REINプロスタッフによる釣行レポート、製品紹介など。
レイン プロスタッフブログ



11月17日、琵琶湖での釣行報告です。
この時季の琵琶湖は、エリアさえ外さなければ、キーパーサイズまでの魚はライトリグなら入れ食い状態なのですが、グッドサイズのバスはポジションが定まらず、日ごとに変わる良型の居場所を先ずは探す事にしました。
今回は、良型狙いの為、ライトリグは外しスピナーベイト&クランクを、前回ヨコの反応が良かったアクティバ沖から四本柱までを交互に巻いて流したんですが、前日の雨&濁りの影響かまったくアタリがなく、次に、越冬エリアに関連する所でその前にバスが着くであろうウィードなどがある名鉄のコンタクトエリアに移動することに。
ここでは、GPSに入っている沈み物を、G.I.JIG(横アイ&ヘッド形状でスタック0でした!)に4”ファットGテールグラブをトレーラーにし

シルエットを少し大きく出したラバージグをズル引き&ステイで使い丁寧にチエックしていき、

ピンから少し離れた5.5メートルラインの残りウィードで良型をキャッチ。
この1本が答えとなり、同条件のピンから離れたフラットのチョットした沈み物、残りウィードをズル引き&ステイの魚に見せて食わす攻めで、1500グラム前後を5本、キロまでを数本捕る事が出来ました。


この所の琵琶湖は日ごとにリグ、エリアが変わり、コレ!と言うのが無いんですが、横方向への反応が上向きの時、あえて底を丁寧に攻めればデカイのが出るのでお勧めです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




11月9日のKsカップの結果をご連絡させていただきます。

当日はコールドカウント2日目の厳しい状況にもかかわらずボート部門100名以上の参加者がいました。ウェイインした人数は約半分程でしたが上位2名は4キロ超えというビッグウェイトでした。優勝の千葉さんは霞本湖の杭をラバージグにビッグポークの組み合わせでランガン。ビッグフィッシュとなった1600gのバスを含み5本をウェイイン。ケイズトーナメント二連覇となりました。

ちなみに私はというとreinsTGスリムダウンショットシンカー1/16ozを使用したストレートワームのダウンショットリグを使用し、本湖をランガン。
2本をウェイイン。苦しい試合となってしまいました。
会場にはレインブースをはじめ各メーカーさんのブースが出展。

豪華商品が貰えるじゃんけん大会などあり大いに盛り上がっていました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先日霞ヶ浦水系にて行われたプロショップK'S主催のトーナメントK's&Magnum Cupに参加してきましたのでレポートいたします。
 前日プラの様子から…
この時期になると水温も下がり安定した各流入河川にベイトやバスが入る為、前川や横利根川をチェックしました。まずは前川のシャローをテキサスでチェックしたがノーバイト。やはり寒波がきてシャローにいないのかな?と思い沈み物をチェックすることにしました。初めは沈み物をタイトにG.I.JIGを落としたり、ズル引きしたりしたのですが、バイトがない。いないのかなと思い、リグをピックアップしようとした瞬間、後ろからバスが追いかけてくるのが見えて、これはスイミングがいいのでは!?
そこで沈み物の上を、G.I.JIG+バッドマンクローのコンビでスイミングさせるとバイトが!!

釣り上げると1200gのバスでした。

これはパターンだと思い、前川を出ました。
次に横利根川のシャローをG.I.JIG+バッドマンクローのコンビでチェックすると、


これまたサイズがいいバスが釣れる事がわかり、プラを終了しました。

 本戦…
昨日良かった前川に行きスイミングでチェックするのですがノーバイト。これはタイミングがあってないと思い、葦をチェックしました。さすがに他の選手が流した後なので、テキサスやジグはやめてヘビーレインズスワンプ4インチのノーシンカーでチェックするとバイトがあり、連続で3匹釣る事が出来ました。その後、沈み物と葦を繰り返しチェックしたのですが、葦で1匹追加したのみで終わりました。ここで帰着まで1時間弱になったので、横利根川に移動しシャローをヘビーレインズスワンプ4インチのノーシンカーでチェックすると、ラインが走りあわせるのですがスッポ抜け連発。帰着まで時間がないので、ジグのスイミングで最後までやりきったのですがその後はノーバイトのまま終了でした。

結果4匹で1600g。9位になる事ができました。

10位にはレインサポートプロメンバーでもある椎名プロが入賞しました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大変遅くなりましたが、JB旭川ダム第4戦目のレポートをお送り致します。
------------------------------------------------
減水中の旭川ダムより急遽高梁川に場所が変更になったわけですが、4年前に1度だけ行った経験があり、その時のイメージがめちゃ釣れ!楽しいフィールドであったため、いつもは緊張気味のトーナメントですがなんだかワクワクしていました。
今回のフィールドは「川」ということで、どんなルアーをチョイスしようか迷った挙げ句、季節は秋!!クランクとスピナベの巻き物で勝負することにしました。

前日プラクティスは上記の2点で広範囲に攻めていき、気になるポイントはスワンプのネコリグで攻めていきました。両方ともそこそこの釣果が得られ、当日も同じタックルでいくことにしました。

