ニュージーランド移住記録:みたび

移住は帰らなくてもいい終わりのない旅。人生そのものも旅。そして気づき始めたあの世への旅。旅と夢限定ブログ

ウェリントン6回目行備忘録:2019年7月

2021年09月20日 | 国内:北島備忘録

5ヵ月ぶりだったNZの首都、
ウェリントンでのABs観戦 
今や2年と2ヵ月前の話です。


オークランドはただ今、通算
5回目のロックダウンです。
これがなければ8月に再訪し
ていたはずですが、今は写真
と旅行記で、ガマンガマン


計4本の自分用備忘録です


空港から歩いて外に出る

生涯初めての経験でした


マラヌイカフェ

最高だった初めてのカフェ


街歩きとオールブラックス戦

充実の街歩きとまさかの結果


空港に歩いて入る

歩いて出たら歩いて入る、と


珍しく国内旅行記が続きまし
たが、次は再びかの国へ

        
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ウェリントン6回目行:空港に歩いて入る

2021年09月19日 | 北島:ウェリントン

2019年7月のウェリントンも
3日目の最終日。国内旅行も
北島となるとほとんど2泊3日
で、行っては帰る感じです。


いつものラムトンキーではな
く、ソーンドンキーに宿泊し
たので、ウェリントンらしい
官庁街をカメラに収めながら

やっぱり朝から歩きます


ビーハイブ、いわば議員会館



NZ最高裁判所



1909年完成のパブリックトラ
ストビル。市民の遺言を作成
保存する建物として、より威
厳のある壮麗な建物として建
され、現在は文化歴史遺産省



荷物を交代で持ちながら来た
のは朝から混み合うラムトン
キーの中心にあるカフェ

昨晩のオールブラックス観戦
者が多数いそう(含:自分たち)


アストリア

外席も含め150席もある、ヨ
ーロッパのカフェを彷彿とさ
せるクラシックな雰囲気の店


そんなカフェに似つかわしい
ラテアートのないコーヒー

しかし、創業25周年直前の20
20年12月に惜しまれつつ閉店


これは2棟の古いビルの上に
増築したんだろうか?地震が
心配なこの街であえてやる



ラムトンキーはやはり便利
ということになり、今後も
この周辺に宿泊することに。

ここからバスに乗って・・


やって来たのはミラマー

エリザベス女王に手を振って
もらって大笑いの巻


「カモメがあんなところに

と思ったら動きません


可愛いビラに遊び心が合う



そしてたどり着いた、満席で
写真が撮れない神カフェ

ブログで何度も登場している
ラーダー


アストリアはコーヒーだけに
して、ここで本格ブランチ



新鮮で美しく、もちろん美味



シンプルな料理にこそ違いが



この店のすべてが好きです



ボンボリーニはお土産にも



6kgの荷物にボンボリーニを
持ってさらに歩く私たち

なのでここの真下にも来れ、


釣り人も見かけました



そして車窓からしか見たこと
がなかった壁画の目の前に



映画の街らしく白黒のフィル
ムに収まる首都の移り変わり



来た時とは逆に、左の空港へ



途中でオールブラックスを乗
せたバスが過ぎていきます。



出たのと同じ場所から空港へ



この時、NZ航空の国内線ラウ
ンジは改装中で、狭い場所に
オールブラックス関係者がひ
しめき 選手もいました。



やっぱり首都が好き
ウェリントン旅行記終了です。


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ウェリントン6回目行:街歩きとオールブラックス戦

2021年09月18日 | 北島:ウェリントン

2019年7月のウェリントン。


マラヌイカフェを出た後は、
バスに乗って市の中心部へ

首都は公共交通機関が発達し
ているので助かります


クルマも借りず、徒歩とバス
で乗り切れる数少ない街かも



やって来たホテルは初めての

クエスト・オン・ソーンドン


クエストは長期滞在向けサー
ビスアパートメント兼ホテル
のコンセプトと、一部屋ごと
ばら売りして別々のオーナー
がいることで有名な宿泊施設

なのでホテルよりも家っぽい


長期滞在にはいいのでしょう。



こういう物も部屋にあります。

コロナ禍の今、多くのサービ
スアパートが賃貸住宅として
市場に出ているのも分かる


お隣はマオリのマラエ(集会場)

道はソーンドンキー


道の向こうの黄色い古色蒼然
とした建物はウェリントン駅

駅であっても主に郊外線なの
で中心部からやや外れた位置


わざわざここに泊まったのは
オールブラックス観戦のため

強豪南アフリカ戦の日でした。
(※バーの南アフリカ国旗)


中心部には万里の長城のよう
にチャーターしたバスの壁

チーム関係者やサポーターが
続々首都入りしていました。


テクテクとお得意の街歩き

2階建ての古い建物に3階を載
せた、オークランドだったら
取り壊して再建しそうな建物


これはなんだろう

色ガラスがはまったファサード
歴史的建造物の保存なのか?


でもルーバー風の実際にはあ
り得ない壁で、古い建物の廃
材をリメイクしたものとか

調べてみたらサブジェクト・
トゥ・チェンジ
(変更の可能性)
というパブリックアート


歴史とコンテンポラリーと
なんともウェリントンらしい


到着したのはこの日新規開店
だった和食のKAZAGURUMA



試合時間から逆算して開店と
同時に行ったら、お客第1号
と2号になってしまいました。

隠れ家的な店内の2階席


時間がなかったのが残念で



サクッと食事サクッと退散

(※この時の話はコチラでも)


前回食事したジャノの前から

バスに乗って、


真っ黒なサポーターに混じり
(※いや、ただ暗いだけかも)

いざ球場へ


駅にたくさん電車が停車する

オークランドにはない光景
電車で観戦に来る人が多そう


ウエストパック・スタジアム

(※現在はスカイ・スタジアム)


景気づけの花火が上がって



オールブラックスのハカ



しかし結果は、まさかの

引き分け
前回と同じ


消化不良のまま前回同様、
繁華街コートニープレイス

再びマレーシア料理のKCへ


夫のミゴレンはすぐ来て



私のラクサはなんと45分待ち
注文忘れ+テイクアウト優先
で後手後手になり苦情を言っ
てもまぁなんとも高ビー対応

さらに消化不良でトホホな夜


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ウェリントン6回目行:マラヌイカフェ

2021年09月17日 | 北島:ウェリントン

2019年7月首都ウェリントン


6kgの荷物を2人で交代で持ち
ながら空港からテクテク歩い
てやって来たライアルベイ


それがどの辺かというと、

この辺


このカフェに来たかった



マラヌイ・サーフライフセー
ビングクラブが経営する



マラヌイカフェ

(※ハリーとメーガンも来てた)


入口正面にはドーンとロゴ

有志のライフセーバークラブ
2011年で創部100周年でした。


カフェは2階で真っ赤な階段
手すりがボートのオールです。

『行列があっても落ち着いて。
5~10分で席が空きます』
とあり、夏は混み合いそう


いや、7月の真冬でも満席



大きな荷物を見て、店の人に
「空港から来たのか?」
と声を掛けられ、滑走路をグ
ルっと周って来たというと、


「トンネルがあったのに~」
と言われお互いビックリ仰天


40分ほど歩きましたが滑走路
の下のトンネルを通れば、半
分の時間で来れたようです💦


気の毒に思ったのか混んだ中
でテーブルを用意してくれ、



その後、窓際の特等席が空い
た時に案内してくれました

湾の向こうに空港が見え



離発着が見える絶景ポイント

おニイさん、ありがとう


眼下の冬のビーチも美しい



ヒトには寒くても最高だワン



海岸のカモメは不思議ではな
いけけれど、ここだけ密集



この水はどこからか流れ込ん
で来て、海に注ぐ淡水です。

何十羽も一緒に水浴び中
海鳥がわざわざ淡水で水浴び
するとは初めて知りました


「オヌシ、なかなかやるの~」



「ドヤっ



ずっと見ていたいような眺め



火曜日はオールデーブレック
ファストセットがコーヒー付
20ドルぽっきり(笑)

