れきしどころ真理庵

江戸時代の江戸を中心に、医学史・蘭学史を調べています。日々の暮らしを歴史からみた写真日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国立公文書館周辺を歩く

2008-04-15 07:49:38 | 歴史散策
国立公文書館平成20年春の特別展展示資料「病と医療ー江戸から明治へー」を観に行ったついでに北の丸周辺を歩きました。

東西線竹橋駅→国立公文書館→千代田区役所9階図書館→1階さくらベーカリー→地下鉄九段下駅

私としては蘭方医学関係のものを探していたのですが、全体の中では残念ながらごくわずかでした。35重訂解体新書や、36和蘭医事問答、50聖上再御種痘之儀建言(明治天皇にもう一度種痘の再種を行うように申し上げて頂きたいと建言した文書)が面白かったです。

千代田区はかつて区民だったところです。新庁舎になりましたので、図書館でカードを作ってきました。パソコンが持ち込めるので、仕事するのに寄るという事ができていいなと思いました。(オープン当初目玉だった)「コンシェルジェ」はその割に利用されていませんでした。

短かいですが、以上北の丸散策レポートでした。
コメント