REINプロスタッフによる釣行レポート、製品紹介など。
レイン プロスタッフブログ



レインスタッフの青木です。

11月2日、3日の2DAYで、兵庫県の生野銀山湖で開催されました、全日本バスプロ選手権 西日本に出場してきました。

すごく景色のいい、銀山湖です

が、減水していて用意が大変でした。


前日のプラクティスで、上流側のインターセクションが魚が濃い印象でしたが、スタートが最終に近いフライトで、インターセクションは人気の場所だったので、たどり着けず少し下ったところで、釣りをはじめました。

すると、レインズエコミニスワンプのスカッパノン、  レインズタングステンダウンショットシンカーのワッキー掛けの、ダウンショットリグに値千金のブラックバスが~!

もう一本掛けたのですがバラしてしまい、 初日は1本で終了~。

小さいですが、なんとか次の日につながりました

初日は32位でした。


2日目は、フライトがすごく早かったので、迷わずインターセクションへ。


いいポジションに、入れて釣りをはじめました。

1日目同様、レインズエコミニスワンプのスカッパノン、  レインズタングステンダウンショットシンカーのワッキー掛けの、ダウンショットリグです。


周りが釣れだしてきて、私にも待望のあたりが!


きました、銀山湖ではキッカーサイズの337g~


その後、ショートバイトを取れずに終了。


2日目は、18位でした

そして結果は、14位でした!


バスプロ選手権の盾をいただきました~

レインズミニスワンプ、厳しいサバイバルな大会でも、頼りになるワームです

レイン様、いつもありがとうございます



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今回、お迎えしたのが、二度目のNファミリー

前回のガイドでは、お父さんは好調、弟さんもバッチリキャッチでしたが、お兄ちゃんが痛恨のノーフィッシュで、今回がそのリベンジ。


しかし、ここの所の琵琶湖は週末ごとに来ていた大小さまざまな台風のお陰で水温水質の変化が激しく、だいぶ落ち着いてきたものの、良い話は聞かない状態。


かなり厳しい1日になるかもとお話しし、スタート。


この日は、天候は良かったので、沖島へ。


先ずは、八メートルラインを軸に魚深で好反応が出る場所を、バブリンシェイカーやスワンプミニを使ったダウンショットで攻める事に。


アタリは出るが、乗らない時間が続くなか、お兄ちゃんがショートバイトをものにし幸先良くファーストフィッシュをキャッチ!

その後、皆が段々と感覚を掴み、厳しいながらも次々と魚をキャッチ。

その後、漁礁狙いにシフトし、シューティングで少ないアタリを物にしていき、お父さんと弟ちゃんがサイズアップに成功

厳しいながらも良い感じの流れ、折角の北湖、太い奴を釣って頂きたいと、リグをGテールロングなどを使ったテキサスに変更し、狙うエリアも変化のある所から少し離れた10メートル前後のフラットハードボトムの部分を狙う釣りに。


変化のある所から離れる事により、小さなアタリが全く無くなるので、我慢と集中の釣り、流石に釣れない時間が長く水深が深いと兄ちゃん弟ちゃんには釣れへんやろ空気が…

しかし、私のチェックには微かにアタリがあった。
必ずデカイ奴が居るはずと続けて頂くと、やはり、な当たりが私に!
この当たりを物にしデカイ魚をキャッチ。

これで、居るのはわかってもらえた、後は釣って頂くのみ。
釣れない時間は長いが釣れるまで粘る。


するとお次は、お父さんのキャロにヒット!


これを物にして頂き、北の太い魚をバッチリキャッチ
良かった~

その後もみんなデカイ奴を狙い続けてもらい、そろそろタイムアップの時間が迫っていたが、キープキャストのお兄ちゃん。
この集中なら釣れるかも。と考え、硬めのロッドに7グラムのテキサスをリグり続けて頂く事に。


その間に、私はマリーナまで急いで帰れるようボート上の片付けを行い、そろそろラストにしましょか~と言いながら、用を足して(すいません)いると、なんとお兄ちゃんにヒット!

ガッツリロッド曲がってるし!
デカイの跳ねたし!


