★~KIDのあれこれ雑記帳~★

ツイッターのつぶやきと連動中!

【PR】

いざ、香港『糖朝』!

2007年01月24日 18時23分06秒 | 家族旅行
12月23日の深夜に宿泊先である重慶招待所入りしたずっこけ四人組 (笑)

私の計画では、大体九時位から朝食を食べて、遊びに行く予定でいたので八時位までゆっくり寝ている予定だったのに、弟がガザゴゾと部屋の中をうろついて居たせいで、寝不足気味。ついでに目の下には大きなクマが出来て、パンダの様な面構えで外出する羽目に…。一方、おしゃれ好きな妹は朝起きてから、シャワーまで浴びる念の入れ様。かなりの気合が見受けられた。

妹の身支度が済むのを待って、十時頃やっと出発した私達。


香港糖朝の看板
目指すは広東道(カントンロード)に在る、香港スイーツの老舗・『糖朝』、ここはデザート等も有名ですが、その他にも肉まんや餃子、シュウマイ類から麺類、御粥など様々な料理があり、どれも目移りしてしまう程、美味しそう!

ご存知の方は多いと思うが、現在、東京の青山等に『糖朝』の支店があるそうで、日本でも人気の店だとか。私は香港糖朝は数回来た事があるけれど、日本のの糖朝には言った事がない。きっと、値段は香港より高いと思うので、本店だけで十分ですが…。

やはり本店は人気の店。クリスマスと週末が、いっぺんやって来た12月24日は店の前に長蛇の列が!皆、店の人から番号札を貰って並んでいる。せっかく香港に来た家族に美味しい香港スイーツを食べさせてあげる為ならば、30分位並ぶのも苦ではない!何たって、私達の食欲は旺盛なのだから。
そこで、私達は写真を撮ったり、ビデオ撮影をしたりしながら自分達の順番を待ち、漸く席に着く事ができた。やはり、多くの人が名店の味を楽しみに来ており、店内は人で混雑していた。

当日の私。目の下にクマが…。眠そうな顔。
スッピンです。化粧しとけば良かった…。


今回、多くのメニューの中から私達が選んだのが

冷たい豆腐花

馬拉糕(中華蒸しパン) フルーツタピオカ 叉焼饅


マンゴーゼリー


青菜のオイスターソース掛け 腸粉

細かい値段は忘れてしまいましたが、計168香港ドル(約2520円)だったので、一人あたり42香港ドル(約630円)位の計算になるが、これだけ食べて、この値段ならば食べる価値は十分!


日本で『糖朝』の味を味わいたい人は、ここを参照されたし!
日本糖朝HP















コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今夜は眠れない?!

2007年01月24日 16時38分11秒 | 家族旅行
重慶マンションの近くに在る「源記」と言う、食堂で夜食を食べ終えた私達一行は、近くのセブンイレブンで水などを買って、宿泊先の「<ahref="http://search.goo.ne.jp/web.jsp?IE=utf-8&from=blog-edit&PT=blog-edit&MT=%E9%87%8D%E6%85%B6%E6%8B%9B%E5%BE%85%E6%89%80" target="_blank">重慶招待所」へ戻った。週末だった為、真夜中のネイザンストリートは夜遊びをする人達や外国人などが沢山いたが、やはり観光客を狙った客引きなどもいた。特に付近の脚つぼマッサージ店やゲストハウスなどの客引きが多く、夜も遅いのに重慶マンション内のA座3階に在る「台湾酒店」のおっさんが強引な客引きをしていた。

その、おっさんとはパンチパーマでズングリむっくりな体、歯がガタガタしていてヤクザと言うか、ゴジラの息子の様な感じの人なのだが、この人が超・しつこい!観光客相手に強引な客引き(客引きは違法行為)をしてトラブルを起こす事も度々なので、私はこの人と係わり合いにならない様に『中国語分かりませ~ん作戦』に打って出た。これは完璧に無視を決め込み、何か話されてもポーカーフェイスで表情変えずに居れば良いだけなのだが、これが一番簡単に客引きが退散する方法だと思う。中には英語を話す客引きもいるので、この場合は『英語分かりませ~ん作戦』も使える。

言葉が通じなければ、客引きもし難いでしょうから、「ちっ、仕方ねぇ~なぁ…、他の観光客を当たるかぁ。」となる。それでも中国語が分かる人は表情に出やすいので、あくまでもポーカーフェイスで対応しなくてはならない。

さて、夜食も食べ無事「重慶招待所」に戻った一行は、私と弟が428号室、母と妹が429号室と別れ、明日の観光に備えバッチリ休息…と行きたかったのだが、食わせ者は弟だった。弟の奴は初海外旅行の為、終始落ち着かない様子で、部屋の中をあっちこっちウロウロし、テレビを点けてみたり、クローゼットを開けてみたりしている。そして、小心者の弟は風呂場に水一滴こぼしてはいけないと思い、かなり
ビクビクしながらシャワーを浴びた様だ(笑)…と言うのも、中国や香港ではトイレにシャワーが付いており、基本的に湯船に浸かる習慣が無い為にシャワーを浴びると便器が水浸しになってしまう。日本のホテルではユニットバスになっている所だと、バスタブとトイレの間に撥水素材のカーテンがある場合が多いのだが、中国や香港あたりのホテルではカーテンが付いている浴室は見た事がない。<fontsize="2" color="red" style="line-height:160%;">(安いホテルばかりだからか?)日本でも東京の京王プラザホテルなど浴室が広い所は付いていないけれど…。別に便器や床に水滴が付着する位微々たる事なのだが…。

話を少し戻すが、初・海外旅行で興奮気味の弟、布団に入ってからも喋る、喋る!私は普段、海外にいて弟ともゆっくり話す機会が無いのだが、普段話せない分を一気に話し、「お金はどれ位必要か」、「服装は?」、「カバンは」、「カメラは」云々と翌日の観光の事も事細かに私に尋ねたが、適当な性格の私…
「そんなのは適当で良い。」
「服は寒くない程度に着とかせ。」
と、本当に適当な事ばっかり言っていたが、何だかんだ話して私達が眠りに就いたのは、朝方の4時を回った頃である。結局、早く寝ようと思うと焦っているからか、中々眠りに就く事が出来ない。羊を数えてみたが、途中で数が分からなくなり、ウトウトしながら途中から鶏や豚まで出てきて、最後にムツゴロウさんまで出て来る夢を見たのだ。

そして、夢の中でムツゴロウさんと一緒に「ムツゴロウ王国」で、ジンギスカンを食べる夢を見ていた所…、部屋の暗がりからガザガザ、ガタガタと言う物音がして目を覚ますと、弟がカバンを開けたり、洗面所で顔を洗ったりしていたのだ。もう、朝なのかと思い周りを見ると、部屋も真っ暗、外もまだ真っ暗なのだ。変だなぁ、と思い時計を見ると早朝6時なのだ。私達が眠りに就いたのが4時過ぎだったので、一時間しか寝ていない事になるのだが…、なんとも早起きな弟君は、日本時間の7時には起きて着替えまでしている。しかし、南方の香港では朝6時と言っても真っ暗である。しかも、そんなに早く起きたからと言って、そんなに朝早くからは何処にも行くことが出来ないので、私も一旦着替えてから、もう一度布団に入って一眠りする事にした。

(写真は夜の香港)

夜が明けてからのお話しは次の記事で!
続く…





海外ホテル予約ならオクトパストラベル







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

重慶招待所428&429号室

2007年01月17日 17時35分54秒 | 家族旅行
今回、私達が香港で宿泊したゲストハウスは『重慶招待所』と言う、香港観光協会加盟のゲストハウスです。場所は九龍半島側のネイザンロードに在る、重慶マンションと言う雑居ビルの中です。

