れきしどころ真理庵

江戸時代の江戸を中心に、医学史・蘭学史を調べています。日々の暮らしを歴史からみた写真日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レオニー

2010-08-13 21:54:48 | アート
昨日K氏から映画「レオニー」のパンフレットが届きました。
「レオニー」は11月20日から全国ロードショーされます。
彼は呉服屋の主人役でちょっとだけ画面に登場するそうです。

ところで映画の内容ですが、「レオニー」は、イサム・ノグチの母、レオニー・ギルモアの生涯をつづったものです。
イサム・ノグチは世界的な彫刻家として知られていますが、その天才を生んだアメリカ人女性の波乱に満ちた生涯を松井久子監督が美しく描き出します。

センメを知ったとき、その歌声に魅了された私ですが、同時に「幸せなハーフ」達を観る事ができて嬉しかったのを憶えています。

私が子供の頃にも周辺に(決して数は多くありませんでしたが)ハーフの子がいました。でもその子達は幸せそうではありませんでした。経済的にも大変な中を生きていると子供ながらに思いました。

幸せなハーフを知ったのは、大学に入ってから。国際部には成績も良く、経済的にも恵まれ、その上に美しい彼ら(彼女ら)を羨望の眼差しで見ていました。。。

センメを知ったとき、学生時代に出会った彼らに再会したような懐かしさを憶えたものでした。。。

センメのメンバーを知ってから、是非とも彼らのご両親にお目にかかりたいなと思いました。
彼らが凄く真っ直ぐに育った背景を知りたかった事もありますが、同時に国と国との狭間を生きてきた厳しい環境の中でどのように家庭を営んでいらっしゃったのか知りたかったから。


直接お話をお聞きできたのは(フルの)しゅんや君のお父様だけですが、淡々とお話になった内容はその時その時熟慮なさって最善を選んでいらっしゃるなと感じました。

・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜

「レオニー」の話に戻ります。
今までは考えられないくらい国際結婚が少なかった100年前。
レオニーはニューヨークで一人の日本人青年と出会い恋に落ちます。
彼は日本に帰国してしまったので、彼女はシングルマザーとしてイサム・ノグチを育てるのですが、いさぎよく運命を引き受け、自分らしく生きていこうとします。

レオニー役にエミリー・モ-ティマ。
野口米次郎役に中村獅童と言う豪華なキャストで今から楽しみです
どうぞ皆さんもご覧になって下さい
公式サイト:http://www.leoniethemovie.com/



コメント (2)