みなさん、ありがとうございました!!


新譜がほぼ完成しました!

マスタリングという作業をしてもらいましたが、中々感動的でした。
演奏する側と音を操作する側の壁を感じる事なく、音がより輝いたり、より自分らしく聴こえたり、、
とても勉強になりました。



さて、この真っ白のCDがこれからどうお化粧されてゆくのか、、

楽しみです☆
コメント