ぼんに吹く今日の風

ボンクラ脳みそをかすめたちっちゃなお話しざんス

カレー丼

2016年02月26日 19時23分08秒 | 日記


毎度、同じような写真ですが・・・今夜は「カレー丼」を作ってみました。
そうです・・お蕎麦屋さんのメニューの「カレー丼」なのです。ですから・・カレーライスではないのです。
鰹でしっかりと出汁を取り、細めに切った油揚げと牛肉をS&Bのカレー粉を加えて片栗粉でとろみをつけました。
実はこのカレー丼にはなくてはならないものがあるのです・・それは、「たくあん」です。それも、バリバリ・・の歯応えの「たくあん」ではなく、「シナシナ・・フニャフニャ・・たくあん」なのです。
最後に、丼の底をこの「たくあん」でぬぐい取って口に運ぶのです・・そんな「たくあん」が欲しかったのですが・・見つかりません。
・・ですから、今日の「たくあん」はバリバリ・・「青二才たくあん」で我慢しました。この他、串カツと菊菜の胡麻和え・・の夕食で、昭和の香りが漂っていました。
しかし・・このカレー丼って、全国どこのお蕎麦屋さんにでもメニューにあるのでしょうかね
コメント

進々堂のモーニング

2016年02月26日 14時07分27秒 | 日記


今朝は「進々堂」に寄りました・・・7:30からイートインの営業が始まることを思い出し、脇道に入りました。
以前も立ち寄ったことはあるのですが、観光シーズンであった為か・・外国人観光客がてんこ盛り状態のお店は、落ち着いてパンを味わう雰囲気でもなく逃げ帰る思い出がボンクラ頭を離れませんでした。勿論、京都の街は相変わらずの観光客でワッサワッサ・・状態なのですが、開店一番の静かな雰囲気を期待して飛び込みました。
お店には持ち帰りのパンを買い求めるお客さんはいらっしゃいましたが、予想通りの落ち着いた店内で「ハムトーストのセット」をいただいてきました。いたって普通のモーニングセットなのですが、パンの販売も兼ねたレジ嬢が一人でお客の対応に当たられ適度に忙しそうな様子をボ~~ッと眺めながら飲むコーヒーは自然に胃袋に流れ込みます。街中の小さな喫茶店とは異なった「客との距離感」が適度に心地よく感じるお店です。
・・・勝手なもので、満足感はそのときの自分に都合によるところが大きく、可愛いレジ嬢が優しい声で「・・おはようございます・・ウッフン・・」が強く心に響くときや、ただ笑顔での「いらっしゃいませ」が心地よいときなど・・いろいろなのですネ。
明日も仕事はお休みです、ウキウキする場所を探し求めてウロウロ・・してきましょうかねぇ~~~

「ジョギングの お伴の財布に、お金は多め 帰りのタクシー、パン屋代」:ぼん 
コメント

東京タワー

2016年02月24日 12時03分13秒 | 日記
寒い朝でした・・
ジョギング中に見る比叡山は雪模様・・時折、雪雲からこぼれ落ちるみぞれの粒・・・
最近、ジョギングのコースを少し変えました。いつものスタバもご縁なし・・・何だか、自分の周りの雰囲気も変わってきました。
加齢とともに、色んな事が見えてしまう・・そんなふうに思えてしまいます。「色んな事が見えてしまう」は、素晴らしいことだけではないように思うのです・・・反対に「悲しいこと・・」なのかも知れません。子供の頃、社会の仕組みや、複雑に絡み合う関係なんて全く気にもしないで過ごしました。家でも、そんな自分を心配する親の気持ちを考えたこともなかったし・・それが当たり前のことだったように思うのです。
コブクロの「蕾」が主題歌でテレビでも放映されていた、リリー・フランキー著の「東京タワー」を部屋で見つけて読みました・・・
以前、ブログにも書きましたが息子が東京で就職するとき、数日後から始めなければならない生活の準備をワッセワッセ・・と済ませた帰りの新幹線・・ipodから流れる曲が「蕾」でした。状況は少し違うのですが、色々なことがボンクラ脳みそを駆け巡り、これから始まる息子の生活の心配と、輝いてほしい未来への願い・・そんなことが「東京タワー」と重なり涙が流れたことを思い出しました。
老眼が進んだ影響だと思っていたのですが、やたら情景描写が多い作品だと感じたのです。状況が判り過ぎる文章なのです、言い換えれば・・・しつこい文章なのです。
・・しかし、なぜだか涙が流れてしまうのです。家族との関係が終わる時は必ず生じます。もちろん、そのことは悲しくて辛いこともあるでしょう・・しかし、それだけで流れる涙ではないように思うのです。
始めに書きましたが、小さいときは親が子供を心配する・・子供はそんな親の気持ちを理解することはない。しかし、今では親が子供を心配する量と同じだけ子供も親を心配している・・・ということに気づいています。ですから、「東京タワー」の文章が良く理解できるのです・・心にスゥ~~っと入り込むのです。夜中、真っ暗な部屋で明かりも点けなくても整理ダンスの引き出しや床に脱ぎ捨てたスリッパの位置が解るのと同じようように理解できるのです。
この歳になって色んな事に気づきます。喜ぶべきことなのか、悲しむべきことなのかは判りません・・・ハイ・・

「心の中の気掛かりは 相手のソレと同じ量 流れる涙は眼薬でごまかす」:ぼん 
コメント

黒酢の焼き飯・・・

2016年02月21日 12時07分26秒 | 日記


週末最終日・・少し寂しい気分の朝はぼんも早起きです。
いつまでも寝床にドテッ・・・としてはいられません・・と言っても・・午前4時半に起き出すことも出来ずに・・モンモン・・の夜明けは時間がゆっくり進みます。
今朝、走っていると・・胸が締め付けられるような、まさか「心筋梗塞・・」そんな不安を感じながら、いつもよりゆっくりのジョギングでした。
でも・・なんでしょねぇ~・・加齢とともに身体に異変が生じることは仕方のないことなのでしょうが・・・やだぁ・・やだぁ~~

昼食は昨夜の残りのご飯を・・・焼き飯にしました。
タマゴとハム・・チリメン山椒と食感を求めてたくあんのみじん切り・・最後にネギをぶち込んで塩、コショウ・・・仕上げに焦がし醤油をジュ~・・のつもりでしたが・・・
最後の最後に・・醤油と間違えてぶち込んだのは・・「黒酢
フライパンに入れた途端に強烈な酢の香り・・・写真のようにビールと一緒に食べようと思ったのですが・・強烈な味で、半分は食べたのですが・・無理でした・・
いつもの醤油の場所に黒酢が・・蓋の開け方も醤油と同じ・・・気づいた時には遅かった~~ 
「酢豚に黒酢はピッタンコ~ ドバッ・・と掛ければ香り立つ 黒酢の焼き飯、ドッヒャンコ~~」:ぼん  
コメント

一人で映画

2016年02月19日 16時16分50秒 | 日記




仕事がお休みの平日は心が躍ります。
・・暖かくて穏やか・・・何する・・・そうだ・・・映画に行こう
・・ということで、久し振りに・・本当に久し振りで映画に出掛けてきました。
映画は「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 in台湾」です。最近はゆったりシートで、しかも座席を選ぶことが出来るので楽になりました。その上、料金表には「シニア料金・・」なんてあるし・・
勿論、ぼんもシニア料金のお世話になりました。平日の朝一番の上映は、それ程のお客さんが入場される訳もなく、ゆっくりの時間を過ごしてきました。
この「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」は、家でもビデオ録画のキーワードに登録し、忘れた頃に録画されているVTRを楽しんでいるのです。
テレビ番組でトラブルに直面した場面での太川陽介と蛭子能収の掛け合いや、そのときの行動が絶妙で面白いのですが・・台湾編では同行される通訳の方がその部分をなくしてしまっている感があり、国内編の方が面白いように思うのです。
これ以上はネタバレになるので言わないよ~~~だ
一人で映画を観るって・・・結構、楽しかったです。
先日のヒョロヒョロ・・オリーブの樹ですが、昨日大きな植木鉢に植え替えてもらったようです。
今朝、家を出るときに違和感を感じました・・・はじめは、何か解らなかったのですが・・・・オリーブの樹でした。
小学校に入学したての一年生が、大きなランドセルを背負わされている・・そんな雰囲気に感じました。
・・オリーブ君、大きく育つのだよ

コメント