REINプロスタッフによる釣行レポート、製品紹介など。
レイン プロスタッフブログ



こんにちは、小木です。
今回は茨城チャプター最終戦に参加してきました。
9月半ばというのに、日中の気温が30度を超えたりして暑いですね。
何時になったら涼しくなるのでしょう。

9月に入り、秋めいてきたかと思ったが、中々気温が下がらない日々が続いています。
例年ならば気温も下がり、25度を下回るのですが、現在の水温は27度~30度近くあります。
水温だけ見ると夏だと思いますが、夜中は涼しく、朝のうちは水温も低い状況。
この時期は夏から秋に変わるタイミングで、バスも夏のポイントにいたり、ベイトと回遊したりと、様々なパターンがあります。

大会当日は夏を思わせるほど、気温が上がり猛暑となりました。
そして、自分が狙うポイントは夏のエリア。
風が当たっているエリアや湖流が当たるエリアで、釣り方はベイトを意識して横の動きで狙う作戦(夏のエリアで秋の釣り)。

スタート後向かった先は風が当たっている葦際。
そこでエコリトルBのライトテキサスを葦際にキャストしていくが、徐々に風が強くなり、釣りが出来ない状況。移動を決意。

次は湖流が当たるブレイクラインをエコスワンプジュニアのネコリグをキャスト。
ボトムまで落とし、スイミングさせながらボトム付近を探るが、ギルバイトのみでしたので移動。

次は夏の定番、橋脚をエコミートを1/16ozジグヘッドにセットして狙う。
こちらもキャスト後、ボトムまで落とし、ボトム付近をミドストで狙うと、明確なバイト。
フッキングしてやりとりしていると、中々上がってこない。
これはデカイと判断して慎重に上げてくると、デカバスだった。無事に釣る事が出来、後はリミットメイクするだけ。

今度はエコサターンのダウンショットで狙う。
同じ橋脚で1匹を釣り、葦際に移動。
昼頃、葦際にシェードが出来始めたので、シェードにダウンショットをキャストすると、ラインが走り、リミットメイクしました。

その後はブレイクラインを探るがノーバイトのまま帰着時間になってしまいました。
表彰式が始まり、自分の名前が3位で呼ばれました。




そして今大会のビックフィッシュ賞まで頂き、最終戦を終えました。




年間成績も4位



この成績はシーズン通して、ありとあらゆる状況下でレインズワームが大活躍してくれたおかげですね。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




全国レインズファンの皆様こんにちは。福島の橘内です。
今回は、9月18日。福島裏磐梯桧原湖JB桧原湖最終戦に出場してきました。
福島と言えば、震災や原発問題等が春からず~と続いています。
そんな中、この遊びの中の釣を通し、レインズワーム君達と今年も楽しく・怪我無く無事にJB桧原湖最終戦を楽しめた事が、何よりの癒しの部分と思っています。

さて大会の方ですが今回は大会前のプラを含め、マズマズの手ごたえを感じていました。





当日の朝は何時ものピンスポット・・(フィーディングスポット・ハンプのえい鋭角なブレイク4m~7m)へ

ピンスポッツと爆撃用:餌はレインズエコタイニーBホック・オキシブラッド
それにレインズTGダウンショットシンカー2.6g
数投目イキナリ明確な当たりが!!
上がってきたのは520gのスモール君



その後690gをエコスワンプミニ・エビ味噌ワッキーダウンショットで捕獲に成功!!

その後バイトがぴたりと止まり、場所移動をし、別のハンプへ。

今度はエコサターンのスイミング。
ハンプをダウンヒルで落としながらのスイミング
ここで300gを追加でリミット達成!!


なんだかんだ試している内に時間は12時を越えていた。

何とか入れ替えを考え、湖北部馬の首西岸立ち木エリアへ向かい、立ち木にサスペンドもしくはベイトと共に廻るバスを獲ろうと。

TGダウンショットシンカー2.6gに、レインズエコスワンプミニ・エビ味噌を、立ち木に添わせながら落とし込み、少しずつシェイク&リフトアップして来ると

320gのプチ入れ替えに成功しました。


ま~結果的には1520g約120人中25位でしたが、今回もレインズワーム君達と答え合わせが出来、楽しい最終戦を迎える事ができました!!



今回は全てダウンショットのシューティングとキャスティングによるスイミングでお魚さんを釣りました。

餌はエコタイニーBホッグ・・オキシブラッド・エビ味噌

エコサターン スカパノン

エコスワンプミニ エビ味噌

シンカーはレインズTGダウンショットシンカー2.6g



こうしてJB桧原湖最終戦でもレインズワーム君達と遊べた事。
イヤ~楽しかったな~!!

お魚釣りは楽しいが一番!小さくても大きくても釣れる事。
レインズワーム君達アリガト~~~~
さて・・エコ試合も消化。
今後は色々な商品と、沢山遊びに行ってきま~す(^-^)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今シーズンもチャプター福岡・JB九州の遠賀川2連戦のみとなり
チャプター福岡はトップと3点差の2位
JB九州は8点差の3位とAOY獲得圏内で最終戦を迎えることになりました。

まずチャプター福岡 最終戦は台風通過直後の開催でフィールドは激荒
プラで好感触を得た中・下流エリアを使うことができず・・・
上流のバンクカバーをエコリトルBのテキサスリグで丁寧に攻めて3本1930gをウェイイン



12位でフィニッシュ
気になる年間表彰を待ちますがトップの方が今回も6位に入り私は2位のまま終了となりました




続くJB九州 最終戦この週も熱帯低気圧の接近が懸念されましたが
なんとかコンディションも持ち直し自分の得意とする中・下流の護岸撃ちをメインで挑みました。
しかし、そこは九州のプロ達相手なかなか自分のタイミングでスポットに入れず、あと1本のBigサイズが今回もキャッチできないまま終了



1750gをウェイイン 20位でした。


最終戦の上位陣


 
年間トップの中村プロが5位入賞

当然、年間も・・・



中村プロが逃げ切り、JB九州2回目のAOY獲得
出来ればレイン契約プロ1・2フィニッシュといきたかったところですが
私は3位フィニッシュとなりました

最終戦までタイトル争いに加わりましたが今一歩決め切れず、タイトルを取ることの難しさを痛恨した2連戦となりましたが、また来年AOY目指してがんばります!


 (タックル1)
   
   ロッド:6.8ft MH
   ルアー:エコブラッシュ8.8gテキサスリグ
   ライン:Fcスナイパー13lb

 (タックル2)

   ロッド:6.8ft MH
   ルアー:エコリトルB 5gテキサスリグ
   ライン:Fcスナイパー10lb

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




JB九州シリーズもとうとう最終戦となりました。
現在の所、2位と同ポイントながら重量差にて年間ランキングは首位。

このまま逃げ切ってAOY獲得と行きたいところですが、守りに入って捲られてしまうと後悔するので、いつもの攻めの姿勢を崩さぬよう心がけて最終戦に臨みました。

メインリグは、1/4レインズスリップシンカー+エコベビーブラッシュホグテキサス
1/16レインズネイルシンカー+エコスワンプネコリグとほぼいつも通りの2本立て。
カラーは勿論、秋の遠賀川と言えばエビミソでしょう!

序盤は3~400g台の魚に苦しめられましたが、中盤エコスワンプにて800g、終盤に900gのキッカーを仕留める事に成功。
一瞬後1本入れ替える事が出来れば勝てるかも!と思いましたが、そう甘くはなくこれにて終了。

3本トータル2280gで当日5位





気になる年間成績は、只一人300p越えで自身2度目の九州シリーズ制覇となりました。


前回3戦目終了時のレポートにて、レインズエコシリーズがいつも通りの活躍をしてくれれば良い報告が出来そうと言っておりましたが、その通りの報告が出来ホットひと安心です!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




岩手小島より桧原湖釣果情報です。
色々なスモール攻略がでていますが、タフって悩んだ時は基本にもどり、レインズスワンプミニのネコリグでと~っても良い思いすること間違いないですよ。










自分は1/64~1/96oz位のネイルシンカー挿入でラインはフロロ2~2.5ポンド使用、JB戦練習も兼ねていますのでエコラインナップにあるカラー、スカッパノン、グリパン、エビミソ、モエビ、オキシブラッドのローテーションでその日一番のタイプを見つけていきます。

通常スワンプミニのカラーラインナップはビックリする位素敵なカラーが沢山あるんです♪
試したくなるカラーが豊富です。

スモールは微妙なカラーローテーションで劇的に爆釣変化することが多くあります。
是非とも沢山自分のシークレットカラーを見つけてお試し下さいませ。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




フィールドスタッフの松原です。
少し前ですが先日の西三重チャプター第4戦の報告をさせて頂きます。

今回もプラ無しでの参加となりましたが、例年のであればイージーに数、サイズ共に期待出来るシーズンですが、熱心なメンバーの情報によると、前週、前日のプラではキーパーサイズも厳しいとの事。

夏から秋にかけて常に魚をが回っている副ダム前にエリアを絞り、一日粘る事にしました。

朝一は副ダム左岩盤前から始めました。
普段のこの時期なら常にフィーディングで回ってくる魚を供給するエリアなのですが、水流が弱くキーパー2本キャッチのみでキッカーが混ざらず移動。

その後水中島周りや和田岬等を転々とするがキーパーがポロポロ釣れるのみで残り1時間を切る。

このままでは上位は期待出来ないと、再度和田岬に入り直し8Mラインをダウンショットで流すと今までと違う重量感のある引き。
やっとキッカーとなる1本をキャッチ。

それから数本入れ替えて帰着。

最後まで諦めずに攻め続けた結果、3位に入賞する事が出来ました。





信じて使い切る事の出来る、ベストタックルのおかげで集中力を絶やさずやり切る事が出来ました。



ポイント 副ダム前及び和田岬 5~8mライン
リグ ダウンショットワッキー
ルアー レインズエコスワンプJrグリパン
シンカ― レインズタングステンダウンショットシンカー1/8oz
ロッド フェンウイックGWT65S ULS擬似餌屋改
ライン 擬似餌屋Gライン4ポンド
フック 擬似餌屋GフックSサイズ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




8月最後の日、古くからの釣り友達に誘われて福井県の海へ行くことに・・・。
着いたところは、関西電力高浜原発が目の前に見える「日引(ひびき)」の漁港。
港周りのロックエリアで、ガシラやアコウなどを狙いました。



きれいに整備された港護岸の足元には、ちょうど人がひと抱え出来るくらいの大きさの石が敷き詰めてあり、根魚達の格好の住処になっています。
この日は、その石の隙間を小型のジグヘッドで釣っていきました。



今回、活躍してくれましたレインズアイテムは「2゛アックスクロー」。(淡水での使用時に比べ少し浮力を感じますが・・・。)
水深はおそらく4~5メートル、2グラム前後のジグヘッドとの組み合わせで、石積みの上ギリギリを平行スイミングさせてくると「ゴツン!!」とあたりが・・・。

夜明けからの数時間、この攻め方で15~20センチと少し小型ではあるものの、アコウとガシラあわせて10匹をゲット。
楽しませてくれました。










水がとてもきれいなのでバイトする瞬間が見えたりするのですが、2゛アックスクローの「手のピロピロ感」がとても魚達を刺激しているようで、石の隙間を通りすぎたあと波動の余韻につられ、あわてて飛び出しバイトする様子が伺えました。

パッケージには「フレッシュウォーター用」とありますが、色んなところで色んなレインズアイテムを試してみるのが寺田流。
ぜんぜん気にしていません。
皆さんもぜひ試してみて下さい。きっと新しい発見があるはずです。

※福井県高浜町の日引漁港は清掃協力費用(500円)が必要です。
また安全確保のためライフジャケットの着用をお願いします。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




全国レインズファンの皆様。こんにちは、福島の橘内です。
先日8月21日に、裏磐梯桧原湖へJB桧原湖第3戦に出場してきました。


当日はあいにくの雨でしたが、何とか楽しんでお魚を釣ってきましたよ~!

JB桧原湖戦は全戦エコ戦ですので、レインズのエコ製品が不可欠です。

特に3インチエコサターンとエコタイニーBホッグ・エコリトルBーホッグは、裏磐梯各湖でも必需品です!!