以前の記事にも書いた事があるのですが、ここはインド人や東南アジア系、黒人など外国人が多く利用する雑居ビルで、怪しい雰囲気満点の場所である為、初めて香港に来た人がここに宿泊する場合、相当な勇気が必要です。
…なぜ、そんな安宿に泊まったのか?と聞かれれば、理由は簡単で、他のホテルの予約が取れなかったからなのです。私たちが香港に行った時期は、冬休み、クリスマス、年末がいっぺんに重なってしまった為にホテルの予約もいっぱいで、11月中旬からホテルの予約をしていても、予約が取れない状態でした。

しかし、ここは必ずしも高級なホテルでなくても良いと思い、私は自分が普段良く利用している重慶マンションに宿を取る事に。重慶マンションならば、繁華街にあり、交通の便も良く、観光にも最適な場所と言う事で、昔、映画の撮影でも利用された重慶招待所を予約したのでした。その上、普通のホテルの半分以下の値段となれば、浮いた費用で美味しい食事をする事も可能(結局、食う事ばっかり)


428号室のベッド

428号室はバスタブ付きです


428号室の窓からはネイザンロードが見えます。

そんな訳で重慶招待所へ宿泊したのですが、その部屋は値段の割りには中々良い部屋で、冷蔵庫やバスタブが付いている部屋でした。窓の外にはネイザンロードも見えて、母と妹が泊まった429号室の窓からはネイザンロードや海辺に建つ香港太空館と言う宇宙博物館が見えました。

ちなみに429号室はバスタブは有りませんが、冷蔵庫があります。

429号室のベッド

429号室の窓から見た風景

さて、気になる宿泊料金ですが、ツイン一部屋で一泊400HKドルです。なので、四人でツイン二部屋に宿泊して、800HKドル×二泊=1600HKドル(約24000円)でしたが、この価格は香港市内の三ツ星ホテルの半額程度の料金です。

香港のホテルは二ツ星や三ツ星のホテルでも、一泊800HKドルはします。また、四ツ星ホテルとなれば、軽く2000HKドル一泊する所もザラですので、やはり安く宿泊したいとなれば、ゲストハウスを上手に利用する事で費用を大分浮かす事も可能になります。

私の母は香港のホテルは高いと聞いていたので、一泊一、二万円は出さないといけないだろうと、宿泊料金の事を心配していたので、私がツイン一部屋400HKドル(約6000円)だと教えると、意外に安いので驚いていました。

安全面の方はと言うと、ビル内は外国人の利用者も多いですが特に犯罪が起きる事は無いと言っても良いので、案外快適に宿泊できます。






コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

香港的夜食

2007年01月17日 02時59分22秒 | 家族旅行
 夜中の一時にやっと宿泊先である重慶招待所入りした私達四人は、部屋に荷物を置いて早速、夜食を食べに出かけました。

 飛行機の離陸時刻が遅れたり、機内食が不味かったり等、色んな事で機嫌を悪くしていた妹も夜食と聞いて急に息を吹き返しました。初めての海外旅行で流石に疲れていた様ですが、食事の時だけは元気になる食いしん坊の一家なので、皆、私の後について深夜のネイザンロードを歩きましたが、ネイザンロード一体はインド系の人やパキスタン人、白人、黒人等の様々な人種の坩堝と化し、日本とは全く違った怪しい雰囲気が立ち込めていましたが、別に何かされる事もないので目的地の食堂へ移動しましたが、夜中の一時を回っているのに食堂は夜食を食べに来た人達で賑わっていました。

私の家族は、夜中にこんなに人がいるとは思っていなかったので、ちょっと吃驚した面持ちで、店の中をキョロキョロと見渡していました。やはり、中国や香港の食堂は、日本の食堂に比べると活気が有って賑やかで、そしてイスやテーブルが汚いのです

日本人からすると衛生面はちょっと気になりますが、腹が減っていては眠れないので、取り合えず適当にワンタンメン等を頼みましたが、やはり漢字は読めても意味が全く分からない家族に逐一メニューを説明するのが面倒くさい!

