★~KIDのあれこれ雑記帳~★

ツイッターのつぶやきと連動中!

【PR】

もやもや病って結構大変な病気なんです

2005年04月21日 21時44分10秒 | エッセイ
2002年3月31日に脳内出血を起こしてもやもや病と分かってから早3年が経過した。この病気と何の係わり合いも無い人に、この病気の事を完全に理解してくれと言っても中々無理な話で、私自身、こんな病気をもって生まれて来なければ、もしかしたら『もやもや病』と言われてもピンとは来ないし、理解する気にもならないかも知れない。


まあ、人には生まれ持った性質が有るので、生まれつき目や耳の不自由な人や体に奇形を持って生まれて来る人もいる。外見的な差や、その障害の重さには皆違いが有るので、同じく、もやもや病の患者さんでも重度の障害がある方や、普段の生活にさえ注意していれば、健康な人と同じ様に生活できる人もいるでしょう。私の場合、疲れがたまるとロレツが回らない、体の水分が足らなくなると目の前がチカチカしたり、突然の脱力感に襲われたりする事が有るので、水分はこまめに取って、スポーツをする際にも事前に準備運動などをしっかり行い過呼吸や頭の血管に急に血液が大量に流れるような運動をしないように心がけています。また、トイレに行く際にも注意しなくてはいけないのは、便秘や下痢にならないように、食事等にも気を使わないといけない。これは、病気が発覚した時点で医者からも注意されたが、もやもや病の血管を持って生まれた人は体質的に他の部分の血管も特別細かったり、詰まり易い性質を持って居る事があるそうで、私の場合、腎臓の血管が細く腎臓結石になり易い体質なので水分は多く取らないといけない。実際に去年の夏、右の腎臓に二個も結石が出来、その痛みから歩く事さえままならなかった。痛い腰を抑えながら、会社に通っていたが現在は何とが自力で直し、健康な状態を保っている。それに、私の体の血管は全体的に細く、採血や点滴、カテーテルの検査などをする時は、大変不便で、昔から“看護婦泣かせ”と呼ばれていた。ある程度経験を積んだ看護婦さんでも、細い針を使ったり、暖める、叩くなどのテクニックを駆使しないと血管に針が入らないのだ。それ故、何人の新人看護婦さんを苦しめ、泣かせて来た事か…。決して彼女達が悪い訳ではないが、一回、二回ではうまく血管に入れる事が出来ず、何回も刺す羽目に。私もそんなのは慣れっこなので、泣きも怒りもしないし、文句も言わないが、看護婦さん達に『痛いね~、ごめんね~。』と言われると、私の方が申し訳無い気分になってしまう。注射の針なんて刺されすぎて、もう痛いなんて思わなくなってしまった位(笑)
点滴の針は刺したら刺したで、また一時間もしないうち漏れてしまい、腕や手がパンパンに腫れてしまい、あたかも饅頭の様である。


また、もやもや病の苦労は症状だけでは無く、手術後の傷に対しても結構大きなコンプレックスを持つようになる。特に女の子ならば、美容院に行ってオシャレをしたりしてみたいと思うが、頭に大きなM字型の傷が醜く残っているので、そんなに気軽に美容院などのに行って他人に頭を触られたり、傷口を見せたり、また、何でこんな大きな傷が有るのか等色々聞かれるのも、いちいち説明するのも一苦労…。しかも、私が以前の会社で言われた陰口は『あの傷は美容整形の痕だ』とか言いたい放題言う人がいて、私が『これは先天性の病気が原因で手術した痕』と説明すると、脳に問題がある人間はうちの会社ではいらないとか、病気なら日本に帰って入院でもしてろ等と誹謗中傷を受けた事も。しかも、例え脳に病気をもっていたとしても、私の場合は生まれて20年間は普通の人間として育って来て、学習や運動に関しても健康な人と同じ様にやって来たので、特に知能障害や精神的障害、運動障害などがある訳でもなし、自立して生活しているので、誰の介護も必要ないのです。それでも、人間の卑しい所って、人と違う病気を持っていたり、劣ると思う所が有ると徹底的にそこを攻撃するんですよね。しかも、いい年した善悪の判断も付けられる様な大人が、『おい、お前、俺だって水飲んでないのに、何でお前が水飲んでんだよ。』、この言葉を聞いて、どう思いますか?これはある50代の日本人の会社社長が私に言った一言です。私は社長の秘書でもなければ、お茶汲みでも有りません。しかも、私が水を飲んでいたのは、会議室や飲み食い禁止の場所では無く、会社の事務室内でも有りません。昼休み中に水飲み場で、自分のコップを使って水を飲んでいた所、社長が水飲み場に入って来たので、会釈をすると、何を思ったのかこの一言を言い放ち、私が戸惑っていると、突然ぶち切れて私のコップを叩き落として去って行った。仕事上の事でミスをした訳でもなく、何も社長に対して悪い事などしていないのに。信じられない出来事でした。しかも、コップを割られたり、訳の分からない皮肉を言われたのが分からず、腹の虫が治まらずブチ切れて会社を辞めてやりましたが…。
世の中には、こんな最低な人間もいるのです。病気を持っている以上、臆病になるなとは言いませんが、人付き合いには多少の根性と忍耐力が求められるでしょう。あと、たまには潔さも必要なので、嫌な人間に出会った時、理解してもらおうとする努力は大切ですが、これは相手にもよります。ハナから理解し様としない人や、そこまで努力して理解させるに値しない人もいるのです。(自分が威張ってる訳ではなく)、生理的に合わない人は必ず存在するので、時には潔くこう言う人から離れるのも人付き合い、世渡りの方法なのでは思えるのです。本当に何を言ってもダメな時はダメなもの。そんな時は自分に、あまり余計なストレスや心配事を増やさない事が大切なんです。


