単複どうでしょう

年間プラス収支を目指して、単複馬券の予想とレース回顧を記録します。★「厳選未勝利」予想はじめました!

レース回顧:1回中山1日目8R4歳以上1000万下(2013)

2013年01月08日 08時43分46秒 | レース回顧
カフェコンセール…四着ですか…。
四コーナー回ったあたりの手応えは十分そうに見えたんだけど、最後止まりましたね。
人気のせいか、若干スムーズさを欠いたレースに見えましたが、このクラスでも通用するのは間違いないでしょう。
でも、逃げ馬と同着なのが気がかり。
次走東京とかだと最後でまた止まるかも?
また人気するんだと狙いにくいな。
とはいえ、二走前の直線の脚が強烈だったので、同じ脚が使えればすぐ勝てるでしょう。
蛯名騎手がレース後に「変則的な調整の影響があったかもしれない」とコメントしてるので、そういうことなら次走も期待したい。
実際どうかわかりませんが。

一応ラップなんかも見てみます。

[ラップタイム]
 12.5-11.9-13.1-13.1-12.3-12.3-12.5-12.7-13.6

3,4Fは遅めでしたが、その後12.3が2F続いてるのでここで先行勢は脚を使っちゃったかな。
差し、追込みの決着になってるからそういうことでいいんでしょう。
なので、カフェコンセールの次走は狙っていいんじゃないかと。
それから逃げたアントウェルペンもメンバーしだいでは好勝負を期待したい。

ということで、年始一発目の予想を外した単複どうでしょうでした。



★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「まだ初詣行ってない!」というあなたも、そうでないあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村

レース回顧:マイラーズカップ(2012)

2012年04月23日 22時15分07秒 | レース回顧
12.1 - 10.8 - 11.4 - 11.9 - 11.3 - 11.2 - 11.8 - 12.7
前半:4F 46.2 - 3F 34.3
後半:4F 47.0 - 3F 35.7

マイラーズCのラップです。
若干後半は時計を要しているのでハイペースよりの競馬になっていたんでしょう。
ラスト1Fは1秒近く失速しているし。

逃げ切ったシルポート
まさか逃げ切るまで行くとは・・・。

曇りの稍重で、1:33.2が勝ち時計。
前日の1600万下よりもコンマ3秒遅いですが、天気や馬場の違いがあるので、こんなもんですかね。

・・・ん?
ラップの途中に、11.3-11.2 という凄い数値があるじゃないですか。
これは凄いですよ。
これがシルポートを最後まで粘らせたスピードでしょう。

ついでに4番手を追走したコスモセンサーまで3着に残ったし。

西園軍団がやってくれましたね。

エイシンアポロンは、「ちょっと太かったですね。実質、追い切りが2本で、外枠もこたえました。」と池添騎手がコメントを残しています。
・・・そうですか、+10kgでしたもんね。
追い切りも2本でしたか・・・。
調べが足りませんでした。

開幕週で内の馬場が良かったってこともあるかもしれませんね。
ダノンヨーヨーも全然伸びてこなかったし。

上がり3Fが速くても34.6秒だったので、みんなに厳しい流れだったのかもしれません。

シルポートが強かった・・・ということでいいでしょう。
おめでとうございます!!

それと、コスモセンサーは安定して走るようになりましたね。
これは力をつけてるってことでいいんじゃないですか!?
逃げたシルポートと4番手のコスモセンサー以外は後方を追走していた馬が掲示板に載りましたから。
逃げ馬が残って、後方からの馬が掲示板に載る中で4番手追走のコスモセンサーが3着に残ったのには価値があると思います。
次走も期待したい。



リアルインパクトは、シンガリ負けだったんですね。
なんだったんでしょう。
岩田騎手は「京都の下り坂は得意じゃないと思う。あそこで走るのをやめてしまったし、最後もはじけなかった…」とコメントしています。
下り坂なんですかね?
この馬、関西圏の競走成績が悪いので、僕は遠征が駄目なんだと思ってます。




・・・いやぁ~やはり "見" でよかった結果になっちゃいました。



★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「シルポートの逃げ切り・・・なんてことになりましたね!」と予想も読み直してくれたあなたも、「やはり開幕週は内の先行馬!!」と競馬のセオリーを改めて見つめなおしたあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村

レース回顧:皐月賞(2012)

2012年04月15日 23時52分36秒 | レース回顧
馬場は稍重まで回復したんですね。
それで勝ち時計は2:01.3ですか。
結構掛かってる印象を受けました。
それを踏まえて、ラップを見ると・・・

12.4 - 11.1 - 12.3 - 11.9 - 11.4 - 11.6 - 12.2 - 12.7 - 13.6 - 12.1
前半:4F 47.7 - 3F 35.8
後半:4F 50.6 - 3F 38.4

これは凄い!
まさかのハイペースじゃないですか。
しかも思いっきりハイペース。

カドマツゼロスがやり合った結果か。
スタート後のゼロスを見たら注文付けていくのかと思ったら、カドマツに並ぶ手前で抑えましたね。
カドマツがこんなに速いと思わなかったんでしょうか。
しかし出ようと思えば前に出れるように見えたんですけどね、ゼロス
で、そこから折り合いつかず結局3Fから4Fにかけてハナに立ち、最後はブービーですか・・・。
2頭がやたら引っ張った流れでしたが、カドマツは8着でしたから結構力ありますね。

それから凄いのはラスト2Fのラップ。
13.6って・・・。
みんなが外を回ったからですか?
それにしてもね~。

とにかく超スローが主流の今の競馬では貴重なハイペースになった皐月賞だったわけです。

気になった馬たちについて、観察でも書いておきます。

ワールドエースは、スタート悪かった。
でも許容範囲のスタートだったでしょう。
そして、その後に躓いたんですね。
最初観たときは気づきませんでした。
何度か見たらマイネルロブストが前に入ってきたところで躓いているように見えました。
審議にもなっていて、JRAの発表では「9番は前の馬に触れてつまずいたものでした。」とのこと。
これは影響あったでしょう。
躓いたおかげで後ろから2、3番手になりましたからね。
躓かなかった場合は、どのくらいに位置取ったかわかりませんけど・・・。
そして3コーナーではシンガリでした。
で、3、4コーナーはみんな外を回ったから、ワールドエースはさらに外を回り、直線入り口ではうまく走れずさらに外に膨らんだ感じ。
そこから凄い伸びたけど2着までが精一杯だったと。
ゴールドシップが・・・というかウチパクさんが凄い騎乗を見せたんで、それに屈した形ですね。

まさかゴールドシップがあそこに進路を取るとは・・・。
スタートから前に行くつもりはなかったんだろうか?
4コーナーは内を付くと決めてたんだろうか?

ということで、勝利ジョッキーインタビューを見てみた。
いいスタートしたけど大外回されるのが嫌でだったから下げていったら最後方になっちゃった的なものでした。
で、外に出そうと思ってたところ、みんな外行ったから、道悪もこなせそうだから内を突いたと。
そんなコメントでした。

ってことで全周パトロールを観てみた。
3コーナー入るところから内に進路を取りましたね。
確かにみんな外に寄っていて、内が空いていました。
直線入ったら3番手でしたから、その距離差は相当あったでしょう。
ゼロスはおいておくと、ゴールドシップワールドエースの距離差が一番大きかったでしょう。
その2頭が1、2着だった。
2着のワールドエース・・・もの凄いですね。
でも、ゴールドシップもおそらく馬場の悪いところ走ってますからね。
それで坂上ってもうひと伸びしたように見えたから強いと思います。

東京向きと思ってたゴールドシップが皐月賞を制した・・・となるとダービーも決まりか!!
いやいや距離ロスも考えるとワールドエースで決まりっしょ!!


