単複どうでしょう

年間プラス収支を目指して、単複馬券の予想とレース回顧を記録します。★「厳選未勝利」予想はじめました!

レース回顧:キーンランドカップ(2009)

2009年08月31日 23時33分24秒 | レース回顧
2回札幌10日 9R 第4回 キーンランドカップ(GIII) 3歳以上 オープン 1200m 芝・右 のレース回顧です。




予想 | レース回顧 |    にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)





トレノジュビリー…5着!
単複共に "はずれ" …トホホです。



トレノジュビリー、スタートが悪かったですね~。
慌てて岩田騎手がスタート後はしばらく追い通し状態だもんなぁ。

なんとか5番手の好位に取りつきますが、ちょっと脚を使ってしまったか?
2F行ったところからズルズル位置取りを下げていったように見えました。
…これはどういうことか!?

3、4コーナーでは最内を通ったのでなんとかギリギリ好位の後を進み、直線へ。
直線入ったところでは先頭集団からは置かれる状態です。
もしやトレノジュビリーってコーナー回るの下手ですか?!

直線ではグランプリエンゼルとアポロドルチェの狭い間を進みますが、追い辛そうで思ったほど伸びきれず5着。
最後は伸びていますからそれほど負けてはいないと思いますが…
しかし道中のあの下がりっぷりは心配ですね。




勝ったビービーガルダンはやはり「札幌の芝は走る!」といった感じですし、安勝騎手が札幌参戦したら要チェックですね。
途中順調度を欠いたってことで嫌いましたが、結果からすると心配なしでした。
これは早くもスプリンターズSが楽しみです。




参考図書消去法シークレット・ファイル2009‐2010で絞り込んだ5頭と、その結果をあわせて確認してみます。

 1着 ビービーガルダン(父チーフベアハート)
 2着 ドラゴンウェルズ(父Dynaformer)
 3着 グランプリエンゼル(父アグネスデジタル)
 5着 トレノジュビリー(父サクラバクシンオー)
 7着 アポロドルチェ(父Officer)

という結果になっています。
これは優秀じゃないですか?すごいですね。
真面目に予想している場合じゃないか!?
3/5で複勝的中できたのに、この中でもトレノジュビリーを選んでしまうとは、なんともセンスがねーなー!!



みなさんはいかがでしたか?



さ、今週は2歳S3本立てだ♪



予想 | レース回顧 |    にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「こんな簡単なレースは無いっしょ!」「オレも外れたよ♪」というあなたは是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


<PRサイト>





予想:小倉2歳ステークス(2009)その1

2009年08月31日 00時10分22秒 | 予想
3回小倉8日 第29回 小倉2歳ステークス(GIII) 2歳 オープン 1200m 芝・右 の予想です。


 予想その1 | 予想その2 | 予想その3 |

 札幌2歳Sへ | 新潟2歳Sへ | にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)





さて、2歳重賞豪華3本立てのうち…
今回は、2009年小倉2歳S 芝1200mの予想になります。


登録馬をざっと見て…

 オレンジティアラ

でいいんじゃないかと。


というか全然わかりません。
こちらもGallop見てじっくりと。


少しオレンジティアラの印象を書くと…

新馬戦、フェニックス賞でテンのスピードがあることは証明されました。
これだけスピードあればハナを切れるでしょうし、最後どれだけ粘れるかですね。
それから、父サクラバクシンオーは北九州記念で1着、3着に来ているし、オレンジピールの近親ということで期待しています。

あれ?印象と違ってきたか??




 予想その1 | 予想その2 | 予想その3 |

 札幌2歳Sへ | 新潟2歳Sへ | にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)


★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「おいおい、こりゃ手抜きだろ!?」というあなたは是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


<PRサイト>





予想:新潟2歳ステークス(2009)その1

2009年08月31日 00時00分59秒 | 予想
3回新潟8日 第29回 新潟2歳ステークス(GIII) 2歳 オープン 1600m 芝・左 外 の予想です。


 予想その1 | 予想その2 | 予想その3 | レース回顧 |

 札幌2歳Sへ | 小倉2歳Sへ | にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)





さて、2歳重賞豪華3本立てのうち…
今回は、2009年新潟2歳S 芝1600mの予想になります。



登録馬をざっと見て…

これは難解な感じがします。

そんな中でも新馬戦を勝って、ダリア賞で2着、3着となった2頭が気になります。

・サンデージョウ[牝](父グラスワンダー、母父サンデーサイレンス)
 新潟・2歳新馬・芝1400・18頭・5人・1着・1:23.4
 新潟・ダリア賞・芝1400・13頭・2人・3着・1:23.4
・シンメイフジ[牝](父フジキセキ、母父ティンバーカントリー)
 阪神・2歳新馬・芝1200・9頭・1人・1着・1:11.5
 新潟・ダリア賞・芝1400・13頭・1人・2着・1:23.3

この2頭が人気になるでしょうね。
それにどの馬たちが割って入るのか?!
Gallop見ながらじっくり検討したいと思います。



 予想その1 | 予想その2 | 予想その3 | レース回顧 |

 札幌2歳Sへ | 小倉2歳Sへ | にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「来たよ♪」「予想その2も読みたい!」というあなたは是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


<PRサイト>





予想:札幌2歳ステークス(2009)その1

2009年08月30日 23時47分57秒 | 予想
2回札幌11日 第44回 札幌2歳ステークス(GIII) 2歳 オープン 1800m 芝・右 の予想です。


 予想その1 | 予想その2 | 予想その3 | 予想その4 | 結論 | レース回顧 |

 新潟2歳Sへ | 小倉2歳Sへ | にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)





今週の土日は2歳重賞豪華3本立て!!

 札幌2歳S 芝1800m
 新潟2歳S 芝1600m
 小倉2歳S 芝1200m

昔はみんな同じ距離だったような気がしますが、今は色んな距離で早くから適正に応じた競争が用意されているんですね。



今回は、札幌2歳Sの予想になります。



この札幌2歳Sの昨年の覇者は今年の日本ダービー馬ロジユニヴァースです。
今年も強い馬がここでアピールしてくることを期待して予想したいと思います。



登録馬をざっと見渡すと…

ダノンパッションがいるじゃないですか!

なんとなく2歳新馬戦を見ていると、なんとなく目立ってるような気がするディープインパクトの近親たち。
結構勝ちあがってませんか?

その中でも目玉になってると思っているダノンパッション

まだ1戦1勝でデビュー戦を走っただけです。
そのデビュー戦は、6月21日の新馬戦開幕週の阪神・芝1600mだった。
出走頭数は8頭とわずかだが、その中でも1.2倍という圧倒的な1番人気で、その人気に応えて1着っと。
勝ち時計は1分39秒4とパッとしないものですけど、中身は見ごたえありました。

レース映像を振り返って注目ポイントを上げてみる。

スタートはお世辞にも良いとは言えず、1テンポも2テンポも遅く普通に悪いスタートでした。
1F走ったところでは、7番手か8番手…まぁ最後方ってところです。
2Fくらい行ったところで突然掛かり気味に一気に3番手に付ける…。
武豊騎手がググっと手綱を抑え、2F近くの間折り合いを欠く。
そんな中5番手くらいに落ち着かせて3、4コーナーへ。
コーナーでは内をじ~っとして折り合いに専念して直線へ。
直線入ってからも武豊騎手は落ち着き払って、冷静に行き場をうかがっている様子に見えた。
そして残り200mのハロン棒を過ぎるか過ぎないかくらいで進路を決め追い出す。
ダノンパッションの反応はとても良く、スッと伸びて、一瞬狭くなるところもありましたが、力強く抜け出し、危なげなく半馬身差し切って1着!
単純に能力の高さを感じます。
折り合いに若干の心配はありますが…、そこは武豊騎手のコメント「少し掛かり気味になったけど、すぐに折り合いはついた」というところから問題なしと考えて良いかな。


他の馬も色々見てみたいですが、とにかく大注目です!!
ひょっとすると来年のダービー馬になるかも!?




 予想その1 | 予想その2 | 予想その3 | 予想その4 | 結論 | レース回顧 |

 新潟2歳Sへ | 小倉2歳Sへ | にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「来たよ♪」「予想その2も読みたい!」というあなたは是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


<PRサイト>





予想:キーンランドカップ(2009)

2009年08月30日 00時40分25秒 | 予想
2回札幌10日 9R 第4回 キーンランドカップ(GIII) 3歳以上 オープン 1200m 芝・右 の予想です。



 新潟記念の予想 |       にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)





ちょっと時間が不足しているため、こんな時は!
ということで久し振りに参考図書消去法シークレット・ファイル2009‐2010を引っ張り出してきた。

こいつを使って消し込みをすると

 ・アポロドルチェ(父Officer)
 ・グランプリエンゼル(父アグネスデジタル)
 ・ドラゴンウェルズ(父Dynaformer)
 ・トレノジュビリー(父サクラバクシンオー)
 ・ビービーガルダン(父チーフベアハート)

なんと!上の5頭しか残りませんでした!




1200m戦6回以上経験馬のうち、芝1200m持ち時計が1分8秒5を切っていない馬[0・0・1・5]


この条件を見て、危うくグランプリエンゼルを消してしまうところでした。
グランプリエンゼルの芝1200m持ち時計は前走函館SS1着でマークした1分8秒5です。
この時点では「1分8秒5を切っていない」に該当しています。
しかし、1200m戦の成績は[3・1・0・1]なので5戦。
ということで「1200m戦6回以上経験馬」には該当せず!

なんとか消し対象から逃れたグランプリエンゼル…要注意ですね。
…って1番人気ですか。
まぁ、斤量は51kgで超が付くほど恵まれていますからね。
さらに、前走も札幌で同コースを古馬相手に1と1/2馬身差で勝ってますからね。

しかし、1分8秒5の持ち時計…が気になります。
そして、古馬も3歳牝馬に1番人気で2連勝させてる場合じゃありません!
がんばれ古馬よ!!



とはいえ、グランプリエンゼル3着は外さない気がします。



1番人気なので、あえて違う馬を探します。



ビービーガルダンを見ると…
 札幌芝成績が[2・2・0・1]で、連対を外したのは1度だけ。
 1200mの成績は[5・3・2・3]で、連対率は50%を超えます。
 そして安勝騎手が騎乗した際の成績は[5・2・2・2]で、連対率はこちらも余裕で50%超え。
ということで買い要素満点ですけど、順調度という点でちょっと割引が必要でしょうと。



そこで注目したのはトレノジュビリー
父サクラバクシンオーの得意コース・ベスト5はすべて1200m。
また特徴は「高速芝向きか、時計かかる芝向きかをチェック!重賞は中1?2ヵ月のローテ狙い!」とある。

まずは高速か、時計かかるか…
3走前のテレビ愛知で1着したときは、1分6秒9の高速決着。
前走のUHB杯で7着のときは、1分8秒9で時計が掛かっている。
7着でもコンマ2秒差ですからそんなに負けてないと思います。
なので、高速芝向きか、時計かかる芝向きか…よくわかりません。

そしてローテーション…
前走UHB杯からは中3週という普通に考えれば理想的なローテ。
しかしサクラバクシンオー産駒のベストは中1週か2ヵ月!?
これがどう出るか…。

まぁ、ここは傾向ということで…。



トレノジュビリーで注目すべきは前走UHB杯のレース後ジョッキーコメントです。
それでは、そのコメントを見てみましょう。

岩田騎手「最後は伸びているが、体に余裕があったからね。次は良くなると思う」
これです!
もう完全に狙うしかないでしょ!!




2009年キーンランドカップはトレノジュビリーの単複でどうでしょう!




 新潟記念の予想 |       にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 長いこと読んでいただきありがとうございます。
 「同じ予想です♪」「いやいやグランプリエンゼルでしょ」「ビービーが勝つんじゃね!?」というあなたは是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


<PRサイト>





予想:新潟記念(2009)その2

2009年08月27日 22時56分41秒 | 予想
3回新潟6日 第45回 農林水産省賞典新潟記念(GIII) 3歳以上 オープン ハンデ 2000m 芝・左 外 の予想その2です。




 予想その1 | 予想その2 |       にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)





今週は時間が取れず予想がまだまだ浅いですが、とにかくコツコツとーッ!!
2009年新潟記念の勝ち馬を予想したいと思います。



さて、予想その1では、

 "「サンデー系」を買うだけで儲かる!"
 新潟の「夏はサンデー系の牝馬が狙い目」

ということでした。



もう木曜になりましたので、出走馬が確定してます。(枠順はまだですが)
さて、サンデー系牝馬はどうなりましたか?

・アルコセニョーラ(父ステイゴールド)
・ウェディングフジコ(父フジキセキ)
・セラフィックロンプ(父マンハッタンカフェ)
・マイネレーツェル(父ステイゴールド)

この4頭。1頭減りましたね。



この4頭のうち、今日は、いつもコメントをくださる りんしゃんサン の【競馬】今週の勝負レース「新潟記念検討☆松岡の本音は何だろう」を読ませてもらって気になったマイネレーツェルを研究したいと思います。



マイネレーツェル

まずは研究対象馬マイネレーツェルをざっと見てみると…

■血統
父:ステイゴールド / 母の父:サクラユタカオー

お!?去年の優勝馬アルコセニョーラと同じお父さんですね。
サラリーマンが「競馬で稼ぐ」一番頭のいい方法によるとステイゴールドは「バリバリの芝血統」なので好印象です。
馬体重もステイゴールド産駒らしく410kg台です。
そして母の父はサクラユタカオーですかぁ~。
懐かしい血統ですねぇ~。
サクラユタカオーと言えば、天皇賞・秋を1:58.3という当時のレコードタイムで完勝しています。(…リアルタイムでは見てませんが)
新潟記念も同じ2000mなのでいいかもしれませんねぇ!?


■性別・馬齢
牝・4歳

過去5年で出走した牝馬4歳の成績は?

2005年
 ・ヤマニンアラバスタ(52)3人気・1着
 ・ヒカルドウキセイ(50)10人気・9着
2006年
 ・サンレイジャスパー(51)4人気・2着
 ・ヤマニンメルベイユ(53)8人気・9着
 ・ニシノナースコール(52)3人気・10着
2007年
 ・出走馬なし
2008年
 ・アルコセニョーラ(52)16人気・1着

となってます。
まとめると、[2・1・0・3]になります。
出走数は少ないですが、良い成績ですねぇ~。


■レース成績
全成績[4・1・3・11]
勝率:0.211 / 連対率:0.263 / 複勝率:0.421

新潟記念と同距離の2000m成績は[0・0・1・3]
新潟競馬場は…初登場です!

3着以内は

 小倉1200m 2歳新馬戦 1着
 小倉1200m フェニックス 2着
 小倉1200m 小倉2歳S(GIII) 3着
 京都1200m 白菊賞  1着
 中山1200m フェアリーS(GIII) 3着
 阪神1400m Fレビュー(GII) 1着
 阪神1800m ローズS(GII) 1着
 中京2000m 愛知杯(GIII) 3着

です。
3歳春まではずっと短距離だったんですね。知りませんでした。
3歳秋から距離を伸ばして、2000mをメインに使っています。

さて、4歳になってからの成績は?

 小倉2000m 小倉記念(GIII) 6着
 阪神2000m マーメイドS(GIII) 9着
 東京1600m ヴィクトリアマイル(GI) 17着
 京都2400m 日経新春杯(GII) 15着

残念ながらすべて3着外です。
前2走のコメントを見てみると…(都合により前2走分のGallopしかないので)

--------------------------------------------------
★2走前:マーメイドS(GIII) 9着
--------------------------------------------------
○レース前
五十嵐調教師「前走は久々でGIだったからね。叩いて気合が乗ってきたし、阪神コースも得意。切れ味と勝負根性が生かせる展開になってくれればいいね」
○レース後
川田騎手「スタートは上手に出てくれたし、4コーナーまではスムーズでしたが、直線に向いて反応できなかった。止まってはいないけど、切れる脚がなかったので…」

コーナーの通過順が4-3-3だったので、いつもより前目につけたのが裏目に出たのか、少し重い馬場が堪えたのか…。
ここで気になるのが、五十嵐調教師の「切れ味と勝負根性が生かせる展開」というコメント。
これはまさに今回の新潟記念で用意される条件ではないでしょうかッ!!!


--------------------------------------------------
★前走:小倉記念(GIII) 6着
--------------------------------------------------
○レース前
中間の調教から「馬場状態を考えるとジョッキー騎乗とはいえ時計が優秀。小柄でも非力さを感じさせず、気持ちも前向き。少なくとも前走以上のデキにある。」
○レース後
福永騎手「一番いいところを走れたけど、動いて行けずに、コーナーではスピードに乗れなかった。この相手ではワンパンチ足りない感じだし、直線は長いほうがいい」

結果は6着ですが、このレースは凄まじいゴール前となり、6着でも1着との着差は1/2馬身。
全然負けてないでしょう。
それなのに福永騎手は辛口コメントですね。
この辛口は、「馬の調子は良かったのに」…と勝手な解釈をしたいと思います。
とはいえ、福永騎手の言ってることがどういうことか確認するためにレース映像を確認してみました。
すると、福永騎手の言葉どおり「動いて行けず」というシーンがありました。
3、4コーナーで騎手が追ってはいますが、動けずにいました。
そして、4コーナーでは全然スピードに乗れず、直線入口ではおかれているようです。
しかし、最後はグングン伸びてきて6着。
上記に列挙したとおり、デビュー当時は小倉で3回走って1着→2着→3着なので得意としていましたが、小倉記念の走りを見ると小回りのコーナーが苦手であるように見えました。

新潟記念ではコーナーが大きくなるし、「直線は長いほうがいい」という言葉に応える新潟コースはマイネレーツェルにとって完全にプラスですね!!!



そして鞍上は、来年2月に結婚する松岡騎手に乗り替わりです。
スポニチの記事に
松岡が「自分で依頼した」というマイネレーツェル
とありました。
新潟リーディングジョッキーが騎乗したがっているマイネレーツェル
好勝負必至です!!!


それから最後の決め手となるもうひとつの参考書パーフェクト種牡馬辞典2009-2010からのコメントが以下

芝2000m重賞&多頭数&ローカルで穴連発。じっくり追走から鋭く差す!




これは2年連続ステイゴールド産駒の新潟記念優勝が見えてきました!!!



2009年新潟記念はマイネレーツェルの単複でどうでしょう!





 予想その1 | 予想その2 |       にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 長いこと読んでいただきありがとうございます。
 「全部読んだよ♪」「長すぎでしょ!」というあなたは是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


<PRサイト>





予想:新潟記念(2009)その1

2009年08月26日 00時32分25秒 | 予想
3回新潟6日 第45回 農林水産省賞典新潟記念(GIII) 3歳以上 オープン ハンデ 2000m 芝・左 外 の予想その1です。




 予想その1 | 予想その2 |       にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)






これはまた難解なレースになりそうですね。

こんなときは原点に返って…ということで
参考図書サラリーマンが「競馬で稼ぐ」一番頭のいい方法を読み直してみた。
(…実際はしょっちゅう読み直していますが)


まずは、"「サンデー系」を買うだけで儲かる!" ということで昨年の新潟記念は、1着がアルコセニョーラ(父ステイゴールド)で、3着がトウショウシロッコ(父アドマイヤベガ)で、サンデー系の人気薄が大穴をあけました!
この2頭は今年も出走予定ですね~。



今年の新潟記念に登録しているサンデー系は?

・アルコセニョーラ(父ステイゴールド)
・ウインシンシア(父ダンスインザダーク)
・ウェディングフジコ(父フジキセキ)
・エアシェイディ(父サンデーサイレンス)
・サンライズベガ(父アドマイヤベガ)
・スマートギア(父マーベラスサンデー)
・セラフィックロンプ(父マンハッタンカフェ)
・ダイシングロウ(父ダンスインザダーク)
・ダンスアジョイ(父ダンスインザダーク)
・トウショウシロッコ(父アドマイヤベガ)
・マイネレーツェル(父ステイゴールド)
・マルカシェンク(父サンデーサイレンス)
・メイショウレガーロ(父マンハッタンカフェ)
・レオマイスター(父ニューイングランド)

…14頭もいました。フルゲートが18頭なので、全部が出れるわけではないですけどなんと多いことか。
登録は28頭で、そのうち半分がサンデー系とはどうなってんだ!?
ま、驚くところではないか。

しかしこんなにいては選べないでしょ~。



そこで参考図書に戻って…
"徹底ガイド!各競馬場の傾向" の新潟競馬場を見てみると…
「開幕週を除いては、外に出したもの勝ちのとんでもないコース」らしい。
新潟記念は開幕週ではないので、外に出せば勝てますね。
昨年のアルコセニョーラなんか直線入って真ん中の方からわざわざ外に向かって走っていました。
そして「夏はサンデー系の牝馬が狙い目」です。
上記サンデー系の中で牝馬は…

・アルコセニョーラ(父ステイゴールド)
・ウインシンシア(父ダンスインザダーク)
・ウェディングフジコ(父フジキセキ)
・セラフィックロンプ(父マンハッタンカフェ)
・マイネレーツェル(父ステイゴールド)

この5頭。
アルコセニョーラは、前走七夕賞で2着しているのでいいかなと思いますが、他の馬はほぼノーマークでした。


次回はこの5頭について検討してみます。

…この調子だと今回の予想は大変なことになりそう(汗)


 予想その1 | 予想その2 |       にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「来たよ♪」「予想その2も読みたい!」というあなたは是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


<PRサイト>





レース回顧:小倉日経オープン(2009)

2009年08月24日 22時35分50秒 | レース回顧
3回小倉4日 小倉日経オープン オープン 別定 1800m 芝・右 のレース回顧です。




予想その1 | 予想その2 | レース回顧 |    にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)





単複どうでしょう推奨馬テイエムアンコールは、惜しくもクビ差の4着。
最後の直線でせめて3着に~!という願いは叶わず…。

上り3Fはただ1頭だけ34秒台の34.8秒をマークしてるんですけどね。
前が止まらなかったということでしょう。
流れが向きませんでしたね。
…というか、位置取りが後過ぎたか!??
なんなんでしょう!???
レース後のコメントを確認したい。
近いうちにオープン特別、GIIIあたりで勝ち負けしそうですね。




エーティーボスは、10着でした。
この馬は1800m苦手なんですかね?
小倉記念で4着しておいて、レベルが落ちたであろうオープン特別で10着って…。
これで1800mの成績は[1・0・0・10]になりますから、苦手ってことにしましょう。




勝ったのはマストビートゥルー。
先行して押し切ったって感じのレースでしたから、ここでは実力が上だったということでしょうか。
最後も一旦交わされましたが、差し返して1着ですからね。
今年3月には、オープン特別の大阪城ステークスを勝ってますからね~。
…うーむ、納得。
1800mもこれで5勝になりますから、専門距離と言ってもいいですね。



2着バトルバニヤンはこれで復調か!?
もうしばらく復調まで時間かかると思っていましたが、ここで来ましたね~。





予想その1 | 予想その2 | レース回顧 |    にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「読んだよ!」「また来たよ♪」というあなたは是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


<PRサイト>





レース回顧:レパードステークス(2009)

2009年08月24日 00時04分46秒 | レース回顧
3回新潟4日 第1回 レパードステークス 1800m ダート・左 のレース回顧です。




予想その1 | 予想その2 | 予想その3 |    にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)





勝ったのはトランセンド!
大楽勝じゃないですかッ!!!


もうこの世代のダート最強馬ですね。
文句なしです。
完全に1頭だけレベルが違ってました。
4コーナーから直線にかけて松岡騎手が何度も後ろを確認していました。
しかも思いっきり後ろ見てますから、よほど余裕があったんだと思います。
ここまで力差あるとは…。
スタート後も簡単に2番手につけられるし、折り合いもまったく問題ないようだし。
今後が楽しみでしょうがないですね。
是非順調に行ってほしい1頭です。
次走は、9月21日(祝)のエルムステークス(GIII)でしょうか!?
早く見たいものだ!!!

エルムステークス(GIII)の後は、

 11月7日 武蔵野ステークス(GIII)
 12月6日 ジャパンカップダート(GI)

というローテーションを希望します。




さて、単複どうでしょう推奨のシルクメビウスは…
5着だったような…あれ?いない!?


5位入線も10着に降着!??


なんですってー!!!
JRAのパトロールビデオを見ると…やっちゃってますねぇ~。
4コーナーで大きく外に膨らんでますが、その際後ろの馬に思いっきり迷惑かけちゃいました。
これは降着になっても仕方ない。
というか、レース見てても、すげー外に膨らんじゃって…「何やってんのよ!!」と思いましたもん。
吉田豊騎手は、この時どうしたんでしょうか!?
なんかサンカルロを思い出しました。
馬に癖があるのか!? それとも吉田豊騎手が下手コイタのか!?

道中も向正面ではグングン順位を上げて行ってるし、末脚を温存して直線にかけてほしかったが、もう4コーナーでは苦しかったんじゃないですかね!?
やはり吉田豊騎手が下手コイタんだと思ってしまう…。
詳しくは、明日のGallopで確認したいと思います。




降着したとは言え、上り3Fはトランセンドの37.2秒に次ぐ37.5秒でしたから、このメンバーでも力は上位でしょう。
とにかく残念です。
ただ、乗り方は難しいんでしょうね。
鞍上が田中博騎手に戻るであろう次走も注目したいと思います。



予想その1 | 予想その2 | 予想その3 |    にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「読んだよ!」「また来たよ♪」「また来るね☆」というあなたは是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


<PRサイト>





レース回顧:札幌記念(2009)

2009年08月23日 23時18分33秒 | レース回顧
2回札幌8日 第45回 札幌記念(GII) 定量 2000m 芝・右 のレース回顧です。




予想その1 | 予想その2 | レース回顧 |    にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)




ブエナビスタ、残念2着!!

いやぁ~惜しかったぁ~。
あと1完歩あれば…というくらいの惜しさです。
やはり札幌の直線では短かったのか…。
ヤマニンキングリーのクビ差2着。




ブエナビスタはスタートが良く、それほど後方から行きませんでした。
後方待機を決め込むと思ってましたから予想外な位置取り。
最初の直線では行きたがる素振りも見せていたし、札幌コースの直線短さを意識してか、いつもよりは前目を進んでたなぁ。
外目、外目を進みましたが、特に問題はなさそうに見えました。
そして勝負どころと考えていた3コーナーでは、ブエナビスタより後に位置付けていたマツリダゴッホが交わしていき、完全に交わされるのを待ってブエナビスタは追い出したように見えた。
結果的に、マツリダゴッホが先に動いたので、仕掛けが遅れた…
…これが敗因として考えられるんじゃないですかね!?



3コーナーでは完全に外からかぶされましたからね~。
一緒に上がって行ったら、前が壁になる可能性があったと思うので、安藤勝己騎手はそれを嫌って追い出しを遅らせたのではないかと推測します。
で、ヤマニンキングリーの激走に屈した格好でクビ差届かなかったと。




この札幌記念は、3、4コーナーがポイントでしたね~。
いつもどおり後方から行けば、外からかぶせられて動けないというシーンはなかったでしょう。
まぁ、結果論ですけど…。





札幌記念のひと叩きで調子が上向けば凱旋門賞も良い結果を残せるんじゃないですかね。

中途半端な位置取りは不利を受けるリスクがあるというのが今日わかったので、これを踏まえて、凱旋門賞では完全に後ろから行きましょう!!
4コーナーから直線は大外を突っ走ってまとめて全馬を抜き去りましょうぞぉ!!!
ブエナビスタよ!いざ、凱旋門へ!!!



ということで、凱旋門賞の舞台、ロンシャン競馬場がどんな形しているのか気になったので調べてみましたんですけど…。




ブエナビスタ、凱旋門賞を断念(日経ネット)

エーッ!!!何言ってるか!??

松田博資調教師は「フランス遠征はやめます。勝ったら、という条件だった」って!?
ホントかよッ!!
まったく知らんかった…
負けても凱旋門賞には行くんだと思ってた。
…そんな条件があるんだったら教えてほしかったよね。
安藤勝己騎手は知ってたんだろうか。
だからあの位置取りだったか?
でもあの追い出し我慢はリスクですよね~。
安藤勝己騎手すら知らなかったか!?
もう少しファンを大事にして欲しいものです。




しかし、せっかくロンシャン競馬場について調べたので書いとこう。

ディープインパクトが2006年に挑戦した凱旋門賞の特集サイトがありましたので引用しますと…

●コース概要
コースは右回りの芝。外回りコース約2750m、中回りコース約2500m、内回りコース約2100mで構成されており、向正面は一直線だけで1000mのコースが取れる。正面スタンド前の直線は約600m。日本では見ることができない壮大なスケールの競馬場で数々のビッグレースが行われる。
とにかくデカイようです。
新潟をひとまわりも、ふたまわりもデカイんでしょうねぇ~。
行ってみたいものです。
今年はブエナビスタ観戦ツアーみたいのが組まれてますけど、どんな方が行くのでしょうか。
羨ましい限りです。

…ってか、ブエナビスタ出ないんじゃなぁ~。
このツアーはキャンセルが相次ぐんでしょうか。
キャンセル料とか掛かっちゃうんですかね???




●凱旋門賞のコース
凱旋門賞のスタート地点は、1~2コーナーの外にあるポケット。スタートして400mは、ほぼ平坦。そこから300mで7mを上る上り坂、さらに残り1400m地点(3コーナー)までに3m上る。頂上までの高低差は約10m。日本で最も高低差がある京都競馬場や中山競馬場ですら約4mであり、経験がない日本馬にとってはかなり厳しい勾配と言える。頂上からは下り坂。3~4コーナーの中間から直線入り口までは、一見直線のような緩いカーブになっている。坂を下り終えて、ゴールまでの約530mのホームストレッチは、ほぼ平坦コースになっている。最後の直線は十分に距離があるが、凱旋門賞の舞台で大外一気のようなレースは非常に難しい。直線はできるだけ外に行かず、馬群を割ってインコースを強襲するのがセオリー。近年の凱旋門賞を見ていると、そのような進路を取った馬の好走が目立っている。
これはすごい!「高低差10m」!!!
まるでクロスカントリーのようなコースだ。
ブエナビスタは坂路調教をしていないようなので、この高低差ってどうなんでしょうかね!?
「外に行かず、馬群を割ってインコースを強襲するのがセオリー」というのも気になりますが、ブエナビスタのセオリーは直線大外に持ち出して外から強襲。
是非、凱旋門賞のセオリーよりも、ブエナビスタのセオリーで乗ってほしいですね。

参考:ロンシャン競馬場の特徴




はぁ…といっても出ないんじゃぁ~ねぇ~~~。
もう残念でしょうがないなぁ~。




決まったことですから今後に目を向けましょう。
その今後は秋華賞(GI)を目指すそうです。
ブッツケなのか、トライアルを使うのか。
こうなったら秋華賞でのレッドディザイアとの再戦を楽しみにします!



予想その1 | 予想その2 | レース回顧 |    にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「読んだよ!」「また来たよ♪」「また来るね☆」というあなたは是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


<PRサイト>





レース回顧:ポプラステークス(2009)

2009年08月23日 17時10分23秒 | レース回顧

予想 |    にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


2回札幌7日 9R ポプラステークス 3歳以上1600万下 ハンデ 2000m 芝・右
のレース回顧です。



単複どうでしょう推奨馬アメジストリングは、惜しくも3着。
惜しくも…というよりもギリギリ3着でした。

アメジストリングは、連闘で臨みましたが、スタートいまいちで、その後は追い通しで1コーナーへ。
追っても追っても行き脚付かず、後から5、6頭目くらい。

…どうしたんでしょうか。行きっぷりの悪さが異常に見えました。
こういう馬でしたっけ?
それとも、疲れていたんでしょうか。
連闘向いてないのかな???



おかげでいいポジションを確保できず、コーナーでは外々を回ることに…。
これは堪えたでしょうね。
向正面も外のまま、3、4コーナーも外を回りましたが、4コーナーの回り方は池添騎手うまいですねぇ~。
それほど膨れることなく直線に向きました。
直線はジリジリ伸びて、内々でスムーズに競馬をしていたルールプロスパーをやっとこハナ差交わして3着でゴールイン。
勝ったマイネルスターリー、2着アクシオンとは1と1/2馬身差でした。



終始楽をしていたと思われるルールプロスパーを最後交わすんだからアメジストリングも力はあるんでしょう。
しかし、スタート後の行きっぷりの悪さはひどいものがありました。



しっかり休養してもらい、また元気にターフに返ってきてくださいませ。
次走狙いたいと思います。




勝ったマイネルスターリーは、「札幌でしか勝ったことがない馬」(参照元【競馬】今週の勝負レース
これで5勝目も札幌で挙げましたねぇ~。
父はスターオブコジーンで、参考図書パーフェクト種牡馬辞典2009-2010
によると、「オープン特別とGIIIが持ち場。芝は夏秋の新潟・東京でまとめ勝ち」とあります。
まだ休み明け2走なので、次走が楽しみですね!



2着のアクシオンも6歳ながらまだ13走しかしていないので今後が楽しみな存在です。
お父さんはサンデーサイレンスで、同じサンデーサイレンス産駒としてはマツリダゴッホ、キャプテンベガと同期なんですね。
次走注目です。



注目していたクリスタルウィングはいいとこなく5着ですか。
どうしたんでしょうね。
ムラがあるのかな?
とはいえ、大きくは負けてないから、すぐチャンスはやってきそうです。
次は中山に出てくるのかな?




予想 |    にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「読んだよ!」「また来たよ♪」「また来るね☆」というあなたは是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


<PRサイト>





予想:小倉日経オープン(2009)その2

2009年08月23日 03時48分00秒 | 予想

予想その1 | 予想その2 |    にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ



3回小倉4日 小倉日経オープン オープン 別定 1800m 芝・右
の予想その2です。



エーティーボスが3.2倍で1番人気に推されていますね。
このまま1番人気でレースになるか?
大外16枠で1番人気になっちゃうとなんか買いにくいです。
前走4着も3、4コーナーをうまいこと内回ってきたのがポイントになっているので、力的にはどうかと。
1800mの成績も[1・0・0・9]だし。



であれば、浜中騎手に戻るテイエムアンコールを狙いたい。
Gallopでテイエムアンコールに印が集まっていたので嫌っていたが、前走16着が聞いているのか現在3番人気で7.0倍。
予想その1で書いたが、巻き返しの可能性も十分であると考えている。



斤量的にもテイエムアンコールは前走からプラス1kgで、エーティーボスがプラス2kgだ。

この両頭は、前々走で1600万下を勝ちあがっているが、どちらのレースも2着がアメジストリングである。
ペースや展開にもよるので単純には比較できないが、2着アメジストリングとの着差は、

 テイエムアンコール 1と3/4馬身(垂水S)
 エーティーボス アタマ(関ヶ原S)

となっている。

テイエムアンコールの芝1800mの成績は[3・3・1・4]で、小倉・芝の成績は[1・2・1・1]となる。
小倉・芝の着外は前走小倉記念の16着だが、不利を受けたということで度外視すると、複勝率は100%になる。


というわけで…
テイエムアンコールの単複でどうでしょう!!




予想その1 | 予想その2 |    にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「読んだよ!」「また来たよ♪」というあなたは是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


<PRサイト>





予想:レパードステークス(2009)その3

2009年08月22日 23時37分46秒 | 予想

予想その1 | 予想その2 | 予想その3 |    にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ



3回新潟4日 第1回 レパードステークス 1800m ダート・左
の予想その3です。



シルクメビウス
6月の3歳ダートGIIIユニコーンSの優勝馬。
全成績は[4・2・1・3]で、ダート戦に限ると[4・2・1・1]。
着外1回は京都・ダ1400m 500万下の4着。
Gallopの馬柱を見ると「捌けず」というのが敗因のようですね。
その後3着を挟みますが、それ以降は…
くすのき賞→端午S→ユニコーンSと3連勝しています。
そして、ユニコーンSの次走となったジャパンダートダービーでは2着。
テスタマッタが内をうまく回って最後2馬身離して1着。
岩田騎手がうまく乗りましたね。
シルクメビウスは外々を回っていたので結果論からするとコースどりの差といってもいいかもしれません。
2、3着の着差は4馬身でしたからシルクメビウスの力は相当だと思う。

トランセンドとの力関係がカギでしょう。
前日オッズでは、

 トランセンド 1.5倍
 シルクメビウス 5.7倍
 スーニ 7.3倍

となっている。
馬券購入者は、古馬相手にレコード勝ちしたトランセンドを上に考えているようだ。
さて、結果はどうでしょうか。
オッズほどの力差はないと思っていますが…。
3番人気スーニは前走後騎手が早熟っぽいコメントを残していたのが気になります。




シルクメビウスのお父さんは、ステイゴールド。
参考図書サラリーマンが「競馬で稼ぐ」一番頭のいい方法の種牡馬ワンポイントアドバイスによるとステイゴールドは「バリバリの芝血統」とある。

シルクメビウスはそんなステイゴールド産駒初のダート重賞馬なんですよね。

ステイゴールド産駒と言えば、牡馬でも420kgくらいと小柄ですが、このシルクメビウスは470kg台と意外な感じ。

この2点でシルクメビウスはステイゴールド産駒っぽくないですよね。
すると、母父のポリッシュネイビーの血が強く出ているのか!?
netkeiba.comで母父ポリッシュネイビーを確認すると…

 芝 [出走:186、勝利:8]
ダート[出走:362、勝利:25]

となっているので、やはりダートの方が得意みたいだ。




鞍上は田中博騎手が先週落馬負傷したため乗り替わりで、吉田豊騎手に。
田中博騎手は騎乗できず残念でしょうね。
その悔しさは秋にブツケテほしいものです。
吉田豊騎手なら、あまり気にすることないかな?
最後の直線までにどれだけ脚を溜められるかがカギでしょう。



ダート重賞2勝目に向けて!
シルクメビウスの単複どうでしょう!!!



予想その1 | 予想その2 | 予想その3 |    にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「読んだよ!」「また来たよ♪」「また来るね☆」というあなたは是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


<PRサイト>





予想:ポプラステークス(2009)

2009年08月22日 11時48分35秒 | 予想

レース回顧 | 今週の予想(札幌記念 | レパードS) |    にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


2回札幌7日 9R ポプラステークス 3歳以上1600万下 ハンデ 2000m 芝・右
の予想です。



先週の札幌牝馬限定GIIIクイーンSで3着に来たアメジストリングが出走しますね。
「調子が良い!」と判断して良いんでしょうか!?
最近4走では惜しい競馬が続いているので、必勝!ということでしょう。
…そう判断します!


■4走前:
中京・芝1800m 1600万下
パールステークス
1と3/4馬身差の3着。
この時はクイーンS1着のピエナビーナスに先着していますね。


■3走前:
中京・芝2000m 1600万下ハンデ
関ケ原ステークス
アタマ差2着。
最後はいい脚使ったんですけど、僅かに届かず。
ただ、この時は52.0kgと軽量でしたが。
勝ったのは、明日の小倉日経オープン出走予定のエーティーボス。(こちらも注目)
池添騎手「テンにズブかったけど、内を回って3~4コーナーで外へ。4コーナー手前で前の馬が下がってきた際にブレーキをかけるロスが大きかったですね。おしまいはいい脚で伸びていただけに…」


■2走前:
阪神・芝2000m 1600万下
垂水ステークス
1と3/4馬身差の2着。
勝ったのは、これまた明日の小倉日経オープン出走予定のテイエムアンコール。
池添騎手「行きっぷりよく運べたのですが、4コーナーを回ったところで狭くなってしまい、追い出すのがワンテンポ遅れてしまった。しまいは伸びているだけに…」


■前走:
札幌・芝1800m GIII
クイーンステークス
1と1/4馬身差の3着。
2着のザレマまではクビ差まで迫りましたからね。
池添騎手「テンに押して行ったが、2コーナーではいい位置を取れた。道中はスムーズに運べたし、最後はよく伸びてくれたんだけどね。もう少し距離があったほうがいいタイプだが、着差が着差だけに残念」



ちょっと4走前は資料がなく、どんなコメントしたかわかりませんでしたが、要は「しまい伸びる」のは確からしい。
それに前走1800mでは「もう少し距離ががあったほうがいい」とあるので、今回1F距離伸びてベストの距離か!?
池添騎手の進言(?)でドリームジャーニーが春の天皇賞に進んで好走したのを思い出します。



あとは牝馬と牡馬の力関係がどうかってことになりますか?
…ここがちょっと自信ありませんね~。

しかし、エーティーボス、テイエムアンコールと好勝負してきているので問題ないでしょう!!

それに札幌・芝の成績も[2・0・1・0]だし、3着は前走ですからねぇ~。
得意と言ってもいいのでは?(サンプル数3なので微妙か?)


昇級戦もクリスタルウィングがアッサリということも考えられますし…。



さっきまで4番人気くらいでおいしいなぁ~と思っていたら、なんか2番人気になってますね!!!



しかし、連闘での勝負気配を勝ってアメジストリングの単複でどうでしょう!



レース回顧 | 今週の予想(札幌記念 | レパードS) |    にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「読んだよ!」「また来たよ♪」「また来るね☆」というあなたは是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


<PRサイト>





予想:レパードステークス(2009)その2

2009年08月22日 02時46分22秒 | 予想

予想その1 | 予想その2 | 予想その3 |    にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ



3回新潟4日 第1回 レパードステークス 1800m ダート・左
の予想その2です。



参考図書サラリーマンが「競馬で稼ぐ」一番頭のいい方法では、ダート戦に手を出すなと書かれています。
理由は、日本競馬が芝のレースを頂点に行われているからだそうです。
ダートを走る馬は色んなわけありだったりするから難しいと。



しかし、この第1回レパードSは豪華メンバーが揃って、なんと言っても面白い!!



Gallop見るとトランセンドがグリグリです。
全員が◎というなかなかない1本被りブリだ。

トランセンドの全成績は[3・1・0・1]で、この3勝は全てダート戦。
そして負けた2戦は芝の競争。
つまりダートは3戦3勝っちゅうことです。
で、そのダート戦は…

 4月11日 阪神・ダ1800m 未勝利(1+3/4)
 4月25日 京都・ダ1800m 500万下(7)
 7月26日 新潟・ダ1800m 麒麟山特別(8)

()は2着との着差です。完勝ですね。
そして評価されているのが、前走の麒麟山特別。
3歳以上1000万下なので、古馬と混じっての競争でした。
斤量は3歳なので54.0kgと恵まれていますが、圧巻の8馬身差圧勝!!
勝ちタイムが1:49.5というレコードのおまけ付き。

おまけが出たらもう1本です!!!

前走のジョッキーコメントも確認してみた。

内田騎手「これだけ後続を離してのレコード勝ち。ここではレベルが違った感じだね。特に注文はないし、これからが楽しみな馬だね」

とのこと。
これはここも突破か!?



次は血統面を確認するため、参考図書パーフェクト種牡馬辞典2009-2010で父ワイルドラッシュを見てみた。

得意コース・ベスト5は、

 1位 阪神ダ1800
 2位 中京ダ1700
 3位 京都ダ1800
 4位 函館ダ1700
 5位 京都ダ1400

となっています。こう見ると完全にダート馬です。

「淀みない流れを押し切るアメリカ型ダート血統」

とも記載されている。
時計の速いダートがベストらしいです。
前走の麒麟山特別はまさにこの通りだったんでしょう。




今回レパードSはどうか?
速い時計は期待できるのか!?
アドバンスウェイが1枠に入ったので行くんでしょうか。
それにディアジーナが上手に2、3番手あたりにつけるでしょうね。
これだとスローペースか!?
トランセンドも前目につけるでしょうが…ひょっとしたらハナに立つか?!
遅いペースになると突き合ってられないかもしれませんね。

過去のダート3戦では、未勝利はミドルペース、500万下はスローペース、麒麟山特別はハイペースと、あらゆるペースで勝っているのも好印象ですよね。

鞍上は松岡騎手になりますが、夏男ですから心配なしでしょう。



これはダート4連勝か!???



予想その1 | 予想その2 | 予想その3 |    にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「読んだよ!」「また来たよ♪」「また来るね☆」というあなたは是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ


<PRサイト>