REINプロスタッフによる釣行レポート、製品紹介など。
レイン プロスタッフブログ



こんにちはスタッフの石川です。

7月7日 朝から雨!風も吹く予報です!
今回のお客様は春のサイトで来て頂いた東方田さんです!

朝5時マリーナ周辺の一文字をベイトネコでチェック!30センチ位のがポロポロと。
次に移動しようとした時やっぱり荒れてきました(T_T)



風裏になる東岸(牧)に到着!
さっそくマグナムスワンプ(グリパン)×3.5gTGヘビ-ネイルシンカーで一文字の際に撃ってもらうと40upが連続ヒット



7本位釣った所で、その沖にある漁礁を同じくベイトネコで探ってもらうと引ったくるバイト
上がって来たのは45センチのナイスバス。



夕方になり最後のエリアをマリーナ周辺にあるウィードエリアをマキラバで56センチを釣り終了!



今回のバスは、雨も降りローライトの天候で活性が悪かったのですがマグナムスワンプのボリューム感あるシルエットお陰でで釣って貰う事が出来ました!
これからの時期は最低でも2袋はないと夕方までは持たないですよ!!
カラーは特に問題ないです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




九州の公式戦は全戦エコ戦の為、なかなか新製品を使う時間がとれませんでしたが、少し試合間隔が空いたのでようやく北山湖で試す機会ができました。

まずは3.5Gテールサターンジグヘッドリグから実釣開始!



3.5inというサイズは北山湖のベイトにジャストマッチ
バスのサイズは選べませんがどこへ行っても好反応でした!


次に下流域のディープに狙いをシフト

2”デルタシュリンプの1/8ozダウンショットでアプローチしていくとアベレージサイズが連発



デルタシュリンプピリピリアームアクションはディープのバスにもアピール絶大!

フォローに2”アックスクロウミニの1/8ozジグヘッドリグを投入

同サイズのワームですがアクションの違いでバスを追加



この2つのワームは遠賀川でも活躍しそうな予感、今後が楽しみです。

続いてムーヴァージュニア
大規模な立木にはTGスリムダウンショットシンカー1/4ozのヘビダン

スタンプや朽ちかけた立木には4lbラインに1/8ozTGダウンショットシンカーダウンショットという具合でアプローチしていくと



今の北山湖ではキッカーとなりうる35cm 500g前後のバスが連発



ムーヴァーの硬めのマテリアルと太いテールがシェイクした時の絶妙なキックアクションがGoodサイズのバスに好反応でした

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ニューアイテムの4“アックスクローを持って琵琶湖へ釣行です。
まさしくこれは琵琶湖サイズのボリューム感


シンカーはマットカラー仕様の7/16oz
沖のボディウォーター周辺のウィードをピッチングで狙います。
幸先良く2~3投で40アップがヒット



直後に出ました



惜しい59cm
釣れます!このグリパンチャートカラーも初めて使いますが、反応イイです
今度は54cm



次も54cm



40アップもたくさん釣れました。
ちょっと釣れすぎ…ですね
これ以上はナイショです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




梅雨明け直後の印旛沼ガイド情報です。

今回のゲストは常連のKさん。

夏の定番キーワードであるシェード・水通し・水温を頼りに、いくつかのエリアをチェック。

数匹のアベレージサイズバスをスモラバ&クランクでキャッチし、次なる本命ポイントで46センチをキャッチ



ゲストのKさんもコンディション最高の40アップをヘビダンて見事キャッチ



今回はレインズのムーバージュニアと、レインズのスリムDSシンカーがフル活用

夏のライトリグは侮れません

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちはプロスタッフの小木です。
関東は梅雨明けして、灼熱の夏がやってきます。

さて今回はJB霞ヶ浦戦を報告します。
大会前日は、自分が狙っているポイントの水質を見て回りました。
そして自分が思っている水質ではない箇所は、3.5Gテールサターンヘビダンをキャストして反応をみましたが、やはりノーバイト。

その後、本命ポイントをヘビダンでチェックすると、フォール中にラインが走りましたので、先週のパターンと変わっていないことが解りました。

その後は大会中に他の選手に先に入られる場所まで移動して、こちらも3.5Gテールサターンヘビダンをキャスト。
すると数投目に良型を釣る事に成功。

その後もバイトがあり、釣る事が出来ましたがサイズダウン。

次はムーヴァージュニア+タングステンネイルシンカーをセットしたネコリグでフォローを入れるとバイト。
徐々にサイズがダウンしていきます。

そして最後に自分が先週から考えていた事を試す事に。
それはレインズ3ミートのジグヘッドのスイミング。
こちらも数投目に良型のバスを釣る事に成功。
ここで明日の大会に向けて、体調を整える為に昼過ぎにストップフィッシング。

今回のキーポイントは、ミッドサマーパターン。
湖流が当たる場所や風が当たっている場所などに、バスがサスペンドしている事が解りました。

大会当日は朝から晴天。
気温もどんどん上昇して真夏の暑さでした。
そして大会がスタートして向かった先は、沖に張り出している石積みの先端。
だが他の選手がすでに入っていた為、もう一つの石積みの先端をやることにした。
ここでムーヴァージュニア+タングステンネイルシンカーネコリグをキャスト。
数投目に違和感がありフッキングしたが、手前にバスが走っていた為、フッキングがあまく、ジャンプ一発でオートリリース。



その後は霞ヶ浦名物キャットフィッシュ(ナマズ)が釣れ続き、ポイント移動。
今度は風下になっている、沖の杭を3.5Gテールサターンヘビダンをキャストしていくが、どんどん風が強くなり、釣りをするのも困難な状況。
そこで風の影響が弱い石積みに行き、昨日反応があったレインズ3ミートジグヘッドをキャスト。
スイミングさせるとバイトがありフッキング。
竿に伝わるバスの重みですぐに良型と思い慎重にやりとりして、この日最大のバスを釣る事に成功。
そして類似しているポイントを回るが時間だけが過ぎていく。

大会終了1時間前に橋脚に移動して、橋脚周りをレインズ3ミートジグヘッドのスイミングでタイトに狙うと、いきなりバイトがあり2匹目をゲット!



その後もバイトが続き、連続で3匹釣る事に成功してリミットメイク。
そして帰着時間になりストップフィッシング。

表彰式が始まり、


8位で自分の名前が呼ばれました






最近の霞ヶ浦がゴリが多く、レインズ3ミートのサイズにピッタリです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




6月5日、津久井湖で開催されたNBCチャプター東京第3戦のレポートです。

プリプラ無し、ぶっつけ本番となった津久井湖戦。
時期的、概ねポストスポーンという状態なので、先ずは津久井観光周りからスタート。

しかし、濁りのためネストの展開は厳しい状況。
前日にプラに入っていないため、ブラインドで攻める自分には効率も悪いのでネストパターンは諦めてプリ、及びアフター狙いにシフト。

結果、1本目を手にしたのは中流域のバンクにて
エコサターン+スプリットショットリグによるアフターバスでした。

使用したカラーはブルーギル、濁ったときに実績があり使用頻度が高いです。

その後、似たような場所で1本を追加し終了となりました。
ウェイトは2本で1,185gでした。



成績は39名参加で6位。
入賞、及びブロックチャンピオンシップ権利獲得まで一歩及ばず残念な結果でしたが、
サターン+スプリットの有効性を再認識できたのが収穫。

ぶっつけ本番での参加にも関わらず、レインズサターンが良い仕事をしてくれました

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




7月3日桧原湖で開催された福島チャプター第2戦に参加してきました。

 今回は55人の参加で前回よりもたくさんの人が来てくれていたので、少しホッとしました。
試合のほうは前週の段階でまだまだネストの釣りの方がサイズが良かったので、当日もまずはネストの魚を狙いました。
雨で増水し、先週よりも深くなっていて3mのネストでなおほかの選手があまり狙わないマイナーなポイントを回り、900g、700g、600gのトータル2200g。



使ったリグはダウンショットエコスワンプミニのカラーがオキシブラッドグリーンパンプキンでリーダーが10センチ位でした。
エコスワンプミニはバスに良くアピールできるサイズで、ネストのオスのくわえるようなバイトでも良くフッキングできました。

 後半は、アフターの魚を狙い水深3~5mでウィード+ベイトが映るポイントをライトキャロエコタイニーBホッグ、カラーがグリーンパンプキンエビミソでシンカー1.8gのリーダー70cmで釣りましたが、600gまでで入れ替えできずそのままのウエイトで終了しました。





裏磐梯エリアでは風評被害の影響でお客さんがめっきり減っているとのことでした。
ぜひ、皆さんも裏磐梯に来て自然とスモールのナイスなファイトを味わってみてください


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




優勝報告からレポートが大変遅れましたm(__)m池田(隊長)です。



さて、エコワームも各メーカーさんから沢山ラインナップで出てますがレインのエコワームはシンプルな形状で優秀作品です。



そして、シークレットにしたかったのがエコサターンエコミート

琵琶湖でも年中使っている優れ物
ジグヘッド・スモラバのトレーラー・ダウンショット・最近マイブームのライトキャロ等々使い方も∞

旧パッケージは緑ですが未だに現在!現役!
これもシークレットですね使い分けて下さい






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日はJB霞ヶ浦シリーズのオフリミットと言う事で、将監川に行ってきました。
まだ梅雨は明けてなかったですよね!?
こんなに毎日暑くてこれからどうなるのかドキドキですが、すでに 職場で一番真っ黒でビックリされている私です。

将監川はやや減水して濁っていましたが、カバーの奥にレインズスリップシンカー5.3g+レインズホッグ4.5inch(グリパ ンカラー)で5~6本キャッチ



サイズが30cm~35cm程で伸びないため、ポストスポーンから回復傾向にあるちょっと良いサイズを探してオーバーハングした木の下にGテールサターン4inch(グリパンカラー、ベイトフィッシュSPカラー)+TGネイルシンカー 1/16ozをスキッピングし、シェイクしながら引いて来てゴン!と明確なバイトで良く引く元気な40cmUPを2本キャッチできました。



他にも30cmサイズを連発し、暑さも吹き飛ぶ癒しの釣りでした

また、今回釣る事は出来ませんでしたがレインズセミフロッグでもアタックが2度ありましたし、フローティングマッドカバーも沢山ありますのでレインズスリップシンカー14g以上を使用したパンチングもこれからはオススメです。

是非みなさんチャレンジしてみて下さい



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




皆さんこんにちは。
本格的な夏を前に連日、暑い日が続きますね。
こうなると日中の釣りは大変厳しくなります。

そこで最近私は、夕方の涼しくなり始めた時間帯に時間を30分だけと決め、近くの淀川で釣りを楽しんでいます。

時間も短いので、タックルも軽装備。
スピニングタックル1セットにワームは「スワンプジュニア」のみ。



あとは、シンカーの種類や重さで状況に対応していきます。

私の万能アイテム「スワンプジュニア」のボディは、大きからず小さからずの川や野池ではとても使いやすいサイズ。
リグは、主にネコリグで使いますが、TGネイルシンカーのウエイトを使い分けることで、表層からボトムまでを幅広く攻めることができます。(ウエイトは、1/96、1/64、1/32、3/64、1/16ozを使い分けています。)
また、状況に応じTGダウンショットシンカーとの組み合わせでダウンショットに。
時には、ジグヘットワッキーでも使い、さまざまなシチュエーションに対応し釣果をもたらしてくれます。

カラーは、「エビミソ」と「グリパンオールスターズ」があれば十分。(あくまでも寺田の所感ですが・・・。)

昨今の大雨による大増水で、少し様子が変わってしまった淀川ですが、暑い時期定番のインレットやワンド奥のゴミ溜まり、流れのあたる階段護岸の崩れ目などに元気なバスが身を寄せています。





30センチ前後とやや小ぶりですが、さすが「川バス」ナイスファイトをしてくれます。





1回の釣行で2~3匹ですが、時間から考えるとかなり楽しめているのではないでしょうか?

皆さんがお住まいの近くにバスのいる川や野池はありませんか?
スワンプジュニアを持って夕方30分だけ釣りをしてみて下さい。
未知なる出会いが待っているかもしてません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