うーん、とりあえずダービーはこの2頭で決まりかな?



3着のディープブリランテは前半掛かりましたね~。
この中間スタッフが相当気合入れて人間の制御が利くようにとやってきたのに成果に結びつかなかったです。
それでも3着に来るんだから能力は高いですよ。
ただ、なんとなくですけどダービーに向けては距離が心配です。
折り合いに課題がありますからね。
厩舎サイドがどんな試みをしてくるのか興味があるところです。

グランデッツァは5着ですか。
馬券は予想で書きませんでしたが、結局この馬にしたんですよ。
しかし、馬場を気にしていたとのことで5着ですか。
難しいですね。
序盤の位置取りも思っていたよりも後ろになっていましたが、これも馬場を気にしていたって表れと理解します。
4コーナーでは外を回ったけど、さらに外から来たワールドエースに差されましたからね。
敗因が馬場にあるのであれば、ダービーでの巻き返しも可能性はありますね。

2頭じゃなく3頭かな???



しかし続きの面白いクラシックですね。


ちなみにゴールドシップの生産って社台軍団ではないんですね。
これは驚きでした。
しかも調べたら、3歳馬は8頭しかいないじゃないですか!!
凄いな・・・。
こういうところが強い馬出してくると競馬も面白いです!
社台から選んでおけばいいか・・・といかないところがね。



★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「ダービーは良馬場で!!」と切に願うあなたも、「好きです不良馬場!!」とつぼ八のキャッチみたいなことを言っちゃうあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

レース回顧:高松宮記念(2012)

2012年03月25日 23時02分02秒 | レース回顧
皆さんこんばんは、単複どうでしょうです。

いやぁ~カレンチャン強かったです。
ラストまであんな脚を使えるとは…あっぱれです!!
お見事です。

横綱相撲を観た感じでした。
エーシンダックマンって隣の枠だったんですね。
…そんなのもわかってなかった。

カレンチャンは良いスタートを決めて、隣のエーシンダックマンの様子を見ながら2番手を追走。
直線入って早め先頭に立ち、押し切りました。
力でねじ伏せたって印象です。

勝ち時計は、なんと1:10.3!!
前半3Fが34.5秒で、後半が35.8です。
なので前半ゆっくりで時計が遅いってわけではないと思います。
馬場状態は「良」発表まで回復していましたが、とにかく重い芝だったんでしょう。

しかしGIで1分10秒台とは…ダートの12の速い時計みたいな感じじゃないですか。
なんなんでしょうか。



2着に来たサンカルロ
最後凄い脚で飛んで来ました。
が、クビ差届かず…。
いやぁ、強いんだなぁ~この馬。
完全に侮ってました。
東京での京王杯SCで結果を出していないので…ってのが主な理由だったんですけど。
重い馬場の方が向くのかな?
テレビで井崎さんが言ってましたが、「みんなが坂で苦しくなったところでも伸びてくる」的なことを。
まさにそんな感じですね。
速い馬場でみんなも伸びるようなレースではダメなんですね。
今回もラスト3Fのラップは…

  11.6-11.7-12.5

となっていて、ラストでガクっと失速しています。
サンカルロは、この失速がなく同じようなスピードで走れてるんでしょう。
凄いな。
中京芝12…これはまさにサンカルロ向きなコースでしょう。

サンカルロの3着以内を確認すると・・・
阪神、中山、東京です。
すべて直線に坂があるコース。
京都では一度も馬券になってません!
・・・って2回しか走ったことないんですけどね。

でも、直線に坂があるコースの方が買いですね、この馬。
・・・今さら感がありますが。



そして3着に我が本命ロードカナロアが入りました。
いやぁ~、壮絶な3位争いを制しましたね。
同厩舎での3位争いになりましたが。

やはりロードカナロアってのはスタートが上手ですねぇ~。
これは今後も強力な武器になるでしょう。
道中若干力んでるようにも見えましたが、許容範囲ですね、きっと。
直線でカレンチャンの外に出そうとしたけど、外の馬もそこを狙ってきて行けず、内に進路を切り替えるシーンはありました。
そのまま外に出せれば・・・とも思いましたが、結果を左右するほどのことではないとも思います。
しっかりと、この馬の力を出し切った結果でしょう。
現時点ではまだ力不足だったと。

でも良い競馬でしたよ、ロードカナロア & 福永騎手。(エラソウニ…スミマセン)

秋には大仕事をやってくれるでしょう!!
期待しています。



4着はダッシャーゴーゴー
この馬も思った以上に走りました。
…全然いけてない予想だったな。




カレンチャンサンカルロダッシャーゴーゴーは、GIに力を出し切れるよう上手に調整されてきたと思います。
3頭とも前哨戦で負けてますが、やはり実力馬なんですね。
さすがです。
そしてスタッフの皆さん、素晴らしい!!
いいレースをありがとうございます!



で、5着にはマジンプロスパーですか!!
やるじゃん、マジン!!
3番手につけて、5着に粘ってるんだから力あるでしょう!!
今後も楽しみです。

エーシンダックマンは、ブービーか。
直線入って早々に捕まっちまったもんな。
でも、しっかりレースを引っ張ってくれて感謝。
とりあえず重い馬場は向いてないかな。



★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 6着に来て洋芝適性の高さを見せたグランプリエンゼルに「お疲れ様でした!」と言葉をかけたいあなたも、実際言葉をかけたあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

レース回顧:シンザン記念(2012)

2012年01月10日 23時21分34秒 | レース回顧
ピュアソウル・・・まさかの14着ですか。
ここまで負けるとは思いませんでした。

とりあえず、前半の掛かりっぷりは相当でした。
燃える男 ピュアソウルとでも言いましょうか・・・ハァ~。

川田騎手よ、もう少しなんとかならなかったかね?
全てを見てるわけではないですが、結構馬にもってかれる騎手なようなイメージを最近いだいています。

ただ、レース後のコメントに「テンションが高くて、返し馬からムキになっていました」とあるように、ピュアソウルがよほど凄かったということなんでしょう。

今後も燃える気性に悩まされるような気がするなぁ~。

こうなったらそ~っとスタートして最後方から・・・みたいな競馬でも試して欲しいです。




勝ったジェンティルドンナは、良い馬ですね。
一瞬の切れが凄い馬で、スピードの持続力はどうなんでしょう・・・と思っていましたが、ありますね!持続力。

レースのラップが

12.2 - 11.1 - 11.7 - 12.2 - 11.6 - 11.9 - 11.7 - 11.9

です。
11秒台後半がズラリと並んでいます。
欲を言えば、11秒台前半のラップが欲しかったですけど・・・。
それほど失速もしていないし、1.34.3の勝ち時計は、翌日の1000万下の時計よりも1秒以上速いので優秀でしょう。
前半多少行きたがる素振りがあったのと、どうも頭が高いってのが気になるところですが、クラシックを盛り上げてくれる1頭になるんじゃないでしょうか。

