れきしどころ真理庵

江戸時代の江戸を中心に、医学史・蘭学史を調べています。日々の暮らしを歴史からみた写真日記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ハリーとトント」と長距離バス

2006-11-26 23:56:43 | 副庵主・白ネコ

10代後半のことでしたが、映画「ハリーとトント」を観ました。
老人ハリーと老猫トントがニューヨークから西海岸カリフォルニアまで旅する
ロードムービーで、心に残る作品でした。
(若い頃はどういう訳か渋好みで、地味な作品が好きでした…)
最初ハリーはカリフォルニアに住む息子の処に飛行機で出かけようとします。
ところが空港で猫と離ればなれになることが分かり、
登乗拒否して、長距離バスに乗り換えます。
これが確かグレイハウンド(バス)でした。
単純な私は映画を観てすぐ、アメリカ横断バスの旅を夢見ました。
で、夢に見たことは実現することと固く信じていた私は、
その2,3年後には実際アメリカでグレイハウンドに乗っていました!
前回書いた初めてのアメリカ旅行ででした。

その旅行は語学研修ということもあり、アメリカには3ヶ月弱いました。
お金はないけれど時間はたっぷりある旅でしたので、
日本でトレイルウエイズの全米周遊チケットを買って
それでアメリカを回った記憶があります(グレイハウンドではなかった)。
ですが、一部の路線ではグレイハウンドにも乗れたと記憶しております。
で、「やっと、ハリーと同じになれた!」と、秘かに喜びました!

この旅で一気に語学力が上がったとは思っていませんが、
度胸とベランメ~英語は身に付いたと思っています。

昨秋、GAPのCMの音楽に、アースウインドアンドファイアーの
セプテンバーが使われていましたが、
私が丁度アメリカにいた頃に流れていた曲です。

過去へのタイムスリップの切っ掛けはいろいろなところにあるものですね。

写真は先日行った横浜みなとみらい、
クイーンズスクエアのクリスマスツリーです。

 

コメント (4)

お返事頂きました♪

2006-11-24 17:39:34 | 副庵主・白ネコ

昨日は、嬉しいことがありました♪
「コタツネコ」の作者、青木純さんより、
お返事頂けました!
って、BBSにカキコしてから半月以上経っているわけですから、
御手紙みたいなものですが…。
彼のブログは完全に日記ですので、
その毎日がいかに忙しいか、よく分かります。
芸大の学生が、いきなりクリエーターデビューしてしまったわけで。
ですから、(息子と余り年も違わないこともあり)母の気分♪で、
「こっちのことはいいから、少しでも睡眠時間増やしなさいよ。
で、ちゃんと、食べてるの?」
なんてこと、思ってしまったりします。

aokijun - 2006/11/23 02:39
>真理庵さん
はじめまして、青木です。作品を気に入って頂き、またご友人へのご紹介まで、どうもありがとうございます!恐縮です。
ブログなどでのご紹介・転載でしたら、大歓迎ですので!
そろそろ『コタツネコ』にふさわしい季節になってまいりましたが、今後もどうぞよろしくお願いします。

コメント

コタツネコ~!!!ウォ!

2006-11-06 13:45:26 | 副庵主・白ネコ

晴れに恵まれた文化の日3連休の後、今日の東京は曇っています。
9月に入って間もなくは涼しかったものの、
今年の秋は急に寒くなることもなく、11月なのに半袖をきていたりと、
ちょっと信じられない温かさです。
東京はまだコタツの恋しい季節ではありませんが、
皆様の処はいかがでしょうか?

で、前置きが長かったのですが、
私の好きなネコ君をご紹介したく、季節のことなど書いたわけで…。
現役芸大生の作ったクレイアニメ「コタツネコ」です。
コタツネコはカタカナ表記ですが、
炬燵+猫で、
つまり写真通り、TVを前にネコがコタツに座っていて
(というより本人はどうしても動きたくない!)
TVのリモコンを取ろうと四苦八苦するという、
それだけのことですが、何故か凄く面白いのです!

http://www.aokijun.net/movie.html

実はこれを最初に観たのは、初夏の頃、TV「筑紫哲也NEWS23」でした。
一回ではまってしまい、ググッて、青木純さんのサイトに辿り着きました。
以来、何度となく(真夏の暑い時期に!)「コタツネコ」を観てきました。
息子と同年代の方の作品に、母親といってもいいような年齢の私がはまったわけで、
世代を越えて面白いと、強引に友人に紹介しております。

観てくださった方の中には「あれは猫ではなく、自分です」と、
不思議な告白(!?)をなさる方もおり、
コタツの恋しい季節、我が身を振り返るのには、もってこいの作品です♪

コメント

キティちゃんという白ネコ

2006-10-15 08:55:14 | 副庵主・白ネコ
実家にいた頃の話ですが、
いつの頃からか母は白ネコの小物を
集め出しました。
その頃丁度白ネコを飼っており、
本物のネコに触発されて小さな置物を
買ってくるようになったのかもしれません。
飾り棚の一角には
母のお手製の座布団にちょこんと座った
陶器のネコたちの置物がありました。
娘の私はそんな母を醒めた目で見ていました。
まさかそれから30年後同じように
自分が白ネコグッズを集め出すとは
思ってもいませんでしたから。。。

野ばらちゃんが偶然キティちゃんのプロデュースを始め
勢い私の周りにはロリータキティが増えだしました。

写真は昨日買ってきたキティ根付け。
生きたネコが飼えない
(どうしてもネコの方が短い寿命故先に死んでしまう)
ゆえにこれからも白ネコグッズは増えていくことと思います。
ですので、副庵主に昇格(?!)です!


コメント