海を見ながら朝ご飯かぁ


放課後の学生向けにミルクセ
ーキ2杯とフライドポテトの
セット15ドルもありました。
ティーンのデートコース


ここは食べ物も非常に好みで



再訪決定の鐘が鳴り響く~

カフェ事業はライフセーバー
の貴重な活動資金のはず。


NZ航空のブラックボディー

やはりアガるこの真っ黒


ここはトイレまで



遊び心と100年の歴史を物語る



次回はぜひトンネルを通って



また来ましょう



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ウェリントン6回目行:空港から歩いて外に出る

2021年09月16日 | 北島:ウェリントン

2019年7月はオールブラックス
戦観戦で、ウェリントンへ


首都ウェリントン空港



今回と言わず、人生初企画
空港から歩いて外に出てみる

こんな表示があること自体、
そうしている人が多い証拠


左は立体駐車場、右は開業し
たばかりのホテルで空港直結



首都の空港という保安上の拠
点ですが木造の塀と鉄条網



まるで個人の私有地のよう(笑)



塀が途切れれば、この通り。



機体がこの近さで見えてギョ

石を投げたら当たりそう
(※ムリムリ)


『非核シティ、ウェリントン
にウェルカム』とありますが

NZは核のない非核国


歩道はあっても歩く人などい
ない自動車道路をテクテク



オールブラックスののぼり

ここを周り滑走路の反対側へ


今度は左手の芝地上が滑走路



だんだん街中に入ってきて

消防署


マオリ旗が翻る集合住宅



レンガ調の建物が建ち並び



思ったとおり有料老人ホーム

日本で言えばサ高住に近い


その真正面は葬儀場

キウイのことだからホームの
中でいろんなジョークが飛び
交っていそうだし、友人の葬
儀だ何だでよく行ってたり
なんとも思い切った立地~


『路面電車局1924年』とある

戦前の建物にバスが入ったり


出てきたり。バス車庫らしい



一帯は広大な市有地のよう。



オークランドにはないウェリ
ントンらしい山肌の住宅地



横道の向こうに空港の管制塔
と立体駐車場のビルが見え、



湾の向こうは空港で1kmもな
い距離。離発着も見えます。



海の近さを感じるプレート



やってきたのはライアルベイ



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夢見:やり直しの会食

2021年09月15日 | 浅き夢見し

「私」は親しい友人たち6人
ほどと食事に来ていました。


場所はハワイの『農園から食
卓へ』のコンセプトで知られ
るピーター・メリマンの店

(※このブログでも何度か登場)


しかし、夢の中の店は広々し
ていても窓のない都会の店ら
しく実際の店とは違います。


私たちは予約席に通され、テ
ーブルの上にはグラスやカト
ラリーが並んでいましたが、

ナゼか水のグラスが人数分な
く、通りかかったスーツ姿の
フロアーマネージャーらしき
男性にその件を告げました。


男性は特に詫びる訳でもなく
「すぐに持たせます。」
と言って過ぎていきました。


しかし、ワインや食事は届く
のにグラスは届かず、ウエイ
トスタッフに声をかけても届
くことはなく、とうとうコー
スが終わってしまいました。


テーブルはキレイに片づけら
れ、3、4個の水のグラスだけ
が残されました。おしゃべり
に夢中でアルコールも入って
いるので喉が非常に渇き「私」
の堪忍袋の緒が切れました


つかつかとキッチンらしい白
い扉の中に入っていくと、件
の男性が目の前にいて、突然
現れた「私」の前に立ちつつ
「何か御用でしょうか」
と慇懃無礼に聞いてきます。


「グラスが足りないと最初か
ら伝えましたよね。食事が終
わっても届かないんですけど
いったいどういう事ですか」
単刀直入に言うと、男性は依
然悪びれる様子もなく、黙っ
て聞いているばかりでした。


その時、大柄の白人男性3人
が奥から出て来て、中央の人
がメリマン氏本人だとわかり
ました。シェフのユニフォー
ムではありませんが白い糊の
効いたシャツを着ています。


「本人が厨房にいるのか
と小さく感動し、目が合い会
釈し合いましたが、役員風の
男性たちと出て行ってしまい
「私」の珍入は意に介してい
ません。すべてをマネージャ
ーに託しているのでしょう。


大事な友人をもてなす席とし
てあえてこの店を選んだのに
非常にがっかりしたと言うと


「では来週、店が皆さんをご
招待しますので、お食事会を
やり直してはいかがですか。
連絡先をいただけますか?」


という思いがけない返答があ
り、驚いてマネージャーの顔
をしげしげと見上げながら、
「お名前は?」
と聞いてみると、
「グディープです。」
とニコりともせずに言います。


「やっぱりインド系かぁ
と知り合いのインド人と同じ
名前だったことに、少しでも
親近感を見出そうとしました
が最後までグラスが足りなか
ったことへの謝罪の言葉はな
く、これが店の誠意なのか何
なのか複雑な思いだったもの
の、申し出を受けることにし
慌ててスマホをいじり始めた
ところで夢が終わります
(👆自分の番号を覚えてない💦)


=============


この夢を見たのは週末でした。
週明けにコロナ対策としての
現在のオークランドのロック
ダウンがどうなるのか発表さ
れる予定だったので、知らず
知らず気を揉んでいたのか


ハワイ
外食
友人
会食



とロックダウンでは叶わない
ものばかりが出て来て「私」
はその中で不満を募らせつつ
思いがけず提案された「来週」
に期待をつなごうとします。


果たしてロックダウンは、


👇



👇



👇



1週間延長
チーン


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

私的ロトルア史

2021年09月14日 | 旅の周辺

行っているようで行っていな
いのか、行っていないようで
行っているのか、印象が薄い
のがロトルアという場所


NZきっての温泉地で、オーク
ランドからだと東京から箱根
に行くような感覚でしょう


今回の旅行記を書くにあたり
何回目になったのか、記憶と
別ブログを頼りにたどると、
9回目だったのには自分でも
ちょっと意外な結果でした。


案外、行っていたものです。
やはり温泉以外印象が薄い❓


自分以外にはどうでもいい事
なのですが、せっかく数えた
のでここに残してみます。


私的なロトルア史です
(※移住後宿泊した旅行のみ)
👆単なる記録魔


1回目:2005年1月
2回目:2012年1月
3回目:2013年12月
4回目:2014年7月
5回目:2014年9月
6回目:2015年6月
7回目:2016年8月
8回目:2017年6月
9回目:2019年7月


2005~12年まで7年間空き
その内5年間は、糖尿病だっ
た先代猫の看病で家族揃っ
ての旅行は中止し、私が家に
残ることが多かったのです。
(※なので上の回数は私基準
夫はもっと行っています)

よくがんばったね、チャッチャ
享年18歳


3回目はプリンスズゲート



4~7回目は連続でロトルア
とは別のロトイティ湖畔の
ホテルを気に入って宿泊。



しかし、5回目以降はホテル
のマネジメント会社が変わり
市内から遠いため夕食での往
復が徐々に億劫になってきて
8回目以降は中心部に復帰。

(※いいホテルでしたが)


コロナ禍で海外に行けなくな
ってからは、よく行くように
なり先月も行っていました。

今のスピードで行くと10回目
以降のロトルアは来年以降に
登場することになりそう


なかなか追いつけない2年遅れ💦


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マオリ戦でロトルア9回目行備忘録:2019年7月

2021年09月13日 | 国内:北島備忘録

今や2年2ヵ月前の旅行記とな
りましたが、いまだに残念な
テアロハのコテージカフェの
以前のオーナーの引退


人も店も限りあるもの。お気
に入りにはできるだけ足繁く
通い、支持と愛を示そう。
愛は行動です


3本のみですが自分用備忘録


さよならテアロハ

テアロハ=コテージカフェ
だったのでしばしサヨナラ


マオリオールブラックスvsフィジー戦

この時以来2年ぶりの観戦遠征


ティラウとケンブリッジ

チラっとケンブリッジへも


次も観戦遠征記になります


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マオリ戦でロトルア9回目行:ティラウとケンブリッジ

2021年09月12日 | 北島:ロトルア

2019年7月のロトルア行きは
ミレニアムホテル・ロトルア



部屋は広々とシンプルで今回
のようなイベントやコンベン
ション需要を見込んだ造りで
出張に来たみたいでした



ミレニアムは中国系でコロナ
前は中国の団体客で賑わって
いたことでしょう。団体客対
応でツインの部屋が多そう。

(※中庭)


小さな菜園がありました



ワイタンギのコプソーンホテル
&リゾート・ベイオブアイランズ

にそっくりな雰囲気で、一等
地の広大な敷地にしては経済
効率低めな経営で、一般の民
間企業じゃ耐えられなそう

👆2021年3月のコプソーン
この時もコンベンションで


コプソーンもミレニアム系で
多分、どちらも地元の有力マ
オリのイウィ(部族)が所有し
ているホテルをミレニアムに
管理を委託しているのでは?


こういうところは朝ご飯付き
がお約束「いらないから、
その分安くして」と選べなく
て残念 夫はあれば食べる派

せっかくなのでサラダを
(👆けっきょく食べてる)
遊びに来る時は他を当たろう


チェックアウト後、帰り道の
ティラウのカフェでコーヒー

朝のコーヒーは大事なので


ココは以前、イタリア系でし
たが、この時は別のオーナー

キウイテイストに合ったのか
前よりも混み合っています。


ティラウはトタンアートの街

(※あっ💦裏から撮ってた)


有名な犬と羊の建物が目印



これは20年前からあるポピー



酒屋



NZ版コンビニ、デイリー



トナカイとサンタもトタン



夫が気づいた天然水の給水塔



さらにフラっと立ち寄った、
ハミルトン近郊ケンブリッジ



馬の産地として有名な場所



往年の名馬を多数輩出してい
るそうですが、基本的に競馬
は動物虐待と考えているので
説明書きには興味が湧かず



古い建物がたくさんあって



キレイに保存されています。



長老派教会と



隣接するパブ

神も飲みも両方OK


タイルアで見たチーズ専門店
オーバーザムーンの支店発見



歩いているだけでコテコテの
保守の地を実感する場所で、



観光地でもなく早々に退散



数えてみたら移住後9回目の
ロトルア。旅行記終了です


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

マオリ戦でロトルア9回目行:マオリオ ールブラックスvsフィジー戦

2021年09月11日 | 北島:ロトルア

2019年7月のロトルア行きは
天気に恵まれテアロハを出た
後は並木道好きの夫が好きな

フィッツジェラルドグレード
(グレード:湿地)を抜けて、


何度も来ているケーパーズに
直行して、夜ご飯をげっと

これも2年前と同じ展開です。


ミレニアムホテル・ロトルア

マオリオールブラックスも宿
泊していて、関係者や家族、
サポーターなどで右往左往


部屋で食事を済ませて球場へ

ちょうどマオリとフィジーの
U20の試合が終了したところ
で、メインマッチもマオリオ
ールブラックスvsフィジー戦


フィジーはいつでもどこでも
サポーターの応援が熱い

移住前の香港セブンスでも、
驚くほどの応援団でした


7月はNZの真冬。しかも時折
雨がパラつく天気でした。



冬のスポーツ、ラグビーには
雨と寒さが付きものです。

でも軟弱アラカンサポーター
なので屋根付きの席に


観客1万3,404人の内の2人に



試合前のパフォーマンスは裸



パシフィカ全開の高校生たち



ロトルアにこんなに大勢フィ
ジアンがいるんだろうか?

近隣から応援に来たのかな


国歌斉唱



そしてフィジーのハカ、シビ

長い手足でダイナミックに


マオリは本家本元のハカ

語りも舞いも長いです。


前週にまさかの敗北を喫した
ので、雪辱を果たさねば



キャプテンのてっちゃん
(↑我が家の意味不明なあだ名)

(※来シーズンから日本へ)


前週を教訓に慎重かつ確実



レフリーと交渉するのもラグ
ビーでは主将の重要な役割

これができないと主将はムリ
日本に行ってもがんばって


リアルではオテレ・ブラックも
来シーズンから日本へ💦残念

競争激しい国内にもうポジショ
ンがないという厳しい現実も


W杯に向け強化しているフィジー

まだまだ伸び盛りという印象


雪辱戦の結果はこの通り

フィジーも善戦でした


みんなお疲れさま~



翌朝は6時からホテルの部屋で
オールブラックスvsアルゼンチン戦

ラグビーバカの正しい週末



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする