タイでゴルフ友達になりましょ。

ゴルフをしながらタイの豆知識・エピソードを発信するプログです。チョット得する、心が元気になる、そんなブログにしたいな?

ロイヤル ジェムズ ゴルフシティ、いつかは国際ツアーを …

2013年03月04日 | タイのゴルフ場
  
 現在 メンバーと同伴でなければプレーできないゴルフ場は、ここに四つありますが、

ザ・ロイヤル ジェムズ ゴルフシティも その一つです。 初めての訪タイで アヨタヤ リンクスと
合わせて その二つのコースでラウンドするなんて、贅沢なゴルフ合宿とも言えますよねぇ~ 
誰かが 羨ましがっていましたっけ (笑)。

 
<レセプション・ロッカー・シャワー室と 立派に造られています…>

昨日からの続きですが、フェアウェイのアンジュレーションが 結構 あって、ティショットが ナイス
ショットしても 二打目が傾斜のあるライとなるため、ここでミスショットするホールが多いでしょう。

ですので、アプローチでは微妙な距離と方向性が必要となりますが、また グリーン廻りの芝とラフが
難敵です。 素直に見えるグリーンも 結構 高速で、思うようにスコアを まとめさせてくれません。

 
 <誰もオンなしでした、この浮島グリーンは難しいなぁ~>

名物ホールは やはり 3番のショートホールかな。 ラフのスペースがない浮き島グリーンで、正確性の
あるショットを 打たないと、池メンになってしまいます。 ドロップエリアはありますが、グリーンの
アンジュレーションを よく見ないと、再び池メンの可能性が生じます。 大変に厄介なパー3ですネ。

 同コースは 日本人にも人気のある、ザ ロイヤル ジェムズ&スポーツクラブのオーナー、ポーンシット
会長が 世界のコースを 廻って来て、オーガスタ・セントアンドリュースなどの世界の名門コースの

 
<フェアウェイとグリーン、微妙にあるアンジュレーション…>

名物ホールを 世界トップクラスのコース・デザイナー、ロン・ガール氏に設計を 任せたコースです。
ですが、また 木々など育っていないせいか まだ その雰囲気が出し切れていませんネ。

ロッカールーム・シャワー室、レセプションやクラブハウスは、品格を 感じさせ 高級感溢れる造りに
なっています。 将来の国際ツアーが行なわれるコースとしても最適なゴルフ場でしょうねぇ~

 
<みんな明るいキャディさんたち、よくやってくれました…>

15億バーツ (約47億円) かかったと聞きますが、将来は 「ドリーム・アリーナ」 という名称で、
このエリアに54ホールの大ゴルフ場を 造成する計画だそうですヨ。 益々ゴルフ環境が良くなるなぁ~

 個人的な感想ですが、ここでプレーする前は 周囲の人からから 「素晴らしいコース」 と聞かされて
いましたので、どんなに素晴らしいか 楽しみにして行きました。 が、全体的な雰囲気、コース管理、
スタッフの対応、施設 … … 等々、どれを とっても アヨタヤ リンクスには敵いませんねぇ~

 
 <みんな楽しんで帰れたかなぁ~ ちょっと気がかり…>
 コンセプトが根本的に違うような気がします。 しかし 贅沢なことを 言っていますよねぇ~


「タイでゴルフ友達になりましょ」 のホームページです  


  タイ・ゴルフを何でもランキングで紹介する情報サイト
『ゴルフ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ザ・ロイヤル ジェムズ ゴル... | トップ | 再選したスクムパン都知事に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

タイのゴルフ場」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事