ぼんに吹く今日の風

ボンクラ脳みそをかすめたちっちゃなお話しざんス

パン・・落としてた・・・

2018年10月21日 17時39分23秒 | 日記


早い時刻に寝床に入るボンクラオヤジ・・布団に入って即、熟睡・・しかし、夜中に何となく感じるボ~~~~~ッ・・の感覚・・そんな時、枕もとにボンヤリと光る目覚まし時計には時刻、日付、室温、湿度・・ボンクラ意識故、それらを理解するのにどれほどの時間が掛かっているかは分からないのですが、ただただ・・ボンヤリの時間がボンクラ脳みそを這い廻ります。
今までは夜中のオシッコに目が覚め、トイレを済ませばすぐに再睡眠突入だったのですが今はオシッコではなく〇〇コ・・で目覚めてしまう・・
何はともあれ落ち着きのない夜を過ごしているぼんなのです。そんな今朝も夜明けを待ちわびての自転車フラフラでした。
先日、スタバの兄ちゃんから「スタバ手帳」を頂戴しその日に飲んだコーヒーの銘柄シールを手帳に張り付けています。先日のテレビで「ボケの進行を遅らせるには行動の確認を行う習慣をつけなくてはいけない・・」とのことでした。例えばその日の買い物を覚えておくだけでなくメモに書き写すことが大切・・それもできる限り漢字を使って書くことが大切とのことでした。
スタバ手帳にはシールのスペースの他にそのコーヒーの感想を書く場所もあるのですが、「朝の7時過ぎにスタバ手帳を眺めてその日に飲むコーヒーを真剣に考え、シールを張ってノートに感想を書き込む自分の姿を想像したとき、「・・あのぉ~・・〇〇〇のコーヒーをお願いします・・はい・・小さなサイズ・・はい・・マグカップでお願いします・・ありがとう・・はい・・それから・・あのぉ~・・出来れば・・そのシールも頂きたいのですが・・はい・・ありがとう・・」だけで十分の難易度なのにスタバ嬢に「スゴォ~イ・・スタバノートに感想を書いてらっしゃるのね~~~ウッフン~・・」なんて状況が追加されると考えただけで大きなプレッシャー・・ですから・・
状態が少し早くやって来ても仕方ないと思うのですが・・そんな情況は少々深刻な様子です。
帰り道、今朝から開店時間が7時になったパン屋さん「新田ベーカリー」に立ち寄りました。
コロッケパンとレーズンクリームパンを買ったのですが焼き立てパンをリュックに入れると崩れるのでレジ袋は自転車のハンドルに引っ掛けてフラフラ~~・・で家に辿りつき・・パンがない・・落とした・・レジ袋・・ナイ・・・落とした・・・急いで自転車で引き返そうとしたときレジ袋を手にしたご近所の方が「・・これ・・落ちてた・・

「知らぬ間に 指の力も抜けてゆく 嘆く脳ミソ・・お前もか・・」:ぼん 
コメント (2)

ホイアンを想う

2018年10月13日 11時18分50秒 | 日記


 先週のホイアン旅行を思い出していました。
今では世界遺産という観光資源に振り回された街ですが、以前は落ち着いた雰囲気の古くからの深い文化が積み重なった街だったことでしょう。
旧市街の殆どの土産物屋の商品には値札はなく、価格を尋ねるとバカ高い値段を吹掛けられる・・値段交渉で多少は安くなるのだが果たしてそれが適正価格かどうか・・なんだか観光地に浮かれた客の財布を狙い撃ちの雰囲気は純粋に素晴らしい地域文化遺産にそぐわない様に感じてしまいます。
もちろん、その地で生計を立てる人々にとってそのことも大切なことなのかもしれませんが地域の文化の継承・後世へ何を残すか・・そんな視点での取り組みが薄いのでは・・と感じたのでした。
 ホイアンの街には大きな市場やナイトマーケットもあるのですが、既にそこは観光地・・・お店にはどこの店にもあるようなお土産やパック詰め商品ばかり。生活用品が揃うスーパーマーケットがないので滞在中にダナンの街まで出掛けることにしました。
ホイアンからダナンまではタクシーで40分くらい、料金は日本に比べてかなり安いのですが現地ではタクシーにそれ程の金額を支払う客は少ないらしくドライバーは「ダナンのどこに行くのか? どれくらい居るのか? その後はどこに行くのか? 電話番号を教えろ、ダナンから帰るときまで待っている・・!」そんなことをず~~~っと話していました。
景色の良い海岸沿いの道路をビュンビュン・・と走るタクシー・・現在、どこ辺りを走ってるのか・・googlemapで調べると・・すごく遠回りの道路を進行中の様子・・目的地に近くなので特に何も言わずに居たら、目的地を通り越してさらに車を走らせるので思わず大きな声で「しょ~~と こ~~す」意味が通じたのかドライバーは驚いた様子ですぐの道路を左折 
「知らんやろ~がな・・googlemap・・見てんネン」・・こんな場合、英語でどう言うのか分からないのですが、とにかく大きな声で文句を言えばエエ・・ということが分かったのでした。タクシーを降りるとき、チップは勿論なし・・帰りのタクシー利用のお願いにも・・NO
便利になりました・・ベトナムのsimをスマホに差し替えるだけで慣れない国でも普段に近い生活が送れるのですから・・

「ドキドキ・・の次のワクワク・・それがカ・イ・カ・ン・・」:ぼん 



コメント (2)

ホイアン・・いい街です

2018年10月08日 14時32分01秒 | 日記















六月、「航空券のセール」に心をギュ~~~っと握られたぼんは、日程をさほど考えることなく「申し込み~~~」その価格は驚愕の¥5900 
座席の指定、積み込み荷物、飛行機内でのランチ代金等々を含めるとそこそこの金額になるのですが・・しかし旅行代理店のホテルも含めた旅行プランに比べるととても&とても・・・懐に優しいのです。
ホテルもネットの予約サイトで口コミ評価の高いホテルを探して検討し、決めたホテルは旧市街から歩いて10分程度・・朝食付きのツインルーム(風呂浴槽・トイレ付)、プールあり・・で3泊で$111・・・安い・・・安い・・・激安
家族経営のホテルはフレンドリーな雰囲気で居心地は最高、毎朝周辺から漂う線香の香りがホイアンの正統派の雰囲気を醸し出していました。
最近、ダナン・ホイアンは観光地として注目され世界中から旅行者が訪れているようです。とりわけ大型連休期間でもある中国からの旅行者は圧倒的な割合を占め、旗を持ったガイドが先頭に立ち、お土産屋を通りかかると何かに吸い寄せられるように彼方此方にはぐれそうになる集団を汗をブルブルと流して大声で呼び寄せる姿をよく目にしました。
歴史も古く世界遺産に登録されているホイアンは素晴らしいのですが・・静かに散策できればこの素晴らしい街並みが更にイイと思うぼんなのです。
ホイアン、ダナンで食べた料理でぼんが一番美味しいと思った料理、それは写真の「THANN CAOLAU」のカオラウ・・朝食を食べて直ぐだったのですが、ペロリンコ~~~・・美味しい・・添えられた野菜の中には馴染みのないドクダミの葉も入っていました。しかも、安い 
一杯、30000VND(150円)・・驚きの美味しさ&安さです。他にも美味しい食べ物もありました・・ベトナム・・また訪れたい国です。
コメント (2)

フワフワ・・のフ~~ワフワ!

2018年09月23日 20時04分16秒 | 日記


先日までの異常な暑さも気づけばどこかへブ~~~~ン~~・・
暑さに弱いボンクラオヤジもやっとの思いで待ちわびた季節へ辿り着くことが出来ました。
どうなることか・・熱中症・・ドリンク剤・・・熱〇〇シート・・・ギンギンに冷えたビール・・・この夏に体験した数々の困難と対策に感謝しております。来年の夏はどうなることか・・そんな考えも、おそらく来月あたりにはボンクラ脳みそからきれいに消え失せていることだと確信しておりますが、年々体力の劣化を感じるドドメ色の思いだけが不気味な輝きを増してゆくように思うんのです。
この夏、体重増加の防止を目指して朝食にはクラッカー・・なんて始めてみたのですが・・・「フワフワ・・な私は美味しいよ~~~・・ウッフン~・・」の誘惑に激弱意識が抵抗できる訳もなく、「フワフワ・・にタマゴマヨネーズを挟んで・・かぶりつきたい」の思いがムクムク・・ 
朝の自転車フラフラの帰りにパン屋さんへ寄り道・・最近ではパン屋巡りも再始動・・ 
そんな先日、朝の思いは「・・フワフワ出来立てタマゴサンドが食べたい・・
ペダルを漕ぐリズムも「・・タマゴサンドかハムサンド~♪・・どっちにしようかぁ~~・・フワフワサンド~~♬」でお気に入りのパン屋さんに立ち寄りました。目指す出来立てタマゴサンドはガラスケースの中・・レジで「タマゴサンドください~~」で購入
帰り道、鴨川の堤防で食べました
ガブリ・・「あれ・・・冷たい・・パンが締まっている・・タマゴもフワフワ・・感がない・・」・・思い出してみると、購入するときタマゴサンドは出来立てのタマゴサンドのケースからではなく別の場所からレジ袋に入れたような・・暑い季節の販売につき、冷蔵庫で保管した作り置きの商品を渡されたように思うのです。
まさか・・商品の取り出しまで気を付けることなど不可能でるのですが、ボンクラ脳みそに描かれた食に関わるイメージはそう簡単には変えることが出来ず、悲しい思いを持ち続けるのでした・・が・・・立ち寄ってしまいました・・はい・・フワフワタマゴサンドのイメージに導かれました。
でも、今回は「・・タマゴサンド・・ください・・ハイ・・これ・・これです」で商品を袋に入れるまで指差し続行で

「タマゴサンドにハムサンド 塩パン、コルネ、メロンパン 帳尻合わせは金麦のオフ」:ぼん 

コメント (2)

ザクロの季節

2018年09月03日 21時18分49秒 | 日記


またもや大型台風がやって来るらしい・・それにしても今年はやけに上陸の回数も多いですね。
昔々、小学生の頃は「台風上陸」の知らせになんだか悪者が得体の知れぬ武器を持って我々を襲いにやって来る・・そんな気持ちに何か解らぬ高揚感とそんな「敵」をやっつける正義感に似た震え湧き上がるドキドキ感で台風を迎えたことを思い出します。
そんな風雨強まる中で父親が外から雨戸を釘で打ち付けていた光景が蘇ります。
「外から釘で窓を打ち付けたら・・どこから家に入るんやろ・・」の疑問にも、いつの間にか家に戻ってきている父親の凄さを感じていたように思います。
先日、何気なく撮ったザクロです。「ザクロが豊作の年は台風がよく来る」そんなことわざを思い出します。ザクロが大きく実り・・季節が変わり・・台風が通り過ぎる。昔から何度も通り過ぎた光景なのでしょう。そんな自然を無視して人間に便利な社会に合わせた生き方に歪が出ることは当たり前なような気がするのですが・・出来るならばそんな人間の我がままを許していただき、大きな災害ももたらすことなく只々、通り抜けることを祈るのです。
そういえば・・思い出しました・・昔々、小学生の頃・・夏休み終わり夜になると涼しい風が吹き始める頃・・・行水上がりで天花粉で身体を真っ白にした近所の子供たちを相手に怪談話をしてくれるオジサンがいたのです。
仲間と一緒に聞く分には良いのですが、友達と別れて家に帰ると思い出す・・怪談話・・布団に潜り込んだなぁ・・
 そうだ・・最近、気になることがあります・・
私が風呂上りに使うニ〇アが最近、異常に減っている・・のです。
勿論、ぼん嫁が風呂上りにそのニ〇アを使ってもいいのですが、そのニ〇アは男性用・・もちろん、ぼん嫁が男性用を使っても文句はありませんが・・尋ねると「そんなん、使ってヘンしぃ~~~ 」の返事・・そやけど・・・明らかに誰かが私のニ〇アを使ってるしぃ~~~
ギャァ~~~~

「夜中に目覚めるドアの音 ニ〇アの減り方半端ナイ 夜中のカイダン気をつけろ!」:ぼん
コメント