で、私はまだ…

弟ちゃんネット出したって!
上がって来た!
すくたって!
で、バッチリネットイン!


最後の最後でお兄ちゃん北のデブい魚をキャッチ!


船上大盛り上がりで、厳しい中、最高の釣果に恵まれました。

記念撮影もエエ笑顔頂きました


有り難う御座いました!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




11/4山中湖釣行しましたので報告します。

今回は長田さん鈴木さんにレクチャーしながらのバスフィッシングなので、この時期魚が濃いウイードエリアからスタート。

3人でテキサスリグでポケット打ちするが全くのノーバイト!!!

 

ベイトが溜まる1m~3mにあるウィードエリアにポイント移動。

ウィードのポケットにバットマンクローのテキサスリグ入れていくとバイト、小さいながらもコンディションの良いバスが釣れた。

(バットマンクロー 302グリーンパンプキン+TG SLIP SINKER 3/8oz)

 

 同じウィードで長田さんのGテールサタンを付けDSリグにバイト!!

ウィードに潜られたが無事に1匹目をキャッチした。

(Gテールサタン 013ベイトフィッシュSP+TG DOWN SHOT SINKER 1/8oz)

 

ボートを流しなが探って行くと青々としたウィードを発見!

 レインズ スワンプミニのヘビーDSリグで簡単にバスをキャッチできた!

(レインズ スワンプミニ B07生ワカサギ+TG DOWN SHOT SINKER スリムタイプ1/4oz)

 

鈴木さんにもレインズ スワンプミニのDSリグにバスがヒット!!! 無事キャッチ。

(レインズ スワンプミニ B07生ワカサギ+TG DOWN SHOT SINKER スリムタイプ
3/32oz)

この後、DSとテキサスリグで長田さん・鈴木さんが2匹づつ、わたしが3匹キャッチして終了した。

この時期ワカサギを捕食している湖は ベイトフィッシュSPや生ワカサギカラーがとても有効だと感じた。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




地元遠賀川でチャンピオンシップしかも西日本決勝も遠賀川で開催ということで俄然気合も入ります。


2週間前からプラクティス開始、魚探掛けで沖の地形変化をGPSに入力し直して再認識
その合間の釣りで確認できたのは魚影が濃いのは上流域サイズを狙うならば下流域
そしてバンクではなく沖の地形変化に多くのバスをストックしている事。

 
前日のプラは低気圧通過直後で強風激荒れで中流にも行けない状況で上流域だけのチェック!


狭いエリアの中でプリプラで好感触を得ていた沖の地形変化を丁寧に釣っていくと


 
 
1200gのバス!!

やはり沖にナイスサイズをストックしている感じ。


前日プラ終盤、今まで釣れている状況を精査するとほとんどのバスが


地形変化の根元をタイトにズル引きさせた時にバイトしている事に気付き
すぐに2本のバスがいい感じで釣れてプラ終了。


 
当日は前日に1200gを釣ったフラットからスタートフィッシング!


Gテールツインのヘビダンをブレイクの下側をタイトにズル引きさせると800gをキャッチ

 

 
 
メインエリアに目をやると入れ替わり立ち代り人が入っている様子。


仕方なくテキサスリグ5g(エコリトルレインズホグ)でバンク撃ちで400g2本キャッチしてリミットメイク。


メインエリアはなかなか空きそうにないので前週までグッドサイズをキャッチしていて前日にチェックできなかった下流域に移動。


何箇所か廻ってみるのですが前日の強風でターンオーバーがおきているようでギルバイトすら無くこれはエリアが駄目だと上流に戻るとメインエリアが空いていました。


沖のハンプをテキサスリグ5g(エコリトルレインズホグ)で丁寧にズル引きすると5バイト3フィッシュで2本入れ替え。


 
とにかくリグを浮かせないようにハンプに対してタイトにズル引きする事が今回のキーで連続バイトを得ることができました。


  
トータル2135gで4位


 
 
3度目の出場となるチャンピオンシップ西日本決勝!


こちらでも好成績を残せるようにしっかり練習をして挑みたいと思います。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )