れきしどころ真理庵

江戸時代の江戸を中心に、医学史・蘭学史を調べています。日々の暮らしを歴史からみた写真日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コンサートのお知らせ

2008-07-12 09:02:43 | アート
新しい職場で3週間が過ぎました。
最初の印象の通り静かな日々です。
百年記念館の学芸委員さんと話す機会があり、楽しかったです。
早速翌日お昼休みには向かいの建物である百年記念館に「陶磁器コレクション」を見に行きました。
調子ににのって昨日は「エントランスホールコンサート・ピアノ演奏会」ということで、大学院修士1年生の大竹進君の小演奏会がお昼休みに開かれていたので、聴きに行ってきました。

↓コンサートのお知らせをします♪日曜日なのでご近所の方はどうぞ!

写真は7月20日(日)14:00~16:00に行われる「プロムナードコンサート」のちらしです。
場所:大岡山キャンパス西9号館ディジタル多目的ホール 入場無料!
演奏者・プログラム
 (前半)メンデルスゾーン:歌の翼に
     モーツアルト:恋とはどんなものかしら「フィガロの結婚」より
     ヘンデル:9つのドイツ・アリアより
          第1曲 来るべき未来をはかなく思い悩むことで
          第8曲 快い茂みの中で
     ベートーベン:バイオリン・ソナタ第5番”春”ヘ長調 作品24

  (後半)宮内康乃&つむぎね音楽パフォーマンス
  *前半出演者:宮吉敬二(ピアノ)藤田紀弥子(ヴァイオリン)西野入知穂(ソプラノ)     
コメント

『「瞳」の舞台を訪ねて』講演会

2008-07-05 09:34:55 | 歴史散策
昨日中央区つながりでわん太夫さんと一緒に中央区民カレッジの『「瞳」の舞台を訪ねて』を月島社会教育会館で聴講しました。
現在放送中の連続テレビ小説「瞳」について、舞台となっている月島、地元での講演会です。
講師は尾崎充信NHKチーフプロデューサー。2時間があっと今の面白いトークでした♪

第1部は尾崎チーフプロデューサーのお話。
瞳には4つの柱があるということ。
①里親制度(瞳の祖父は長年里親として子供を預かってきた)
②ダンス(瞳はヒップホップにはまっている)
③もんじゃ(ご存じ月島名物)
④住吉神社例大祭(今年は3年に一度の大祭)
この4つで話が展開しています。

第2部は、尾崎さんと志村秀明芝浦工業大学準教授とのトークセッションでしたが、志村先生は地元月島で生まれ育った方です。お二人はは路地の街月島に魅力について熱く語ってました♪

【月島の生活文化】
①出前文化ー台所が狭いので出前に頼る
②おすそ分け文化ー下町ですから・・・
③声かけ文化ー挨拶は当たり前
④お付き合い文化
⑤縁台文化
⑥掃除文化
で、月島の路地は植木で一杯です!狭い路地(9尺:2.7㍍)の両端に季節の草木が植わっています。

わん太夫さんとは中央区民カレッジつながりですが、カレッジで実はご一緒するのは初めてのこと。私がカレッジに通っていたのは5年ほど前ですし、わん太夫さんは今のメンバー。時間差はありますが、同じようなコースを受講しているのでお話は通じます。
月島界隈の町歩きをというわん太夫さんからのご提案もあり、考えてみたいなと思っております。
コメント (1)   トラックバック (1)