そうそう、今回の最終追い切りの内容からも勝ち切りはしないと思ってたんですけどね。
この馬は坂路動かないってことを覚えておきたいと思います。



レースを引っ張ったシゲルアセロラですが、最後は捕まり5着でした。
ジョッキーも競馬ブックも直線は「バタっと止まっていない」から期待が持てる的なコメントを出しています。
ラップとレース映像からすると若干仕掛けが早かったんじゃないか?とも思えます。
ラップを見ると4Fから5Fにかけて加速して、その後多少失速・・・レース映像ではおそらくそのタイミングで後続を離して、すぐ追いつかれる・・・っていう感じに見えました。
なのでもう少し仕掛けを遅らせれば・・・って思えます。
5着に踏み止まってる映像からもバタッと止まってないように見えますから、次走も期待したい馬です。

オリービンは随分後ろからの競馬になりました。
直線の入り口では最後方から2番手の位置取り。
上り3Fはメンバー中最速。
思っていたのとは全然違うレース内容になってました・・・。
小牧騎手によると、返し馬でのテンションが高かったから引っ掛からないように注意していたら折り合いがつき過ぎて道中はキョロキョロしていたとのこと。
・・・そんなこともあるんですね。
どんだけ折り合いつけるのうまいんですか!小牧さん!!
是非ピュアソウルに乗って欲しい!!
ん?オリービンが特殊なの??

トウケイヘイローは1番人気で4着止まり。
こちらも騎手のコメントを確認すると・・・「道中は掛かった馬が外へ張っていて」とあります。
まさかピュアソウル!?と思い、全周パトロールビデオを確認してみました。
確かに、ピュアソウルのおかげでトウケイヘイローは外々を走らされてるじゃないですか!!
あぁいうコメントをしたくなるのもわかります!!
次走もチェックしたい馬ですね。

グラーネは、やはり怖がりのようで力を発揮できなかったみたいです。
外枠に入るなら狙ってみたい!!



★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「あんだけ掛かっちゃ度外視でしょ!」とプラス思考なあなたも、そうでないあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

レース回顧:中山金杯(2012)

2012年01月05日 22時57分29秒 | レース回顧
アドマイヤコスモス・・・レース中に骨折ですか。
残念です。
全治は不明とのことですが、早く元気になってほしいものです。

さて、勝ったのは、フェデラリスト
やりましたねー!
良い切れ味でした。
あっぱれです。

ラップを見ると・・・

12.5 - 11.3 - 13.1 - 12.0 - 12.4 - 11.7 - 11.8 - 11.7 - 11.4 - 11.5

後半5Fはすべて11秒台。
前半には13秒台もあり、完全なスローの先行有利の流れじゃないですか!
それを差し切ったか。
55kgじゃ軽いハンデだったんですね。
2着のダイワファルコンとはクビ差でしたが、3着のコスモファントムとはコンマ4秒差付けましたね。
フェデラリスト・・・今後も活躍が期待できるな。
準オープンをちぎって勝つ馬ってのは上にいっても好走するんでしょう。
今後も気をつけよう。
・・・って実は、フェデラリストはTARGETでGIIIは勝てるだろうマークのチェック馬として登録してたんですよね。
はぁ~。
・・・気をつけてはいたんだけど、アドマイヤコスモスを上に見たんですよね。

まぁ、ワイドの相手に選んだコスモファントムエーシンジーラインが3、4着に入ったんで予想としてはまずまずとするか。

ダイワファルコンは、前走が悪すぎでこのくらいは走る馬なんでしょうね。
ブリンカー効果もあったんでしょう。
良い走りだったと思います。

イケドラゴンが何故ハナを狙わなかったのか・・・。
スタート悪かったのと、エーシンがハナを主張したから・・・ってところかな。
しかし、51kgだったらスタート悪くてもハナにこだわって欲しかった。

ネヴァブションは、何もやれなかった。
直線では狭くなって追えないシーンもあったが、パッと動けなかったから狭くなっちゃったと理解しよう。
まだ動ける状態ではなかったと。
次走はもっと良い状態になってると面白そう。
って9歳に上積みを期待してよいものか・・・。



馬券的には、コスモファントムの単複にしておいたら、複勝で350円・・・
結構付いたなぁ~。
陣営からは強気のコメントが多かったように感じたけど、人気なかったんですね。
おいしい馬券だったな。
ま、これも競馬か。



レース回顧とは関係ないですけど・・・
次は中2日で日曜と月曜に競馬があるんですよね!!
月曜には、我がPOG馬のピュアソウルと、アストライオスが出走するかも!!
ピュアソウルベガの孫ってことで期待している馬です。
なかなかの末脚の持ち主だと思います。
シンザン記念と、福寿草特別に登録していますが、マイルの方が合うんじゃないかなと見てます。
が、クラシックで見たいので、福寿草特別で2000mを走って欲しい!!

それからアストライオスは青本で写真を見て、これは走りそうと思った馬です。
血統は、サクラバクシンオー×ビーナスラインってことで短距離での活躍を期待してます。
ネットで見てると、月曜の中山芝1600mに出走・・・っぽいことが書いてあったので、出走するなら中山まで足を運びたいと思ってます。
中山芝1200mでデビューして欲しかったけど、この時期ないみたいですね。




★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「次の更新はいつですか~!?」と挑発的な言葉が口から出そうにあなたも、もっと凄いことを言おうとしたあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

レース回顧:有馬記念(2011)

2011年12月31日 21時31分54秒 | レース回顧
随分ご無沙汰しております。
単複どうでしょうです。

いつぶりか・・・と見てみると、宝塚記念の予想が最後でした。
半年ぶりってところです。
ブログは長らく休んでましたが、競馬は続けていました。

ハズレが多かったので復活が遅れた・・・ってくらいハズレています。
この有馬記念のレース回顧をもって復活します!
・・・多分。
定期的には書けない気がしますが・・・。
無理なく続けられる程度で。



ま、とりあえず有馬記念振り返ってみます。

まずはどんな予想をしたか。
終わってから予想を書いても・・・とも思いますが、メモとして。
・・・あまり過去の記事を活用してないので、それもどうよって感じだけど。

当初は・・・
ブエナビスタ、オルフェーヴル、アーネストリー、ルーラーシップ
を中心に考えていました。
・・・ん?もはや単複予想ではなくなっている!?

そしてなぜかルーラーシップの名前。
宝塚記念の本命です。

なんか好きなんですよね、ルーラーシップ
勝ち負けがハッキリしすぎな成績ですけど・・・。
走り方がカッコいいと思ってます。
ダイナミックなフォームが!
結構無駄のある走り方なのかもしれませんが・・・。

で、結局は、オッズ、条件等から宝塚記念と同じくルーラーシップを本命視しました。

やはり単複!!

そして、単勝人気がなんと11番人気!!
複勝でも7倍以上付くという状態。
これはおいしいと思えてならなかった。
調教では未勝利馬に先着を許すという信じられない内容でしたが、関係者コメントから状態自体は良いと判断しました。
スタートがうまくないので大外枠ってのも悪くはないと思えたし、ジョッキーが扱いやすいとかも言ってたし、スローになるだろうから向正面で位置取り上げて金鯱賞みたいにならんかな・・・と。
なんなら先行までしちゃって強い競馬を見せるかも・・・なんて期待すらしてました。

宝塚記念以来の競馬でしたが、とにかくこれはおいしいオッズだと。

・・・しかし、結果は4着。

無念。
3着まであと一歩だったが・・・無念過ぎる・・・。

あぁぁ・・・なんてスローなんだ!!

この無念さはレースを作った哲三さんに向けるしかない!!
(・・・イヤイヤ、ヤメナサイッテ)



とりあえず、レースのラップを見てみます。

■ハロンタイム
6.8 - 12.0 - 12.4 - 12.1 - 13.1 - 14.4 - 14.3 - 13.0 - 12.0 - 11.9 - 11.4 - 11.3 - 11.3
■上り
4F 45.9 - 3F 34.0

これは驚きだ。
14秒を超えるラップが2つもある。

・・・GIなんですよね、有馬記念って。

とてもGIとは思えないラップを刻んでいます。

このとんでもないペースを作ったのは、ハナを切ったアーネストリーか。
テレビ観てて、最初のコーナーの入り方が随分外からだったからよほどハナを切りたくないんだな~と見えました。
哲三騎手はハナを切るってケースは考えてなかったんだろうか・・・。
レース後にハナを切ったことがなかったので・・・と話しているが、それにしてももう少し何かあったような。

宝塚記念をレコード勝ちした馬だから、こんなスローよりもある程度のペースで引っ張って押し切るってつもりで乗って欲しかった。

同じ日に行われた1000万下のハンデ戦(グッドラックH)より勝ち時計が約3秒遅い。
やはり遅すぎる。

競馬ブックによると通過タイムが以下です。

37.3(600) - 49.9(800) - 1.03.6(1000) - 1.18.0(1200) - 1.31.6(1400) - 1.44.1(1600) - 1.56.1(1800) - 2.07.7(2000) - 2.19.1(2200) - 2.30.4(2400)

1600mの通過が1.44.1!?
これは1800mのレコードと同タイム!!
そして1800mの通過と、トーセンジョーダンの天皇賞(秋)が同タイム!!

衝撃の有馬記念だ・・・。
ま、これも競馬ですけどね。

しかし、ここまでくると、もうなんだかよくわかりません。
とにかく勝ったオルフェーヴルは強いですね。
こんな流れを後ろからキレイに差し切るんですから。
3コーナーから直線入り口まで外を回って進出してくるんですけど、レースのラップで言うと「11.9 - 11.4」ってところですよ!
これは凄い。
来年は凱旋門賞を目指すということで、是非がんばってください!!

ヨーロッパの芝は日本のとはかなり違うんですよね。
凱旋門賞の前にレースを使ってほしいですね。
・・・そういう計画になってるのかしら?と思い検索すると、「秋の凱旋門賞を前に、3月のドバイ遠征を視野に入れると明言した」そうです。

なんですってー!?
でも3月だから凱旋門賞の前にヨーロッパで走ることはできるか。
そのくらい当然考えるか。

で、ドバイ行くとすると、ドバイの前に競馬使いますかね?
ヴィクトワールピサのように中山記念!?
中山記念使うなら観に行きたい!!
それか京都記念??
ブッツケも十分あるか!?

・・・まぁ、随分話は逸れましたが、有馬記念に戻りますか。



テレビで観た印象は、アーネストリーが随分ゆっくりしたペースで行って、ロングスパートもせず単に上り3Fくらいの瞬発力勝負になってしまったのでは!?
と思っていたけど、残り7Fからのペースアップが凄かったんですね。

14.3 - 13.0 - 12.0 - 11.9 - 11.4 - 11.3 - 11.3

ラップの差分を見ると・・・

1.3 - 1.0 - 0.1 - 0.5 - 0.1 - 0.0

って感じです。
2Fで一気に加速しているけど、その後はそうでもないか。
数字見ても、やはりラスト3Fがとても速く、思いっきり瞬発力勝負になってます。

これではアーネストリーには厳しかったんでしょうね。

ちなみに宝塚記念のラスト5Fは・・・

 12.1 - 12.0 - 11.5 - 11.7 - 12.0

で、ラスト3Fは11.5から12.0に減速している。
スピードの持続力が問われるレースだったんでしょう。

さらにちなみにアーネストリーが勝ったオールカマーのラスト5Fは・・・

 11.9 - 11.6 - 11.8 - 11.4 - 12.3

で、ラスト2Fから1Fにかけて約1秒の減速。
これはアーネストリーがラスト緩めた?
いやいや、最後の一完歩くらいは緩めてるけど、しっかり追ってました。

やはりアーネストリーに向かないレースになっちゃってしまったと認識しておこう。
でも、それなりのペースを作ってくれる馬がいることが好走の条件になったかな。
GIIまでなら条件関係なく勝ち負けしそうだけど。


エイシンフラッシュは、さすがですね。
瞬発力勝負で世代の頂点に立っただけのことはある。
調教もとても良い動きを見せていたので気にはしてましたが、持久力勝負になると予想していたので・・・。
それと、いつも調教は良い動きをするが結果が出ないってのが関係者のコメントにもあって手を出しにくい馬になってた。
が、中山は合うのかもしれない。
昨年の有馬記念は7着だったけど、京成杯勝ってるし、ブッツケの皐月賞も3着に突っ込んできていた。
今後の参考に覚えておこう。

トゥザグローリーは、2年連続3着か。
エアシェイディみたいだな。
こちらも中山向きなのか!?
エアシェイディは7、8歳だったけど、こちらは3、4歳だから、5歳も6歳もあるかも!!
これも覚えておくか。

ルーラーシップは、やはりスタートが下手だ。
でも、外枠だったのが4着まで来れた要因かもしれない。
・・・結局最後方からの競馬だったから枠は関係なかったか。
それから騎手のコメントを見ると、どうも道中でリラックスできないみたいだ。
これは大きな課題になりそうだ。
レースの経験が少ないのも原因かも・・・。
順調に使えないってのはハンデだな。
それからどう見ても飛びが大きいから中山は向いてないな。
東京だったら・・・来年JCあたりで良い競馬を見せてほしいものだ。

でも、ルーラーシップの上り3Fみたら・・・メンバー最速じゃないか!!
中山もいける!??
最後方から行ってるから速い脚が残ってるのは当たり前か!?
でも外を回ってるからな・・・。
とにかく能力は高い!!
来年はもっと活躍することを期待しよう!




・・・何度も有馬記念を観てたら、外から上がっていったオルフェーヴルは一番スムーズなレースになっていたように思えてきた。
それでも、同じようなコースを通ったルーラーシップと比べるとやはり凄いってことになる。
鞍上が動きたいところで動ける機動力があり、ピッチ走法から繰り出される瞬発力もあり、そのスピードの持続できる力もある!
あのレースをスムーズに進められる力があるってことですね。
やはり強い馬です。
無事に有馬記念を迎えて欲しい!!


それから内にいた馬たちにはとても走り辛かったように見えた。
みんなが力を出し切れなかったレースになったような・・・。
ヒルノダムールなんかも最後の最後でいい脚使ってましたよ。
そんな中でトゥザグローリーは内のごちゃついたところからラストで凄い伸びて3着。
これは一瞬の切れが鋭かった。
やはり中山向きってことでいいんでしょう。
陣営もレース前に一瞬の切れみたいなことは言ってました。
こういうことか。



適当にまとまりのない文章になってますが、後で使えるかな???




まぁ、そういうわけで、来年はボチボチ更新したいと思います。

では皆様良いお年を~。



 にほんブログ村へ(←クリックで応援してください)


レース回顧:WIN5-5/15(2011)

2011年05月16日 21時04分59秒 | レース回顧
5月15日(日)のWIN5のレース回顧です。


 予想 | レース回顧 |

 ヴィクトリアM | 京王杯SC | にほんブログ村へ(←クリックで応援してください)



[今週のWIN5予想と結果]
[1]京都10R 朱雀ステークス/
   4 エアラフォン【1着】
[2]東京10R 是政特別/
   16 ゴールデンルーヴェ【4着】
[3]新潟11R 邁進特別/
   7 キングオブザベスト【2着】
[4]京都11R 栗東ステークス/
   13 シルクフォーチュン【4着】
[5]東京11R 第6回 ヴィクトリアマイル(GI)/
   4 レディアルバローザ【3着】、13 ブエナビスタ【2着】、16 アパパネ【1着】


またも2/5です。
でも、ここに書いた馬が全部掲示板ですよ!
すごいなこれ!!
ハズレだけど・・・。
13着とかをよく出す単複どうでしょうとは思えませんなぁ~。


■ [1]京都10R 朱雀ステークス
このエアラフォンは強かった~。
というかピンナ騎手の好騎乗かな。
自信を持って直線勝負にかけたように見えましたよ。
それに応えた馬も偉いですけど。
確実にスローの流れだったんですけど、それを見事差しきってますから、時計は大したことないですけどオープン入りとなる次走でも期待できそうです!
距離はマイルまでがいいのかな?


■ [2]東京10R 是政特別
ギャザーロージズよりゴールデンルーヴェを選択したことは良かったが、もっと上がいましたか。
しかし、ニシノヴァンクールはノーマークだったな。
どうやってもこのレースは取れなかったと思う。


■ [3]新潟11R 邁進特別
キングオブザベストは2着か。
またもや勝てず・・・。
結構負けましたね。
ナイアード
知らないんですけど・・・でも2番人気だったんですね。
これも無理だったな。


■ [4]京都11R 栗東ステークス
シルクフォーチュンはよく走ってます。
スタートからの映像を見てないので、コメントがいまいちですけど。(映像見なさいよ!)
4コーナーを回ってきたときの位置取りは随分前に来れるようになったなぁ~と思った。
でも、JRAで結果を見ると3コーナーの位置取りはシンガリか・・・。
やはりまだまだか。
スタートの練習でもした方が良いんじゃないか?
このクラスに入ると今までのレースっぷりでは勝ち負けできないでしょ。
トーホウドルチェ!?
これも買えません。
6番人気かぁ~。
単勝で1,990円ですか~。
こいつが高配当の功労者ですな。


■ [5]東京11R 第6回 ヴィクトリアマイル(GI)
で、アパパネですか。
いやぁ~、レディアルバローザは坂下で余裕ある手応えに見えたんで、勝ったかと思ったぞ!!
惜しかったな、レディアルバローザよ。
最後も100mくらいまではしぶとく食い下がったが、ゴール版前では止まってたな。
まさかのハイペースだったので、それが堪えたんだろう。
それでも3着なんだから大したもんだ。
福永騎手もスローの上り勝負をイメージしてたんだろうな。
ブラボーが出遅れ、オウケンがまさかのハイペース逃げ・・・誤算だった。
それにしてもアパパネは強いな。
毛づやがそれほど良くなく、仕上げすぎ感タップリのパンパンの体で、あんだけ走ったか・・・。
あっぱれだ!!
この後はどうするんですか?
安田記念!??



 予想 | レース回顧 |

 ヴィクトリアM | 京王杯SC | にほんブログ村へ(←クリックで応援してください)



★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「今回は10億売れたんですって~!!?へぇ~~~。」というあなたも、そうでないあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

レース回顧:WIN5-5/8(2011)

2011年05月10日 21時45分19秒 | レース回顧
5月8日(日)のWIN5のレース回顧です。


 予想 | レース回顧 |

 NHKマイルC | にほんブログ村へ(←クリックで応援してください)



[先週のWIN5予想と結果]
[1]京都10R 白川特別/
   3 バアゼルリバー【1着】、6 ワイズミューラー【6着】
[2]東京10R ブリリアントステークス/
   2 ピサノエミレーツ【5着】
[3]新潟11R 第33回 新潟大賞典(GIII)/
   13 サンライズベガ【3着】
[4]京都11R 都大路ステークス/
   10 ネオヴァンドーム【1着】
[5]東京11R 第16回 NHKマイルカップ(GI)/
   4 エーシンジャッカル【9着】、14 アイヴィーリーグ【10着】

5の2ですか。
まぁ、これまで1レースしか的中できてなかったから進歩ありとしようか。
とりあえず、最初のレースを的中するとなんだか盛り上がることがわかりました。
最初と最後を2点にして、残りの3レースを1点買いって買い方は良いと思う。
合計4点だし。
400円なら、いいっしょ。
しばらくはこのスタイルを基本にしよう。

それから今回はネオヴァンドームが5番人気だったようだが、それ以外は1~3番人気が1着に来ている。
結構堅いもんなんですね。
だから50万くらいにしかならないのか・・・。
それでも4点買いで400円が50万になるならうれしいなぁ~。

二桁人気の馬が1着に来た日にゃ~・・・えらいこっちゃ!!ですよ。

いやぁ~当ててみたい。
1回400円で100万の配当を手にすると仮定すると・・・何回以内に的中すればプラスか!?
えっと・・・2,500回ですね。
2,500回目で100万が的中したらトントンということになります。
単純計算にするために年間50回WIN5を購入するとすると・・・50年!?
気が楽になる~。
当たると凄いです。
しかし、100万ってことは・・・どこかで人気薄が入るんだな・・・きっと。
4レースが1~4番人気で決着して、1レースが5~8番人気くらい。
これで100万になるかな。

・・・そうは言っても、そういうの関係なく勝つと思う馬を並べるんですけどね。

ということで適当に思ったことを書いてみた。



それからネオヴァンドーム・・・こいつを何故勝つと思ったのか・・・。
困ったことに思い出せない。
京都の成績が良かったから?
きさらぎ賞勝ちのコースでもあるし?
・・・わからん。
今後は、簡単でも良いから予想のときに書き添えておきたいと思う。




 予想 | レース回顧 |

 NHKマイルC | にほんブログ村へ(←クリックで応援してください)

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「50年もやれば1回くらいは当たるんじゃねぇか~!!?」とWIN5を買い続けることを誓ったあなたも、そうでないあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

レース回顧:WIN5-4/24(2011)

2011年04月26日 00時05分36秒 | レース回顧
4月24日(日)のWIN5のレース回顧です。


 予想 | レース回顧 |

 皐月賞 | 厳選未勝利 | にほんブログ村へ(←クリックで応援してください)



いよいよWIN5が発売開始です。
記念に購入します。
万が一当たるかもしれませんしね^^

時間もないし、簡単に。

[今週のWIN5予想と着順](フォーマットは編集長のコピペしました♪)
[1]京都10R/◎アルティシムス(13着)  ○エーシンブラン(16着)
[2]東京10R/◎ケイアイドウソジン(1着
[3]新潟11R/◎サザンギャラクシー(11着)
[4]京都11R/◎ワンダーアキュート(2着)
[5]東京11R/◎サダムパテック(2着)  ○ダノンミル(13着)


【結果】大ハズレw!!

5レース勝って単勝1つしか当たらなかったってことですね。
でも、そのくらい難しいってことです。

それにしても最初の京都10Rがひどいな・・・。
2頭揃って二桁着順か・・・。
新潟も11着か・・・。

イレブン競馬でも出演陣が各自予想を披露していました。
その中でレッド吉田が最初のレースを「全頭買い」するという荒業を使っていました。
最初で望みが消えるのが嫌だ・・・的なことを言ってましたが、ある程度なるほど~と思える予想スタイル!!

