千葉県の戦争遺跡

千葉県内の旧陸海軍の軍事施設など戦争に関わる遺跡の紹介
(無断転載を禁じます)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

松戸市の戦争遺跡4(陸軍八柱演習場、五香の戦没者供養塔)

2007-09-01 | 松戸市の戦争遺跡
1.陸軍八柱演習場

1919年(大正8年)12月に、松戸に陸軍工兵学校が出来ると、工兵学校の下士官候補生や幹部候補生たちは、江戸川で架橋訓練をするなどの野外での訓練を行った。陸軍は工兵学校の専用の演習場を求め、日暮、和名ヶ谷、松戸新田の三部落の地主が用地を陸軍に譲渡した。こうして出来た陸軍八柱演習場は、かつて原野であった現在の八柱から胡録台、稔台にかけて広がっていた。なお、戦後は演習場は帰農者、入植者に開放され、この稔台という地名も、1946年(昭和21年)に大きな「みのり」を期待して名づけられたものである。

<陸軍工兵学校の隊門跡>


今は陸軍八柱演習場跡は、戦後の入植や宅地化の波にのって、市街地、住宅地となっており、当時の面影を偲ぶものは殆どないが、「皇太子裕仁親王殿下駐駕所」と書かれた石碑が稔台にある。

これは1929年(昭和4年)に陸軍が建てたもので、題字は陸軍元帥上原勇作の揮毫による。石碑の周囲にも囲いがあって、立ち入れないようにしてある。
陸軍工兵学校長若山善太郎少将が書いた碑文を見ると、「天皇陛下 曩ニ 儲位ニ在シマシヽ時畏クモ陸軍工兵学校ニ 行啓アラセ給ヒ ■(一字不明)駕ヲ八柱演習場ニ枉ケテ工兵学校将卒ノ行フ演習ヲ 台覧アラセ給フ時ハ大正十五年十月二十八日演習ハ主トシテ堅固ナル陣地ノ攻撃ニ於ケル工兵ノ動作ヲ練習スル目的ノ下ニ行ハレタ(以下略)」とあり、当日の降雨に服を濡らせて裕仁皇太子は熱心にこの台から演習を見学したと書かれている。これは、昭和天皇裕仁がまだ皇太子であった1926年(大正15年)に八柱演習場で行われた陸軍工兵学校の演習を見るために、ここに立ったということを示す。なお、石碑の台座は1985年(昭和60年)に改修されたもの。但し、改修されたのはその部分だけで、囲いの石材は古く、オリジナルと思われる。

<「皇太子裕仁親王殿下駐駕所」の石碑>


石碑のある場所は新京成みのり台駅の東南、駅から5分ほど歩いた場所にある駐車場にある。この駐車場は靴の量販店の店舗の裏にあたり、周辺は住宅地で、ややわかり難いところにある。新京成みのり台駅の駅の改札口は一つしかないが、その改札口を右に出て踏切を渡ったところにある交差点を右(南)へ進んでしばらく行くと、靴屋さんの店舗が進行方向左に見えて来る。なお、周辺に遺構はないか探したが、境界標石なども見当たらず。

<上記石碑の碑文~風雨に晒され薄くなって若干読みにくい>


なお、新京成八柱駅周辺にある陸軍の境界標石は、一般には陸軍鉄道連隊演習線の引込線に関連したものと思われている。しかし、かつての陸軍鉄道連隊演習線と現在の新京成線はぴったり重なっているわけではなく、特に鎌ヶ谷市、松戸市を通っている部分は重ならない部分が多い。そして、市街地にも確かに演習線の名残がうかがえる箇所がいくつかある。八柱駅周辺には境界標石がいくつもあり、少し離れた森のホール付近にも廃線跡がある。1924年(大正13年)、松戸の陸軍工兵学校から八柱演習場までの軽便路線を工兵学校が敷設したが、その沿線に陸軍境界標石が現存している。

<新京成八柱駅周辺の境界標石>


なお、以前千駄堀の塹壕跡を調べに訪れた「21世紀の森と広場」の森のホール辺りに先日廃線跡を見にいったが、確かに廃線跡が存在していた。一部は舗装道路となっているが、未舗装の部分もあり、そちらのほうが廃線跡の雰囲気を色濃く残している。

<森のホール近くの廃線跡>


その近くの駐車場に境界標石が車止めの石として使われているのを発見。刻まれた字を見ると「陸軍省用地」とあった。陸軍の境界標石には「陸軍用地」と書いてあるものが多いと思うが、「陸軍省用地」と「陸軍用地」と何か違いがあるのだろうか、細かいが少々気になる。

<近くの駐車場の車止めに使われていた境界標石>


2.善光寺の戦没者供養塔

以前紹介した逓信省松戸飛行場は、戦局が厳しさを増す中、陸軍管轄下となった。
この陸軍の松戸飛行場には、1944年(昭和19年)9月に「帝都防空」を任務とする陸軍第十飛行師団の飛行第五十三戦隊が所沢から移ってきた。この飛行第五十三戦隊でも特攻隊が組織されるなどして、前途有為な若者たちが死んでいった。それは、戦争末期の熟練パイロットの不足への補充として、未熟なパイロットも次々に出撃させられたことによる。戦死以外にも訓練中の事故でなくなる者もいた。現在、松戸にある松飛台という地名は、松戸飛行場のあった台地という意味で名付けられたものである。

戦死や事故死などでなくなった航空兵の遺骨は、五香の善光寺に一時安置された。
五香とは明治初期の小金牧の開墾で五番目に拓かれた村という意味で名づけられた新地名である。善光寺は霊鷲山善光寺という浄土宗の寺であるが、小金原と呼ばれた当地には以前は寺がなく、1891年(明治24年)になって北小金の東漸寺の大康上人の遺志を継いだ弁栄上人が創建した。弁栄上人は手賀沼沿岸鷲野谷の農家山崎家の出身で、光明主義を掲げて大乗仏教の教えを追及した高僧である。
この寺の境内には、そうした高僧の墓などにまじって、戦後五香六実の町会が建てた戦没者供養塔がある。

<善光寺にある戦没者供養塔>
『千葉県』 ジャンルのランキング
コメント (19)   この記事についてブログを書く
« 流山市の戦争遺跡1(流山糧... | トップ | 柏市の戦争遺跡4(「柏の軍... »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
みのり台にそんな歴史が (松戸っこ)
2007-09-04 12:21:56
みのり台にそんな歴史があるなど知りませんでした。勉強になりました。
コメントありがとうございます (森兵男)
2007-09-05 18:46:50
松戸っこさん、コメントありがとうございます。
みのり台は、かつての陸軍八柱演習場、その前は原野といいますが、明治以降、周辺は幕府の小金牧を拓いた土地であったということです。各地には、それぞれの歴史がありますね。
墜落殉職碑 (NY)
2008-01-08 18:40:07
鎌ヶ谷カントリークラブの側の民家の脇にしょうわ19年に復座練習機が墜落して二名の搭乗員が殉職したことが彫られている慰霊碑があります。鈴木重徳少将とう校長の名が見えます。この方は陸士19期かと思います。所々碑文が削られています。二名の搭乗員の出身地や履歴も書かれており、興味深いです。
コメントありがとうございます (森兵男)
2008-01-13 18:22:32
NYさん、コメントありがとうございます。

墜落慰霊碑の情報ありがとうございます。
一度調べてみます。
墜落殉職碑 (NY)
2008-01-21 15:12:49
森さん。素晴らしい活動を続けておられますね。本当に勉強になります。慰霊碑の詳しい行き方をお教えします。新京成北初富駅側に北東から南西に走っている道路があります。これを北初富駅から南西に道なりに600メートルほど行くと左に入る道があります。その道を30メートルほど行くと左側にある住宅の側にその碑があります。最初に発見したのは昭和51年です。友達がその側に住んでいて、遊びに行った時に見かけたのです。2年前の8月に見に行った時は、きれいな花が供えられていました。建立されたのは昭和19年9月、鎌ヶ谷村という文字も読みとれます。たぶん松戸逓信省の飛行機が落ちたのでしょう。お二人の冥福を祈ってきました。
Unknown (森兵男)
2008-02-03 17:48:09
NYさん、どうもご丁寧にありがとうございます。またコメントの返事が遅れ、どうもすみません。
仰るとおり、場所柄、松戸飛行場の飛行機かもしれませんね。
小生も、一度見に行こうと思います。
どうも貴重な情報をありがとうございました。
松戸飛行場の掩体壕 (サダ)
2008-02-07 13:10:28
森様はじめまして。
詳細,丁寧に地元をお調べになっている様子,敬服しております。
当方少々戦争遺跡に関心をもっており,
掩体壕について調べております。千葉県内にも旭,印旛,館山,茂原など,各地に有蓋,無蓋掩体壕がありますが,松戸(松戸飛行場)には残っておりますでしょうか?
都市化のため残っていないようですが・・・

また,関連書籍などありましたら・・・
鎌ヶ谷市史研究15は見つけたのですが,肝心の松戸市からは出ていないようで・・

突然ですがご教授頂けたらと思っております。

掩体壕について (森兵男)
2008-02-08 20:12:32
サダさん、森兵男です。

ご質問の件、松戸飛行場関連の掩体壕は、八柱霊園などにあったようですが、現認していません。自衛隊のなかにもありそうですね。

お隣の柏陸軍飛行場についても、通常の陸軍機のものから秋水の掩体壕まであったそうです。
http://blog.goo.ne.jp/mercury_mori/e/c6b724a67fcda9c8759c4bb6d57d0887

そのうち、残っているものもあるようで、保存活動の話を聞きました。国立がんセンター東病院の近くにあるそうです。その件は、別件で打ち合わせているときに出た話で、その話をしていた人に今度あったら詳しく聞いてみるつもりです。
Re:掩体壕について (サダ)
2008-02-11 19:00:02
森様

ご丁寧にありがとうございました。

秋水の実験場は四,五年前にごく簡単に調査したことがありますが、柏での講演会は非常に有意義だったようですね。

さて、鎌ヶ谷市史研究14に、藤ヶ谷飛行場の無蓋掩体の写真が掲載されていました。論者は國學院の栗田先生でした。陸軍の掩体は無蓋が多く、あまり残っていないようですね。

こちらにはまたお伺いします。
Re:墜落殉職碑 (森兵男)
2008-02-18 10:21:24
NYさんが、以前書かれていた墜落殉職碑ですが、やっと見つけました。場所が移転していて、探すのに、鎌ヶ谷市郷土資料館の館長以下の方に聞いて、なんとかたどり着けたことをご報告します。
また、碑文もうつしてきました。別途記事としておこそうと思います。

移転した後の場所は、中沢ではありますが、元の場所より南西にいった万福寺近くの自然聖園です。

「故 航空官補 田村弘 荻野義弘 殉職之地」とあり、鈴木竹徳陸軍少将の書によるもの。村人が墜落死した二人に同情して、事故のあった昭和17年に鎌ヶ谷村として建てたという内容が書かれていましたが、一部故意に削られた箇所がありました。それは鈴木竹徳陸軍少将の肩書きである中央(逓信省航空機高等乗務?)員養成所長の一部である。なぜそうしたのか、なにか分からないが、それ以外にも読みにくい箇所があり、ひょっとしたら戦後残っている固有名詞はあえて消したのかもしれません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

松戸市の戦争遺跡」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事