REINプロスタッフによる釣行レポート、製品紹介など。
レイン プロスタッフブログ



今回は印旛沼ガイドレポートです。


まだまだ暑い日差しが残るこの頃、夏の印旛沼をテーマとし、

お客さまが今後エレキで釣りをする事を前提にした、エリア限定のガイドとなりました。

午前中、無風のなか印旛定番のピッチングをやるもノーバイト…。


風がわずかに吹き始めたタイミングでスピナーベイトにルアーチェンジ。


思惑通りに今回のゲストIさんに念願の初バイトが!!


夏の真っ昼間の印旛沼で、しかもサイズも悪くないジャスト40!

 


しかもヒットルアーは晴れた正午になんとスピナーベイト!!


さらにバラしたものの直後に連続バイト!!

 

真夏の真っ昼間にまさかのパターンが確信に代わり始めていた。。

 

その後他のパターンを試しつつ次なるベストエリアでライトリグを試すも、今回はことごとくノーバイト…。

 

諦めぎみにベストスポットから少し離れた場所に、やや捨てキャストぎみに投入した

8インチビッグゲットリンガーのスイミング直後にラインが横走りに!!

完璧なアワセでキャッチしたのは50㌢にわずか5㍉足りない

49.5㌢のスーパービッグバス!!

ピンスポットを外しても更にバイトに持ち込めたビッグワームのポテンシャルと、

レインズ特有の素材感がなし得た結果である事は間違いない事実である。

その後ゲストにもう一本釣って頂くためにタイミングを意識したスピナーベイトで、

夕方近くは連続バイトとなり、なんなくナイスフィッシュをキャッチしガイド成立の1日でした。

今回もビッグフィッシュをキャッチするには厳しい1日だったようですが、

船中そんな雰囲気になることなくコンスタントにナイスバスをキャッチできた内容の濃い1日になりました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




皆さんこんにちは、セバスチャンです。


8╱24、新アイテムの「スワンプイール」を持って琵琶湖に行ってきました。

この日は、翌週に控えたチャプター戦を意識した釣りをすることに。(要するにプリプラです。)

正直なところ、ここ最近の琵琶湖は大雨の影響で非常に釣りにくい状況で、個人的にも大苦戦。

ですから、リグ的に繊細になるのではなく、何かしらの「威力」が欲しいと思っていました。(個人的な見解です。)

そこに登場「スワンプイール」、形状といいサイズといい、現状打破には「強い味方」になりましたね。(しかもFECO

チャプター戦の前ですので、ここでは詳細をお伝えできませんが、この日の釣果はそこそこのサイズをそこそこの匹数キャッチ。
つづきは次回、詳しくお伝えさせて頂きます。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




久しぶりの印旛沼プライベート釣行です。


当日は最近の酷暑続きにしては涼しく感じる1日でした。


ジリジリとした夏の日差しも無く、いかにも釣れそうな雰囲気でしたが予想に反してバイトの数は少なく苦戦…。


そんな中貴重な一本目がこの日最大の47㌢!


ルアーは定番の3.5インチエコレインズホッグのテキサスリグ。

 

その後もライトリグ、スピナーベイトなどルアーを代えながら攻めるもなかなかバイトは取れず、


8インチGテールロングにチェンジしてすぐに45㌢をキャッチ!

その後も様々なルアーを試しながら各所を周り、今度は6インチゲットリンガー44㌢をキャッチ!

更には同8インチビッグゲットリンガー43㌢をキャッチするなど、終わってみればビッグワームにのみビッグフィッシュが反応しているとしか考えられないビッグワーム効果となった1日でした。

都心近郊のレイクでも、使い方を間違わなければビッグルアーの効果は十分期待できます。

印旛沼でビッグワームを使う方は少ないようですが、実はこれから秋にかけて効果的なルアーの1つです。


ぜひ試してみてください!


タックル
ロッド:6.3fベイトタックル(ミディアムベビークラス)
ライン:14ポンド(フロロカーボン)
リグ:テキサスリグ(レインズバレットシンカー3/16oz)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




台風明けの8月10日、熊本県のメジャースポット、鐙中堤に釣行してきました。


真夏の野池といえば見えバスを良く見かけるシュチュエーションも多いですね。

今回はそんなバスの攻略をテーマに挑みました。

 

まず、どこの池にもあるような護岸、そーっと覗いてみると、案外壁にサスペンドしているバスは多いです。

特に角や、シェードになっているエリアは狙ってみる価値大です!


次に倒木やブッシュ際もバスの成る木になりやすいエリアです^ - ^ですが・・・

陸っぱりであれば引っ掛る事を躊躇してパスすることもあります。

ここでプラトンガードの出番(#^.^#)!

程よいガードは根掛かりをかわし、水生生物に近いカラーはバスに対しても違和感を感じさせず、

ナチュラルにアピールできます。


この日も夕マズメに護岸に回遊して来たバスやサスペンドバスに対して壁を使用した水面アプローチや表層スイミングに

好反応がみられました、倒木やブッシュ、ティンバーにサスペンドするバスはフォール中に躊躇なくバイト!

ガードがしっかりしているプラトンだから成せる技(#^.^#)!


また、プラトンに野池の鉄板2.5インチGテールサターンをトレーラーにする事でパワーUP^-^!


これからも機能、コストパフォーマンスに優れたプラトンを持ってサマーフィールドを楽しみたいと思います(・ω・)ノ☆彡



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちはスタッフの石川です。


猛暑の続く日が続きますが、朝から曇りで涼しい朝を迎えました!!

今回のゲストさんは、自己新記録を狙いに来て下さった林さんです。


一発目は日野川橋脚に、レインズスワンプ(モエビ) ×3、5㌘ネイルシンカーのヘビネコで狙います!!

 

丁寧に、橋脚を打って行きます。

二本目の橋脚の一投目!!

林さんのロッドに重味の有る生命感!

!しかし痛恨のフックオフ!!送り込んだためフッキングせず !!


牧の貯水塔でも痛恨のフッキングミス!!


気持ち入れ替えて、沖ノ島漁礁に入り

レインズGテールサターン3、5×5㌘ダウンショットシンカーにて狙います!!


数投目にドラマが起きます!!

ずっしりと重いバイト!!フッキングも決まり上がって来た瞬間林さんも興奮!!


自己新記録となる61㎝

 

その後も各エリアで、35~40位をキャッチし終了です!!


林さんに自己新記録達成出来、楽しい1日を過ごさせて頂きました!


最近では、少し浮かせた方がバイトが多い湖北ですね!!


今回林さんに、使って頂いたGテールサターンはタフっている時に良く効きますね!


また、カーリー系などもこれから楽しい季節のワームですよ!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




フィールドスタッフの島田です。

7月27~28日、マスターシリーズ第3戦(河口湖)に参戦してきました。

今大会はプラでこれといったパターンが見出せず、唯一、キーパー場として見つけた

八木崎公園のワンスポットのみで戦うことになってしまいました。


上位入賞の希望は断たれ、2日ともキーパー5本揃えて、

10位台の成績でポイント取れればラッキーかな?という感触で大会を迎えました。

1日目は目的のスポットに予定通り入れて順調に2本キープすることが出来ました。


その後、バイトが途絶え、次にバスが回ってくるまで辛抱強く待つのと、

30度オーバーの気温とで忍耐の勝負。


数時間後に連続して2本キープしたところでまたノーバイトの時間が続き、


やっと5本目をキープといきたいところが、残念ながらキーパーサイズに1ミリ程足りず。


結局、目標のリミットを揃えることが出来ず、4本で1,272g、35位という結果でした。

2日目も同じスポットに入り、すぐに2本キープするものの、


またもノーバイトタイムが延々と続き、


とうとう10時頃に我慢の限界をオーバー。


キッカーフィッシュを狙ってあちこち回るも不発、2本のみで終了となりました。


2日目のウェイトは、802gで順位は29位


総合成績は22位でした。

自身の目標としてあげたリミットメイクを2日間とも達成出来ず残念な結果でしたが、


今大会では119ポイントを獲得し、年間成績を10位から4位まで上げることが出来ました。

使用したリグは


1/16ozのレインズ・タングステン・ダウンショットシンカーをセットしたダウンショットリグ


ポークルアーにはセントパウダーをまぶして集魚効果を高めました。

マスターシリーズも3戦消化して、


残すは、最終戦の野尻湖のみ。


精一杯練習して、良い結果を出せるように頑張ります。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大会当日 朝1からママの森のウィードエリアに入り、スモラバのスイミングでサーチして

行くが全くバスからの反応がない!!!

前日に比べると若干ローライトなのでバスがウィードの中にバスが入っていないと思い、

ウィードのアウトサイドに移動、

スモラバのスイミングにバイトするがフックアップしない!!!

フォローに2.5”gテールサターンのDSをキャストしミドストで

狙うとすぐにバイト!!!

無事ランディングできた。

同じポイントに2.5”gテールサターンのDSをキャストするとフォーリング中にバイト


2匹目も無事ランディングに成功(2投2フィッシュ)

しばらく沈黙の時間が続いたが2.5”gテールサターンのDSで待望の3匹めをランディングできたので

一発狙いで有力ポイントをランガンしたがバイトすらなくタイムアップとなった。

 

結果5位!!!

ぎりぎりお立台にのぼれました。

 

データー

スモラバ

3/32ozジグヘット

HYPER F SKIRT SMOKE BLUE+オウゴンデンセツ

3”Gテールツイン グリーンパンプキン

 

DS

2.5”Gテールサターン ベイトフィッシュSP

TG DOWN SHOT SINNKER 1/32oz

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんには、ふくしまの幕田です。

8月3日にJB桧原湖第3戦に出場してきました。


8月2日の前日プラでの感想は優勝が狙えるであろうサイトでの虫パターン

(私の場合はマイマイガではないイモムシなんですが)とシャローでのラージとスモールの

サイトでMAX3キロいくのではと思う釣果でした。

当日は最後フライトでここでバスが浮いてくるというポイントには先行者が着いてすぐ竿を曲げていました。

 

気持ちを切り替えて、シャローでのサイトにシフトすると

前日はウィードのエッジにいるスモールが見えていたのに見えないので、

たまたまラージのいそうな大きなブシュ+チャネル+ウィードのポイントにブラインドで

エコスワンプ(エビミソ)1/32のネイルシンカーを入れたネコリグをキャスト

1投目の着底でラインが走り慎重にあげてみるとラージの1300g!



同じリグでウィードのエッジで500gを追加したものの後が続きませんでした。

やはり前日見えていたバスは少し沖のウィードに移動していました。

前日のプラでの釣り方に固執してしまい、もっと当日に合わせる応用力が必要だと感じました。

 


 前日プラでの釣り方の詳細は、虫パターンは馬の首東岸の水深5~6mで頭上の木の枝に

虫食いで葉がないポイントの下にエコサターン2.5”リンガ―3”エコキックのテイル


カットともにカラーはウォーターメロンでフォールスピードで使い分けました。

サターンの平なほうにフックをセットすると少しゆっくりフォールします。

実際にスモールを観察しているとマイマイガの幼虫と名前がわからないのですが

黄緑色のイモムシが落ちた時に後者は躊躇なく口にしていました。

 

 

 なお桧原湖は先週までは例年より水が多く満水に近いのですが減水していくと思われるので、


エサの種類とバスのポジションを考えて、レインのワームで探ってみてください!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こんにちは、熊本県の村上です。

7月27日(日)、佐賀県北山湖で行われたプロトーナメントに参加して来ましたのでレポート致します。

前評判や事前に行われたチャプターをみても異常なまでにタフな北山湖、1匹が大切になる事は間違えない状況でした。

 前日プラでは再現性を重視し、バスやベイトの供給量がより多い場所を確認、1本だけキーパーを触り、当日に臨みました。

大会本番もとにかく再現性を重視、前日バイトを経たスポットでタイミングを待ちながら、信頼している2.5インチエコGテールサターン(ヨシノボリSP)のロングリーダーのドロップショットでマル一日粘るという我慢の展開でしたが、何とか3バイト3フィッシュ!で検量へ。

 綱渡りな展開でしたが5位滑り込みで入賞する事が出来ました。

そして今回、数少ないバイトも最強の喰わせワーム、2.5インチエコGテールサターン(ヨシノボリSP)、ロングディスタンスにおいても微かな変化まで伝えてくれる超高感度のTG Down Shot Sinker

 

信頼出来る道具を使う事でやりきる事が出来ました。

 

お立ち台では先輩スタッフの白川プロ3位入賞

  

 

プロトーナメントも折り返し、残りの試合も全力プレーで頑張ります。

最後にいつも応援して頂いているレインの皆様に感謝申し上げ致します。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




熊本県の村上です。

九州地方の梅雨明けも発表され、今から熱い熱いバスシーズンの到来ですね^ - ^


今回はレイン各種ワームの新しいカラーを試しに芹川ダムに釣行!

(芹川ダムに釣行する際は遊魚券、舟券、スロープ利用時間などローカルルールをご確認ください)


準備をすませ出船すると晴天無風のアオコ天国(ーー;)これにはちょっと凹みましたが

水通しが良い地形のシェード側に3.5インチGテールサターンパープル系カラー

TGスリップシンカー5gでタイトにフォールさせて行くと

そして曇ってからは4インチキックリンガーの中層スイミングで

今回、使用したパープル系のカラー芹川ダムのようなタンニンを多く含む水質や、

撹拌されたアオコの中でも充分な存在感とアピールで多くのバイトを得ました。

芹川ダムでは、現在ある、グリパンベイトフィッシュスペシャルなどと合わせて

ローテ入り間違え無いカラーだと思います^-^v☆


今から来季の発売が楽しみです(*^^*)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