ぼんに吹く今日の風

ボンクラ脳みそをかすめたちっちゃなお話しざんス

クラッチ・・踏んで、ギアを・・これとチャウ!

2018年06月22日 15時15分05秒 | 日記


 昔々の大昔・・・そのまた昔の40年前・・・
その頃は「オートマ限定」などの免許もなく、運転免許は普通に「ミッション車」・・
コーナーに入る前にはギアを落としてエンジンブレーキ・・・コーナーを抜ける直前にはアクセルを踏み込み、トルクを感じてギアアップ・・そんな時代でした。
そんな「ミッション車」を2台乗り繋いだ後の「オートマ車」・・面倒なクラッチ操作もなく「Dレンジ」のみでの走行はラクチンラクチン・・
しかし、坂道を下る時や少しキツメのコーナーを走る時は何となく心細い・・
そんな「マニュアル車」のギアアップ、ギアダウンはその時に感じる状況をダイレクトに実行するときに重要であり、瞬間的に思考と行動が互いにシンクロしてその場面に対応しているのです。
 先日の朝、自転車deフラフラの時、そんな昔の感覚が急にボンクラ脳みそを駆け抜けました。
昔はそんな状況のとき、自然と状況に応じてギアチェンジしていたのに・・・今ではそんな状況でも適切なギア操作もできずにいるように思え不安になるのです。
そんなことを考えながらのスタバ休憩・・スタバ嬢にスマホ画面を提示してチェックして・・・同時にイヤホンの電源をoffをにしなければ・・・の想いが湧き起る。
そのためには・・まず、老眼鏡を出して・・・「レンズを触ったし見にくいなぁ・・」・・などと考えながら自席に戻ると・・・スマホが無い
カウンターに戻り、スタバ嬢に「スマホ・・知らん?」と尋ねると・・「お客様・・ポーチに入れられましたよ~~・・ウッフン~~  」・・スマホは確かにポーチでゴロリンコ・・
バツが悪いボンクラおやじは早々にコーヒーを飲み終え、外の自転車に乗り込みペダルを ・・・回らない・・左足で踏ん張っても・・廻らない・・「左足の脚力がない・・オカシイなぁ~・・右足で踏ん張っても・・同じ・・スタバの店内をチラ見するとスタバ嬢は「・・どうかしたのかなぁ~ 」的の半分笑顔でお見送り状態・・・焦りの気持ちも最高潮
よくよく見ると・・・「自転車の鍵が掛かっていた・・
まさしく、ギアチェンジのタイミングを図ることが出来ず、やっとのことで行ったモタモタ操作のギアチェンジはまさかの「ニュートラルIN」

「失敗の先に何があるネン? 悔しさのしぶきを被り、悲しさの波に飲まれ、恥ずかしさの海に漂い・・アップップ~~・・やねんけど・・」:ぼん 
コメント

Oneclickでウッヒッヒ~~~!

2018年06月19日 17時27分58秒 | 日記


ホイホイ・・の・・ホイ~・・♬
またまた今回もお酒ネタ・・今回は三重県の「清水清三郎商店酒造 純米吟醸 作 恵乃智」と大分県「中野酒造 純米酒 ちえびじん」です。
夏はメチャンコ冷えたビールをグビグビ・・そんなイメージがボンクラ脳ミソを走り抜けるのですが、そんな単純な脳ミソではない・・少し歪んで硬めの脳ミソは「冷たぁ~~い・・吟醸酒を飲みたい・・ゴックン 」・・でも・・「・・肴によっては温めの燗の純米酒も・・・エエやんかぁ~~ 
そんな我侭気分になんの抵抗も拘りも・・ましてやOne clickで発注できる環境にも助けられ事前の許可も得ずに注文しました。
届いたブツは直ぐに冷蔵庫でオネンネ・・翌日の夕食時、黙ってぼん嫁のグラスに注いでおきました。当然ながらぼん嫁はグビ~~・・・お酒の存在を尋ねることなく底なし胃袋へ流れ込み・・夕食終了 
15分以上前の事象は直ぐに忘れ去る特技を持つぼん嫁からの尋問は・・・未だ無し~~~・・ウッヒッヒ~~
美味しいねぇ~~・・

「想いを込めての酒選び 廻る想いで火照り顔、嫁に叱られ青くなる」:ぼん 
コメント

・・ふ~~ん・・そうかぁ~・・・・

2018年06月13日 12時38分46秒 | 日記


最近、ビールを飲むと頭が痛くなるように思うのです・・ですから・・TVの前によく乾いた寝袋にコソッ・・と潜り込み、窓から流れ込む少し冷たく感じる風にムニャムニャ・・の昼寝の迎え酒になりました。
そんな昨夜、久し振りに日本酒を飲みました。秋田の酒蔵「鈴木酒造 ラシャンテ」、発泡酒です。口当たりが良いのでスイスイ・・キュ~~・・っと胃袋に収まります。ですから、夕食は鯖の塩焼きです。そのお酒ですが・・ぼん嫁のお土産です。先日、数名のお友達と秋田県の温泉へ旅行に行ってきたのです。天気予報では週末から台風5号の影響が出る・・との情報で飛行機の欠航や山道の不通など不安な要素も多々あると思ったのですが・・当人達は至って平常・・「飛行機の中で食べるオヤツ・・何にしよう・・?」の程度、小雨降る土曜日の朝、空港バス乗り場まで車で送ってきました。その時ぼん嫁の鞄を見ると、ビニール袋に包まれた「ゴザ」が・・・
ぼん:「ゴザ・・どうするネン?」
ぼん嫁:「温泉の岩盤浴で敷くネン
ぼん:「その為に、ゴザを飛行機に積んで行くの?」
ぼん嫁:「百均で買ってきてもろた・・
ぼん:「みんな・・ゴザを抱えて飛行機に乗るんか・・
ぼん嫁:「アカンか
空港でゴザを抱えたオバハン3人組がドタドタ・・と飛行機に乗り込む様子を想像したとき、笑いよりも先にため息がでるのですが・・
そんなことを言うと返事は決まって「そんなことはナイ!」、「それがどうしたん!」、「ほっといて!」、「アンタに迷惑、掛けたか!」・・の3倍返し・・ですから・・言いません・・
そんな今朝、未だに小指が痛くて歩き難くしている様子にスタバ嬢が気づき、「足・・どうかされましたか? 」・・と優しいお言葉・・
ぼん:「小指、噛まれたんや・・伊東ゆかり・・やネ 
スタバ嬢:「・・・小指・・噛まれる・・伊東ゆかり・・知りません・・・」
ぼん:「・・エエッ・・・・伊東ゆかり・・知らんの
スタバ嬢:「知りません・・
・・そうなんや・・グッスン・・
帰り道、以前の同僚、ゆ〇さんと出会い暫しの雑談・・・
ぼん:「・・なのなぁ~・・今朝、スタバ嬢と話してたら・・小指の思い出、伊東ゆかり・・が通じなかってん
ゆ〇:「私も知らん、生まれてヘン
ぼん:「・・・(そんな訳・・ないやろ・・伊東ゆかりがシャボン玉ホリデーで歌ってたん・・知ってるやろ)・・」