今回の5レースで1着に来た馬の単勝人気は・・・

[1] 1番人気
[2] 3番人気
[3] 3番人気
[4] 3番人気
[5] 4番人気

でした。
昔、仲間が言ってたのが「1~4番人気の4頭BOXを買えば馬連の的中はかなり高い」。
今回1~4番人気の馬でWIN5を買ってれば的中ですね!!

・・・って何点買いよッ!!!

4×4×4×4×4=1024通り!???

今回の配当は81万だったので、10万で81万ゲットですか!!!
・・・でも5番人気以下が来たら10万が飛ぶんですね^^;

やはり点数を絞ってコツコツ買って、当たるのを待ちます!!



ん?これはレース回顧じゃないか!??



 予想 | レース回顧 |

 皐月賞 | 厳選未勝利 | にほんブログ村へ(←クリックで応援してください)

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「次回は単勝4番人気以内の馬でWIN5を組み合わせてみよう!!」と思ったあなたも、そうでないあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

レース回顧:はなみずき賞(2011)

2011年04月18日 22時26分51秒 | レース回顧
2回阪神7日 はなみずき賞 1800m 芝・右 外 のレース回顧です。


 予想 | レース回顧 |

 マイラーズC | にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)



フルアクセルは5着ですか。
最終的に1番人気になっちゃったんですね。
単勝オッズは280円ですか。
人気を集めましたね~。
未勝利の勝ち方が強烈でしたからね~。
しかし、未勝利を勝ったばかりの馬が重賞を戦ってきた馬を差し置いて1番人気・・・ってなかなかハードル高いってことでしょうか。
そういう見方も必要でしょう。
今後はその辺も気をつけてみてみるか。

・・・そういうこともあるでしょうが!!
その前にフルアクセルの競馬はまるでスムーズじゃなく、力をまったく出し切れなかった。
・・・そう見ます。
普通に周ってくれば勝てたんじゃないかね?
「タラレバ」は無しといいますが、そう思ってます。

フルアクセルの競馬はこうです↓

直線で外に出そうとしてもひとつ外にエーシンミズーリがいて出せず・・・。
その後、馬場の真ん中を抜けようとしたら前の馬が寄れて前が塞がり・・・。
じゃあ内を突こうとしたら、前の馬も同じように内に入っていき、後ろにも馬がいてうまく行かず・・・。
仕方なく少し外側に進路変更・・・。
こんなことしてたらスピードが出ませんよッ!!!
各馬が真っ直ぐ走ってくれたら・・・と思う内容でした。

騎乗していた後藤騎手も

 「窮屈なレースをしてしまって、
  この馬らしい脚を引き出してあげることができなかった」

とコメントしています。
まぁ~そうでしょう。
人気には応えられなかったですが、次こそ・・・って思える内容だった・・・はず。
それほど自信をもっては言えませんが。
とにかく引き続き注目したい馬です。

でも、進路を変更する際、もう少しそのコースで我慢できませんかね?
前の馬とかがちょっとヨロっとしただけで、少し辛抱すればそのコースを進むことができたんじゃないかと思ったりしました。
まぁ、沢山騎乗している人が瞬時に判断して、ああいう騎乗になったわけで・・・「これも競馬」ってヤツですね。

勝ったのは、レッドセインツ
8番人気だったんですね。
人気を落としていたなぁ~。
420kgという牡馬としては小柄な馬なんですけど、パドックの様子はとても良かったです。
レース後のコメントをみると四位騎手は調教でそこそこ手応えを掴んでいた感じでした。
「秋になればもっといい馬になると思う」とも。
春の内に・・・ってことはないのかな!?
中2週になりますが、プリンシパルSに出てほしいです。

直線では四位騎手が必死に追ってるように見えたけど、最後は余力あるように見えたし。




 予想 | レース回顧 |

 マイラーズC | にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「ディープ産駒は勢いあるなぁ~!皐月賞もディープ産駒で勝負!!」というあなたも、そうでないあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


<PRサイト>






レース回顧:桜花賞(2011)

2011年04月10日 23時20分29秒 | レース回顧
2回阪神6日 第71回 桜花賞(GI) 1600m 芝・右 外 のレース回顧です。


 予想その1 | レース回顧 |

 にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)



さぁ、結論を書かずに桜花賞が終わってしまいました・・・ヒドイ予想ブログですみません。
それにも関わらず、土日でたくさんのクリックを頂きました。
にほんブログ村へ」←これをクリックしてくださった皆様、ありがとうございます!!
ブログに対するモチベーションが俄然アップ中です!
・・・まさに一喜一憂。
相変わらず大人になりきれない単複どうでしょう・・・ですが、今後ともよろしくお願いします。
クリックがまだの方もこれからドシドシお願いします。(といっても見てくれたら1回押してくだされば結構です)

さ、モチベーションアップの理由には馬券の的中があります。

的中は複勝だけですけど・・・。

予想その1では、千代田牧場出身の8枠2頭はないな・・・ってぐらいのことを書きましたが・・・。
レースの方は、千代田牧場出身の2頭が2着、3着という結果・・・。
あれれ???
まさか・・・ホエールを買ったのかよ!??
いえいえ、トレンドハンターの単複を買いました。

トレンドハンターは、桜花賞前の成績が[3・1・0・0]で芝の経験は前走のフラワーCのみ。
まぁ、初芝で重賞を勝ったっていう芝適性の高い馬だったわけです。
桜花賞前の岩田騎手のインタビューが印象的で、テレ東の競馬番組のアナウンサーが「フラワーC前に桜花賞に出走できるって可能性があると思ってましたか?」みたいな質問に対して、「可能性ではなく確実にクラシック路線に乗ってくると思ってた」的な回答をしていました。
これを見て、千代田牧場2頭が8枠・・・って不利よりも岩田騎手の手応えを上に見て単複どうでしょう!!ってのが予想の経緯です。

それと社台5頭がなんとも頼りなく映ったのもあります。
・・・後からならなんとでも書けますね^^;

でも、勝ったのは、社台ファームマルセリーナでしたね。
この馬は、ディープインパクト産駒だったんですね。
社台グループとしては最高の結果を得ましたね。
ディープインパクト産駒が初年度にクラシックホースを排出・・・と。
社台グループのシナリオどおりだったのかな・・・読みが浅かったか。




レースを観て思ったことをもう少し。
トレンドハンターのスタートは・・・まぁまぁですか?
どちらかというと悪い方ですね。
それに大外枠ってのが効きましたね~。
いや、それよりも初の芝マイル戦の流れについていけなかったか?
しかもGIですからね。
完全に前半で置かれました。
道中はずっとシンガリを追走してたな。
直線入ってもシンガリ。
・・・よく3着まで来たな。
すげー芝適性じゃないかッ!!
思っていた以上だぞ!!
こりゃぁ~オークス向きって多くの人が思うだろうなぁ~。
父がマンハッタンカフェでレッドディザイアと被りますね~。

それから、勝ったマルセリーナ・・・スタート悪ッ。
で、道中も掛かり気味に見えたんですけど・・・。
そうだとすると・・・相当強いぞ!
直線も進路が狭く、外の馬を2頭ほど蹴散らして出てきたように見えた。
気持ちも強く、体も強い!
で、速い脚も持っている。
掛かり気味でもラストにあの脚が繰り出せるスタミナもある。
折り合いの難しさがあるのかもしれないが、2冠も夢じゃない!!

1着、3着が松田博厩舎ですか。
レーヴが抜けても・・・層が厚い厩舎だ。

4コーナーの位置取りの後ろ3頭が、終わってみれば1~3着を占めている。
これはハイペースだったということだろうか。
ラップを見てみた。

ハロンタイム:12.1 - 11.0 - 11.5 - 12.1 - 11.8 - 11.3 - 12.0 - 12.1
前半:4F 46.7 - 3F 34.6
後半:4F 47.2 - 3F 35.4

4Fで0.5秒、3Fで0.8秒、前半が速くなっている。
ラスト2Fでは12秒を切ることなく時計が掛かっている。
ハイペースだっと解釈しておこう。
では上位を後方にいた馬が独占したかと思えば、ハナを切ったフォーエバーマークが5着に逃げ粘った。
とりあえず上位3頭は決め手を持っているな~。

ホエールキャプチャも強いんだなぁ~。

マルセリーナホエールキャプチャはゆったりしたローテーションで桜花賞に臨んで結果を出してきた。
オークスでも好走する確率は高そうだ。
単複どうでしょうの本命馬 トレンドハンターはどうだろうか。
中1週の厳しいローテーションで桜花賞を走ったから、ダメージが心配される。
ダートを使ってきたのも爪の弱さがあったようだから、なおさら心配だなぁ~。
無事にオークスに出てくることを望みます。

桜花賞の勝ち時計は1:33.9
同日の古馬1000万下クラスの芝1600mが1:35.1なので、この時計は優秀ですよ。

とりあえず、桜花賞上位3頭は強いってことで。




 予想その1 | レース回顧 |

 にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「別路線からの勢力図塗り替えを期待します!」と思っているあなたも、そうでないあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


<PRサイト>






レース回顧:産経大阪杯(2011)

2011年04月03日 23時13分39秒 | レース回顧
2回阪神4日 第55回 産経大阪杯(GII) 2000m 芝・右 のレース回顧です。


 予想その1 | レース回顧 |

 日経賞 | にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)



ドリームジャーニー・・・9着でした。
何も良いところがなかったように見えたぞ、ジャーニーよ。
どうしたんだ?!
まったく調子が悪いみたいじゃないか。
池添騎手のコメントは

  「ゲートを出たところで挟まれてしまい、
   バランスを崩してしまいました。
   その後は折り合いましたが、
   3コーナーから上がって行きたかったのに、
   他馬に張られるところがありました」

というもの。
確かにスタート直後は両脇の2頭に挟まれて後ろに追いやられた。
まぁ、いつも後ろの方から行く馬なのでそれほど気にしないで見てたけど、それなりに影響したんだろうか。

勝ったヒルノダムールはレコードだって!?
・・・ってことは流れが速くなったってことか?
差し有利だったのか?
レース映像を見る限りでは、差し有利ってほどではなかったような・・・。
少なくてもドリームジャーニーに流れが向いたようには見えなかった。
3コーナーでポジションを上げることが全然できなかったからな。

レースのラップを確認してみよう。

 ハロンタイム:12.5 - 11.0 - 12.3 - 12.1 - 11.4 - 11.6 - 11.6 - 11.3 - 11.8 - 12.2
 前半 :4F 47.9 - 3F 35.8
 後半 :4F 46.9 - 3F 35.3

前後半4Fのタイム差は1.0秒、3Fで見ると0.5秒・・・どちらかというとスローだな。
レコード決着にはなってるけど、スローよりなペースだったことから考えると馬場状態が相当良かったと見る。
スロー・・・ってことで理解すると、後ろから行った、ドリームジャーニーダノンシャンティも出番無しになってしまうわけだ。

・・・ん?ダノンシャンティは4着か。
59kg背負って、1着からコンマ1秒差の4着だと!??
・・・強いなこの馬。
小回りだし、最後方から、59kgを背負ってとなると・・・いらんだろ・・・と思っていたが、まぁ結果的には馬券にならなかったので予想としては良かったのかもしれないが、コンマ1秒差まで詰めてるぞ!!
前走も京都記念で道中ひっかかりながら4着。
この馬は強いな。
次はどこを使うんだろうか。
要チェックだ!!

ラップを見て、前半4Fまでは若干遅いくらいな数字が並ぶが、そこから凄いぞ!!
5Fからのラップが全部11秒台じゃないか!!

   11.4 - 11.6 - 11.6 - 11.3 - 11.8

これを全部足すと・・・57.7秒か。
速いなぁ~。
まぁ、レコード決着のレースになったわけだから、当然かもしれんが。

とにかく芝の状態がもの凄い良いってことで理解しておこう。




もう一度レース映像を観てみた。
あれ?
2着のダークシャドウも、3着のエイシンフラッシュも結構後ろの方の位置取りじゃないか。
4着のダノンシャンティなんかは道中シンガリだったもんな。

このレースは単なるスローじゃないぞ!
ラップを見てもそうだけど・・・。
5Fからのラップはかなりタフじゃないと好走できないんだろうな~。
で、上位に来ているのは後方から競馬をした馬たち。
そんなに前にはいなかったものの、ラスト追い込んできた馬たちよりも前で競馬してダークシャドウの猛追を凌ぎきったヒルノダムール!!
こいつは強いぞッ!!

ヒルノダムールよ、ついにきっかけを掴んだか!?
前走も一旦先頭に立ちながら、トゥザグローリーメイショウベルーガに交わされ3着だった。
1頭になると遊んでしまうとか・・・。
それを最後まで真剣に走らせるための調教がこの中間ほどこされたとか。
併走相手を交わしてからもしっかりラストまで走り切るという調教内容だった。
これが功を奏した形になった。
ここから連勝が始まるかもしれない。
期待したい!!!

ただ、今回は厩舎サイドとしてどうしても勝ちたい・・・という状況だったみたいなので、ギリギリの仕上げをしてきた可能性もある。
レコード決着の反動とかが出ないといいですね。



 予想その1 | レース回顧 |

 日経賞 | にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「4歳が1~3着独占!!」とやはり今年は4歳馬か~と改めて思ったあなたも、そうでないあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


<PRサイト>






レース回顧:高松宮記念(2011)

2011年03月28日 23時33分26秒 | レース回顧
2回阪神2日 第41回 高松宮記念(GI) 1200m 芝・右 のレース回顧です。


 予想 | レース回顧 |

 にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)



またハズレちまった。
キンシャサノキセキか・・・強かったな。
まったく良い馬だ。
なぜ本命視できなかったんだ・・・無念。
スタートに不安があったからか・・・。
不安視していたスタート・・・良かったですね。
さすがGIホースだ。
ちょっと掛かり気味にも見えたけど、このタイミングでダッシャーゴーゴーが進路妨害だったんだな。
もろに不利を受けたジョーカプチーノは不運だった・・・。
キンシャサノキセキも不利を受けたわけだが、ちょうど目標となるダッシャーができたわけだ。
明暗を分ける3コーナー入り口になってしまった。
で、キンシャサノキセキとしては、後ろからも突つかれることなく4コーナーを抜群の手応えで回ってきて・・・完璧です。
これはもう勝つしかないっしょってレースです。
前を行くダッシャーを交わしてからもしっかり伸びて見事連覇達成!!

おめでとう、キンシャサノキセキ!!

それからこのレース、関東馬が1~3着を独占したんですね。
まさかの結果です。
関東馬は輸送の分不利だと考えていたんですけど、それを跳ね除けての好成績です。
素晴らしい!!