前日プラではエコタイニーBホッグ・オキシブラッドとエビ味噌のダウンショットで、プラでは釣ってはいけないお魚さんが・・・・(^-^;



なんと700g超えと、600g超え×2・・・・・・軽~く1900gを超えてしまっていました。


大会当日は朝からの雨・・・・過ごしにくいので何気に・・・・

朝一は、前日プラでの700g超えポイントで、エコタイニーBホッグオキシブラッドをレインズTGダウンショットシンカー2.6gを使用し、
7m~8mをダウンショットのシューティングで490gと450gを釣ることに成功しました。

その後、場所移動などをし、エコタイニーBホッグ・エコサターン等のエビ味噌・グリパン・ウォーターメロン・スカパノンなどで9時前にはリミットメイクは完了~~~~~

しかし・・・その時点でウェイトは、3匹で1200g台後半。(^-^;


色々と試し、ポイントを廻りなが行き着いたのは、通称月島廻り。

ここでは今一シューティングが決まらず、ライトキャロライナーに換えてみた。

5~8mラインを、レインズのTGスリップシンカー2.7gに、餌はまたしてもエコタイニーBホッグ・・・色はオキシブラッドとエビ味噌のローテーション。


そして12時過ぎ、回遊性の高いスモールが連発!!
しかも、400台~最大690gまでもが!!

気が付いたら・・・・1200g台から1600g台までステップアップ・ジャンプアップしていました。


結果的には約120人中20位でしたが、またまたレインズのワーム君達と、楽しく遊ぶ事ができたよ~(^-^)v



レインズにはエコルアーと言う確立されたエコ商品もラインナップされている・・・・トーナメント問わず、頼もしいアイテム。楽しく遊べるアイテム。
試したいアイテム等いっぱいあるよ~(^-^)

お魚釣りは楽しいね~~~次回もレインズワーム君達と一緒に、答え合わせをして来ま~す(^-^)v

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




前プラでは、再現性の無い回遊系の魚しか触れ無かったんですが、コレと言って当て込める所も無かったので、当日は、とりあえず魚が濃く思われた、上流ポイントへ。



到着すると、入りたい所は空いていたので、そのポイントに陣取り、朝のやる気の有る魚狙いで、シャッドで攻め、何投か考えているラインを丁寧に通していくと、以外と早く答えが帰ってき、ナイスキーパーをキャッチ!

これは、思い道りの答えやったので、ラッキーフィッシュでは無と確信、タイミングを合わせシャッドを使う事にし、ポイントを休める時はダウンショットで攻める戦略にし、この流れでダウンショットにもヒット!が、これは、バラしてしまい、チョット動揺…

その後も、ダウンショットで攻めるも、後が続かず、ポイントが落ち着いてから再度シャッドで決め込んだラインに数投すると、予定通りヒット!
これは、キッチリ抜いてキャッチ!

こちらもナイスキーパーで、今日、オレが捕れる魚は、リアクションでの喰わしや!
と、確信し、シャッドが弱くなる時間帯はダウンショットで張り出しのトップに掛けて、プルっと外した瞬間と、ボトムにトン!と落ちた瞬間のリアクションバイトに的を絞り、この動作を繰り返し繰り返しを行う作戦が的中し、キーパーをキャッチしリミットメイク!

この後もリアクションバイトを狙い丁寧にトレースを行い、次のバイトも物にしキャッチ!
ここで、入れ替えをするためライブウェルの魚を入れ替える時に…
まさかのロケット!
折角のナイスキーパー君をロスト…
流石に動揺し悔しいやら情けなやらで平常心をキープするにも、手がプルプル震え、リグリ直せない状態に…

しかし、なってもたもんはしゃーないし、ウダウダ泣き言ゆーぐらいやったら、釣り返したる!
と、心を怒りのパワーに切り替え、なんの根拠も無く、絶対ロケットした魚よりエエ魚釣り返す!
と、集中力を取り戻し、釣り続けるとエエ引きの魚がバイト!
ヨッシャ~と先ほどまでの葛藤が吹っ飛び、バッチリこの魚をキャッチ!
気分も取り返し、後は、ウェイトを上げるのみで
釣っては計り釣っては計りで、デカいの出ないが5グラムづつでも入れ替え入れ替えを何度も行い、エエのは釣れんけど、一番ウェイトの低い奴を少~しづつ上げて行き、ラスト一時間は一撃狙いに出るも、不発に終わり、タイムアップとなりました。

今回の試合は、ほんま痺れる展開と動揺とが入り混じった、トーナメントでしか味わえない感覚感情を味わい尽くせた試合でした!

ほんま最高~でした!



今回のメインリグ

私が常に信じて投げ続けられる

ラッキークラフトUSA 
ベビーシャッド
レイン別注カラー
流血アユ

と、

レイン
エコスワンプミニ

の、ダウンショット



勿論!
カラーはグリパンオールスターズです!
このカラーは最強です!
ふた袋半使いました。
ほんま凄い力をもってるカラーですよ!

それと、今回、重要なポイント。
底の感覚を的確に伝えてくれる

レイン
TGダウンショットシンカー

このシンカーコリコリ感がリアクションポイントを的確に伝えてくれ、今回のポイントを攻略する大きな戦力となってくれました。

この、コンビネーションは最高です。

感謝!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




我々は牛久沼たまやボート選手会の会長と副会長、二人の年齢をたすと100歳を超えるためその名も「牛久沼たまや100‘s(ハンドレッズ)」。
牛久沼たまやボートで毎月行われるバストーナメントを報告します。

 2011年8月21日(日)猛暑から突然の大雨でぬるま湯だった牛久沼の水温も23℃まで低下。
毎年厳しい8月大会が思いもよらぬ大漁となりました。

 朝6時スタート、大雨!しかも昨日からなので濁ってます。
さらに北風が強い。
昨年の8月大会は出場45名でウェイインは16名36%しか釣れませんでした(これが例年通りです)。
ところが今年は天候に助けられなんと47名中33名70%のウェイインとなりました。
しかもその33位はナント私!
東谷田川上流キャノン前の葦に最近マイブームのGテールサターン猫リグをキャスト、フォーリングで喰わせた240gの若バスは滑り込みセーフの12時。
釣った中で最下位でしたがおかげでBOOZはまぬがれました。
ありがとう!



ちなみに副会長は小型2匹で29位、ハンドレッズ補欠のT君はクローテキサスで東谷田川河口の島を狙い2匹で1620gの11位でした。





つまり1620g釣ってきても10位に入れないのです!
上位の成績は7位~10位はテキサス主体で西谷田2名、東谷田上流2名、6位はキャノン前でスピナベとクランク、5位が東谷田川中流域のノーシンカーとテキサス、4位が東谷田川上流蓮畑の杭でノーシンカー、3位青木選手は東谷田川河口の住宅下ですべてバズベイト3本で3500g、2位小野選手は上流蓮畑の杭をスモラバのスイミングで4本釣り入れ替えて3680g、そして優勝遠藤選手は前日のプラで西谷田川上流の細見広場に入りました。

バズで手ごたえを感じ、本戦に臨んだが当日の状況からあえてスピナーベイトを選択しました。この変更はどうも彼のコンペテーターの感といえる部分のようで何回説明されても理解できませんでした。
ともあれ細見広場上流側で川につながって狭くなるあたりの葦の沖をスピナベで攻め本日の最大魚51cm(本当にすごい魚でした)を含むダントツの4600gで優勝しました・・・私とたまや社長の記憶が正しければ8月大会としては新記録だと思います。



本日はテキサス主体に非常に良く釣れました。
しかし上位は横の釣りでした。
水温低下と雨で広範囲に動き回った活性の高い魚が多かったといことでしょうか・・・

それにしても最近の牛久沼はどうなっているんでしょう?
7月大会でも新記録の4260gをマークし本当に魚のコンディションは良いです。
ということは来月は私にも釣れるかな?釣れるといいな、釣りたいなぁ・・・次回は9月4日、高齢じゃなく恒例のペア大会です。
まだまだ参加者募集中!牛久沼たまやボーとのHPをご覧ください。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )