ドラマー涼の激辛ブログ『Eat with fire!』

2019年12月より新ブログに移転しました⬇︎
https://ryofujisaki.work

日清食品『ラ王 黒タンタン』

2019年01月05日 | 辛さレベル☆
日清食品『ラ王 黒タンタン』

辛さ満足レベル:☆+
旨さ満足レベル:☆☆☆
※レベル表記方法についてはこちらのページを。


日清食品"ラ王"シリーズの、"花椒練りこみ麺と黒ラー油"が特徴のカップ担担麺です。
見た目からしても、辛さ(辣味)はあまり期待できそうにありませんが、痺れ(麻味)をメインに押し出した担担麺なのでしょうか。楽しみです。

中身は、具と粉末スープが麺と一緒に入っています。
"黒ラー油"は蓋の上に添付されていて、後入れとなっています。



具は、味付肉そぼろ、チンゲン菜、ごま、赤唐辛子ですが、具の少なさはちょっと物足りなさを感じます。

湯戻し時間は5分です。
長めなので、太麺なのかな?と思ったんですが、太麺ではありませんでした。
生麺を再現した麺ということなので、ちょっと特殊で湯戻し時間が長めに必要なのかもしれません。



黒ラー油を入れない状態では全然何も黒くないのですが、黒ラー油を入れたらスープの表面が真っ黒になりました!
見た目は美味しそうに見えない....
なんか、ドブとか油公害とかみたい(笑)

黒ラー油は、焦がしニンニク系のマー油ではなく、黒ごまをメインとしたラー油のようです。
でも『植物炭末色素』が使われているので、純粋に黒ごまで真っ黒なわけではないようですね。



お湯を入れて5分しっかり待ったんですが、それでも麺に硬いところが残ってました。
しっかり戻すには6分くらい必要かも?

かなりゴマの効いた担担麺です。
黒ごまよりも白ごまの方がたくさん使われている感じです。



全体的に大したしびれ感はありませんが、ちゃんと花椒の風味はあります。
麺がしょっぱく感じるのは、花椒の効果もあるかもしれません。
スープもちょっとしょっぱく感じます。

花椒って、痺れによって味をしょっぱく感じさせたりもするんですよね。

表面の黒いスープはインパクトありますが、かと言って、全体的な麻辣はあまりないので、味のインパクトにはかけます。
しかもスープ全部が黒いわけではなく、表面のラー油が黒いだけなので食べていくうちに黒さは失われていきます。

まあ、さすが日清の担々麺なだけあって普通には美味しかったです。


原材料


ノンフライめんの割にはカロリーが高いのは、やはりゴマのせいでしょうかね。
コメント   この記事についてブログを書く
« ローソン『花椒の香りとピリ... | トップ | Taokaenoi 『Fried Seaweed A... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。