ドラマー涼の激辛ブログ『Eat with fire!』

2019年12月より新ブログに移転しました⬇︎
https://ryofujisaki.work

明星『チャルメラ宮崎辛麺』

2018年06月20日 | 辛さレベル☆☆
明星『チャルメラ宮崎辛麺』

辛さ満足レベル:☆☆+
旨さ満足レベル:☆☆☆☆
※レベル表記方法についてはこちらのページを。


明星のチャルメラシリーズで辛い系のラーメンが出てたので買ってみました。

『チャルメラ宮崎辛麺』です。

パッケージ表面に、辛さに関する注意書きが書かれていますよ。



「宮崎発祥の唐辛子がきいた激辛しょうゆ味ニャ!」とのキャッチコピーも書かれています。

なぜにネコのような語り口?  と思ったら、パッケージの側面にでかい黒猫が!!



このネコは、以前チャルメラおじさんの足元にいた脇役の猫ではないか!



チャルメラおじさんはとうとう主役の座を猫に取られてしまったんですね。 

一応、蓋の方にはおじさんも載ってますが、側面の猫の方がでかいです。


話は元に戻して・・・・。


宮崎の『辛麺』が、ご当地ラーメンのようになってますが、元祖のお店は『辛麺屋桝元』らしいです。

僕は、『桝本』の、実店舗は未訪問ですが、過去にインスタントラーメンを食べたことがあります。


開封してみます。


油揚げ麺に、かやく、かやく入り粉末スープ、調味油のセットです。

湯戻し時間は3分。


出来上がり。



調味油はゴマ風味のラー油でした。

ニンニクが効いた醤油スープで、ニラや肉そぼろが入っています具は、卵、肉そぼろ、ニラです。

さすがロングセラーのチャルメラシリーズ。基本の味は美味しいです。

醤油ラーメンとはいっても、スープはちょっと濁っている感じで、豚骨醤油みたいな感じです。

まあ、名古屋の台湾ラーメンに近い感じがします。

台湾ラーメンと違うのは、台湾ラーメンはチキンベースなのに対して、辛麺はポークベースだと言うところでしょうか。

あと、溶き卵が入っているのが台湾ラーメンと大きく違うところですね。

本来は、麺は「こんにゃく麺」を使用するらしいですが、本品では普通の小麦の油揚げ麺が使われています。

辛さは、一般的な市販品レベルでは辛い方の部類だと思います。

激辛マニア的にはピリ辛レベルですが、辛さに耐性のない人には激辛かも知れません。
     
スープはニンニクがそこそこ効いていますが、具にもニンニクを入れて欲しかった!

あとニラももっとたっぷり欲しいです。


原材料

スープの原料の一番上に食塩がきてるのは珍しいかも?

どんだけ塩使ってるんだ!!


栄養成分表示を見ると

食塩相当量はは5.5gでした。


結構美味しかったよ。


辛麺商品は色々出ています↓

唐辛子とにんにくのきいた激辛スープ 明星 チャルメラどんぶり宮崎辛麺 77g×12個入り (1ケース)
明星


辛麺屋 桝元 辛麺 (1食 149g)×10袋
辛麺屋 桝元


辛麺屋 桝元 特辛・激辛 (1食 166g)×10袋
辛麺屋 桝元



響 宮崎 辛辛麺 5食



ラーメン 激辛 宮崎発祥 辛麺屋 輪 総本家 辛麺 からめん 激辛2人前セット
辛麺屋 輪 総本家



中一本店 濱田印の辛麺 227g
中一本店



宮崎 焼辛麺 5袋×2箱



コメント   この記事についてブログを書く
« 丸美屋『台湾まぜ麺の素』 | トップ | ヒカリ『麻婆の素』 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。