しかも、中華料理なんてラーメンや餃子や酢豚、焼きそば、シュウマイ程度しか知らない家族にどんな料理が食べたいかとか、どんな料理か説明するのも大変な作業なのですが、今回は気合で乗り切りました。

今回の香港旅行には少々思惑が有って、美味しい中華料理を食べさせる事で、妹の野菜嫌いを克服してやろうと思っていたのですが、妹は菜っ葉を食べる事を断固拒否!私の思惑は脆くも崩れ去ったのでした。

中国の麺類には、菜っ葉が入っています


初めての香港式麺に舌鼓を打つ母。
味は「まあまあ」と言った感じ。

ここでは、弟と妹が携帯電話で麺を撮影しまくっていましたが、初めて食べる香港式の麺類の感想は
「麺が固くて、苦かった。」
との事。香港のラーメンは会津のラーメンと違って、細麺の縮れ麺です。「鹹水」(かんすい)をたくさん使っているので、コシが強くて苦い味がするんです。

私は鹹水の味に慣れてしまいましたが、確かに会津のラーメンはこう言う嫌な苦味が無くて、美味しいので、喜多方ラーメンや会津ラーメンが有名な麺所で育った私達は結構な麺類通なのかも知れません。

コメント (1)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

母よ。それは、100万ドルの夜景じゃない!

2007年01月17日 01時13分20秒 | 家族旅行
香港国際空港で無事に家族を出迎える事が出来ましたが、我が家の家族は個個が天然ボケであるので、珍道中は始まったばかりです。

香港市内までタクシーで移動する事にしましたが、ただ空港に着いただけで既に大興奮の家族達…、空港の中にある巨大なクリスマスツリーを見て写真を撮ったりしていましたが、機内食が不味かったらしく、機内では、あまり食事をしなかった様で、お腹が空いたとの事。空港内でマクドナルドに行っても良かったのですが、せっかく香港に来たので、宿泊先に着いてから、ゆっくりと夜食を食べる事にしました。

香港のタクシーと言うのは、目的地によって色分けされているので、市内地を目指す私達は赤色のタクシーに乗らなくてはなりません。しかし、香港に初めてやって来た家族はそんな事は知らないので、タクシーならば、どのタクシーに乗っても良いと思ったらしく、わざわざ人が沢山並んでいる所に行った私に、
あっちの方が空いてるよ。
等と言うのですが、空いているのは新界と言う郊外行きのタクシー乗り場なので、私は初香港の家族達にタクシーに就いての豆知識を教えましたが、皆口を揃えて、
え~っ!面倒臭ぇ!!
とか言っていました。
やっぱり、田舎の感覚でいると面倒臭いと思うのでしょうか。

私たちの順番になり、颯爽とタクシーで出発した私達。目指すは九龍半島にある、重慶マンション!運転手さんが、とてもフレンドリーな人で広東語を話す私に
「日本人なのに広東語を話せるなんて、凄いね!」とか、
「どうして広東語が話せるの?」とか、色々と話をしてくれて、途中で青馬大橋と言う観光スポットを通る時に教えてくれたりしました。

私の故郷の会津の山の方では、夜更けに電気が点いている事も、香港の様に沢山の高層マンションも無いので、初めて目の当たりにする香港の高層マンション群を前に興奮する家族。そして、ビデオ撮影

私が、やっぱり、100万ドルの夜景は違うねぇと興奮してカメラを回している母に、
100万ドルの夜景じゃないと教えると、
「会津には、こんなにいっぱい高層マンションなんて無いから珍しい。」と、高速道路から見える、高層マンションの明かりだけで喜んでいる家族を見つつ、こんなマンションを見た位で感動できるなんて純真なんだなぁ…と、感慨に耽ってしまいました。日本の方が進んでるとは思ってましたが、会津と香港じゃ、建物も賑やかさも比べ物にならないので、当然と言えば、当然なのですが。

会津じゃ夜中にやってる店なんて、コンビニや風俗関連、飲み屋位でしょうが、香港の九龍一帯は不夜城と言っても過言じゃありません。普通の飲食店でも夜食が食べられる上に、飲茶でも「夜茶」と言う、夜に行く飲茶も有ったりと、「夜宵」(宵夜)と呼ばれる夜食の習慣が発達しています。

