ぼんに吹く今日の風

ボンクラ脳みそをかすめたちっちゃなお話しざんス

恐怖のシクロ

2016年10月25日 11時40分54秒 | 日記


ホーチミンの街中は車が溢れ、その隙間をバイクが流れる・・・歩行者や自転車の姿を見掛けることは殆どないのです。
そんな中、今や観光客に特化したと思われる「シクロ」に乗ってきました。
現地で申し込んだオプションに含まれたイベントで、「夜のホーチミンをシクロで巡る」そんな優雅なイメージとは真逆のシクロ体験でした。
ホーチミンの道路を歩くだけでも心臓が縮み上がるような状況の中、車やバイクが帰宅を急ぐ時間帯に電灯も点けずに右折・左折・直進・・バイクが近づくと「・・ワァィワァイ・・ヒャァ・・ギャァ・・」・・何とも言えない掛け声をクラクション代わりにヨタヨタ・・フラフラ・・でシクロを進めるのです。
客は前部に座り、ドライバーは後ろでペダルを漕ぐので客はシクロがどのようなコースを進むのか解らないのです。そのこともあり、乗車の恐怖は・・本当に凄いのです。
自転車で観光~・・なんのなんの・・、闇夜の遊園地で安全ベルトなしのジェットコースターに乗るような気分なのです。
時折、シクロのドライバーから理解しにくい日本語で辺りの説明と思われる言葉掛けがあるのですが、恐怖と緊張で全く理解することが出来ませんでした。
しかし、シクロ体験の終わりに「イッショウケンメイ・・ツカレタ・・チップ・・オネガイ・・ネ 」はしっかりと聞こえたぼんでした。

「車が来てるしぃ・・危ないってぇ~ バイクに寄ったら・・ぶつかるしぃ~・・ チップ弾むし・・もうエエしぃ~」:ぼん
コメント

ホーチミンにて・・その2

2016年10月24日 16時23分30秒 | 日記










雨季終盤のホーチミンは蒸し暑く、少し歩くだけで汗が噴き出します。何か飲み物を・・と日本では辺りを見渡すと必ず数件は見つけることのできるコンビニは殆どありません。
ですから、ホテルを出るときにミネラルウォーターを忘れてはいけないのです。
街角には多くの売店・屋台はあるのですが、衛生的環境が明らかに異なるためにそう簡単に飲み物や街角グルメに飛びつくことは出来ないのですが、お店を構えるレストランでは安心して食事が出来るということでした。
ベトナムではホォが有名です。牛肉ホォ・・鶏肉ホォ・・そのほかいろいろな種類があるのでしょうが、詳しくは知りません。テーブルに運ばれる香草類も何をどれだけ入れれば良いものかも判りません。ましてや、切り置かれたライムはホォに入れるの?汗だくになりテンヤワンヤで思案する我々を周りの方がどのように思っておられたか・・そんなことを考えると、今でも汗が吹き出るのです。
また、レストランで注文したものが運ばれ、食べてみると食材が違うだけで同じ味付けの炒め物・・・「ライス・・を1つ!」が通じない・・・ビールを注文すると氷の入ったグラスが運ばれる・・・何だか食事の度に胃袋が収縮するような経験をしてきたのでした。
果物のスウィーツはとても美味しかったのですが、あるアイスクリーム専門店で注文したアイスクリーム(写真)を口に入れると「玉ねぎ味」・・・
こんなアイスもあるんや・・なんて考えていたのですが、店員さんに尋ねるとメニューを持って来てくださいました。そこに書いてあるフレーバーは・・「ドリアン」・・初めて食べたのですが、いつまでも玉ねぎの香りが口いっぱいに湧き上っていました。
でも・・全体的に脂ギッシュな料理と軽めのベトナムビールはとてもよく合います。
そして、そんなベトナムをまた訪れたいと思うのでした。

「秋空に カバンを干して昼寝する 夢は南へ飛んでいる」:ぼん 
コメント

歩道はバイクが走るもの!?

2016年10月23日 14時20分34秒 | 日記




先週、ベトナム(ホーチミン)に出掛けました。
到着して驚いたことは、道路に溢れるバイクと車・・・あまりにも多い、いや、多過ぎる・・・
その上、走るバイクや車から鳴り続けるクラクションと排気ガス・・
通勤ラッシュの時刻でもなく、特にイベントが行われている訳でもない普通の平日の午後・・・道路はホンマもんのゴッチャゴチャ状態 
ホテルから出掛けるときはこの状態の交差点を渡らなければならない・・その上、信号機は一種の飾り、赤信号でも隙があればバイクや車がクラクションを鳴らしながら歩道に突っ込んで来る。
特別大きな交差点の信号には青色と赤色の他に黄色もあるのですが、普通の交差点には赤色と青色しかないのです。ですから、基本的に車やバイクはいつでも発車オーライ状態・・
横断歩道を渡る歩行者が優先なんて誰が決めた?ベトナムでは車・・バイク・・・歩行者の力関係です。ですから、横断歩道を渡っていても辺りを走る車やバイクの運転手の目を見つめ、こちらの行動の意思を撒き散らすと同時に、運転手に行動を予測させなくてはいけないのです。ですから・・横断中に突然走るなど歩行速度を変えたり、道路の横断を取り止めるなどは決してしてはいけないのです。横断中にブブブ・・なんてクラクションを鳴らされても「・・ココに車が走ってるしなぁ~・・」的のクラクションなので、気にせず・・驚かず・・落ち着いた行動が求められるのです。
その上、歩行者が歩く「歩道」は・・ありません。いえ、あるのですが・・歩行者が歩くことが出来ない「歩道」なのです。
道路が混雑しているとバイクは歩道を走ります・・歩道はテーブル、イスで宴会場・・歩道は勝手に営業、駐輪場・・そんな歩道では歩くことが出来ないのです。
ホテルの傍の市民文化公園に出掛けてきました。大きな樹に囲まれた公園の椅子に座ると街の騒音もなく、樹を登るリスも見ることが出来ました。
ホーチミンは不思議な街です。
そして、こんなホーチミンに大きなエネルギーを感じるのです。

「そこ退けそこ退けバイクが通る 歩道はバイクの為にある~」:ぼん 


コメント

ホーチミンに行ってきた・・

2016年10月22日 19時05分33秒 | 日記


ホーチミンの旅行から帰ってきました。
夜中の便で関空へ・・搭乗後すぐにウイスキーをお願いし、眠ってしまおうと思ったのですが、ザワザワ・・の機内の雰囲気でなかなか寝付くことが出来ずにウトウト・・の状態。そして、機内食(朝食)の時刻になった様子・・ボンクラ脳みそのぼんは睡眠不足にアルコール・・そしてアジア特有の香辛料が効いた豚肉料理の朝食・・いや夜中食・・頭だけでなく、流石のぼんも胃袋は不調です。
それにしてもホーチミンは・・・とにかく凄い
噂通りのバイクラッシュ・・それに負けじと車も頑張る
その間を「私も・・負へんでぇ~~」的の歩行者がウロウロ・・・街中の道路では観光客を見つけると「・・オニイサン・ナニ ホシイ 」の怪しい声が・・アチコチから飛んできます。
そして、知らないオジサンがしきりに私たちの足元を指さし、何やら叫ぶ・・その次のリアクションを考えての、無視~~~
油断大敵、弱肉強食・・そんなホーチミンは懐かしい雰囲気が漂います。決してスマートな街ではありませんが、皆が一生懸命に生きるエネルギッシュな街なのです。
しかし、そのベースには不幸なベトナム戦争が未だに存在しているのです。
そんなテンヤワンヤのホーチミンの話を少しずつ思い出したことからブログに書こうと思っています

「夜中に食べる機内食 食後のデザート食べ切れず、無理して飲み込む胃腸薬・・」:ぼん 
コメント

回復は時間とともに

2016年10月16日 16時09分26秒 | 日記


恐怖のブラックアウト事故から二日が経ちました・・・
時間の経過とともにスマホが元通りになった訳でもないのに、何となく騒ぎが落ち着いたように感じるのです。
相変わらずのスカスカ状態のスマホには大昔の携帯から写し取った電話番号を入力したのですが、落ち着いて考えてみると新しい携帯の購入などの理由で昔と同じ電話番号である可能性も随分と少ないように思うのです。それなのに・・・時間の経過とともに落ち着く気分・・・「加齢による根気の欠如」、「危機感の欠如」、「対応力が希薄」、「困難に対する対応力の消失」・・等が明らかになるのです。
そんな今朝のジョギングからの帰り道、いつものお寺の掲示版には有難いお言葉が・・・せっかくのお言葉なのですが・・ぼんには欲しいものや必要なもがたくさ~~んあるのです。
7億円の当選宝くじ、完全回復腰痛ベルト・・バナナ饅頭、きんつば、ホタテのひも味醂干し・・加齢臭消滅石鹸・・などなど・・それぞれはぼんが欲しいもので、必要と感じるものなんですが・・・ネ 
でもね・・その欲しいものは・・すぐに忘れてしまうのですが・・・

「スッカスカのスマホでも不自由は感じません どうせ、ボンクラ脳みそスッカスカ~~」:ぼん 

コメント