ほら、中国の諺に『三十六経逃げるに如かず』と言う言葉が有るでしょう?押しても、引いてもダメな時は逃げて身の安全を図るのが最上策、自分から自爆する必要なんてないんです。それよりも、もっと有意義な事に時間を費やす方が大事ですよ。せっかく、助かった命をこんな詰まらない所で、浪費するなんてアホらしいですもんね
コメント (2)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

広州反日デモ後日考(太陽と北風)

2005年04月11日 21時03分56秒 | 身の毛もよだつ話
愛国心、この言葉は一体どんな風に理解されているのだろう、特に中国では。私は現在、中国広州市に住んでいる。しかも、10日に暴動が有った天河地区のジャスコや体育中心などは私の住んでいる天河地区に在り、会社からも目と鼻の先だ。抗日デモを行った集団は反日運動=愛国心とでも思っているのだろうか。確かに日本の教科書の問題で講義するのも良いし、意見をぶつけるのも結構な事だ。しかし、その講義や怒りの矛先が間違えている事を知ってか知らずか、『日本は…』だの『日本の商品は買わない』、『日本に関係する物は手当たり次第に破壊』、『石を投げる』。とんでもない事をする人たちがいる。
現在、中国では貧富の差が在り過ぎる。確かにそうだ。街のあちこちには職にあぶれた物乞いが点在し、障害者の方や老人が何の保護や保証も無く街中に横たわっているしかないのだ。かと言ってそれは日本のせいではないが、多くの中国人が仕事をしている背景には日本に関わらず、外国の市場や企業などが密接に関連していて、この様な暴動が原因で国家の信用を失えば、経済効果はがた落ちで自分達も無害では済まない事を良く理解して欲しい。
私自身、中国人の友人や同級生、同僚、私自身のダーリンやその親家族、親戚…全部、中国人なので中国人の良い所も悪い所も良く知っている。実際、現地で生活している私の立場で言えば、中国人の多くは友好的で日本人の友人と同じ様に色々世話を焼いてくれる、優しく、力強い民族なのだ。日本にいる日本人達が中国人をどの様に理解しているかは、今回の暴動を通して多くの日本人が色々言っているので説明する必要は無いと思うが、中国人の多くは、あの暴動を起こした人たちの様に過激な集団では無く、外国や他人との平和と友好を祈っている人達だ。
愛国心と言う言葉は、平和や友好を願う人たちの為に使われるのが本当の言葉の意味では無いだろうか?臭い話になってしまうが、漢字がそうで有るように『愛』と言う漢字は友達、他人を思いやる心から来ているのに、どうして他人を思いやる事が出来なのだろうか?時々、中国は本当に儒教など人を思いやる大切さ等を説いた思想家が出た国なのかと、時々がっかりさせられる時がある。確かに日本が中国を侵略して中国人に対して酷い事をした事実は、私たち日本人もしっかり学ぶ必要がある。南京大虐殺などついては歴史の教科書だけでなく、それが本当に有ったかも議論を招いている。確かに日本人の中にはその様な事実が有ったとしても、認めたくない方々もいるだろう。南京大虐殺は無かったと言う証拠は有るらしいが、もし仮に大規模な虐殺行為は行っていないとしても、中国を侵略して中国の一般市民達に暴力を振るったり、時には見せしめとして殺したりと言うのは事実であり、当時、日本軍の被害を受けた世代の方が生きている中国では、日本へ対する反日感情は有って当然だと思う。中国でも日本でも、イラクやイランなどでも何時も酷い目に遭うのは一般市民だと言う事は、戦争を知らない私たち世代でもしっかり学んで行く事が大事で、教科書に載せなければ、そんな事実は無かったと言う証明にはならないでしょう。
私は中国に来てこの方、中国人から南京大虐殺や関東軍731部隊について知っているかと聞かれる事が良く有る。私自身、戦争の話は私の祖父が実際に戦争に行った人であり、徴兵された祖父の弟なども19歳程で戦死した。私は小さい頃から祖父から戦争の悲惨さも聞いていたし、会津出身の者は戊辰戦争以来、山口県とは仲が悪かった為、戦死しても靖国神社には入れて貰えないと言う差別を受けて来た。しかし、あれだけ仲が悪かった山口県とも今は友好都市の締結もした。私が以前、勤めていた日系の会社にはMさんと言う山口県出身の方がおられたが、私に対しては自分の子供の様に接して下さり、会社を辞めた今でも、とても感謝している。勿論、戊辰戦争の頃の話なんて、生きている人もいなければ、実際に体験した人が生きていないので、中国の様に相手を恨んでいる人も、そんな100年以上昔の事で、態々揉め事を起こそうなんて気にはならないだろう。今回の広州市内の暴動では、インターネット上の書き込みによるデモ隊の集合だったそうだが、恐らく中には日本の右翼団体のような者も居ただろうし、中には面白半分で参加、さらにさらに訳がが解らないけど取り合えず参加、ウサ晴らしの為に参加…した者もいるだろう。こんな抗日運動なんかしても何の解決にもならないのに、『柔能く剛を制す』、『ペンは剣よりも強し』、時には力では解決出来ない事もある。もし、中国がもっと日本に対して温和な態度で接してくれれば、あの変人で有名な小泉首相も中国人や韓国人など回りの国の皆さんの気持ちをもっと考えた『愛』ある行動を取ってくれるかも知れない。変人のコートを脱がせられるかは、これからの中国がどれだけ変人小泉首相に温和な態度を以って熱さを感じさせる事が出来るかに掛かっていると思う今日、この頃だった。
*写真は10日の広州天河ジャスコ周辺の模様(何も解らないガキんちょが日本の国旗を踏みつけている)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【PR】

広告