私は不良では有りませんが、もう24歳と良い年になってるので、友人と夜遊びする事もあり、仕事していて夜中にお腹が空いた時には外で御粥やワンタン、麺類等を食べたりもしますが、会津では夜中に夜食を食べにいける様なお店もないので、今回、夜食を食べに行った事は結構新鮮な体験だったかも。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

香港国際空港で待ちぼうけ

2007年01月16日 18時29分50秒 | 家族旅行
2006年12月23日、私の家族が香港にやって来ました。

家族と言っても、母、弟、妹の三人で、父は近所に住む祖父母の仲人(かなり高齢)が亡くなったので、急遽お葬式に参列す事に。別に葬式に参列するので留守番だった訳では無く、祖母を一人で留守番させるのが心配だったので留守番する事にした所、偶然にも祖父母の仲人さんが亡くなったので、葬儀に参列する事になったのです。

今回の香港&広州旅行、かなりの珍道中で、乗っけから、色々とありました。
まずは航空券。今回は年末と冬休みの時期が重なっていた為、航空券の手配にも難儀しました。格安と言われている航空券の値段でも普段の約二倍近い値段で、中々手配できませんでした。本来なら、広州直行便で来た方が迎えに行くのも楽で良かったのですが、広州直行便のチケットが手配できず、香港行きのチケットを取りました。しかし、このチケット…、私が一番嫌いな航空会社、ノースウェスト社のチケットで、値段も約5万4000円!
何分、ほかの航空会社のチケットが取れなかったので、サービスの割りに安くは無いチケットを手配するしかありませんでした。
何故、私がこの航空会社を毛嫌いするのかと言うと、ちゃんと理由が有るのです。

過去数回、この航空が社の便を利用しましたが、
①定時に発着しない
②何時もオーバーブッキング
③機内サービスが悪い
④スチュワーデスの態度が悪い
⑤食事がまずい
⑥機内が臭い
⑦機内の温度調節がヘタ(暑すぎたり、極端に寒かったり)

等等、細かい事を挙げれば、もっと沢山有りますが、これ等の理由で私はこの航空会社が嫌いなので、香港に来るなら値段も御手頃でサービスも良好なドラゴン航空にしたかったのですが、家族には可哀想でしたがノースウェスト航空で我慢して貰いました。

私は午後2時過ぎに香港に着き、先に宿泊場所の重慶招待所チェックインを済ませ、夜の八時過ぎに香港島側の中環(セントラル)のエアポートエキスプレスに乗り空港に向かいました。香港島から空港までは約35分、料金は100HKドル(日本円:約1500円)と、結構するのですが、夜だった為か車内はガラガラ、一両に三人位しか人がおらず、超☆快適~!…と言うより、あまりにも人がいな過ぎて、不安になりました

エアポートエキスプレスのチケット


車内はガラガラ




香港のエアポートエキスプレスはとても綺麗で、車両内にあるテレビで現在位置と到着までの予定時間等を見る事ができ、さらには12分に一本と本数も多い事も魅力です。空港からは到着ロビーでチケットを買って、すぐに電車に乗れると言う便利さなので、成田空港の様に重い荷物を持ってエレベーターに乗ったりという様な面倒さもありません。相当な方向音痴でも迷子にはならないでしょう

空港に着いたのが夜の九時頃だったので、時間を持て余した私は空港内の掲示板で家族が乗った飛行機の到着時間を確認したり、写真を撮ったり、コンビニや本屋など空港内の店を見たり、ジュースを買ったり、トイレに行ってみたりと…、空港内右往左往と散策しまくっておりました。

普段、香港国際空港を利用する事もある私ですが、大概は出発前や日本から帰って着た時に利用するので、ゆっくりと空港内を散策する余裕が無く、ここぞとばかりに空港内をあっちに行ったり、こっちに行ったりしましたが、それでも時間は中々過ぎてくれず、ブラブラしていると怪しげな影が私の背後に…!

サンタクロースとモミの木でした。

ちょうど、クリスマスの時期だったので、サンタに扮した空港職員がギターを弾きながら子供達にお菓子のプレゼントをしており、私もサンタのお兄さんからお菓子をプレゼントされ、頭を撫で撫でされました。

家族の到着予定時刻は22時45分だったのですが、再度、掲示板を見て思わず、
はあぁぁぁ~?!!
…となりました。なぜかと言うと、到着予定時刻が23時40分に変更されていたからです。大体、予測はしていましたが、日本での離陸時刻が予定より一時間も遅れたそうで、この時点で予定より一時間以上長く待つ羽目に…。仕方ないので、サンタから貰ったお菓子を食べながら、待っていたのですが飛行機が到着してから長~い間、到着ロビーのモニターを見ていたのですが、待てど暮らせど家族が出てこないのです。不安になって、まさか飛行機に乗り遅れたんじゃないかとか、空港に着く途中で何か有ったのでは…と色々考えて、実家に電話する準備をしていた所、24時過ぎに、やっと家族が出てきたので、何とか無事に出迎える事ができました。

何でこんなに遅かったのかを尋ねると、荷物をどこで受け取るのかが分からなかったとの事でした。普通、荷物は入国審査を済ませてから受け取る物なのですが、空港、海外旅行慣れしていない彼等は、入国審査前にに大きなトランクを引いている人が沢山いるのを見て、入国審査前に荷物を取りに行かなくてはいけないと勘違いして、必死で荷物を受け取る場所を探していたとか(笑)
…ってな訳で、来た道を戻って荷物を受け取る場所を探していて、出て来るのが遅くなったそうですが、旅の恥は掻き捨てでしょうか??

次に続く





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いなかっぺIN香港空港(予告編?)

2007年01月15日 00時28分40秒 | 家族旅行
いやいや、最近ウイルスに感染して、危篤状態だった、我が家のデスクトップ型PCが復活しました。昨日、相方のミン様がチョイチョイと弄ったら、いとも簡単に直ってしまいました!わたくし、ちょっと感動すら覚えております。ミン様、やっぱり伊達に大学出ていないんだなぁ…と。電子レンジとか洗濯機の使い方も最近覚えたばっかりなのに、電子レンジより複雑な機器を直せるのか…不思議でなりません。

さて、PCが直った所で、先月、私の家族が香港と広州を旅行した時の話をアップして行きたいと思います。

2006年の年末、母、弟、妹の三人が香港&広州旅行やって来ました。母はグアム、台湾、広州と海外には数回行った事が経験があるので、海外に行った事がない弟と妹も何とかなるだろうと言う打算が有ったのですが…。

続きは、この次の記事で。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

パソコン壊れる

2007年01月12日 15時49分58秒 | 
うちにはデスクトップ型とノート型のパソコンが有るのですが、先々週からデスクトップ型のパソコンが壊れました。

原因はウイルスとハッキングですが、最近のウイルスやスパムは悪質な物が多くて、ウイルスバスターに掛けて削除しようとした瞬間に、自らウイルスバスターソフトの広告を送って来て、ウィンドウを閉じた途端にパソコンの電源が切れ、そのままパソコンが起動しなくなってしまい、最近は専らノート型パソコンを使用しています。

私が使っているパソコンは、昨年、東京に出張した時に秋葉原で買った新品のパソコンで、値段の割りに使い勝手が良いのですが、画面が小さいので長時間作業していると目に負担が掛かります

だったら、大型画面のノート型PCにすればと言われるかも知れませんが、ノート型PCはあくまで持ち運びに便利で重くない物をと思っていたので、重さも一キロ位じゃないと持ち運びに不便なので、新品で値段も手ごろな物じゃないと…。

でも、ちょっと、しくじったと思うのは黒では無く、白のPCを買った事です。何故かと言うと、単純に白のPCは汚れが目立つ事ので、前回、実家に持って帰っただけで父が吸うタバコのヤニが付着して取れなくなりました。また、明明の甥っ子や親戚の子がベタベタ触って手垢と泥を着けて、白いパソコンは灰色のパソコンに成りつつあります。

そして、今、最高に腹を立てているのは年末に家族と香港で撮った写真が全部、壊れたデスクトップ型のPCに入っているので、ブログに記事が更新出来ない事です。こんな事ならノート型PCに写真を移しておけば良かったのに…。

私のバカ、バカ、バカ~!!

