REINプロスタッフによる釣行レポート、製品紹介など。
レイン プロスタッフブログ



こんにちは!熊本県の村上です。

11月も後半、朝は布団から出るのがおっくうな季節になりましたね^-^; 

そんなある日、2人の後輩から秋から冬のバスをワームで攻略したいと、

アプローチされフィールドに繰り出しましたので今回はその模様をレポート致します^-^v

 

 11月15日、熊本県のメジャーフィールド、鐙中堤に釣行、県内でも古い歴史と魚影の濃さを誇るスポットです。

今回の相棒はISA君、今回は昼過ぎの暖かい時間からスタート。

風のあたらない水深のある有望スポットをダウンショットスプリットショットなどで①丁寧にズル引く、

②止めるを意識して二人で10匹前後のバスをキャッチする事に成功^^!!

 

深い場所から真っ白なバスが釣れてくる状況でしたが、セントパウダーを使用した事で

ロングスティ中、確信をもってバイトを待つ事が出来ました^^v

 

 

 続きましては11月22日、今度は県内人気河川である浜戸川と周辺クリークに釣行。

※河川での釣りは車を止める場所を十分に配慮して楽しみましょう※

 

今回の相棒はMIZUKI君、今回のお題は40アップ、2人で朝から気合を入れ、

弱いカレントの中にある岩に対し時間をかけてワームをズル引くようにと作戦を立てスタート。

 

 

 私の1投目、止めていたダウンショット、竿先にプンっとしたバイト!

すかさずリールを巻き、スムーズにフックアップしたバスはシャローウォーターを縦横無尽に泳ぎ回り降参^^v 

40アップからスタートしご機嫌の2投目でまさかの連続ヒット!!!

2匹目は35センチ程でしたが朝からテンションが上がりました。

 悔しそうなMIZUKI君の前で単発で起こるボイル、Gテールサターンで丁寧にコースを通すようにアドバイスすると

「来ました!!」っと今日一の締め込み、細いラインを使用しているので無理せず、

ドラグを使い寄せてくるとコンディション上々のナイスバス^-^!!

 

MIZUKI君も40アップ楽勝クリアで1時間程でミッションコンプリート^^

 

 今回2人の後輩に釣果をもたらした主役はGテールサターン2.5インチ☆

厳しい状況でも魚を出してくれるワームです^^

 これから更に水温が下がりますがセントパウダーをまぶすことでバイトチャンスは向上!

 また、川では甲殻類を捕食する魚も多い為、レインズホッグ(リトル、タイニー)

リングシュリンプGテールツインなども欠かせないワームです☆

 

最後に今回、楽しそうに釣りをしている2人の若者と過ごして、改めてバス釣りの楽しさを教えてもらいました0^-^0!!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




フィールドスタッフの松原です。


先日、今年のJBトーナメントを締めくくる(もっと上の人はあるとは思いますが)

バスプロ選手権参加してきました。

西日本のプロトーナメント各戦の上位10%のみにしか参加資格が与えられない名誉ある2Dayの試合です。

今回の会場は兵庫県の生野銀山湖で、年間通して1本持ち帰ると上位という厳しい湖。

 

ラインを2ポンドまで落とし、ワームも他の参加者と差をつける為、エコスワンプミニをいつもの張りのある素材を

熱湯で柔らかくしたうえで少々変形させ、信頼のセントパウダーをまぶし準備しておきました。

 

 


試合初日、ローカルを含む大勢の選手に少々緊張しながらのスタート。

初日はフライト順が早かったので狙っていたインターセクション+倒木エリアに一番乗り!

しかし続々とインターセクションに集結し凄い混雑状況に焦りのせいか全く魚からの反応がない・・・


少し上流にポジションを取り直し数頭目???・・・!!!


2ポンド、ドラグ緩めのやり取りでは「キーパーか?ノンキーか?」と最後まで分からないながらも

慎重に取り込みネットイン!!

何とか貴重なキーパーをGet!


その後、何もおこらず初日終了。



やはり厳しい様子で107名参加のうちウエイイン34名。

私の順位は1本207gで21位の微妙なスタート。
 

2日目も快晴の中のスタート。

2日間1本ずつでも入賞出来るとの事でしたので、今日もと意気込むもののフライト順は昨日の逆、

最後から何番目かのスタート。

開き直って冷静に先行者の動きを見ながら昨日キャッチしたインターセクション上流からスタート。

岩盤岬をエコスワンプミニスカッパノンレッドレインダウンショットシンカー3/32

ダウンフォールさせるとしっかりしたアタリが!!

バレないように祈りながら何とかネットイン!


おおっ!今日もキーパーGet!


もう一本と粘るもそのまま今シーズンのトーナメント終了。


今日も1本のみですが270gでウエイイン39名中18位、

2日間通して釣ってきたのは僅かに16名最終9位で楯と賞金を頂くことが出来ました。

 

二日間に何度もないチャンスを信じ切れるエコスワンプミニに感謝です。


皆様も是非信じて使って楽しんで下さい。
 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちはスタッフの石川です。

プライドクラシック 報告をさせて頂きます!!

