Take it easy !!!

おっとり成長中の兄コウ、ちゃきちゃき成長中の妹アカリ。
正反対の兄妹が繰り広げるおもしろい毎日です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

じじばば召喚

2017-02-13 07:17:21 | コウ7歳の記録
昨日の夜の20時過ぎ、来てくれました。

とりあえず駆け付けで…

ばばにウマヅラハギをさばいてもらう。


ご近所さんが釣り上げたものをいただいて、ばばに聞きながら捌けばいいか、と思っていたところに召喚することになり、造ってもらいました!

餅は餅屋。ばば、お魚得意なので。

元気なアカリはじじに乗っかり、コウもアカリも同時にばばに話しかけ、更にウマヅラハギを造るという、来て早々の大混乱。

ありがたいの一言に尽きます。

今日一日、アカリ守りしてインフルエンザがうつりませんように。

今のところ、コウもとうちゃんも私もうつっていないです。このまま乗り切ろう、我が家!

コメント

今シーズン2回目

2017-02-11 20:11:48 | コウ7歳の記録
このひと




インフルエンザなう。

実は今シーズン2回目。
12月に新型の何か、今はA型だそうで。

12月も今も、母の仕事ピークを過ぎた時に罹りました。
わかってるのかな。
忙しいときは、やっぱり色々がまんさせてるなあ、と思うわけです。

ただ、今週月曜日はとうちゃんもかあちゃんも、どうしても外せない仕事があり、大きい病院内の病児保育も検討しましたが…

母実家のじじばばを召喚することになりました。
たまたま池田屋も1日2日なら休めそう、ってことで明日の夜、来てくれます。

ありがたい!ありがたい!!ありがたい!!!

アカリは既に熱も下がり、食欲も出てきました。
身体が強いんだろうな。前回のインフルも軽く済んでくれました。
強い身体のアカリにも感謝です。

あとはコウにうつらないことを祈るばかりです。
コメント

アカリおゆうぎかい2017 その他編

2017-02-08 08:03:46 | コウ7歳の記録
オズの魔法使いの次は、男の子と女の子に分かれての踊り。

男の子は「いざや カブかん!」という、歌舞伎を模した曲でした。

みんなしっかり踊れていてカッコ良かったです!
壇上に2人しかいないのは、ぞうぐみ代表、とかではなく、本当は4人いるはずが2人おやすみだったため。
こばと保育園のおゆうぎかいあるある、です。毎年2月にやるから、必ずおやすみが出てしまう。。

そして女の子はきゃりーぱみゅぱみゅの「CANDY CANDY」。
もうね、かわいかった!笑

アカリはプログラム紹介をしました。








しかし、みんな同じ衣装だとアカリのデブちゃんっぷりが際立ちました…。
でも、かわいいからいいの!
本当にみんなかわいくて、きゃりーちゃんになりきっていました。

踊りの次は、合奏と合唱。
合奏は「さんぽ」。アカリは鍵盤ハーモニカでした。
↓準備しているところ。


↓ちょうどどこかのパパさんの頭に隠れているのがアカリ。


続いて合唱は、「すうじのうた」、振り付け付き。
↓すうじの7の「こわれたラッパ」


とても楽しそうに歌ってました。すうじのうたは、普段から歌っている歌のなかで、みんなが好きな歌のようです。
そうやって、おゆうぎかいでの歌を決めるの、いいなあ、と思いました。

そして最後は、ぱんだ・ぞう・きりんぐみによる全員合唱。
今年は、
・みんながみんな英雄
・世界に一つだけの花
でした。


狭いホールの狭い舞台にビッチリ並んだ子どもたち。80人くらいいるのかな?
毎年のこの全員合唱、すばらしいです。
今年も子どもたちの歌から、元気と感動をもらいました。

たくさんたくさん練習して、どのプログラムもとても素敵でした。
笑いあり、感動ありのおゆうぎかい。子どもたちの成長には驚かされます。

そして毎年思う、先生方のご指導と衣装の準備。
保育園なので、遅い子は19時まで園にいます。父兄に衣装のボランティアもなく、全部先生が準備してくださいます。
本当に頭が下がるばかりです。

こばと保育園では、おゆうぎかいが終わると次のクラスに向かっていく雰囲気になります。
4月からはアカリもぱんだぐみ!
引き続きたくさんの思い出ができると良いなあ、と思います。
コメント

アカリおゆうぎかい2017 オズの魔法使い編

2017-02-06 07:22:58 | コウ7歳の記録
2月4日土曜日、こばと保育園のおゆうぎかいでした。

ぞうぐみ(年中組)のアカリ。演目も去年より増えています。

まずは、劇「オズの魔法使い」。
アカリは北の魔法使い役。本当は魔女ですが、男の子の配役の関係で魔法使いになったのでしょう。

北の魔法使いは、ちょっとしたナレーター的位置付けで、一番最初に出てきました。
その姿…


まさかのハリーポッター!!!
いきなり出オチ!!!

左からアカリ、しょうたろうくん、親友さきちゃん、しゅんちゃん。
男の子と女の子でマフラーの巻き方が若干違いますが、アカリいわく、男の子はハリーポッター、さきちゃんとアカリはハーマイオニー、だそうです。。。
でもそのメガネは…ハリーだよね??

アカリはメガネが全然似合ってなくて(笑)、図書委員風、さきちゃんもガリ勉風で…まあ二人揃っておもしろいからいいか!

劇はこの4人のナレーションから始まります。

「私は北の魔法使いです。
大きな竜巻によって飛ばされたドロシーは
不思議なオズの国に着きました。
家に帰りたいというドロシーに
私は銀の靴を授け
都に向かうよう伝えました。
さて、どんな冒険が待っているのか
こっそりのぞいてみましょう。」

話す子がマイクの前に立つのですが、

アカリだけ他の子より背が低くて、マイク位置が高く、写真映りの悪いこと。笑

でも、4人ともしっかりしていてすばらしかった!

最後に4人の「幕よひらけ」

でお話しが始まりました。

で、ざっくりはしょって
ドロシー、脳みそがほしいカカシ、心がほしいブリキのきこり


勇気のほしいライオン


は、旅に出ます。

途中で悪い西の魔女に会い、


その手下の空飛ぶ猿と戦い


オズのところに着きました。

オズがまさかにスタバ!!!

でも、オズは普通の人間で、何もできません。


えーっ!となったところに再び北の魔法使いが登場。


北の魔法使い:
「みなさん、おちこまないで。
知恵も心も勇気も
もう持っているんですよ。」

ドロシー:
「でも私は家に帰れないわ」

北の魔法使い:
「ドロシー、それは魔法のくつです。
かかとを3回打ってごらんなさい。
きっと願いがかないますよ。」

かかとを3回打って、ドロシーは家に帰りました。
(舞台の幕も閉じました)

北の魔法使い:
「こうして家に戻ったドロシーは
いつまでも幸せに暮らしました。」

そしてまた4人で
「幕よひらけ!」

で幕が明け、全キャストによる「虹の向こうに」の合唱で劇は終わりました。


みんな、すごく上手で、かわいくて素敵な劇でした!
ちょいちょい小細工もあり(ハリーポッターやスタバのオズ以外にも)また楽しめました。

おゆうぎかい2017 その他編に続く!
コメント

2017-02-03 22:56:21 | コウ7歳の記録
世間様から少々遅れて、我が家でも星野源さんの「恋」がブレイク中。
コウが歌い(しかもフルコーラス)、アカリが恋ダンスをしています。(保育園のおゆうぎかいで、年長さんが踊るので覚えたらしい。)

で、恋って知ってる?
とコウアカリに聞いてみたところ。

コウ:「どきどきするもの?」
おっ!鼻垂れ小学1年生にしてはなかなかのおこたえ!

アカリ:「おさかな!」

あながちまちがいではない。

コウアカリが恋をするのは、いつなのかな?
どきどきして母はその日を待っています。

↓アカリのコイの絵、全容。
コメント