タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

出来ています? 肩から膝に変更したドロップ!

2019年02月03日 | タイのゴルフ、あれこれ
 
 今年1月1日から施行されているゴルフの新ルール。プロの試合でも様々な物議を醸しだしているよう。

世界のゴルフ規則を統括する英国ゴルフ協会(R&A)と全米ゴルフ協会(USGA)が「プレーの簡素化
とスピードアップを促し、競技人口の増加を目指すこと」を目的に、スタートした新ルールです。

 

大きな変更は1984年以来といいますから35年ぶりとなる “歴史的” な大幅改定となりました。
新ルールによって、プロでもアマでも長年の懸案となっているスロープレーをどれだけ減らす
ことができるでしょうネ。 また これでゴルフ人口が増えてくれると良いんですが ・・・

新ルールがスタートして、プロでもアマチュアでも現地点で一番 多く見かけるのが「ヒザの
高さからのドロップ」でしょうかネ。すでに米国男子ツアーでは間違いが起こっているようで
一部の欧米人プロには「なぜ肩からでないといけないのか」と、不評だと聞いています。

 

「肩の高さから」だったこれまでとは一変し「ヒザの高さから」真下にドロップしなければ
なりません。救済を受ける際にドロップする折、つい うっかり今までの習慣で肩の高さから

ドロップして、そのまま打ってしまうとペナルティがつくことになります。間違った方法で
ドロップしたら、やり直さなければならないのは変わらず、気がついてやり直せば無罰です。

もし、今までどおりに肩の高さからドロップしてプレーした場合、1打の罰が課せられます。
正式な新ドロップは、プレーヤーが真っすぐに立ち、ヒザの高さからボールを投げたり回転させたり
転がしたりせず、真下に落下するように 或いは 下図のように屈んで膝を曲げ、真下に落下させます。

 

今年になって、よくタイのプライベートコンペに出ている人に聞くと、新ルールの説明など
行なっていないと聞きます。 コンペでゴルファーが新しいドロップをしているシーンは

少なく、肩から膝へという混乱などあるどころか、肩からのドロップを普通にしているケースが
多いと話していました。 まぁ~ タイのゴルフの場合、ルールに緩いところがありますからネ。

 

でも 膝から落とすって、やってみると分りますが これって 結構 良いですヨ。ソフトランディングの
形になりますので、ボールが跳ねません。今までのように運 不運でライの良し悪しが出にくく
なりました。斜面に当てることで意図的に有利になるような細工もほぼできなくなりましたしネ。

これからは、コンペでなくとも肩の高さからドロップするゴルファーを見かけたら「膝、膝」と
言ってあげて下さい。英語では「ニー、ニー(knee)」、タイ語では「カオ、カオ」ですかネ。
間違って旧スタイルでドロップをしても、打つ前ならドロップし直せばOKです。
 再度 気になる、よく見かける新ルールがありましたら、書いてゆきたいと思います。  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  

  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 最悪になってしまったタイの... | トップ | 明日は春節、でも休日ではあ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新ルールの評判 (高田)
2019-02-03 12:33:33
「膝の位置」からのドロップですが、評判が悪いですね。
既にプライベートコンペでも大半のコンペでは、新ルールが適用になっています。
評判がイマイチなのが「膝」位置からのドロップです。身長が並み以上の方はかなり前屈みにならざるを得ないので不評です。不自然な「膝」ではなく、「腰」位置からのドロップに変更してくれ、という要望が多いですね。
ドロップ後にボールが動くリスクは腰でも膝でも変わらないような気がします。
新ルールで評判が良いのは、断トツに、ピンを立てたままパットができる、ということです。長距離パットは勿論、1mのパットでもピンを立てたまま打つプレーヤーもいますね。キャデイーの仕事がかなり減りました。
ペナルテイエリア(新用語)で、クラブのソールができる、というのも好評ですね。(バンカー内は駄目ですよ)
グリーン上の修復がボールマーク以外にスパイク跡などが無罰で可能になったのも好評。
OB・ロストボールの捜索時間が3分以内になったのも好評ですね。妖しい場所に打ったら、すぐに暫定球を打つのが常識だが、暫定球を打つのを嫌がるプレーヤーがいるのも事実。
新ルールでは、OB、ロストボールの場合、前進4打が認められたが、問題がある。前進4打のポイントが正確に特定できないことだ。人によって(本来のポイントから)20Yくらい先から打つ人がいたりする。
微妙な評価なのが、バンカーに自信が無い方は2打罰で後方から打てるというルール・・・実際にこのルールを使った人は見たことが無い。
https://golf-hack.com/2556/

コメントを投稿

タイのゴルフ、あれこれ」カテゴリの最新記事