年間上位10名で行われた大会‼

確実にリミットを揃えて来る人、又はビッグバスを狙って来る人、気の抜けないメンバーです‼


今回のエリアを牧周辺に有る8角貯水塔、長命寺川沖にある四本柱に絞り込みます!!


スタート直後、8角貯水塔でレインズGテールサターンダウンショットで35位のキーパーが幸先良く釣れるもその後ノンキーパー地獄!


昼前位に、四本柱に移動しダウンショットで2本目のキーパーを追加‼

バイトが続かないので、最近調子の良いヘビキャロ(レインズロックバイブシャッド×レインズダングステンシンカー14グラム)でスローな展開にシフトチェンジ‼

これが良かったのかキーパー2本追加‼


後1本って所でまさかのラインブレイク(T_T) マジデカかったです‼


気を取り直し、朝釣れた8角貯水塔に戻りダウンショットをキャスト‼ドンと重いバイト。


手応え十分な重み、案の定貯水塔に巻かれやり取りする事10分、ラインブレイク覚悟で強引に引きずり出した魚は自己新記録になった、65センチ5200グラムのビッグバス👍


結果9キロでクラシック初優勝する事が出来ました♪

年間を通して、成績を残させてくれたレインズワーム


自分をサポートして下さっているレインズ様、そしてレインズに自分を紹介して下さったサポートプロスタッフの池田隊長、本当に有り難うございましたm(__)m


優勝出来た事、自己新記録出来た事、全て周りの皆様が支えてくれたお陰です!!


有り難うございました‼



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




岩手レインズ小島です。

真冬突入目前の今、岩手三陸でヤリイカエギングが絶好調との情報が♪

レインズイカヅチを片手に突撃です。

夕方のチャンスタイムには間に合わず深夜釣行のみ。

自分がいきました釜石漁港周辺ではポツポツ釣果。

本日はボトム付近のイカが反応してくれる様子です。

軽い1シャクリ後、少しラインをたるませなからのフォールで微妙な感じの少ないバイトを確実にとる。

う~ん楽しい♪

 

専用タックルなくとも手軽に楽しめ、食べれば美味しいヤリイカエギング♪

皆様もお試しください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちは!熊本県の村上です^^

エギング言えばアオリイカですが、僕の住む熊本近郊は有明海…そう干潟です^-^;

今回はそんな有明海のエギングと題して現在シーズンを迎えているシリヤケイカを狙って来ました。

 

 そもそもシリヤケイカってあまり聞かない名前ですよね^-^;

コウイカの仲間で決してメジャーなターゲットではありませんが、

群れで動くため数が釣れ、味も良く老若男女問わず楽しめるターゲットです^-^!!

 

 

 当日は熊本の中心街から30分程の熊本新港に釣行。

街頭周囲は多数の釣り人、好調の様子が見て伺えました。

今回のタックルはパックロッドイカズチ3.0号ピンクゴールド

 

 

 満潮からの下げ始め、先行者さんが帰るタイミングでポイントに入らせて頂くと、間もなく...

ぞうきんが引っかかるようなバイト^皿^!

プシュープシューとジェット噴射を繰り返すイカに大興奮。

墨をかけられないようゆっくり抜きあげ1杯目^-^!!

 

その後もボトムを離さないよう、集中してズル引きとスティを繰り返すとアッという間に食べる分を確保^^v 

 

1時間程度で釣行を完了☆

 

イカズチはスリムフェイスで引き抵抗が少く、無駄な動きが出にくい為、止めたり、ズル引いたり、ボトムを丁寧に攻めるコウイカのアプローチにおいて、違和感を感じさせる事無く、抱かせる事が出来るエギです。

 

また、2.5号もライナップされている為、イカが小さい時など用途に応じて使い分けると釣果もUPすると思います。

 

 シリヤケイカは女性や釣りを始めたばかりの人など誰でも楽しめるターゲット、

リールとロッドはお手軽セットでOK、それでいてお土産はバッチリGET^^

 

釣りを始めるにはもってこいのターゲットだと思います^-^v



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちはスタッフの石川です。


最近の琵琶湖はターンオーバーで釣れない状況が続いてますが、スローな展開で狙って行きたいですね!!


今回のゲストさんは、琵琶湖でフローターで釣りをしている辻中さんとお連れさんの奥村さんです!!


マリーナ周辺で幸先良く奥村さんのヘビダン(カーリーカーリー) ×レインズダウンショットシンカー7グラムで先ずは1本👍

各エリアを回ってもサイズが出ず、沖ノ島の漁礁で自分のセッティングしたヘビキャロを辻中さんに使って貰います!!


レインズシンカー×ロックバイブシャッド(グリパン)


そして1投目!!


当たりました‼ の声と同時にフッキング!!

上がってきたのは、湖北らしい体型のビッグバス


54センチ、3500グラム♪ 


更に数キャスト後、待たしても辻中さんにバイト‼


少しサイズダウン‼でも45アップ‼見事やったりました👍

 

今回の状況から、やはりスローに誘う釣りがはまり、良い釣果が出たと思います♪

 

 

水温が下がり始める琵琶湖では、ヘビキャロなどスローな展開で釣って行きたいですね👍

それにはレインズワームの組み合わせが一番ですね♪


お二人様お疲れ様でしたm(__)m



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちは、熊本県の村上です。

大会もオフシーズンとなり、普段から楽しませて頂いている大分県芹川ダム清掃活動に参加して来ました。

 山間部の芹川ダムでは紅葉が美しく、綺麗な景色と空気を感じながら

湖岸沿いの空き缶や、タバコの吸い殻、ペットボトルを回収し汗を流しました。 

この先も、大切なフィールドでバス釣りを楽しんでいけるよう、来年も参加しようと思います^-^!!

 清掃活動終了後は短時間ながら芹川バスを釣ってみました。

(芹川ダムには禁漁期間・スロープ利用時間・遊漁券・船券等ローカルルールがありますので釣行の際はご確認ください)

 

湖に出ると水温の下降などでタフな状況でしたが、水深12mのボトムに発見した帯状に映るワカサギに

3.5インチGテールサターン(ベイトフィッシュSP)を落とし込んであげると、丸々としたバスのキャッチに成功^-^v

 

 

 

同船していた先輩も良型をキャッチ☆

 

 

ワカサギを強く意識している個体が多いリザーバーでは、ベイトフィッシュSPカラーが鉄板ですね^^!!

また、タングステンダウンショットシンカーは水深10m以上でもしっかりボトムやバイトを感じやすい為、お勧めです^-^☆

 

 

これからフィールドではバスを釣るのが少しずつ難しい季節になりますが、

1匹との出会い、釣り上げた感動は格別ですね^^!!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




岩手レインズ小島です。

岩手県大槌へロック釣行して参りました。

アイナメ接岸最盛期♪狙うエリアさえ間違わなければ沢山釣れますよ♪

今回はBMロックスリップインバグリングクロウの三本立て。

今回3インチ以下のワームサイズの食いが良い様子でした。

1キャスト数バイト当たり前の状況、特に2.5リングクロウミニ、カラーエビガニは手持ち使いきりました(^^;

ワームはリアルベイト、アクション、カラーセレクトを意識した数タックルの準備がおすすめです。


まだまだいけます。

東北ロック最盛期。

皆様も良い釣行を!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちは、ふくしまの幕田です。

11月9日長野県木崎湖で行われた

東日本ブロックチャンピオンシップに出場してきました。

前日のプラでは初めての湖だったので、とりあえずシャローを見ながら、

気になるところのミドルからディープを探りました。


お世話になったレンタルボート店のモダンボートさんの情報では、ラージが1割で

たいていスモールということでしたが、シャローで2キロクラスのラージを多く確認できました。


(2キロ以下のサイズは確認できず)釣るのは難しいと感じ、ミドルからディープのレンジを探ると

魚探には、ワカサギの群れがびっしり。

しかし、バスが付いている画像が少なく、その周辺の水深7から12mの底付近に写るバスを

シェイキースワンプ(ベイトフィシュSP)のつぶつぶのテイル部分カットのダウンショツトで

リーダーが15cmぐらいで短めにすると結構バイトが取れました。

もうひとつ気になるエリアが大学ワンドといわれるポイントのワンドの入り口。

魚探を見なくてもレンタルのワカサギ釣り船でびっしり。

ワカサギ狙いの人は水深10から12mをやっていたので邪魔にならないように、

ワンド内に向かって浅くなる水深5から8mのかけあがりで5mくらいのところまで

ワカサギが追い詰められているところでは、シンカー1.8gで

リーダーひとひろの3”キックリンガ―(ベイトフィシュSP)のライトキャロで狙いました。


 そして、当日まず朝一に向かったのは黒別荘というポイント。

前日にラージを多く確認できたポイントでかなり遠目からアプローチするも反応なし、

確認しに近づいてもラージは確認できなかった。

釣れるかわからないラージはすぐに見切り、前日反応がよかった大学ワンド前に移動


前日同様ベイトが濃くワカサギがたまるポイントへはライトキャロで、魚探にバスが写ったらダウンショット

と使い分け、5バイト2フィシュでキーパーが20cmということもあり2匹ウェインできました。

今回のように1バイトをモノにして貴重な1匹を釣るということの重要性を再確認できました。

 

 今回もレインのワームに助けられ、本当に感謝です。


なお、木崎湖はレンタルボートも充実しており、1日で湖を探るのにちょうどいい規模で、きれいな水に


あし・レイダウン・じゃかご・冠水植物と様々な攻め方ができるおもしろい湖だと感じました。


みなさんもぜひ行ってみてください。

レインのワームをお忘れなく!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )