単複どうでしょう

年間プラス収支を目指して、単複馬券の予想とレース回顧を記録します。★「厳選未勝利」予想はじめました!

予想:1回中山1日目8R4歳以上1000万下(2013)

2013年01月05日 12時15分52秒 | 予想
中山金杯は難しいということで「見」としました。
何もしないのも何なので・・・

ということで、未勝利も考えましたが、時間がなく・・・

8Rに出走する馬を見てたら、強そうなのがいたので、メモ程度に。

って、今オッズ見たら単勝2.0倍で1番人気でしたが・・・。

カフェコンセールです。

前走の勝ちっぷりが良かったので、今回は昇級戦になるけど通用するでしょう。

中間の調教も、坂路とPコースでしっかり追われてるようなので、問題なさそうだし。

これまでの成績は 2-1-2-8 ってことでやたら負けてますが、10戦芝でやって、その後ダートに替えてからは、1-1-1-0 と成績が安定している。
全部500万下ですけど・・・。

ということで短いですけど、1回中山1日目8R 4歳以上1000万下 は、カフェコンセールの単複でどうでしょう!


★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「1番人気か・・・」というあなたも、そうでないあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村

予想:中山金杯(2013)

2013年01月05日 00時02分25秒 | 予想
新年、明けましておめでとうございます!
単複どうでしょうです。

さて、年が明けて、プラスマイナスゼロになりました!
ケガレなき綺麗な状態で、予想したいと思います。

・・・負けるとケガレるのか?

一昨年、昨年と不本意ながらケガレた状態で年を越していますので、今年こそは綺麗な状態で年越しを迎えたいと意気込んでおります。

・・・負けるとケガレるのか???

今年の目標は、もちろん「年間プラス収支」ってことになりますが、TARGETにしっかり印をつけて行く・・・ということを目標にしたいと思います。
というか目標にします!

それをもとに分析もできますし、自分にあった条件ってのを見つけられたら良いなと。
昨年のデータはデータでありますが、しっかりつけた印ではないので、参考値扱いとします。
参考値としては「未勝利」が一番良い結果を出していますが、ブログに費やせる時間も減ってますし、新年早々「未勝利」1本に絞るのも何なんで・・・。

やはり年始は、「金杯」から予想します!

中山と京都では中山の成績のほうが良かったので、「中山金杯」を!



と、前置きが長くなりましたが、本題へ。

16頭がそろいましたね。
しかもハンデ戦。
そして、中山芝2000mと、難しい条件が揃ったように思いますが・・・。

ハンデの幅は、イケドラゴンの50kgから、シンゲン、タッチミーノット、ヒットザターゲットの57kgまでで、7kgです。

シンゲン出てきたか~。
10歳ですよ。
前走は昨年7月の七夕賞14着ですよ!
さすがに厳しいでしょうね。
前走コメント見ても、厳しい内容でした。

一応、調教を見てみましたが、見てみたら・・・ちょっと気になるな。
1月2日の追い切りが全体時計としては良いものでした。

美南W良 81.1 65.8 51.4 38.0 13.2 [8]直強目追う

Wで5F66秒を切ってくると数字としては良いと本で読んだ記憶があります。
しかし、ラストが掛かってるので、レースじゃ厳しいんだろうな。

念のため、調教映像も確認しようと思ったら・・・シンゲンの調教映像はありませんでした!
残念。
全頭用意してほしいものです。
JRAさん、よろしくよ!

ということで調教映像は観てないが、10歳だとしても、全体としてこれくらいの時計は出せるんでしょうね。
それに順調に使えなかった馬だから消耗はそれほどないと考えると、まぁ納得かな。
ただ、切れ味の面で年齢が隠せない・・・的なことになるんだろうな。

・・・10歳馬にここまで書いて、勝たれたら・・・恥ずかしいな。
まぁ、いいか。
その時はその時で。



さて、展開を考えたい。

前走逃げた馬は3頭。
結構いるな。
速くなるかな?
そのうちの1頭はイケドラゴン
最軽量50kgのイケドラゴンだ。

・・・昨年の金杯の予想をこないだ読み返したが、僕はイケドラゴンが逃げると予想していた。
結果は逃げず2、3番手からの競馬をして大敗。
逃げるそぶりも見せずに・・・。
その時と同じ江田騎手。
当時よりさらに1kg軽いハンデとなったが、逃げないんだろうな。
ラスト切れる馬でもないので逃げないことには話しにならないような気がするが・・・。
2走前のアルゼンチン共和国杯で江田騎手が乗ってコメントを残している。
「速い脚がないので前に行って欲しいという指示だった。この馬の競馬はできたが、もっと展開の味方が必要だ」とのこと。

2000mって距離だと逃げても厳しいだろうな・・・。

またもや、ここまで書いて・・・みたいなことになってきた。

前走逃げた残りの2頭は、キョウエイストームと、ドリームセーリング
キョウエイストームは、そもそも逃げ馬ではないのに前走なんで逃げたのか?
レース後のジョッキーコメントには、そのことについて無かったので、レース映像を観た。
すると、1番枠からそこそこのスタートで出たが、別に逃げたい・・・って走りではなかった。
1コーナーまでに行く馬がいなく先頭に立ってしまった感じ。

で、ドリームセーリングがどうやら逃げるみたいですね。
しかも離して逃げるっぽい。
前走がそうでした。
しかし、前走ラスト1Fで数字上は失速ラップです。
レース映像からもそれほど余裕があるように見えなかったし。
1F伸びる今回は普通に厳しいと思います。

でも、ドリームセーリングがそこそこのラップで引っ張ると思います。
で、後ろはちょっと離れて・・・なので1頭だけ速めのラップになるけど、後続は平均・・・的な流れだと予想します。

アドマイヤタイシコスモオオゾラあたりが先行して前に捕まえに動くんでしょう。
ジャスタウェイも結構前に付けるかもしれませんね。

長くいい脚が使える馬が好走しそうな感じに思えてきました。

そうなるとダイワマッジョーレが気になります。
って、今回調べるまで良く知らない馬でしたが・・・。

明け4歳の牡馬で、父はダイワメジャー。
これまでの成績は、4-2-1-2 で、1800mで3勝、1600mで1勝を上げています。
2000mは2回走って、どちらも2着。
前走が金鯱賞で2着。
この金鯱賞の後半6Fが 11.9 11.8 11.8 11.7 11.5 12.0 というもので、今回のレースに似てそうなのが良いかなと。

・・・ただ、前走とか前々走のパドック映像を観たんですけど・・・(パドック映像が後から観れるようになってうれしいです!JRAさんありがとう!)
ちょっと落ち着きが欲しい感じに見えます。

また、これまでの勝ち方もギリギリ感があり、ちょっとまだ重賞では足りないかな~。



・・・なんかみんな物足りない感があって、決められないので、中山金杯は、見でどうでしょう!


いやぁ~難しいわ~。



★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「新年早々、見って!!」というあなたも、そうでないあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村

予想:日本ダービー(2012)

2012年05月26日 23時45分41秒 | 予想
いよいよ競馬の祭典 日本ダービーですね。

みなさん、もう馬券は決めましたか?

僕は、グランデッツァにしようと思ってます。
皐月賞で本命にした馬です。

グランデッツァで良いかどうか・・・書きながら整理したいと思います。

さて、1番人気で5着に敗れた皐月賞。
M.デムーロ騎手によると敗因は馬場・・・って感じのコメントでした。
だとすると、今回は見直すチャンスです。
普段前目に付けてレースする馬が、道中滑る感じで後方からの競馬になり、4コーナーも外を回ってきての5着なので、それほど悲観しなくて良い内容だったと捉えました。
末脚自慢のワールドエースに後ろから差されましたが、得意とする形ではなかったので気にすることはありません。
そもそも力を出せていなかったので度外視・・・して良いレースです。

これまでの戦績は、[3・1・1・1]で、着外は皐月賞の5着。
3着は、中間が順調ではなかったラジオNIKKEI杯2歳S。
2着は新馬戦でのもの。
このときはスタートが激遅だったので仕方ないでしょう。
皐月賞前は世代牡馬唯一の重賞2勝馬だったわけだし、1番人気に推されたことを考えると、実力馬なわけです。

そのグランデッツァが、7番人気なんて・・・おいしすぎでは!?

マイナス要素としては、これまで使ってきた競馬場が重い芝・・・ってところでしょうか。
札幌、阪神、中山・・・の3場です。
テレ東で解説をしている岡本さん(だったと思います)が、皐月賞当時、この馬は皐月賞を獲るための臨戦過程だと言っていました。
・・・確かに中山狙いで東京狙いとは考えにくいですね。

結構大きなマイナス要素かな?

そういえば、ロジユニヴァースも同じ3場で走った後にダービーを勝ちました。
・・・が、なんとも特殊な馬場のダービーでしたけど。

それから、乗り替わりがありますね。
まぁ、昨年ダービージョッキーになった池添騎手なのでそれほど心配はいらないか。
騎乗が決まってからは、かなり乗り込んでるらしいし。

乗り替わりよりは、臨戦過程が気になります。

プラスの要素としては、脚質でしょう。
有力どころのゴールドシップワールドエースが差し・追い込みのスタイルなので、後ろからの競馬になりそうだし、今週からCコースなんで先行できるのは有利に働くと思います。

ゴールドシップは、共同通信杯の時に内田騎手で4番手からの競馬をしていますが、あの時はあえて前に付けた・・・とインタビューで話していました。
今回はいつもどおり中団より後ろからの競馬になるんだと思います。
あれだけの脚を持ってるので・・・ってことと2400mあるし、ってことで。
・・・もしや心理戦で、そう思わせて先行!???
ゴールドシップは内枠になりましたからね、スタート後にある程度出していい位置獲りにいく競馬もできそうですよね。
そうするとまたしても内田騎手のファインプレー・・・ってことに。

でも、皐月賞を勝ってるので普通に乗ってくると思います。

それからワールドエース
こちらも後ろからになるでしょう。
折り合い重視ですからね。
それなりの位置を欲しいとは思いますが、福永騎手は馬優先で行動しそうなのでいつもどおりの位置でしょう。

・・・となると、やはりグランデッツァ有利になりそう。



ディープブリランテは、やはり折り合いが課題ですよね。
岩田騎手が騎乗停止だったので、付きっきりで調教つけてたようですが、そんなに激変するとは思いません。
2400mになるのはマイナスだと思います。



青葉賞勝ちのフェノーメノは弥生賞前にレースを観て強いと注目していた馬です。
しっかり青葉賞を勝ってダービーへと駒を進めてきましたね。
この馬は、スタートが悪いんで、その点がマイナスだと思います。
それと東京3戦3勝とか・・・そんな甘くないでしょ・・・と逆に思ってしまう。
ただ、スケール感はかなりあるので期待してます。
2勝目を上げた500万下の勝ち時計は2:00.9です。
結構すごい時計だと思ったが、過去のデータとか見ると、それほど凄くはなかった・・・。
まぁ、なんとなくだけど、3歳1月で2分0秒台で走れるなら能力があると思ってます。




ってことで、今年の日本ダービーは、グランデッツァの単複でどうでしょう!!



★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「きさらぎ賞でワールドエースより速い上がりをマークしたヒストリカルに注目!!」というあなたも、そうでないあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へにほんブログ村

予想:マイラーズカップ(2012)

2012年04月21日 23時58分13秒 | 予想
こんばんは、単複どうでしょうです。
GIお休みウィークの今週。
予想は、GIIのマイラーズC(京都・芝1600m)にします。

先ほどオッズを見ましたが、相当な割れっぷりを見せていますね。

1番人気がエイシンアポロン6.1倍ですって!?
1番人気のオッズじゃないですよ!
で、7番人気のフィフスペトルが9.6倍と。

1番人気のオッズが6倍超で10倍以下は7頭。

こんなの "見" が妥当なレースでしょう。

最終的には、そういう結論を出すかもしれませんが、ひとまず考えてみる。

とりあえず実績馬を洗い出してみよう。
実績馬の抽出条件がどうなのよ・・・って感じになるけど、とりあえず以下の条件で抽出してみる。

・2011年以降の芝1600m±200m重賞で3着以内がある

シンプルにこれくらいの条件で。

・・・ってみたら、凄い沢山いたので、書き出すのはやめた。



では、明日の京都の天気が雨らしいので、この辺から考えてみるか。

とりあえず、良馬場以外でも結果を残している馬が良いです。

それから展開を考えると、前に行くのはコスモセンサーシルポートがいます。
この2頭はどちらも西園厩舎なんですよね。
どちらがハナを切るのか・・・。
その予想から。
コスモセンサーは、前走逃げましたが、その前は2番手、3番手からの競馬が続いてます。
ってことで、ハナを切るのは、シルポートだと思います。

前走中山記念では大逃げを打って、あわや逃げ切り・・・ってところをフェデラリストに差されました。
フェデラリストは相当強い馬だと思うので、前走のシルポートは評価します。

しかし、17番枠に入ったので先頭に立つまでにそこそこ脚を使いそうなのと、コスモセンサー以外にも先行馬が多いので楽な競馬ができないような気がします。

そういうときに限ってマークが甘くなり、逃げ切り・・・なんてことも考えられますが、どうでしょう。

とにかくシルポートはハナにこだわるでしょうから面白いかもしれませんね。



あと、調教見てよさそうだったのが、エイシンアポロン
まぁ、昨年のマイルCSでGI初勝利をあげた馬ですけど。
休み明けとなる今回は、58kgを背負うし、目標は先だし、使ってきた馬と比べるとマイナス要因が多いです。

しかし、それらを考慮しても、この中からやはり上位に来る馬だと思います。

2歳のころからトップクラスで走ってきてますから、そもそもの能力は高かったんでしょう。
朝日杯FSではローズキングダムに負けましたが、完璧なレース運びで2着。
弥生賞2着の後、皐月賞、NHKマイルCとふるいませんでしたが、昨年ついにGI勝利。
速い持ち時計がないので不安もありますが、雨で馬場が悪くなりそうだし、今回は考えません。
むしろ、荒れた馬場で結果を残しているので、プラスに働くのでは・・・と思ってます。

最終追い切りの時計が、前走時のものと同じくらいなので、エイシンアポロンの出来を信頼します。

オッズ的には、馬連が魅力的なのでエイシンアポロンからシルポートダノンヨーヨーあたりが良いかな。

ということで、

エイシンアポロンシルポートダノンヨーヨーの馬連、ワイドのボックスでどうでしょう!!

・・・突然現れたダノンヨーヨーは、マイルCSで2着、4着している実績から京都芝16は得意だと思うのと56kgが魅力なので。
でも、間隔あくと駄目???



★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「あれ?単複じゃないの?!」と鋭い切れ味でせめてくるあなたも、「開幕週は内の先行ってことでコスモセンサーでしょ!!最近好調だし!!」と単複どうでしょうの予想より説得力のあるあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村

※スマホで見る時を考えてバナーの画像を変えました

予想:皐月賞(2012)

2012年04月12日 23時12分35秒 | 予想
いよいよ牡馬クラシックが始まります。

桜花賞の回顧くらい書こうと思ってたら、もう皐月賞です。
時間はあっというまに過ぎていく・・・。

昨年はオルフェーヴルが三冠を達成し、その勢いで有馬記念まで制しましたが、今年はどうなるか。
注目のクラシック第1弾 皐月賞。

さて、人気はどうでしょう。

きさらぎ賞、若葉Sで抜けた強さを見せ付けたワールドエースが1番人気ですかね。
ちょっと王道からは外れた路線から来るので他の馬との比較がむずかしそうだな~という印象があります。

他では・・・

アダムスピーク (ラジオNIKKEI杯2歳S)
グランデッツァ (スプリングS、札幌2歳S)
コスモオオゾラ (弥生賞)
ゴールドシップ (共同通信杯)
ディープブリランテ (東京スポーツ杯2歳S)

というのが重賞勝ち馬です。
(モンストールもいますが)
この辺は対戦経験があるのである程度力関係が出てるのかな?

■札幌2歳S(曇・稍重)
1着 グランデッツァ 1:50.8
2着 ゴールドシップ 1/2
3着 マイネルロブスト クビ
4着 ベストディール 2

■東京スポーツ杯2歳S(雨・不良)
1着 ディープブリランテ 1:52.7
 :
9着 マイネルロブスト 

■ラジオNIKKEI杯2歳S(晴・良)
1着 アダムスピーク 2:02.4
2着 ゴールドシップ 1 1/2
3着 グランデッツァ ハナ
4着 トリップ 1 3/4

■きさらぎ賞 (曇・良)
1着 ワールドエース 1:47.0
2着 ヒストリカル 1 1/2
3着 ベールドインパクト 3

■共同通信杯 (晴・良)
1着 ゴールドシップ 1:48.3
2着 ディープブリランテ 1 3/4
3着 スピルバーグ ハナ
 :
5着 コスモオオゾラ

■弥生賞 (曇・稍重)
1着 コスモオオゾラ 2:03.9
2着 トリップ 1 1/4
3着 アーデント クビ
 :
8着 アダムスピーク

■若葉S (曇・稍重)
1着 ワールドエース 2:04.4
2着 メイショウカドマツ 2

■スプリングS (曇・重)
1着 グランデッツァ 1:50.7
2着 ディープブリランテ 1 1/4
3着 ロジメジャー 3 1/2
 :
7着 マイネルロブスト
 :
13着 ゼロス



こうして並べてみると・・・

ワールドエース
グランデッツァ
ゴールドシップ
ディープブリランテ

の4頭の争いに見えますね。

それに続くのが、2戦目でラジオNIKKEIを勝ったけど弥生賞で8着に負けたアダムスピークとか、ワールドエースを負かしたゼロスとか、王道 弥生賞勝ちのコスモオオゾラとか、ラジオNIKKEI4着で弥生賞2着のトリップとかがそれに続くのかな?



ワールドエースが抜けた存在なんじゃないかと思うんですが、脚質的に皐月賞は不向きですかね。

ワールドエースについて、netkeibaで気になる記事を以前見つけたのでメモっておく。
日刊競馬の柏木集保さんが書いているきさらぎ賞の「重賞レース回顧」。
とにかくワールドエースを褒めている。
今年のクラシックはこいつで決まり・・・ってくらい褒めているように読める。
これだけ書かれるとそれで良いような気にもなる。

あとは、関東への遠征が初めてであること、トリッキー中山(そんなにトリッキーか?)をうまく立ち回れるか、くらいか?

それと気になったのが、きさらぎ賞の集保回顧にあったペース。
1:47.0というレースレコードを出したんだけど、ペース自体は速くなかったという点。
皐月賞が速い流れになったときに対応できるかどうかということ。
そもそもスロー全盛のこのご時勢で心配する必要もないかもしれないが・・・。

とりあえず、集保さんベタ褒めのきさらぎ賞のラップを見てみる。

13.1 - 11.5 - 11.9 - 12.5 - 12.7 - 11.6 - 11.3 - 11.3 - 11.1
前半:4F 49.0 - 3F 36.5
後半:4F 45.3 - 3F 33.7

これはすごいですね。
ペース自体は速くないどころか、超スローといってもいいんじゃないですか?
前後半の差が4Fで3.7秒、3Fで2.8秒もありますよ!!

そしてラスト3Fは11.3-11.3-11.1って・・・もの凄いラップですね。
11秒前半が3F続いて、しかも失速なし。
それを4コーナー8番手から差し切りましたから、ワールドエース恐るべし・・・ってことでいいでしょう。

で、2着のヒストリカルとの着差はコンマ2秒でしたが、3着のベールドインパクトとはコンマ7秒差もあります。
それから4着にはジャスタウェイです。
ヒストリカルは次走毎日杯を勝ってるし、ベールドインパクトもすみれSを勝ってるし、ジャスタウェイもアーリントンCを勝ってる。
凄いメンツだな・・・。

では、若葉Sはどうか。
勝ち時計は稍重で2:04.4。
翌日の古馬1600万下が同じく稍重で2:05.1だったから、まぁ悪くないとみよう。
むしろいいんじゃないか?
2着のメイショウカドマツは、ホープフルS 6着、弥生賞 7着という成績だけど、負けても1着とはコンマ5秒以内と堅実。
けどレベルが高かったか?というと、そうでも無さそうな気もする。
しかしコーナー4つのコースで勝ったというのはトライアルとしては良かったですね。

中山を走る上でトビが大きいかどうかが気になったのでチェックしてみた。
何度も見たが、よくわからなかった。
一応見た感想としては、加速するまではピッチ走法に近い感じになり、加速後はストライドに。
いい馬ですね。

2戦目の若駒Sで2着に負けたけど、このときのラップが以下。

13.5 - 12.2 - 13.2 - 13.3 - 13.2 - 13.5 - 12.5 - 11.7 - 10.7 - 11.5
前半:4F 52.2 - 3F 38.9
後半:4F 46.4 - 3F 33.9

さっきのきさらぎ賞と比較しても凄まじくスローであることがわかる。
前後半4Fで5.8秒、3Fで5.0秒・・・すげーな5頭立て!!
しかも馬場は重です。
それでこんな上がりで走られたら捕まえられなくても不思議ではない。
コンマ4秒差という着差には不満があるが、その後のレースを見る限り度外視してよいんじゃないかと。

でも、負けることがあるってことですね。



中山はピッチ走法の方が有利だと思うので、有力馬を観察してみた。

グランデッツァ → ディープブリランテ → ゴールドシップ

の順でストライドが大きくなる・・・といった感じです。(あくまで感じ)


となると、ゴールドシップは消しちゃうか。
加速が遅いから直線で離されちゃうような気がするな。
東京で改めて狙ってみたい。


中山で勝ってるし、レースが上手なグランデッツァ
ピッチ走法よりなところもプラスになりそうだし。
牡馬で唯一の重賞2勝馬ですし。
ただ、大外枠に入ったのが気になるところ。
まぁ、掛かったりしないし、レース上手だから平気かもしれませんね。
でも、プラスにはならないんじゃないかな。


気になるのは、今年重賞を連続2着しているディープブリランテ
2戦とも力を出し切っての負けではないと思うし、陣営もそう思って一生懸命な努力がなされている様子。
(他の陣営も一生懸命なんですけどね)
力はトップクラスだと思うので、うまく矯正してきたら一発ありそうですよね。
矢作厩舎はブログもやってるので週末もう一度チェックしたいと思います。


なんの結論もなく、なんの予想にもなってませんが、今日はこの辺で。
(メモってことで)


★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「結構先行馬が揃ったなぁ~!」と先行争いに注目しているあなたも、「先行馬が揃うと何気にスローでカドマツの逃げ切りもあるぜ!!」とワクワクしているあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

予想:ダービー卿CT(2012)

2012年04月01日 11時12分41秒 | 予想
今回もtake51さんのブログに刺激され、予想します。

競馬エイトのヒロシさんによると、クラスの割りにペースが速くならないのが、このダービー卿CTの特徴みたいです。
(take51さんの2010年の記事・コメントから)

一応どんなものか過去のレースデータを見てみた。

昨年は阪神開催だったので除外して、2005年~2010年の6回を対象に見てみると・・・

2010年 前半4F:48.3/後半4F:46.0 → 前後半4F差= 2.3 秒
2009年 前半4F:46.8/後半4F:46.9 → 前後半4F差= -0.1 秒
2008年 前半4F:47.8/後半4F:46.4 → 前後半4F差= 1.4 秒
2007年 前半4F:46.2/後半4F:46.9 → 前後半4F差= -0.7 秒
2006年 前半4F:46.5/後半4F:45.9 → 前後半4F差= 0.6 秒
2005年 前半4F:46.4/後半4F:45.9 → 前後半4F差= 0.5 秒

※前後半4F差がマイナスだと前半が速いってことになります

ということで、4Fの差が1秒以上あるペースは存在しません。
なるほど、それほど速くならないってのは納得です。

ちなみに1月に実施されるOP特別のニューイヤーSは、過去3年いずれもハイペースでした。

で、勝ち馬の4角での位置取りは後ろでも7番手でした。
後ろからだとしても道中動いて4角では7番手以内にいないと厳しいってことになりますね。

ちなみにニューイヤーSの勝ち馬も3番手以内にいました。
中山は直線短いですからね、ペースに関係なく前に付けてないと勝てないってことでしょうか。

・・・過去のデータなので今年も同じようになるとは限りませんが、騎手のみなさんもそんなイメージで競馬をしてるんだとすると、同じような結果になるんでしょうね。




とまぁ、こんなことを書いてみましたが、書き始める前に色々考えたんですよ。
やはり先行有利なんだろうな・・・と。

そしたら、先行馬が結構いてですね・・・

ツクバホクトオー 前走東風S(中山16)を逃げ切りV
サトノタイガー 前走スピカS(中山16)を2番手から抜け出しV
テイエムオオタカ 前走東風Sで2番手追走4着
ミッキードリーム 前走大阪城S(阪神18)3番手から4着
リーチザクラウン 前走アイルランドT(東京20)逃げて10着

リーチを除くとみんな掲示板です。
ツクバサトノは中山16を勝ってます!
この中から勝ち馬が!?

これだけ先行馬が揃えば、差しも決まるんじゃないか!?とも思ってしまいます。

でも、あれですね、先行馬が揃ったからって先行争いが激化するとは限りませんからね。
何気にスローで前残り・・・ってことが往々にしてありますからね。

今回はどうか。

ツクバ陣営は、「ハナにはこだわらない」そうです。
でも、2番枠ですからね~。
前走の映像見たら、かなりこだわりをもってハナにたちましたけど・・・今回はどうか。
鞍上も替わりますから、よくわかりません。
そもそも逃げたのは前走含め3回だけなので、陣営が言うとおりハナにこだわりはないんでしょう。

それなら、前走東風Sでツクバにハナを譲ったテイエムオオタカが今回はハナを主張しそうな気がします。

イメージとしては、テイエムが逃げて、前走勝ってるツクバはそれを目標に競馬をすると・・・。

乗り替わりのツクバに対して、前走から引き続き内田騎手のテイエム
斤量もツクバはプラス1kgですけど、テイエムは据え置き。
馬場も良まで回復している・・・。

これはテイエムオオタカの逃げが決まるんじゃないですか!?




そもそもの力関係を無視してここまで書きましたが・・・。
というか、テイエムオオタカってよく知らないので、その辺を調べてみました。

これまでの全成績は[3・2・4・6]です。
3勝は、未勝利、若竹賞(3歳500万下)、道新スポーツ杯(3歳以上1000万下)です。
距離は、1400、1800、1200とばらつきがありますね。
重賞の経験は、[0・1・3・3]で、着外の3回は、NHKマイルCの14着、北九州記念の4着、セントウルSの5着になります。
NHKマイルCは置いとくと・・・
北九州記念は1着からコンマ2秒差の4着で、3着がエーシンヴァーゴウでその差は半馬身。
ハンデ戦で斤量的に恵まれてますけど、これはなかなかです。
セントウルSもコンマ2秒差の5着で、4着のサンカルロとは頭差です。
これは力ありますよ。

・・・どちらも1200mってのが気になるところですけど。

ちなみに重賞2着したのも1200mの函館スプリントです。
1着は、GI2勝のカレンチャンで着差はクビ。

これは楽しみな1頭です。

マイル重賞ではアーリントンCで3着に来ています。

前走東風Sでは久々のマイルでしたが、4着。
ただ、4着ですけど、ラストではバッタリ止まりました。
これが久々なのか、距離の問題なのか、それとも両方か、・・・これがポイントですね。

距離に問題なければ今回楽しみな馬です。



あとは、リーチの出方は気になりますね。
手術後の初戦ですからね~。
無理しないで欲しい。
というか競りかけないでくれ!!
・・・しかし、外枠から壁を作れず競ってくるってのも十分ありえるなぁ~。
リーチが控えられるペースにはならないような・・・。
そうなると、内で脚を溜めれそうなダイワファルコンの格好の餌食になっちゃいそうだ。



ダイワファルコン・・・中山の成績は[5・2・1・3]という中山巧者。
ただ、気性に難があるようで、3走前のOP特別ディセンバーSでは1番人気に推されるも9着と大敗。
その後ブリンカー着用で中山金杯は2着に好走したが、続く中山記念では11頭立ての9着。
なんでこんなに負けたのかよくわからないけど、調子はよかったみたいだし、引き続きいいみたい。
ここで勝っても不思議はないですね。

・・・買いにくい馬だな。



・・・このレースは見します。

他にもアプリコットフィズとか、ガルボとか期待できそうな馬もいますが、決めきれないので見で。




★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「これだけ書いて見って!」って思ったあなたも、「テイエムオオタカの逃げに期待!!」というあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

予想:高松宮記念(2012)その2

2012年03月25日 00時29分44秒 | 予想
こんばんは!単複どうでしょうです。

take51さんのブログに、「調教過程の考察」リクエストがあったので、ちょっとやってみたいと思います。
…あまり成果をあげてない考察ですけど。

ひとつの参考となれば嬉しいもんですが。

最近は、調教ってそれほど重要じゃない…って思ってきてます。
それよりは力関係とか、馬場への適性とか、展開あたりの方が重要かと。

ただ、悪いとは思ってなく、この馬の単複で行こう!って思ったときの後押しとか思いとどまる時の判断材料として使うのが良いと今は考えてます。

ま、調教見るの結構好きだし。



というわけで見てみます。

まずは、勢いのあるロードカナロアから。

■1週前
栗東坂路:51.7-37.4-24.2-11.9
(14.3-13.2-12.3-11.9)
オーセロワ一杯と併せで0秒3先着

相手はムチがバンバン飛んでましたが、カナロアはムチを入れることなく強めに追って突き放すって内容。
これは好感触です。
真っ直ぐ駆け上がってくるし、脚の回転もよく見え、調子良さそうでした。
数字自体も加速してるのがわかるし、やはり勢いがある馬ですね。

■最終
栗東坂路:50.6-37.4-24.4-12.4
(13.2-13.0-12.0-12.4)
オーセロワ一杯と併せで0秒3先着

1週前に比べると、全体の時計はいいけど、ラストが物足りない…って印象。
ラストは結構ムチが入ってました。
同じ相手に同じ差をつけて先着しているので、問題ないか?(そんな理由で???)
1番時計ってことですけど、それが出せるのも調子の良さからと思っていいんじゃないですかね。

状態としては万全と認識しよう。

初GIでも大仕事をやってのけるかも!!

騎乗する福永騎手のコメントに「不安要素とすれば初めての左回りと直線の坂」とありました。
左回りは初めてなので、どうかわかりません。
坂は、一度中山を経験しているので、その時の映像を観てみました。
2011年のジュニアカップ(中山芝16)です。
序盤4番手に控えてましたが、3コーナー手前からハナに立ってます。
蛯名騎手によるとハミをくわえたから馬の気持ちに任せて上がっていった…そうです。
で、ペース落としたところ(だと思います)で競りかけられ、譲らずペースアップ。
直線で外からデルマドゥルガーに交わされ半馬身差の2着。
…負けたけど最後まで食い下がっていました。
かなりチグハグな競馬内容なのにもかかわらず、力あるところを見せてくれたので、坂はこなせると僕は思います。

前走で57kgの斤量はこなしましたし、直線外に出してから追い出しても楽に抜けたところを見ると力はかなりあります。
…だから1番人気なんですよね。

気になるのは1番枠です。
ですが、改めて3つほどレースを観ましたが、スタートは抜群にいいです。
3つの内、2つが内の奇数枠だったから1番枠でもスッと出て悪い位置取りにはならないでしょう。
2番サンダルフォン、3番アグネスウィッシュは後ろから行く馬だし、これは勝ってください的な枠順と考えても良いかもしれません。

それから気になる点、第2弾がありました。
重い馬場への適性です。
これまで重、不良の経験はありません。
稍重ならコンマ2秒差でオープン特別を勝ってますね。
それから先ほどのジュニアカップは、1月の中山なんで、重い馬場といえるかも。

ロードカナロアでいいでしょ!!…とこの時点で思います。



あと、直線が長いんですね、中京芝12は!!
これは経験してないなぁ~。
京都の芝14を一度走ってるけど、内回りでした。
しかし、前走で57kg背負ってコンマ4秒突き放しましたからね。
これもクリア~…できるでしょ。

…とはいえ、初GI!
雰囲気とかもあるでしょうからね。



この時点で、他の馬に対する興味が薄くなりました。

単複で勝負なら、ロードカナロアで行きたい!!



とはいえ、スプリンターズSを勝ったカレンチャンとか、前走思わぬ大敗をみせたダッシャーゴーゴーとか気になります。
カナロア含め、全部安田厩舎か。

それからアグネスウィッシュ
この馬は後ろから行って良い成績を出して来てるので、その時点であまり興味ないんですけど、サクラバクシンオー産駒の好走条件である中5週のローテーションなんですよね。
前走の勝ちっぷりも抜群だったし。
…でも前走は1600万下ですからね。

ただ、アグネスウィッシュは、take51さんブログによると、TARGETのZI指数で出走メンバー中2位なんですよね。
ということで最終追い切りを見てみました。

■最終
栗東CW:82.7-65.2-50.8-37.5-12.3 単走
(17.5-14.4-13.3-12.6*-12.6*-12.3)

前半ゆったりと入って、直線で仕掛けると良い反応を示して伸びました。
いいんじゃないですかね。
ただ、後ろから行くってのが…厳しい気がする。

サンカルロもそうですけど、後ろから行くと届かないんじゃないかと思ってます。

今回は、エーシンダックマン陣営が早くから逃げ宣言をしています。
他に逃げ馬がいないので、出遅れがなければ間違いなくダックマンがハナを切って、せりかける馬もいないと予想します。
ってことで、そんなに遅くも速くもならないんじゃないかと思うわけです。
「前走は馬場のせいもあって行きっぷりが悪かった」ってことなんで、馬場状態が気になるけど…。

あまりにも追う馬がいないと、逃げ粘るってシーンすらあるかもしれませんよ。

ということで、次はダックマンの具合がどうか観て見ますか。

■最終
栗東坂路:52.7-38.8-26.5-13.9
(13.9-12.3-12.6-13.9)

すごい失速時計ですね。
最近坂路の時計がかかってるのはなんとなく見てきましたが、ラップ単位で見てないから全体的にこういう時計が多いのかどうか知りませんけど、最後はバテてる感じの時計です。
映像見ても最後はムチがガンガン打ち込まれるも動かず…って感じでした。

まぁ、逃げ馬なんでどこまで気持ちよくいけるかってことで、坂路でラスト止まったからといって気にしないでよいでしょ。
そんなに長く坂が続くわけじゃないし。

エーシンダックマンには、しっかりハナを切って、スプリント戦らしいスピードのあるレースを作って欲しい。
芝12のGIでスローの上り勝負みたいなレースは観たくないです。




それでは、カレンチャン

■最終
栗東坂路:54.4-39.2-25.1-12.1
(15.2-14.1-13.0-12.1)
トウカイミステリーと併せで0秒1先着

ラップ単位に約1秒詰めるという加速を見せてますね。
とてもいい感じです。
映像見る限りは終始馬なりです。
前走時の時計よりは遥かにいいと思います。
スプリンターズSの時と比べると、若干落ちるかな。

カレンチャンは函館、札幌で重賞勝ってるから、洋芝適性は高いでしょう。
重馬場は前走経験して、56kg背負って差のない4着なのでこなすでしょう。
でも、函館、札幌の重賞ってレベルどうなんですかね!?
スプリンターズSは野芝だから、今回の高松宮記念とは直結しないような気がします。
それと牝馬だと長い直線を伸びきれるかも気になるところ。
強い馬なら関係ないか。
カレンチャン…あんたどこまで強いんだい!?
スプリンターズSは確かに強かった。
芝12のGIでコンマ3秒ちぎるってのはすごいですよね。

ただ、若干割引したいと思ってます。




あと気になるダッシャーゴーゴー

■最終
栗東坂路:54.0-39.5-25.0-12.0 単走
(14.5-14.5-13.0-12.0)

なんだか終いだけって時計ですね。
映像では、コーナー回ってきて、ちょっとフラついて、その後は真っ直ぐと走ってました。
雪でうっすら白くなってる馬場に一番乗りしたっぽく、ダッシャーゴーゴーの足跡が付いていくサマが面白かったです。(ナンノ、カンソウダヨ!)

軽めなので、1週前にビッシリやってるんだ!きっと!!
と思ったのでチェック。

■1週前
栗東坂路:52.2-38.1-24.6-12.2
(14.1-13.5-12.4-12.2)

ほら、やっぱりって感じですね。
これならまぁ、いいかな。
この馬のセンスあるなぁ~って思った競馬を何度か見ていて好きなんですけど、気がいいのか、外枠に入ると掛かっちゃう恐れがあり、心配です。(ソレッテ、センスネーンジャネーノ?)

それから左回りは、京王杯2歳Sで4着、ファルコンSで4着ってのがあります。
最後まで伸び切れなかったってのを記憶しているので、中京はどうなんでしょうね。
2歳、3歳の頃なのでその辺は成長しているかも!
…ですが、前走の掛かりっぷりとか見ると、最後の直線を伸びきるスタミナが残ってないんじゃないかな。

手を出したい馬だけど、今回はパス。
ノリさんがうまく乗ると、一発ありそうだけど…。



意外な馬が来たりするんだろうか…。

僕のイメージとしては、ロードカナロアが軸で良くって、カレンチャンは心配です。
きっと後ろからになるだろうアグネスサンカルロには向かないレースになって、前目で最後まで踏ん張れる馬が良さそう。

直線の長さとかも考えると、芝14くらいをこなす馬がいいのでは!?

となると、大魔神マジンプロスパー!?
この馬を初めて見たのが、1000万下の芝14を1:19.9でぶっちぎったレース映像でした。
強いと思ったけど、GIまで来るとは…。
というか、重賞勝ちまでするとその時は思ってなかった。

2走前のシルクロードSでは8着に負けて、ロードカナロアに完敗してますけど、2着とはコンマ1秒差の接戦でした。
前走の勝ちっぷりは良かったです。
直線入って先頭で楽に抜け出ましたから。
着差以上に強かったと思います。

最終追い切りも時計が良かったし、脚もしっかり上げて走ってたから勝手に洋芝もいける気がします。

ちなみにその最終追い切りの時計です。

■最終
栗東CW:80.4-65.0-50.8-37.4-12.1
(15.4-14.2-13.4-12.7*-12.6*-12.1)



こんなところでどうでしょう。


結論としては…

ロードカナロアの単複でどうでしょう!

です。
結局、1番人気か。

あとは、マジンプロスパーとの馬連・ワイドが面白いと思います。
もしくはエーシンダックマンなんかもどうでしょう。

前がすげー速くなったら、アグネスとか、サンカルロとか…ってこともあると思いますが、そんなに速くならず、遅くもならず…ってのが予想です。



★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「ワンカラットが回避・引退で残念!」ってあなたも、「グランプリエンゼルの引退レースっぽいので応援します!!」と思ってるあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

予想:高松宮記念(2012)その1

2012年03月20日 23時40分15秒 | 予想
ご無沙汰しております、単複どうでしょうです。

いよいよ芝GIが始まりますね。
take51さんのブログに触発されて、新しい中京競馬場がどんなものか考えてみたいと思います。
気になるtake51さんのブログはこちら

とりあえず、中京芝1200mのコース解説を見てみると・・・

スタート地点は向正面直線の真ん中付近。
緩やかな上り坂を120m進んだ後、緩やかな下り坂に入る。
3~4コーナーは部分はすべて下り坂で、最後の直線へ。
ゴール手前340m地点より240m地点にかけては高低差2.0mの急な上り坂。
勾配は2.0%で、中山競馬場芝コースに次いで傾斜がきつい坂が設けられた。
ラスト240mはほぼ平坦。
なお、芝コース全体の高低差は3.5m。
最後の直線距離はAコース時、Bコース時ともに412.5m。
従来よりもより98.7m延長され、京都芝外回りコースよりも長くなった。

といった感じです。

ポイントは・・・

  ・スタートから120mは上り坂
  ・スタート後120mからゴール手前340mまではずっと下り坂
  ・ゴール手前340mから100mは勾配のきつい上り坂
  ・ラスト240mはほぼ平坦
  ・最後の直線は410mくらい

直線が長くなったんで、一瞬の切れで勝負するような牝馬には向いていないか!?
芝1200mコースとしては直線最長なんじゃないですか!!

最長かどうか気になったので各競馬場の芝1200mコースの最後の直線距離を調べてみた。

  ・中京   412.5m
  ・札幌   266.1m~269.1m
  ・函館   262m
  ・福島   292m~299.7m
  ・新潟   359m
  ・中山   310m
  ・京都   323m~328m
  ・阪神   356.5m~359.1m
  ・小倉   293m

  ※距離に幅があるのは、コースにより異なる場所

おおお!
確かに最長だ!
これは結構これまでの勢力図とは違う結果を生んだり・・・生まなかったりする?

カレンチャンとかワンカラットは長い直線でどうなんでしょう!?
東京コースに実績があれば気にしないで良い気がするなぁ。

・・・カレンチャンは東京未経験か。
ワンカラットは、NHKマイルC(6着)とヴィクトリアM(7着)で2回経験しているが良積ではないか。
とはいえ、ヴィクトリアMの時の着差はコンマ1秒なんで、気にしないで良いかも。


あと、芝コース全体の高低差が3.5mとありますが、ポイント2つめの下り坂での高低差がそれにあたります。
なので、120mからラスト340mまでの740mの間に3.5mを下るわけです。
これがどんなものか・・・よくわからないので他の競馬場を見てみた。
京都(内回り)と小倉は3mくらいの高低差がありました。
結構下るんですね。
と思って中山を見たら・・・中山は凄いです。
中山芝1200mはスタート直後から4コーナーまで4.5m下りらしいです。
それでずっとカーブしてるんだから外は不利ですよね。
・・・て今頃知った。

まぁ、それはそれ。

とりあえず、中山の方が凄い下りなので、中京は特別凄い下りを持ったコースではないってことで認識しておこう。

ただ、スタート直後に上り坂が若干あるってのがポイントなんじゃないかなぁ~。
似てるのは中山芝1800mか!?
中山の場合は、スタート直後に急坂が待ってるけど・・・中京はそこまで急ではない。
けど、スタート後、最初のコーナーまでの直線が短いのも似ているし、似てるってことにすると・・・
中京芝1200mって先行有利なコースなのかも!?
いや、中山芝1800mとレースの特性としては距離の違いが大きいか!?
中山芝1800mはスタート後すぐコーナーでレースが落ち着きやすく先行有利なコース。
これが1200mでもレースが落ち着くかって・・・ましてGIだし、落ち着くわけねぇーか!!
・・・いや、初年度のコースでみんながまだ手探り・・・1200mのスプリント戦と言えどもスローはありえる!!
逃げを自分の形としている馬がいたら別かもしれないけど・・・。

・・・いた、エーシンダックマン!!

エーシンダックマンがいるなら、ペースが落ち着くってことは、考えにくいな。
・・・出遅れたら別だけど。



それから、これまで行われた中京芝1200mのレース結果を見てみる。
対象は全部で6レース・・・少なッ!!
まぁ、仕方ない。
そしてクラスも・・・大したことない。
3歳未勝利が2鞍、3歳500万下が1鞍、4歳以上500万下が2鞍、4歳以上1000万下が1鞍で計6鞍。
そして、一番速い時計は、1000万下(牝馬限定)の1:10.4。
あまりレースのレベルは高くないかもしれないですけど、1:10.0を切ってないって・・・。
時計掛かるなぁ~ってのが印象です。
ちなみに小雨の良馬場での時計です。

そのラップは・・・

  12.0-10.9-11.7-12.2-11.4-12.2

最初の2Fは、まぁ、コーナーまでのポジション争いもあって速かったんでしょうね。
4F目でペースが落ちてます。
これは坂を手前にしてみんなが牽制したのかも?
で、11.4に加速しますが、その後は失速して最後はスタミナ勝負・・・みたいな感じですか。

とりあえず、時計が掛かるってことかな。

ちなみに、JRAによると「今開催は洋芝(イタリアンライグラス)によるオーバーシードをした馬場で施行します。」とのこと。
芝の草丈は、これもJRAによると「(芝コース) 野芝約6~8cm、洋芝約12~16cm」とのこと。
中山が「(芝コース) 野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm」なので、洋芝が若干長く設定されていますね。
なんで違うんでしょう???
勝たせたい馬がいるのか???

とにかく力がいる馬場なんでしょうね。
それは頭に入れておいた方が良いですね。



ってことで、時計の掛かる馬場での実績ってのが重要なんじゃないですかね。

その点、北海道シリーズで実績のある馬たちは心配なさそうです。
カレンチャンワンカラットか。
・・・ん?ワンカラットはこれが引退レースですか。

きっと、この2頭の取捨は大きいですね。
・・・ってか、切れないかな。



とりあえず今日はこの辺で。
いつもどおりまとまりのない感じだな・・・。



★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「ワンカラットが2連勝で引退を飾るとは思えない!」とシビアな考えのあなたも、逆に「引退レースは思わず応援したくなる!!」と思ったあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

予想:シンザン記念(2012)

2012年01月07日 23時50分30秒 | 予想
このレースには我がPOG馬のピュアソウルが出走します。
ということもあり、まともな予想はできないでしょう。

 ピュアソウルの単複でどうでしょう!

と早々に結論を出しておきますか。

ただ、それだけだと後で見てもしょうもないので、色々思いついたままに書いておきます。

まずは、ピュアソウルについて。
血統は・・・
 父ディープインパクト、母ヒストリックスター、母父ファルブラヴ、母母ベガ
というもの。
つまり、おばあちゃんがベガってわけです。

お母さんは未出走で繁殖入りしたようで、ピュアソウルが初産駒。

厩舎はベガと同じ松田博資厩舎。

これまでの成績は2戦して[1・1・0・0]。
新馬で2着に負けて、未勝利を勝利してます。

走ったのは、新馬戦が京都芝1800m、未勝利が京都芝1600m。
いずれも京都ってのが今回プラス材料になりそうです。
で、時計がどちらも大したことないのが不安材料です。

新馬戦ではあまりスタートが良くなく8番手からの競馬で、前半少し行きたがるそぶりも。
上り3Fはメンバー中最速だったんですが、3番手から抜け出した馬を捕まえられず2着まで。
レースの上り3Fが 11.7 - 11.3 - 11.5 ですから、この負けは仕方ないか。

未勝利戦ではスタートはマシになりましたが、あまりうまくはなかったと思います。
そして前半はまだ力んで走ってたような・・・。
4コーナーから直線にかけて外からかぶせられてきましたが、ひるまず抜けてきたのはいいですね。

初勝利後はソエの影響で休ませたようで、そのおかげでソエも治まり、フォームが良くなったとか。

福寿草特別とダブル登録でしたが、こちらに来たってことは期待が大きいということか、それとも距離適性からか・・・。
調教師のコメントに「素質は高そう。期待したい」とあったので期待が大きいと理解しとこう。

調教では岩田騎手が乗ってたみたいですけど、レースでは川田騎手なんですね。
岩田騎手はとなりのマイネルアトラクトに騎乗します。

体が小さくてスタートもうまくないので後ろからの競馬になるんだろうな。
今回は、逃げて2連勝中のシゲルアセロラがいるので、そこそこ速いペースになると見てます。
シゲルアセロラは1400、1200と連勝中ですが、乗ってる勝浦騎手は単なる逃げ馬ではないって言ってたとか・・・(違ったかも?)
それに1200、1400を使ってきた馬も他にいるし、朝日杯FSを先行した馬もいるので、やはりそこそこ速いペースになるでしょう。
ピュアソウルには、ちょうど良いかも!?

人気のジェンティルドンナドナウブルーの全妹なんですね。
前走未勝利でコンマ6秒ちぎって勝ってきて人気を集めているようです。
一瞬の切れは凄そうですが、ペースが速くなってどうか・・・ってところですか。
まぁ、それをいうとピュアソウルも一緒ですけど。

オリービンも人気ですが、こちらは切れ味よりもスピードの持続力が高そう。
平坦コースよりも坂のあるコースの方が向いてる気がしますが、ペースが速くなれば・・・って感じかな。
まだ気性面がしっかりしていないみたいなので、その辺の成長があれば切れ味アップもあるかもしれませんが。

他では、トウケイヘイローが人気を集めていますね。
朝日杯FSで4着。
2年前のガルボが同じローテーションで勝ってます。
朝日杯FSの時計は2011の方が断然速く、その中でトウケイヘイローは4番手追走でしたから評価できる内容だったと思います。
しかも4コーナーでは外目を回ってますからね。
ただ、血統がひっかかるのであまり買う気になりません。

グラーネって馬も気になったので、前走の映像を見ました。
結構豪快な勝ち方で強そうです。
で、他のレース結果も見てみたら、デビュー戦が1番人気に推されて12着と大敗しています。
レース後のコメント見ると、「怖がっていて、ゲートでは周りの馬が出て行ってから、やっと出たという感じ」とのこと。
2戦目も2馬身ほどの出遅れだったみたいだし、前走勝ちましたが、前半は12番手からの競馬。
前走は枠順が大外でしたが、今回は1番枠。
これは出遅れの可能性ありです!




こうしてみると、ピュアソウルも十分勝負になりそうな気がしてきました。

気になったのは、シゲルアセロラの勝ちっぷりが良いこと。
前走のつわぶき賞の勝ち時計は同日・翌日の古馬500万下より速いし。
未勝利勝ちの時計も1400mで1.21.8と速く、2着に1秒差付けている。
これはひょっとするかもしれませんよ。


★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「ピュアソウル買っておこう」と思ったあなたも、逆に「ピュアソウルは消しで」と思ったあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

予想:中山金杯(2012)

2012年01月05日 14時40分52秒 | 予想
新年あけましておめでとうございます!

今年はチョイチョイ更新できればしたいと思います。
・・・できる範囲ですが。

さて、新年一発目は中山金杯の予想を。
未勝利とか、500万下とか、ジュニアCとか、最終の1000万下とか・・・も考えましたが、やはり重賞での的中率を上げたいのでこちらを選択します。

GIIIのハンデ戦ってだけで難しいと思いますが、さらにメンバー構成からも難しさ満点って感じですね。

勢いのある明け4歳を・・・と思ったら1頭もいないじゃないですかッ!!
これって珍しいこと??
あまり調べる時間もないので・・・それはそれとして。
明け4歳がいないって寂しいもんですね。

Cコース初日ってこともあり、それほど飛ばす馬もいないようなので先行馬もしくは決め手のある馬で勝負ってところか。

とりあえず、軽ハンデ51kgのイケドラゴンが逃げると予想します。
前走ディセンバーSで出ムチを入れてましたからね。
1番枠からのスタートで、出ムチでも結局ハナを切れず2番手からの競馬になりましたが直線粘って5着。
そこから5kgも斤量減なわけですからハナを切らない手はないでしょう。

それを追いかけるのは、ここんとこ2番手が板についたエーシンジーラインとか、トップゾーンコスモファントムあたりか。

イケドラゴンには楽なレースをさせてくれないメンバーと見ます。

追走する馬が抜け出して、そのまま押し切るか、後ろから凄い脚で差し切るか・・・。

それほど後ろではなく凄い脚を使える馬・・・となると、アドマイヤコスモスと、フェデラリストの2頭か。

1番、2番人気か・・・。

奇遇なことにどちらも○地の馬なんですね。
アドマイヤコスモスは初戦2着した後、地方へ行き、3戦2勝して中央に復帰。
復帰後は負け知らずの5連勝!!
前走では福島記念を勝っている。
福島記念ってのが微妙なところですけど、最近好走しているゲシュタルトをコンマ6秒突き放していますから十分でしょう。
レース映像を見た印象は抜け出す脚が物凄く速いです。
一瞬で勝負を決めるって感じ。
で、その後は並んでも抜かせない根性を見せて勝ち続けてますね。
ここ3戦はコンマ2秒以内の僅差の勝利なんですけど、危なげない勝ちっぷり。
今回は57kgのハンデで、中山初ってのが課題になるでしょうが、勝ち負けできる力はあると思います。

フェデラリストは新馬戦で4着に負けた後、地方へ。
地方で2連勝して中央に復帰。
その後中山で500万下を勝った後、札幌で2回連続4着に負け、中山で1000万下、東京で1600万下を勝ってオープン入りと。
特に前走は2着とコンマ5秒も着差をつけ完勝。
これは人気になりますね。
ハンデも手ごろな55kgだし。
あと、母がダンスパートナーってのも人気の要因だと思いますが。
中山で2勝しているってのがアドマイヤコスモスより有利かな。

2kg背負わされても現時点ではアドマイヤコスモスを上に見ます。

ですが、単勝1番人気で複勝もついて1.5倍・・・。

ってことでワイドにしちゃいます!
(単複はどうした?)

先行有利と考えて、アドマイヤコスモスからコスモファントムエーシンジーラインに!!
イケドラゴンはやめておきます。

こんなんでどうでしょう!


その他の気になる馬についてもコメントを。
後で振り返りように・・・。反省用に!?

ミステリアスライト
前走ディセンバーSで4着。良い馬だと思うが、レーシングビュアーに最終追い切りの映像がない!
・・・なんでないんでしょうね。
時計だけ見るとそこそこ動いたようだけど・・・なんでないんでしょう。
その前に2本時計を出していますが、これが軽過ぎるような気がします。
この2点から消しました。

それから、後ろから行く馬はとりあえず消しました。
ダンスインザモアエオリアンハープネオサクセス
Cコース初日だし、それほど速くならないだろうし、厳しいでしょう。

ネヴァブション
これはとても狙いたい馬なんだけど、骨折からの長期休養明けだし、そもそもの予定はAJCCで、使えそうだから・・・って理由なので。
出来もそれほどでもないみたいだし、58kg背負ってじゃ厳しいでしょう。
ただ、「昨年10月下旬から地道な追い切りを重ねてきた」ってのがプラスに見えるし、このくらいのメンバーなら58kgでも勝てる能力はあるでしょうけど。
後藤騎手もきっと狙ってるでしょうね。
ドキドキしながら観戦しますか。



 にほんブログ村へ(←クリックで応援してください)


予想:宝塚記念&WIN5(2011)

2011年06月26日 10時04分55秒 | 予想
11R 第52回 宝塚記念(GI) と WIN5 の予想です。


 予想 |

 にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)



最近めっきり更新頻度が落ちた単複どうでしょうです。
みなさんいかがお過ごしですか?
僕は、マンションを買っちゃいました!!
で、色々と週末も忙しくなってます。
今日は家具とかを見にららぽーと、IKEAにこれから行ってきます。
平日も仕事が忙しくなってあまり時間を取れません。
今年はUMAJINでPOGをやることにしたのでその辺の話も書きたいんですけど・・・その時間が取れずです。
みなさんPOGってやってますか!?
僕は久しぶりにやることになります。
以前は仲間内でやったりして結構盛り上がってましたが、最近は全然やってませんでした。
昨年は競馬ブックのをやってましたが、ひとりでひっそりやってたのと、イマイチなサイトってこともあり?、それから5頭しか持てなかったのもあり?盛り上がりにかけたな~。
今年はUMAJINなのでもう少し盛り上がるかな。
ひろしにチーム戦も誘ってもらったし!!


さて、本題の宝塚記念。

もうこのレースは分析クソクラエ的に・・・好きな馬で勝負です!!
春のグランプリだし!!

ということで、ルーラーシップです!!

日本ダービー、有馬記念で本命視した馬がようやく力を発揮できるようになったみたいだし。
走り方がとてもいいな~と思う馬です。
スタートが下手っぽいのが不安なんで内枠に入ったことで力発揮できず終わる可能性も多分にありますが、まぁ、その時はその時で諦めます!!

是非、この馬にはGIホースになってほしい!!

がんばれルーラーシップ!!

秋にも大活躍で年度代表馬になったら最高ですなァ!!



次は、WIN5です。

[今週のWIN5予想]
[1]中山10R 鹿島特別/
   コパノカチーノ
[2]阪神10R 尼崎ステークス/
   マゼラン
[3]函館11R 函館日刊スポーツ杯/
   キョウエイアシュラ
[4]中山11R 夏至ステークス/
   フィフスペトル
[5]阪神11R 第52回 宝塚記念(GI)/
   ルーラーシップ



 予想 |

 にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「またもやWIN5の各レースコメントがないですねぇ~!!」と"グサッ" とくる言葉をくださるあなたも、「いやぁいいんじゃない?忙しいんしょ」と思うあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ



予想:マーメイドステークス&WIN5(2011)

2011年06月19日 00時35分19秒 | 予想
4回阪神2日 11R 第16回 マーメイドステークス(GIII) と WIN5 の予想です。


 予想 |

 にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)



土曜の厳選未勝利はハズレました。
時間があればレース回顧を書きたいと思ってます。
あれは乗り方の問題ですよ!!タブン。
予想としては間違ってなかったと思ってるので、気を落とさず日曜の予想をします。


まずは、今週唯一の重賞 マーメイドS
牝馬限定のハンデ戦ってことでよく荒れる重賞です。
今日テレビで細江さんが荒れる要素として、ハンデと馬場をあげていました。
梅雨の時期なので雨が降って馬場が重くなると、ハンデの影響も大きくなり軽量馬が活躍するというメカニズムみたいです。
・・・納得ですね~。

ということで天気が予想の上で重要になってきます。
天気の予想がハズレると馬券もハズレる!?
・・・いや、天気がわかっても馬券はハズレる!???

ま、それはそれ。
天気予報としては、曇時々雨みたいですね。
降ってもそれほどではないんでしょう。
土曜の競馬も良で行われて、準オープンの芝1600mが1:33.2でしたから悪くはないでしょうね。
で、上位3頭が重いハンデを背負った馬たちだったのでハンデもそれほど気にしないでよい!?

だとすると・・・

プロヴィナージュでいいんじゃないか!?
と思ったが、やはり56kgのハンデは堪えるでしょうね。
軽量ハンデとの差は大きいし。
それと硬さが残ってるみたいな話を聞きます。
要するに本調子ではないってことですね。

となると、軽ハンデの先行馬か!!
目黒記念のキングトップガン(ハンデ51kg)を思い出すと、やはりハンデの恩恵ってのはデカイんでしょう。

そこで目を付けたのが、2番枠のハンデ52kgのポルカマズルカ
どうしてもハナを切りたいって馬も見当たらないので、この馬がハナを切るんじゃないかと考えます。
で、内枠でしょ~。
そして軽ハンデとなると・・・行けるんじゃないですか!?


次は、WIN5です。

[今週のWIN5予想]
[1]阪神10R 出石特別/
   7 モトヒメ
[2]中山10R 利根川特別/
   1 ファストワーカー
[3]函館11R 五稜郭ステークス/
   4 ブリッツェン
[4]阪神11R 第16回 マーメイドステークス(GIII)/
   2 ポルカマズルカ、8 フミノイマージン、13 プロヴィナージュ
[5]中山11R バーデンバーデンカップ/
   9 シンボリグラン



 予想 |

 にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「WIN5の各レースコメントがないですねぇ~!!」と"ギクッ" と思わせるような言葉をくださるあなたも、「いやぁいいんじゃない?」と思うあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。(とはいえ、サクセスシルエットの単複は買いますけど)
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ



予想:厳選未勝利6/18(2011)

2011年06月18日 12時51分48秒 | 予想
3回中山1日 未勝利予想です。


 予想 |

 にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)



皆様ご無沙汰しております、単複どうでしょうです。
諸々の事情により更新が滞っておりましたが、今後もまた更新はままならないことでしょう。

ですが、せっかくの中山開幕週。
ひとつくらいは書いておこうと思いまして、厳選未勝利を書いてみます。

対象は、

2011年 6月18日(土)3回中山1日 6R
サラ系3歳 未勝利 (混合)[指定] 馬齢 1600m 芝・右 外

です。
時間もないのでサラッとしか書けないですけど、あとで読み返したときに少しでも役に立つと良いな。
・・・役に立ったことあったっけ???

さて、中山開幕週でしかも芝1600mと言えば!??

そう、内枠先行馬です!!

前走逃げた馬は・・・クイーンオリーブ ただ一頭!!

これは狙うしかないでしょう!

これまで3戦して3着→7着→4着。
1着との着差は0.3秒→0.6秒→0.4秒。

7着ってところが若干不安ですけど、絡む馬がいなければ粘りこめるでしょう。
過去のレース映像を見ても最後までがんばって走る馬のようですし。

簡単ですけど、クイーンオリーブの単複でどうでしょう!!


思い切って逃げましょう!!!



 予想 |

 にほんブログ村へ(←クリックで応援ください)

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「あとで読み返して何がわかるんだ?この内容で?!!」とごもっともな指摘をくださるあなたも、「まぁいいっしょこれくらいで」と思うあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。(とはいえ、サクセスシルエットの単複は買いますけど)
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ



予想:安田記念&WIN5(2011)

2011年06月04日 22時57分23秒 | 予想
3回東京6日 11R 第61回 安田記念(GI) と WIN5 の予想です。


 予想 |

 にほんブログ村へ(←クリックで応援してください)



安田記念はマイラーズCが終わってからショウワモダンで行こうと考えていましたが、出ないんですね、ショウワモダン
どうしたんだ!?
ネットで探したら、「追い切りのあとに鼻出血」ですってー!?
しかも、このまま引退濃厚!??
えーーーー!!!
・・・どうしたんだ!?
残念過ぎるぞ、ショウワモダン
復調してきたところだったのに・・・。

ということで、安田記念どうするか。

シルポートが調子良さそうだよな~。
ジョーカプチーノも福永騎手の進言で安田記念への出走を決めたとか。
それからスマイルジャックも3度目の安田記念だ。

しかし、何か物足りない気がする。

昨年もレベルが高くないような気がした。
その時の3着がスマイルジャック
当時は・・・10番手からの競馬だった。
結構後ろから行ってたんだな。
今年の東京新聞杯は4番手からうまく抜け出して勝利!!
前走マイラーズCも同じような競馬をするかと思ったら11番手からの競馬。
なぜだ、コウセイよ!
シルポートの逃げはそんなに速くないんだよな。
東京新聞杯と同じような競馬をしたらもっと上位に来れたと思うんだけど・・・。
安田記念を想定して、後ろの方から競馬したのかな!?

今年の安田記念はシルポートが逃げると言ってるから、こいつがハナを切るってことで良いか。
2番枠からのスタートだし、そんなに飛ばさずにハナを切れそうだ。
シルポートが自分のペースで逃げるんだとすると、そんなに速くはならない。
が、GIだ。
そうなると、各馬が早めに動くことになるだろう。
その時、ワンテンポ遅らせて仕掛けられるか、それとも抜けた力でねじ伏せるか。

ストロングリターンサンカルロの2頭がワンテンポ遅らせて・・・ってできそうなイメージがあるなぁ~。
オッズ的にはサンカルロありですね。
しかし、サンカルロの東京重賞成績が悪いので厳しいか。

それよりも、やはりアパパネが力でねじ伏せちゃうような気がする。

牝馬・・・なんで難しいかもしれないが、そこは牡馬よりも2kg軽い斤量ってところでカバーしよう。
490kgくらいの馬体なので牡馬と思った方が良いくらいかもしれない。
だったら56kgでもいけるだろ。
マイラーズCで一度経験しているし。

ヴィクトリアマイルでブエナビスタを負かしたってことで1番人気に支持されているが、ここは逆らわずアパパネで勝負とします。
馬群を抜け出す脚がずば抜けている馬だと理解しているので、その脚でここも勝利して欲しい。

2011年 安田記念(GI) はアパパネの単複でどうでしょう!!



さて、ここからはWIN5。


[今週のWIN5予想]
[1]京都10R 安芸ステークス/
   9 カフェマーシャル
[2]東京10R ホンコンジョッキークラブトロフィー/
   9 ヒシカツジェームス
[3]新潟11R 上越ステークス/
   3 エイシンダッシュ
[4]京都11R 垂水ステークス/
   8 ダノンスパシーバ
[5]東京11R 第61回 安田記念(GI)/
   8 アパパネ



 予想 |

 にほんブログ村へ(←クリックで応援してください)

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「3歳のリアルインパクトが54kgなら好勝負できるんじゃない!!?」と思ってるあなたも、そうでないあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

予想:日本ダービー&WIN5(2011)

2011年05月29日 13時38分17秒 | 予想
3回東京4日 第78回 東京優駿(GI) 2400m 芝・左 の予想です。
WIN5も一緒に書いちゃいます。


 予想 |

 にほんブログ村へ(←クリックで応援してください)



さぁ、いよいよ競馬の祭典 日本ダービー です。

今週は何回か記事を書きたいなと思っていたら、もう当日になってしまった。
しかも13時手前って・・・。
間に合わない~。

時間ないのにちょっと寄り道を。

BS11のイレブン競馬を毎週のように観ていますが、最近マイネル軍団総帥の岡田さんがレギュラーのように出演されています。
このおじさんの話はとても参考になるし、面白いです。
たまに話が長いですけど^^;

その岡田さんが推している馬が・・・

  オルフェーヴル

でした。
ディープインパクトに体系とか筋肉が似ているそうです。
オルフェーヴルが負けるのが考えにくいとまで言ってました。
視聴者にオルフェーヴルの単勝を勝って競馬に参加してほしい・・・みたいなこと言ってましたよ!!
・・・ただ、馬券購入は自己責任でと付け加えてましたが。

あとは、サダムパテックもいいと言ってましたね。
ただ、長い距離を走る場合は、前脚の力も重要らしく、後脚ばかりで走ってると2400mは持たないと。
そこを見分けるのは、立ち姿の写真で前脚が前傾になっていれば良いらしいです。
・・・写真を撮るタイミングで変わらないですか?
・・・変わらないってことで考えましょう。
で、サダムパテックは前傾になっていないんですよね。
なのでいつもどおりの末脚が使えないかもしれないとのこと。

結構説得力がありました。
が、スローで流れれば関係ないような気がします。
その時は折り合いが重要になるんでしょうね。

あとはコティリオン
ただ、この馬は前脚が開いていて長い距離では厳しいんじゃないかとの見解も。
これは僕も調教映像を見て思ったことです。
前脚が明らかに他の馬と違うんですよね。
2400mは向いてないような気がします。
あと加速が悪い。
これも前脚のせいでしょうかね?
今回は評価を落とします。
ただ、NHKマイルCを出遅れての2着。
これは凄かった。

デボネアにも注目していました。
特にデットーリ騎手をとても評価していましたよ。

トーセンレーヴについても話があって、体形がディープに似てるけど筋肉の質が違うとか。
カーリアンの血が出てるそうで、ディープのような筋肉じゃないのが評価を落とすところのよう。
なるほど、切れる脚はない馬って印象はありますね。
それにローテーションが厳しすぎるんじゃないかと。
2月デビューの馬ですよ。
それがここまで5戦してますからね。
しかも前走は連闘。
・・・ま、馬は若いからクリアしちゃうかもしれないけど。
それにトーセンレーヴってデビュー前から凄い注目されていた馬で、テレビでも特集を組まれるくらい。
僕は、この馬の走り方が良いと思ってます。
で、好走しちゃうかも・・・って思います。
ウィリアムズ騎手も3度目の騎乗だし。
でも、ここ2走の走りを見てると、直線入ってから加速するまでに時間がかかってるように見えたんで、そこが勝ち負けできるかっていうと厳しいところか。
好走するならそれでうれしいですが、こいつの単複でダービー勝負するかっていうと違うような。
・・・先週のオークスではもっと可能性の低いグルヴェイグにしちゃったのに。


で、岡田総帥の一押しオルフェーヴルに帰ってくるわけですね。
そこまで強いのか、オルフェーヴルよ!!
岡田総帥にそこまで言わせる馬です。
皐月賞はブッチギリですからね。
日本ダービー、オルフェーヴルでいいんじゃないの!??

と、半ば予想放棄気味になってきましたが、皐月賞をあんなにぶっちぎられたら、仕方ないと思うほどでしたので、オルフェーヴルの単複・・・を答えにしてもなんら問題ないと考えています。




気になるのは、この雨で馬場も不良ってところですね。
切れよりも力強さが要求されるんじゃないかと。

そこで注目したのが、ショウナンパルフェ!!
青葉賞の2着馬です。
京成杯を筋肉痛で回避(でしたっけ?)して順調さを欠いて、スプリングSに出ましたが6着に負けて皐月賞は出れず・・・。
青葉賞では先行して一旦先頭に立ちましたが、ウインバリアシオンの末脚に屈して2着。
負けたけど、トーセンレーヴは凌いで2着を確保しているのを評価したい。
それにこういう走りが今回活きてきそうな感じを受けます。
不安要素としては、乗り替わりと非社台ってところか。
前走は蛯名騎手で、今回は三浦コウセイ騎手。
コウセイ騎手は、ダービー初騎乗ですよね!?
初騎乗で乗り替わりでダービー制覇って・・・考えにくい。
それと社台勢が13頭もいて、非社台のショウナンパルフェが勝つってのがどうも想像できない。
ただ、うまく先行できれば展開が向きそうな馬なので要注意です。

前走京都新聞杯で2着したユニバーサルバンクが怖いですね。
1勝馬ってところがなんとも不安ですけど、2着が5回もあるんです。
先行の脚質が魅力的です。
調教はまるで走らないって感じですけど、いつものことみたいだから許容しても良いでしょう。

完調ならリベルタスも魅力的ですけど、今回はまだ完調には遠いかな。


ということで決まりきってないですけど・・・

サダムパテックトーセンレーヴショウナンパルフェユニバーサルバンクのどれかにしたい。
・・・前に書いた内容と違う?
もう時間がないのでこんなところで、あとはパドック見て決めます。



ここからはWIN5の話を。

[今週のWIN5予想]
[1]京都10R 東大路ステークス/
   2 キタノアラワシ、7 トウショウフリーク
[2]東京10R むらさき賞/
   12 ソウルフルヴォイス
[3]新潟11R ルミエールステークス/
   3 アポロドルチェ
[4]京都11R 鞍馬ステークス/
   2 バクシンカーリー
[5]東京11R 第78回 東京優駿(GI)/
   サダムパテックトーセンレーヴショウナンパルフェユニバーサルバンク



何書いてんのかわからんくなってきましたが、後はテレビをジックリ見てダービーデイを楽しみます。



 予想 |

 にほんブログ村へ(←クリックで応援してください)

★「単複どうでしょう」はブログランキングに参加しています★
 「ヨシトミさんのナカヤマナイトが気になる~!!」というあなたも、そうでないあなたも是非
 ↓クリック↓で応援お願いします。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