青空を見るなら Qメソッド

「どっちが楽?」
「う~ん・・・こっち!」
たったこれだけですべてが変わる。

いやな感情の消し方は一種類しかない

2019-08-06 | メンタルケアと 治療法の訓練

私たちに毎日何度もやってくる感情が一体どのくらい

あるのか、数えることはできないけれど、おそらく1000回

はかるくこえると思う。起きている時間が16時間あって1分に

一回何かを感じれば960回。そう思うと1000回なんて少なすぎる

10秒に一回何かを感じれば5500回ぐらいになるけれど、きっと

そのくらいだろう。私たちの行動はすべてこの感情に導かれて

決まってくるからだ。理屈ではAを選ぶべきだがBを選んだという

様な時、そこには判断の基準として感情がある。いやな気分を

感じる方の選択肢は選ぼうとしてもどうしても手が出ないからだ。

そんなにたくさんある感情を感じる機会に何をしたらいいのか。

自分の中で変化を起こしたいのならこのかってにやってくる感情を

入れ替えなくてはならない。

その「なにをしたら」の部分が意外に簡単で、気分の悪さを解消

したければ、その感情のありかに向かって「優しい気持ちを向ければいい」

ただそれだけが、解決方法。なんだ、そんなことかと感じた人がいたら

やってみればいい。これがそんなに簡単なことじゃないんです。

ほら、もうわかったでしょう?

 

 

コメント