私が使ってるのは、このメーカーのパソコンです。
マウスコンピューター M-BOOK (P-M730, 512MB, 60GB, DVDスーパーマルチ, 12.1"TFT) [0509m-Book SW730MD-AZ]

マウスコンピュータ

このアイテムの詳細を見る



コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

新春ドラマ白虎隊と会津の話

2007年01月07日 01時10分08秒 | 眼から鱗!
白虎隊 - キーワードグラフ - goo ランキング
今日から二夜連続で、テレビ朝日系列で放送される新春ドラマ『白虎隊』、残念ながら私は日本にいないので観る事が出来ないのですが、実家にメールしてビデオだけでも録画してもらう事にしました。

さて、白虎隊と言えば、福島県会津若松市飯盛山で自刃した白虎隊士中二番隊の少年達の事で、良く書籍やドラマ等で悲劇の少年剣士として物語にされています。

私は会津出身なので、よその人から白虎隊について尋ねられたりしますが、白虎隊は全員死亡したと思っている人が結構いるのに驚きます。

先にも書いた様に、白虎隊の物語を知る人はドラマや書籍を観て、白虎隊=飯盛山で自刃と言う構図が出来上がっている様ですが、実際は白虎隊の隊員は総勢約340人にものぼり、身分により「士中一、二番」「寄合一、二番」「足軽隊」の五隊に分けられていました。その内、自刃したのは猪苗代湖近くの戸ノ口堰で隊長・日向内記(ひなた ないき)と逸れた士中二番隊の十九名の少年達である。しかし、その他の白虎隊士約290名はしっかり生き残っていました。

白虎隊は全員死んだ訳じゃありません。

白虎隊士中二番隊の少年達の悲劇は、隊を指揮する隊長・日向内記(ひなた ないき)とはぐれた事が原因となった様ですが、書籍によって様々な見解がある様です。白虎隊士中二番隊の少年達は、食料を調達しに行った日向隊長が戻って来ないものと判断し、戸ノ口堰(とのくちぜき)を離れて、洞門を潜り飯盛山へと逃れましたが、そこで見たのは戦火に包まれる鶴ヶ城でした。

この時、実際にはお城は燃えておらず、周辺の武家屋敷が燃えているのを見間違えた結果、疲労困憊した白虎隊の少年達は『敵に辱めを受けるなら死んだ方がマシだ』と自ら勇んで自刃してしまったのでした。これが、白虎隊の話として知られているエピソードですが、今回、テレビ朝日のドラマ『白虎隊』で、山下智久が演じる酒井峰治は、これまで士中二番隊で奇跡的に助かった隊士は、飯沼貞吉だけと思われていたものの、峰治の死後、彼が記した手記『戊辰戦争実歴談』が発見され、彼も白虎隊士中二番隊の隊士であった事が判明した人物でした。

私が中学生から高校生にかけての頃、良くNHKの『堂々日本史』と言う、番組を観ていてビデオに録画したりしていましたが、昔、『白虎隊、生死を分けた二日間』と言うタイトルで酒井峰治が残した手記や白虎隊が取り上げられました。私は中学、高校と剣道部に所属していたので、番組内で映っていた鶴ヶ城内の武徳殿でも稽古や試合、昇段試験を受けに行っていたので、とても思い入れがある場所です。

酒井峰治が生き残ったのは、他の隊士等と逸れ、一人で不動滝と言う滝の近くを彷徨っていた所、なんと愛犬の『クマ』と再会を果たし、自刃を思いとどまったからだそうですが、何と感動的な再会なのでしょう…。

これが、『バラ珍』だったら、島田伸助さんや徳光和夫さんらと、肩を抱き合って泣いたでしょう。

この時のエピソードを基に、『白虎隊記念館』の前には、愛犬クマの銅像が建っています。

私が子供の頃の1986年12月30、31日にも、日本テレビの年末ドラマで86年版『白虎隊』が放送されたが、私も幼稚園児の頃、このドラマを家族総出で一緒に観た記憶があります。

余談ですが、実はドラマの撮影時に今は亡き、祖父の光雄が出演依頼を受けて、彼岸獅子として天寧獅子団を引き連れて撮影に参加したのです。その当時、私の祖父は天寧獅子保存会の会長をしており、依頼が有れば東京のデパートなどの催事や講演会にも呼ばれて行っていた様で、生涯を天寧獅子保存の為に費やしました。現在は、私の父が天寧獅子保存会の会長をしています。
興味のある方は、下のアドレスからどうぞ。(天寧獅子の曲が流れます。音量注意)


http://aizu.na.coocan.jp/shishi/index.html(天寧獅子保存会ホームページ)

そして、86年版の『白虎隊』を撮影した時、天寧獅子団と少年白虎隊が歩いている場所は、実は私の母の実家の田んぼです(笑)
今も風景は変わってませんが、しいて言えば道が舗装されて電柱が増えた位でしょうか。撮影場所は、会津若松市湊町東田面(たづら)の崎川浜(さっかはま)付近です。

今回、新春ドラマ『白虎隊』で会津に興味が沸いた方は、どうぞ会津に来てくなんしょ!(会津弁)

写真は私が撮った、鶴ヶ城の写真です。鶴ヶ城は会津屈指のお花見スポットです。



白虎隊

バップ

このアイテムの詳細を見る





【福島限定】はろうきてぃ根付 白虎隊バージョン





会津への旅行は、お得なじゃらんネットで宿泊予約を!







goo キーワードグラフ
(C) NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.



コメント (4)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

正月の雑感?

2007年01月06日 19時10分25秒 | エッセイ
新年明けましておめでとうございます!
…ってな訳で、2007年の一発目の記事を書いていますが、2006年の年末は12月23~29日にかけて、実家の家族が広州にやって来たので、香港まで家族を迎えに行ったり、香港や広州を案内したりと忙しく過ぎてしまいました。

なので、年末に2007年の抱負なんて考える暇すらもなく、元旦を迎えてしまいましたが、中国は元旦よりも旧正月(春節)が、年越しのメインイベントなので、大陸では、まだまだ年越しの雰囲気では有りません。2007年の抱負は…、これから考えようかと思いますが、そんな事言ってる間に、あっと言う間に二月になって春節になってしまうのでしょう。

私の場合、今年の抱負などと言えいながら、「抱負」や「目標」がコロコロ変わってしまうのが嫌なので、計画は計画倒れしない程度に達成出来そうも無い事はハナから「今年の抱負」にはした事が無いのですが、別に夢も希望もない訳ではありません(笑)

むしろしたい事は沢山ありますが、私、持病に「もやもや病」と言う、厄介な病気を持っておりますので、とりあえず健康に留意して日々を過ごせれば言いと思っています。
今年の七月で、二度の脳外科手術後、五年目に突入するので、今年は術後五年を機に、日本に帰国して、もう一度、内腿の血管からカテーテルを通して脳血管造影検査を受けに行こうかと考えています。

本当は、痛いし、大事な所の毛も綺麗にサッパリ剃られてしまうのでやりたくない所ですが、健康第一なので、今年の夏あたりにでも日本に帰って検査を受け様と思っています。まあ、これは抱負とは言えないですが、今年やらなくてはいけない事の一つなので、どんなに忙しくても年に一度は検査をしに行かなくては…。


まあ、取り合えず…、今年も元気で過ごしたいです。大病をしてから思う事は、何はともあれ、健康第一です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【PR】

広告