「話が通じず噴き出る汗に ぼんの口癖・・ネット見ろ」:ぼん 
コメント

・・・小指がぁ~痛い~♫

2018年06月06日 21時49分59秒 | 日記


久し振りの夢でした・・・以前は良く見た夢なのですが・・・
20歳頃・・先が見えなくどこまでも続く砂利道・・そこを脚を引きずって歩く・・「・・もう、歩けへん・・」それでも歩かなければならない状況・・そんな夢・・多分、自分の能力に限界を感じた状況に観た夢だったのでしょう。
そんな夢はオジサンになってもたまに見ました。昔と同じ風景・・長い砂利道を「・・もう歩けへん・・」、そんな私を追い越す人々の足取りはいたって普通・・・そんな状況の背景は、「年齢を重ねることによる体力の衰えと・・社会生活に何か不安を抱えていたのか・・・」
そんな昨夜、久し振りに同じような夢を見ました。
「間もなく出発時刻という通勤電車に向かって、サラリーマンやOL,学生さんは急ぎ足で向かいます・・・発車を知らせるアナウンスはホームに流れるが車掌さんは乗客の乗り込み状態を確認しながらそのタイミングを探っている。私はホーム手前の数段の階段を半歩ずつ進む・・後ろからは一段飛ばしで駆け上がる乗客が私を追い抜いて行く・・」
「列車の車掌さんからはそんな私の状況は理解しているが発車を決断しなければならないという表情が滲み出ている・・」・・やっと階段を上がりきったところで列車はホームを出て行く・・
その場面で目が覚めた・・昔に見た夢・・嫌な記憶・・・でも、今回は別の理由があったのです。
昨日、ゴミ出しで用いたゴミの散乱防止シートに置いた重石を片付ける時・・・手が滑って足の小指に落としてしまったのです。
普段の生活で重要な役割を感じずに過ごす小指の存在なのですが・・歩けない。何より、ズッキンズッキン・・で痛い・・そんな状況が昨夜の夢の原因であったように思うのです。
何か重たいものを担いで歩く・・自分の努力で解決できない劣等感を現在も引きずっているのでははなく、「貴方が噛んだ小指が・・痛い~~♬(伊東ゆかり)」と同じく「重石に踏まれた小指が痛い~~♫」だけだったのでした・・ホッ・・メデタシメデタシ~~~ 

「小指が痛くてホッとする・・ 治れば消えるクソな夢」:ぼん 
コメント

入梅直前の朝

2018年06月04日 13時24分36秒 | 日記


日中の暑さは夏本番・・梅直前の今朝は気持ちの良い朝でした。
最近、wi-fi環境に左右されない音楽配信サービスを利用するようになりました。
その日の気分によって音楽を択び、bluetoothで接続・・・便利になりました・・
今朝も清々しい状況にピッタンコな曲で朝の散歩・・・
そんな中、突然にヘドホンからブ~~ブ~~・・そうです、電話の着信を知らせるのです。
早朝の電話は苦手です・・勿論、夜中の電話も苦手です・・「何か急な知らせか・・
そんなことを考えているボンクラ脳みその片方には・・「これからリュックを下ろして・・ポーチを取り出して・・スマホを確認・・そんなことをしている間に電話は切れるのやろうなぁ・・」
やがて、ブ~~ブ~~は鳴り止んだのですが・再度、ブ~~ブ~~・・
リュクに手を掛けたところ、またまた鳴り止む・・そして・・またまたまたまた・・ブ~~ブ~~・・
仕方なくスマホを取り出すと電話の相手はぼん嫁 

ぼん:「何か急用か!」
ぼん嫁:「サルが出た!」
ぼん:「・・・はぁ~~!」、「それがどうした?」
ぼん嫁:「サルが出たことを知らせようと思った!」
ぼん:「何のために?」
ぼん嫁:「そっちの方に行ったし・・・
ぼん:「・・どっち・・?」(通話切断)
スマホをポーチに仕舞い・・リュックを担ぎ・・音楽を選び直していると、再々再度ブ~~ンブ~~ン・・・・当然、無視
スタバで休憩中に着信履歴を見ると動画が・・内容はサルが電柱のウロウロしている動画・・・
久し振りに早く起きたんやったら・・・もっとすることあるんとちゃうの? 

「慌ただしく行き交う街の光景に焦る気持ちはもはや無し さりとてサルでは驚けず」:ぼん 



コメント