タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

シム選手の来シーズンは 笹生優花プロの強敵となるでしょうね!

2022年12月19日 | 海外ツアーあれこれ

 15日に、今年の笹生優花プロは 賞金ランク36位の773,294ドル(約1億494万円)で米国

ツアーに参戦した四人の中で下位だったけど、獲得額は1億円を超えた話に触れました。

ですが 笹生プロが一つ、欧米女子も驚く 大きな活躍を やっていたことを書き忘れしました。

 

笹生プロは一昨年の「全米女子オープン優勝」の資格でツアーメンバーになりましたが、

この時も彼女の飛距離は話題になりました。今季の最終戦「CMEグループツアー選手権」の

 

最終日17番パー5で17個目のイーグルを奪取し、最後の最後でリム・キム選手(韓国)に

追いつき、笹生プロもキム選手と一緒に、日本人初の「イーグル女王」の座に就いています。

 

イーグル数のデータがあるのは1993年以降になりますが、これまでの日本選手最上位は、

1999年の福嶋晃子プロの5位でした。この年の福嶋プロは12個のイーグルを奪っており、

 

個数でもこれが日本選手最多でした。笹生プロは福嶋プロの記録を大幅に塗り替えたわけです。

飛距離に自信を持っている彼女としては、嬉しい「イーグル女王」のタイトルでしたでしょう。

 

 <シム こと ナタクリッタ・ボンタベーラプ選手> 

でも来季はタイ国から強敵が登場します。それは 飛距離娘と呼ばれている馬場咲希さんも

吃驚のナタクリッタ・ボンタベーラプ選手(20)です。 彼女も先の米国女子ツアーの

Qシリーズ(予選会)で28位に入り、全試合ではないけど 来季の出場権を獲得しています。

 

アマ時代からナタクリッタ選手は、300ヤードの飛距離で タイ国のゴルフファンの間では

有名で、『SIM 300(シム)』というニックネームが付き、シム300と呼ばれているくらい。

 

イーグルを奪取するには、特にパー5での飛距離が重要なことは言うまでもありませんが、

ナタクリッタ選手は優に300ヤードを超える飛距離を武器に、2021年と22年の11月に

行なわれた「アジアパシフィック女子アマ選手権」でも二年連続で2位に入っています。

 

シンハビール主催のアマ大会「SINGHA Thailand Amateur Open(21・22年))では、二度の

優勝者であり、タイ国の女子アマ選手では敵なしでした。ですので、今回のQシリーズでは、

5人が45位以内に入りましたが、ナタクリッタ選手は もっと上位に入ると思っていました。

 

今回のQシリーズには、ファーストステージから挑戦し2位で通過、セカンドステージは

7位でファイナルステージに進んでいましたからネ。28位は本人も不本意でしたでしょう。

 

でも来季のシーズンは、タイ国女子の飛ばし屋・ナタクリッタ選手の飛距離と活躍に

注目です。馬場咲希さんが「アマ選手権」の予選ラウンドで同組となり、飛距離で30~50

ヤード置いて行かれ 驚いたといいますからネ。 笹生優花プロの強敵になるでしょう。  

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「富裕層のための健康」とい... | トップ | 米国Qシリーズを通ったタイ出... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

海外ツアーあれこれ」カテゴリの最新記事