ダッシャーゴーゴーに関しては、うまく予想が出来ていたと思う。
やはり外枠が悪かったんだろう。
ポジション取りのために前半出して行った分、最後止まってしまった。
その前に進路妨害で降着でしたけど・・・。

パトロールビデオを観ましたが、3コーナーに入るときに内に切り込み過ぎたみたいです。
これはジョッキーの過失と言えるんじゃないかな。
川田騎手・・・スプリンターズSに続き、またやってしまいました。
反省ですね。
落馬事故にでもなったら一大事です。
ギリギリを狙うことも勝ちに行くためには必要ですが、安全も大事なのでお願いします。
・・・十分分かってるでしょうが。

と思っていたら、どこかで「今回の降着は藤岡康太が原因」みたいなことが書いてあった。
もう一度パトロールビデオを観てみた。
・・・よぉ~く見ると・・・確かに、ダッシャーゴーゴーが内に切り込む寸前で、ジョーカプチーノが若干外に進路を取ろうとする素振りみたいのが見られる。
僕の想像では、康太騎手が気合を付けて3コーナーに入ろうとしたんだ・・・きっと。
そのタイミングとダッシャーゴーゴーが切れ込んでくるタイミングがちょうど被ったと。
・・・まぁ、川田騎手が悪いんだと思う。
GIなのでギリギリの攻防ってのもわかるが、ギリギリのラインを超えてしまった印象です。

ということで、ジョーカプチーノは競馬にならずに終わってしまいました。
結構良い位置取りで3コーナーに入るところだったので残念でした。
そのまま行っていたら・・・どうだったか。
まだ先のある馬ですから、今後も楽しみにしたいと思います。

我が本命のレッドスパーダは、ちょっと道中掛かってたか?
3コーナーで多少不利はあったようですが、それよりも力負け感があるなぁ。
まだ力不足っぽい。
・・・ってかGIじゃ厳しいのか!?
この後は、京王杯SC → 安田記念ってローテーションになるんだろうか。
京王杯SCで様子を見て、安田記念で通用しそうかしっかりチェックしたいと思う。
今のところは難しいと思ってますが。

サンカルロは予想外の大活躍でした。
前走も勝ってるし、体調も良かったんだろうか。
侮っていたな。
それにGIの速い流れってのが向くんですかね?
昨年の高松宮記念も、スプリンターズSも最後突っ込んできてた。
でも、勝ち切るか・・・となると難しそうだな。
さらに驚きは、3着のアーバニティ
・・・まさかだった。
こちらも前走シルクロードSでジョーカプチーノの2着だった馬。
上り3Fはジョーと同タイムで最速タイをマーク。

前走好走してきた馬がキッチリ結果を出したわけだ。
人気馬の降着処分と不利を受けて力を出し切れなかったってことがあったけど、それなりに順当な結果なんだろうか。

とりあえず、キンシャサノキセキは強いってことが分かりました!!
が、引退!??
次走は香港みたいなことを言っていた気がしたが、翌日になって引退ですか・・・。
なんかあったのかな!?
まぁ、8歳ですからね。
ご苦労様でした。
子供たちが楽しみです!!



 予想 | レース回顧 |

 にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「キンシャサノキセキ VS ジョーカプチーノをもう一度観たかった!!」と残念な思いをしているあなたも、そうでないあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


<PRサイト>






レース回顧:阪神大賞典(2011)

2011年03月23日 00時02分05秒 | レース回顧
1回阪神8日 11R 第59回 阪神大賞典(GII) 3000m 芝・右 のレース回顧です。


 予想 | レース回顧 |

 厳選未勝利 | にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)



なんということだ・・・オウケンブルースリ・・・8着だって。
何もいいところがなかったんじゃないか?
スタート悪く、ダッシュもつかず、行きっぷりも悪く、早めに動くも4コーナー出口では手応え怪しくなり、直線で交わしたのは2頭くらいか?
後ろから来たモンテクリスエスには交わされて・・・4コーナーから順位はひとつしか上げられず・・・。
「体調が悪かった」としか思えない結果だ。
復調には時間がかかりそうだな。
ひょっとして春がダメなのか!?
それとも阪神がダメとか!?
とにかく体調を戻して立て直してから出てきてほしい。
こんな競馬をするような馬ではないのでね。
スタッフの皆様、よろしくお願いします。

さて、オウケンブルースリの競馬のようにグダグダになってしまった単複どうでしょうの相馬眼。
ダメだと思ったナムラクレセントコスモメドウの1、2着で決着したわけだ。
大反省だな、こりゃ~。

ナムラクレセントがあんなにいい位置で折り合いをつけるとは・・・。
やはりステイヤーなのか?
3000m以上のレースでは、これで[1・0・2・1]という成績になったわけだが、着外は春の天皇賞での4着だし、やはりステイヤーってことで理解しよう。
天皇賞の4着は、1着から1.1秒ちぎられてるし、3着に大健闘したメイショウドンタクを交わせなかったってことでちょっといただけないが。
まぁ、その辺もひっくるめて能力はあるんだぞ・・・ってことを見せ付けたと。

勝ち時計の3:04.4は、ここ20年で2番目に速いもので優秀といっていいだろう。
ラップを見てみると、途中で13.6秒っておっそ~いラップが1度出てくるが、後半6Fは11秒台が4回も登場する高速ラップになっている。
こんなラップを2番手から繰り出されたら後続は手も足もでませんよ!!

・・・参りました。

コスモメドウも3kgの斤量増で1番人気という厳しい条件の中で2着に来るんだから大したもんです。
ナムラクレセントには3馬身半と差を付けられてるんで、完敗ってところか。
コスモメドウは折り合いに不安がないってのが良いですね~。

・・・あれ?
単なるスローの前残りってことか?
時計がよいのは芝の状態が良かったってこと!?

よくわからなくなってきたぞ。
もう少しラップを詳しく見てみよう。

ハロンタイム:12.8 - 11.4 - 11.9 - 12.2 - 12.7 - 12.8 - 12.8 - 13.6 - 12.5 - 11.9 - 12.3 - 11.8 - 11.8 - 11.4 - 12.5
前半 :4F 48.3 - 3F 36.1
後半 :4F 47.5 - 3F 35.7

前後半3F、4Fのタイムを見るとちょっと後半が速くなっているが、まぁ、平均ペースか~って思えるんだけど、中間のラップが異常に遅い!!
太字にしてみたが、5F目から5Fが12.5秒以上時計が掛かっている。

でも、阪神大賞典って毎回こんなもんか!?
だとすると、後半に11.8-11.8-11.4ってラップを勝っちゃったナムラクレセントは強いなぁ~。

・・・わからん。

ハナを切ったコスモラピュタが4着に粘っているんだから、スローの前残りってことで理解しても良いんじゃないか!?
昨年の天皇賞(春)で3着して以来掲示板に載ったことがなかったメイショウドンタクが5着に来ている。
ダイヤモンドSで5着だったモンテクリスエスが斤量1kg増で3着に来た。
・・・時計は良いが、レベルはそれほど高くなかった?

僕は今年の阪神大賞典のレベルはそれほど高くなかったと認識しちゃいます。
でも、2着以下をちぎって勝ったナムラクレセントは評価しないといけないですね。




 予想 | レース回顧 |

 厳選未勝利 | にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「4歳イマイチでしたね。」と思ったあなたも、そうでないあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


<PRサイト>