タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

ワンノイプレステージとしてリニューアルオープン!

2018年10月31日 | タイのゴルフ場
 
 タイでは毎年、新ゴルフ場が一つや二つ、開場していますが、リニューアルするコースも然り。
タイのゴルフ場って、新オープンするコースは聞いても 閉鎖するコースって聞きませんよネ。

数年前、プレジデントCCが一時閉鎖され、オーナーが変わって 今はスワンナプームCCとして、
再スタートしています。 そう、オーナーが変わって再スタートというのは、時折ありますネ。

 

最近では、チュアン チュン ゴルフクラブがクラブハウスを素敵にリニューアルして、名称も
“フローラビレ ゴルフ&カントリークラブ(Flora Ville Golf & Country Club)” として、新装
オープンしています。確か 3代目のオーナーになるんじゃなかったですかネ。プレーしましたか?

今年の3月には、旧ムアンエーク ワンノイGCのオーナーが代わり、ワンノイ プレステージGCと
なりましたネ。 一部ホールのレイアウトの改修を行ない名称も変えてスタートしています。
私も先週、ゴルフ仲間とラウンドしてきました。

 

ドンムアン空港から35キロほど北上したサラブリ方面にあり、車にて1時間15分前後で到着する
同コースは1995年(23年前)に開場され、ドンムアン空港近くにあるムアンエークGC(1986年開場)、

ムアンエーク ビスタGC(1992年開場)と同じくムアンエーク・グループの一つでした。
リニューアルされ、名称にムアンエークが消えたので、グループから外れたのでしょう。

 

ムアンエーク時代から大きく改修されたのは、1番ホール、10番ホールと17番ホールの
ティオフの位置ですかネ。そう そう、バンカーも一部、顎が高くなり大きくなっています。

以前よりコースのメンテナンスは良くなっており、コストパフォーマンスはより満足しますヨ。
以前から料金が安目であったので、タイ人も多かんですが、改修された今は より多くなるでしょうネ。

 

やや狭めのコースレイアウトに各ホールに絡むウォーターハザード(池)が絡み、正確なショットが
要求されるエキサイティングなコースとなりました。その上バンカーが変化しているので、結構

緊張感をもたらしてくれます。広大な敷地の中にありますが、狭いコースなので左右から飛んで来る
ボールに注意が必要です。 右や左に飛ぶ人は “ファー” の発声練習をしておくと良いかな(笑)。

 

ドンムアン空港から北50キロ圏内に、10コース前後のゴルフ場がある中の一つで、このエリアを
「バンコク北のゴルフ銀座」なんて言うゴルファーもいます。バンナー エリアのゴルフ銀座と

好みが分かれるところですが、アヨタヤリンクスなど除いて「バンコク北」の方が安めのコースが
多いでしょうネ。 ただここはカートが強制になりました。 それ以外は良くなっていますヨ ・・・  



「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  

  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 福岡市にタイの福岡領事館が... | トップ | 世界に感動を 与えている日本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのゴルフ場」カテゴリの最新記事