れきしどころ真理庵

江戸時代の江戸を中心に、医学史・蘭学史を調べています。日々の暮らしを歴史からみた写真日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

その後のセンメ、しゅんやプロデビュー♪

2010-10-14 23:15:10 | アート
こんなことをこのブログに書ける日が来るとは思っていませんでした!
しゅんやがプロデビューします!!

彼ら6人の内4人が海外の大学に入学しました。カナダ・トロント大に入学した私の好みのアレックスは、アカペラサークルのオーディションを受け、6人の枠に100人以上の応募があった中、合格しました。

で、今日、日本組のしゅんや君から、凄くステキなお知らせがありました♪
日が迫っているので、今日アップした方がいいと思い、アップします。

しゅんや君が17日(日)午後9時からフジテレビで始まる「パーフェクト・レポート」のオープニングテーマソングを歌います♪♪
http://www.fujitv.co.jp/PERFECTREPORT/index.html

で、ニュースにはこのように載っています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101014-00000020-dal-ent

高校の先輩のVERBALさんが、無名のしゅんやとコラボすることにしたのです!
しゅんやの声は本当に柔らかく綺麗です。
彼はICUに入学し、秋篠宮様のお嬢さんのお学友?というか、同じ授業を受けているとのことです。私としては(しゅんや君のお父様とお話したこともあるので、ついつい親目線で)学業もきちんとね!と余計なことを言いたくなってしまいますが、アーティストとしても頑張って欲しいものと思っています。

コメント (1)

レオニー

2010-08-13 21:54:48 | アート
昨日K氏から映画「レオニー」のパンフレットが届きました。
「レオニー」は11月20日から全国ロードショーされます。
彼は呉服屋の主人役でちょっとだけ画面に登場するそうです。

ところで映画の内容ですが、「レオニー」は、イサム・ノグチの母、レオニー・ギルモアの生涯をつづったものです。
イサム・ノグチは世界的な彫刻家として知られていますが、その天才を生んだアメリカ人女性の波乱に満ちた生涯を松井久子監督が美しく描き出します。

センメを知ったとき、その歌声に魅了された私ですが、同時に「幸せなハーフ」達を観る事ができて嬉しかったのを憶えています。

私が子供の頃にも周辺に(決して数は多くありませんでしたが)ハーフの子がいました。でもその子達は幸せそうではありませんでした。経済的にも大変な中を生きていると子供ながらに思いました。

幸せなハーフを知ったのは、大学に入ってから。国際部には成績も良く、経済的にも恵まれ、その上に美しい彼ら(彼女ら)を羨望の眼差しで見ていました。。。

センメを知ったとき、学生時代に出会った彼らに再会したような懐かしさを憶えたものでした。。。

センメのメンバーを知ってから、是非とも彼らのご両親にお目にかかりたいなと思いました。
彼らが凄く真っ直ぐに育った背景を知りたかった事もありますが、同時に国と国との狭間を生きてきた厳しい環境の中でどのように家庭を営んでいらっしゃったのか知りたかったから。


直接お話をお聞きできたのは(フルの)しゅんや君のお父様だけですが、淡々とお話になった内容はその時その時熟慮なさって最善を選んでいらっしゃるなと感じました。

・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜

「レオニー」の話に戻ります。
今までは考えられないくらい国際結婚が少なかった100年前。
レオニーはニューヨークで一人の日本人青年と出会い恋に落ちます。
彼は日本に帰国してしまったので、彼女はシングルマザーとしてイサム・ノグチを育てるのですが、いさぎよく運命を引き受け、自分らしく生きていこうとします。

レオニー役にエミリー・モ-ティマ。
野口米次郎役に中村獅童と言う豪華なキャストで今から楽しみです
どうぞ皆さんもご覧になって下さい
公式サイト:http://www.leoniethemovie.com/



コメント (2)

今日まで中央区街並み絵画展♪

2010-06-27 02:41:18 | アート
サッカー、日本頑張りましたね!おめでとうございます~♪♪♪

ところで、今年も水曜日から「中央区街並み絵画展」が行われています。
アート晴海という、トリトンスクエア裏手の小学校脇の施設です。
今日までですがおいで下さい。

今年は2点、「私の好きな街トリトンー薫風」と、「芸術の秋(泰明小学校)」が展示されています。
泰明小学校の方は、友人にモデルになっていただきました♪♪
コメント

ネット・フレンズアート展@名古屋

2010-05-02 11:56:17 | アート
5月に入って初めての日記は美術展のお知らせです♪
ネット・フレンズアート展が現在名古屋で行われています♪♪
私も数年前から参加させていただき、いつの間にか常連さんになりました。
今年は名古屋に見に行けませんが、ご近所にお住まいの方、宜しかったらいらっしゃてください♪

□会 期  平成22年5月1日(土)~5月5日(水)
      AM10:00(初日は12:00)~PM5:00      (最終日は3:00)

□会 場   名古屋「文化のみち橦木館(しゅもくかん)」         1階 和室1 ギャラリー
       名古屋市東区橦木町2-18    
       TEL052(939)2850
        要入館料(大人200円)   

出品したものは「ネコのクリスマス」。昨年のクリスマスカードの原画です。時季外れですが、思い出深い作品なので出させていただきました。

展覧会の様子は早速↓にアップされています♪
http://kokute-ru-chigu.cocolog-nifty.com/chigu/2010/05/po...
コメント

トリトンミュージアムでお会いしましょう♪

2010-02-06 13:36:00 | アート
明後日から「トリトンミュージアム」が行われるので、いろいろ準備しています。

昨年12月25日からのことを思うと、「過去からプレゼント」をもらった気分です♪

北村薫先生から問い合わせのあった「江東 ふるさと歴史論文」を調べ始めたのは14年前のこと。翌年それをまとめて「第一回ふるさと歴史論文コンテスト」に出したのですが、発表できるところまでに至りませんでした。表彰式の日、会が終わった直後、審査に当たった先生方から「あれじゃあエッセイだよ。来年までに論文に書き直したら入選するよ」と励まされ、文体を変えて、原稿用紙40枚分を書き直したのが今回の論文です。
14年前。。。私はまだ30代。
当時既に街歩きに参加していましたが、参加者の平均年齢は70代。私は一人だけ図抜けて若く、引率の区の職員と間違われていました。。。
当時「郷土史をやる」というのは年寄りばかり。論文を書いたときも、一部の方から「若い人がそんな年寄りじみたことをするものじゃない」という有り難い(??)アドバイスまで頂きました。。。苦笑
平成10年秋に発表となったわけですが、研究者以外で目を留める人もなく、今日まできました。
ですから、昨年12月の出来事は本当に驚きだったのです!


今回の「トリトンミュージアム」も「過去からのプレゼント」。
「中央区街並みを描く会」で描きだしたのは平成16年。今から6年前のことです。以来住んでいる街と言うことで、トリトンのみにこだわって描き続けました。その「こだわり」が今回の個人ブースに繋がったわけで、トリトンに関わりのある職業人(建築家・園芸家と私)の3人のブースに入れてもらえました♪

十数年前の「一昔」か、数年前の「近過去」かは別として、「過去」からエールを送られたというか、再評価していただけたことを嬉しく思っています。

どうぞ、「トリトンミュージアム」にいらっしゃってください!!!
コメント

東京国際映画祭参加レポート

2009-11-29 00:21:12 | アート
10月に六本木ヒルズで行われた「東京国際映画祭」に参加しましたが、その時のレポートが載りましたので、アップしておきます♪

http://www.academyhills.com/library/affiliate/tqe2it00000aktg2.html
コメント

私のイラストがクリスマスカードに♪

2009-11-23 10:49:13 | アート
出身大学の同窓会はソフィア会といいますが、そこでクリスマスに向けてチャリティークリスマスカードを作りました。

先週木曜日(18日)6枚のカードがセットされて、手元に来ました。(募金をしたことで、分けていただきました)

A,Bセット2種類ありますが、私のはイラスト集の中の1枚で、500円募金していただき、おわけいたします。
卒業生の方は、同窓会の方にお問い合わせいただければいいのですが、それ以外の方でご希望の方はとりあえず真理庵にコメントを入れてください。
リアルでお顔を存じ上げている方にはすぐにお渡しできます。
(お目にかかったことのない方から果たしてご希望が来るか分からないので、その時点で考えさせていただきます)



写真左:正式な出来上がりの形はこうなりました
  (羊飼い猫と三賢猫が切れていたのが見えるようになりました)
コメント

トリトン・ミュージアム終了♪

2009-02-15 00:12:31 | アート
お陰様で昨日で「トリトン・ミュージアム」は無事終了いたしました。
11日には展示された絵の前でHさん、Sさんの贈呈式を行うことができました。
ご覧下さった皆様に御礼申し上げます♪

実は6年前、「中央区の街並みを描く会」に参加するようになったとき、トリトンだけを描き続けていこうと決めました。そしていつかトリトンで作品を発表できますようにと密かに願ったのです。
6年後、今回の「トリトン・ミュージアム」の形で実現し、願ってみるものだと思いました。

昨晩、ミュージアムの終了間際に会場にいました。
間もなく終了。撤収作業をしている人々を観ながら、私の絵がどんな風に梱包され再び区役所に飾られるのか、見届けたいなと思いました。
ブースの側に立っていたら、毎年絵画展でお世話になっている中央区の生涯学習の方々がいらっしゃり、ご挨拶しました。
昨年「銀恋」を描き始めるまで、私がトリトンを描き続けていることは担当者の中では有名な話だったようです。
「去年の鯉のぼりの絵、よく憶えていますよ」と女性担当者から言われました。
5回も連続で参加するとご常連さんも多く、「この人上手くなったね」と、作者である私に気付かずに連れの人と話す人を見かけたりしたこともありました。1年に1度しかお目にかからない人々ですが、嬉しいお言葉です。
業者の人が手際よく私の作品を梱包するのを見届けて、後のことを区の方にお願いしてその場を離れました。

もし来年、またトリトンで「トリトン・ミュージアム」が行われたら、また、どなたかの贈呈式をしたいなと思っています。その時はどうぞご参加宜しくお願いいたします♪
コメント (2)

友人を描く 2

2009-02-14 14:52:48 | アート
もう一人のお友達です♪
この方は私と同じ1月15日がお誕生日です!
ちょっとだけ人生の先輩♪
コメント

友人を描く 1

2009-02-14 14:48:22 | アート
2月11日、会期中のトリトン・ミュージアムの私の絵の前にて、
友人へのイラスト贈呈式を行いました。
二人のうちのお一人の分をお披露目いたします♪

コメント

トリトン・ミュージアム開催

2009-02-05 04:37:32 | アート
昨年「中央区街並み絵画展」に出品した「私の住む街トリトン’08」と「銀恋’08」がトリトンスクエア2Fグランドロビーに飾られることになりました。期間は2月9日(月)~13日(金)までの5日間です。

ご近所にお住まい、お勤めの方は是非ともいらっしゃってください♪
コメント

柴田励司氏を描く

2009-01-31 17:27:04 | アート
先日、恵比寿ガーデンプレイスのCCCのオフィース受付にて、柴田氏秘書のNさんに額装イラストをお手渡しいたしました♪

柴田さんに額装イラストをお渡しするのは、当初昨年末の予定でした。ところが予定していた日(柴田さんご自身は全国を飛び回っているお忙氏なのでお目にかかれるとは思っておらず)CCC(カルチャーコンビニエンスクラブ←TUTAYAのブレーン集団)全員での集まりとかがあるらしく、受付まで閉まってしまい、とうとう年を越してしまいました。
ですので、今回秘書さんが外出予定の時間をずらしてくださり直接お渡しできたことで、肩の荷が下りました。
秘書さんは有名パティシエのToshi Yoroizuka のチョコレートケーキをご用意くださっていて、その上美人さん♪思いがけないプレゼントに嬉しかったです!

後日柴田氏からメールを頂戴し、絵の大きさに驚いた(皆さんこのこと仰いますね。みんなのイメージだと葉書大くらいなのでしょうか?)とのことでした。喜んでいただけたようで嬉しかったです♪
http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20061128/114495/

※柴田励司氏は大学の後輩で、職業としての「社長」を自ら選びマーサヒュマンリソーシングやキャドセンターの社長を歴任した後、CCCの社長に就任なさいました。

コメント

連休最終日、ここまでできました♪

2009-01-12 20:50:49 | アート
お陰様で自画像も8割方完成です。
毎日ご覧くださいまして有り難うございます♪
コメント

自画像彩色2段階目

2009-01-11 23:07:32 | アート
今日も彩色進めてみました。
コメント

簡単な彩色を施しました

2009-01-10 23:56:03 | アート
イラストに簡単な彩色を施しました。
これにもう少し色を重ねていきます。
コメント