当日は、高梁川大橋まで下り、下流に向かって左の橋脚にてワンバイトありましたがバラシ。(スワンプのネコリグ)前日より見える魚が減っているように思えたので、上流へ移動しました。 1本目は稲穂橋の橋脚にて600gをスワンプ(モエビ)のネコリグで釣りました。ここで少し落ち着きを取り戻し、上流の馬の背と呼ばれるポイントまで流しました。途中でキーパーぎりぎりのを釣り、2本目追加です。しかし後が続かず、最後に取って置いたポイントであるJRの橋脚へ移動しました。そこでスピナベ(+トレーラーにバブリングシャッド4”(グリーンパンプキン)

にてノンキーを何本か釣った末、700gくらいのを追加してリミットメイク達成。その後、ウィードの影からスピナベを奪っていくバスの姿を見てフッキング!これがこの日一番いいサイズで、入れ替えに成功しました。帰着までスピナベを投げ続けましたが、入れ替えできずにそのままウエインでした。釣れたほうだと思ったのですが、それ以上に周りも釣れており、2177gで26位でした。(ウエイン率97%!!)
結果はごく普通の人だったのですが、楽しんで釣りができたのでよかったです。(楽しんで釣りをする。・・・コレ大事ですよね。)

写真提供:JBNBC
今回スピナベのトレーラーにしたバブリングシャッド4”は、バスにもギルにも大人気で、何個も食いちぎられてしまって大変でした。あのブルブル感とエビフレーバーが効いたのかな??
------------------------------------------------

以上でレポートを終わります。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




11/9(日)NBC関東Cブロックチャンピオンシップが河口湖で開催され3位入賞したので報告します。

◇当日データ◇
天候   曇り時々雨
気温   最高9℃
水温   15.4℃

気温の低下と天候の悪さ、まったく釣れないと言う情報が重なり参加者も51人と少なめであった。
湖の状態はフォールターン真っ盛りなので得意なディープを捨て、ミドルレンジで過去良いとされているポイントから釣りを開始した。DSとテキサスリグで開始1時間で3匹の過去放流バスをランディングすることができたが、その後全くバスの気配が感じられないのでポイント移動。どこをやっても全くバイトがないので朝釣れたポイントへ戻りやっとの思いで1匹を追加したがタイムアップ。結果3位に入る事ができました。

※写真は左から1位~5位です。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先日行われたTOP50第5戦のレポートになります。

◇大会会場   遠賀川
◇カテゴリー   JBTOP50
◇大会結果   52人/9位

◇使用タックル 
①レインズスワンプ(エビミソ)+reinsTGネイルシンカー3/64oz

②レインズハイパーFスカート使用の手製ラバージグ1/16oz+キックリンガー


◇大会レポート◇

秋らしく、魚が散っており1箇所で粘ってもリミットを揃えるのは無理な状態でしたが、遠賀川全域をランガンし先ずはスワンプのネコリグでサーチ。

その後ピンが絞れればハイパーFスカート使用の手製ラバージグを投入する作戦で初日、2日目とリミットを揃えて総合9位に入賞する事が出来ました。
* 初日 *

* 2日目 *

※写真提供:JBNBCより一部お借りしました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今回は野田奈川にて葦打ちとゴロタエリアでの釣果報告です。

まずはG.I.JIGのトレーラーに4"リングシュリンプを付けて葦打ちです。

このフィールドは葦がメインで、しかも凹凸が激しく根がかりも多い場所です。そんな中やはりG.I.JIGはすり抜けがとても良く、ボトム着底後の姿勢も良い為、バスもバイトしてくれます。ボトム着底後にラバーがキレイに開きそのあとリングシュリンプの長い腕で2重に誘う事が出来ます。ラバーのバリエーションが多いので、その日の天気でカラーを変えることで釣果に差が出ると思います。自分の使い方は、晴れていればブラック系やザリガニ、ゴリゴリなどを使い、逆に雨や曇りではラバーにラメが入っているゼブラ系やモエビなどを選択します。今日は曇っていましたのでWATゼブラにリングシュリンプはグリーンパンプキンブルーを使用しました。


またフォールで誘う時にはバッドマンクローやゲットリンガーで、ボトムではリングシュリンプやレインズホッグで使用するといいです。

次にリングシュリンプをゴロタエリアで使用しました。餌となるエビ類はゴロタ石の隙間にいるのでその石の上を狙いました。

リングシュリンプをナチュラルに動かしたいのでシンカーを固定しませんでした。使い方はゴロタエリアに投げてボトムまで落とし、そこから一度リグを持ち上げて、又落とす、の繰り返しで誘いました(リフト&フォール)。落とした時にシンカーだけが先に着き、リングシュリンプはその後ゆっくりボディーの裏のリブで水をかみながら、ユラユラ腕を震わせて落ちて行きます。その時ナチュラルにフォールさせたいのでラインテンションは張らない事をお勧めします。


使い方は色々ありますので工夫して使って頂きたいです。自分も色々なリグの釣果をアップしていきます。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





今大会の参加人数は75名。
2日間の試合ですがリミットメイクした選手は1人もいないという厳しい状況でした。結果からいうと今大会は7位でした。
エリアは2日間とも霞ヶ浦本湖のテトラ&ミオ筋のしっかりはいったドック。「確実にバスがいる」エリアでスローな釣りをし、リミットメイク優先の戦略でした。しかし、初日は3本。

二日目は2本。

かなりきつい試合展開でした。

主に使用したのがラバージグにエコブラッシュの組み合わせとストレートワームのヘビーダウンショット、フォローにエコスワンプのネコリグをローテーションしました。優勝した方はスピナーベイトやマイキーなどの巻物で釣っていたようです。

話は変わりますが、最近フローティングスワンプが好調です。

ネコリグやヘビーダウンショットで一点で止めて待つつり方が良いようです。シェイクをしなくてもアピールしてくれるので、これからの季節にピッタリだと思います。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今回はプラに入れないまま大会に出場しました。結果、初日は何も起こらないまま終了となってしまいました。2日目。この日は風が昨日より弱くなる予報の為、アタリがなかった川を捨て本湖で勝負する事にしました。まずはベイトを追い込みやすい水門や、これから冬超え出来る場所を出来るだけ多く、reinsTGスリップシンカー7gのテキサスでリアクション気味に打って行きました。結果は本湖をほぼ半周したがノーバイト。残り時間もないので会場付近をやる事にしました。会場前テトラに入り、周りを見てみるとスピニングで釣りしている人が多かったので、ここでも早いテンポで7gテキサスを打つとバイトがあり1匹釣る事が出来ました。その後ははノーバイトのまま帰着時間になりました。

大会終了後、11/9(日)に開催されるK'sカップのプラも合わせて反省フィッシングに出ました。G.I.JIGに頭をカットしたエコベビーブラッシュをトレーラーにして打って行きました。

トレーラーを着用する時にフックが大きいので刺しやすくワイヤー式ワームキーパーなのでものすごく楽にセット出来ます。倒れて入り組んだ葦やブッシュにG.I.JIGをキャストしボトムに着いた時にアタリがあり、釣り上げると600gぐらいのバス君でした。

その後、淡々とキャストすると、フォールで食ってきました。こちらもナイスコンディション。

G.I.JIGのポテンシャルはすごい!の一言です。皆さんはもうお使いになりましたか?自分は2年ぶりにジグを投げましたが、こんなに釣れるジグは初めてです。もうお気に入りになってしまいました。これからの季節はジグが活躍してくれますね。今回はスカートをノーマルで使いましたが、カットしてスカートにハリをもたせフォールスピードを遅くする事が出来るので色々試してみようと思います。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




10月26日JB旭川シリーズ第4戦の結果をレポートします。
今回、旭川ダムが減水により、急遽高梁川に会場が変更となり、撃沈状態での参戦となりました。しかし、初めてのフィールドであり、かなり釣れているとの情報から、釣りを楽しんで帰ろうと心に決めて出発。まずプラクティスではキーパー場として有名な(と教えてもらった)旧霞橋に向かい、自分のサーチベイトである3.5レインズホッグテキサスを橋脚に向けてピッチング。その1投目、ドーンと1500gクラス!(ピンボケですいません)

ビックリしましたが、もう釣っちゃならんと心に言い聞かせ、フックポイントをワームに深く入れ込んでピッチング。橋脚とその周辺のゴロタ岩でほとんど1ピッチ1バイトの勢い!怖い…その場を離れて他のポイントのチェックに。釣れすぎです。どこに行っても何を打っても釣れる勢い。他の有名ポイント(と教えてもらった)では500~700g止まりであり、イマイチ決め手を見つけられずプラクティス終了。
当日、フライト順はほぼ最後尾から旧霞橋に直行!既に5~6艇のボートが各橋脚に張付いて釣りをしている状態。空いている橋脚に入り前日同様3.5レインズホッグテキサス投入!!あれ??アタリが無い。夜間に降った雨のせいで水温が低下し、テキサスへの反応が鈍いと判断。すぐさまライトリグにチェンジ。
スワンプジュニアのダウンショットで一匹目500gを獲り、他の橋脚が空けば移動を繰り返してテキサスリグをピッチング、プレッシャーも有り、苦戦しましたがなんとか500~700gでリミットを達成。その後も100g刻みで入れ替え、昼過ぎに1300gクラスをテキサスリグで橋脚と岩の隙間から引きずり出す。もう1本…もう1本と念じてテキサスリグを打ち込み続け2744gでタイムアップ。

内心、結構行けた?と思いましたがやはり高梁川はすごい!68人中66人が検量に並び、リミットメイク率も78%。こんなトーナメントは初めてでした。それでも11位と1g差で嬉しい10位入賞!

今回、レインズホッグテキサスを信頼し、打ち続ける事でライトリグには獲れない魚を混ぜる事が出来、前戦に続き初めてのフィールドでも入賞する事が出来ました。

レイン5/16ozタングステンスリップシンカー、岩などの僅かな隙間に落とす為、タングステンの高比重とシンカーストッパーは必須です。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )