れきしどころ真理庵

江戸時代の江戸を中心に、医学史・蘭学史を調べています。日々の暮らしを歴史からみた写真日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

遠い思い出を探す旅@トリトン→佃

2010-02-11 12:46:44 | 歴史散策
今日は日中雪に変わりそうな寒い雨でした。
そんな中、トリトンミュージアムにMさんがお出で下さいました♪

正直当初Mさんがお出でになった理由が分かりませんでしたが、お聞きして大いに納得。
思いがけず「遠い記憶を呼び覚ます旅」を行いました♪

最初Mさんの妹さんが美大を出のパッケージデザイナーで、理系のMんさんも絵画に興味がおありなのかしらと思いました。そしたらそうではありませんでした!

(ある新年会の時Mさんはちゃんとそのことをおっしゃたらしいのですが、病み上がりの私はすっかり忘れていて)月島・佃島は子供の頃の遊び場だったとおっしゃたのでした!
かつてご親戚が佃にお住まいで、そこに遊びに来ていたそうな。

30年以上の時間を経て、再びその地を観てみようと、レバフライゲットの予定も立ててお出でになったとのことでした。

私が住んだのは晴海でしたが隣町の月島佃地区は週に何度も行き来した場所ですのでよく分かります。
無理矢理Mさんの思い出に便乗させていただきました♪

Mさんの思い出の地は、月島の一番北の端と道路を隔てて向かいになる佃の地域。大きな道路を入ると昔ながらの長屋の区画の地域があります。
ちょっと行けば佃小橋。赤いアーチ型の橋は中央区のスケッチポイントの一つです。
佃小橋付近で小学生だった少年まっくんはハゼ釣りをしたそうな。
目をやると佃の守り神、住吉神社が見えます。
まだ高層マンションなどなく空が大きかった頃。

佃に高層マンション群が林立し、風景は一変しました。
少年Mくんはもういません。。。

鼻の奥がつんとする、懐かしくて切ない思い出歩きでした。
Mさん、ご一緒させていただき有り難うございました♪
コメント

トリトンミュージアムでお会いしましょう♪

2010-02-06 13:36:00 | アート
明後日から「トリトンミュージアム」が行われるので、いろいろ準備しています。

昨年12月25日からのことを思うと、「過去からプレゼント」をもらった気分です♪

北村薫先生から問い合わせのあった「江東 ふるさと歴史論文」を調べ始めたのは14年前のこと。翌年それをまとめて「第一回ふるさと歴史論文コンテスト」に出したのですが、発表できるところまでに至りませんでした。表彰式の日、会が終わった直後、審査に当たった先生方から「あれじゃあエッセイだよ。来年までに論文に書き直したら入選するよ」と励まされ、文体を変えて、原稿用紙40枚分を書き直したのが今回の論文です。
14年前。。。私はまだ30代。
当時既に街歩きに参加していましたが、参加者の平均年齢は70代。私は一人だけ図抜けて若く、引率の区の職員と間違われていました。。。
当時「郷土史をやる」というのは年寄りばかり。論文を書いたときも、一部の方から「若い人がそんな年寄りじみたことをするものじゃない」という有り難い(??)アドバイスまで頂きました。。。苦笑
平成10年秋に発表となったわけですが、研究者以外で目を留める人もなく、今日まできました。
ですから、昨年12月の出来事は本当に驚きだったのです!


今回の「トリトンミュージアム」も「過去からのプレゼント」。
「中央区街並みを描く会」で描きだしたのは平成16年。今から6年前のことです。以来住んでいる街と言うことで、トリトンのみにこだわって描き続けました。その「こだわり」が今回の個人ブースに繋がったわけで、トリトンに関わりのある職業人(建築家・園芸家と私)の3人のブースに入れてもらえました♪

十数年前の「一昔」か、数年前の「近過去」かは別として、「過去」からエールを送られたというか、再評価していただけたことを嬉しく思っています。

どうぞ、「トリトンミュージアム」にいらっしゃってください!!!
コメント