青空を見るなら Qメソッド

「どっちが楽?」
「う~ん・・・こっち!」
たったこれだけですべてが変わる。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

青空をどうやってながめますか?

2013-08-30 | メンタルケアと 治療法の訓練


何の変哲もない青い空に、これまた別に何の形にも見えない雲が

しかも、きっちりと整列しているわけでもなく浮かんでいます。

こんな空を見るとき、どこをどうやって見てますか?

もしも、流れる雲や、丘の上の木立ばかり見ているのなら

強くこんな見方をおすすめします。「青いだけで何にもないところ」の

一点を「ジーッ」と数秒見てください。「意味がない」と思うならなおさらですよ。

気象予報士でも無い限り

   こういうところを見るために空を見上げたんじゃないですか? 


コメント

解放する、受け入れる どっちも同じ

2013-08-29 | メンタルケアと 治療法の訓練


コメントありがとうございました。質問も是非どうぞ。

書いている私も、変な内容だと思ってはいるのです。でも

楽に、数秒で、原因も特定しなくて、いいんですから。

タイトルにも書きましたが、Q点(もう「そういうものがあるんだと」思ってね)

という非常識な意識を持って行く場所があるのです。なんの意味もなく気分が楽になる。

心の中でまったく同じ作業なのに別な名前で呼ばれていること結構多いです。
常識がおかしいんだからしかたない。

「嫌いな人の思い出を解放する。」
「嫌いな人を受け入れる」
「嫌いな人をあきらめる」
「嫌いな人を忘れる」
「嫌いな人を許す」 

 これら、心のなかでしていること全部同じ。(文法は同じじゃないけど)
 そのつもりで心の中を探ってください。(自分自身に聞いてください。
 学者の本は読んじゃダメ。自分で考えてくださいね。)

 でも、謎解きできなくても矢印写真の練習で「ああ!なるほど」と思えると
 思いますよ。よかったら続けて、なれたら、自分の部屋の中が幸せの種だらけ
 だと気づくでしょう。


追伸。
かなり新しい心理学の本をみましたが、、辛いとき、自分の心の傷に塩を塗り続ければ満足
して忘れられるんですって! かなり売れている本らしいので、やってみてください。
どうぞどうぞ。怖いけど証明されてるから確実ですよ。きっと。

コメント

高原の女性像

2013-08-28 | メンタルケアと 治療法の訓練


青空に向かって手をさしのべているこの姿、ポスターにもよく使われている。

さて、この絵の中で見ると「ホッ」とする場所はどこだろう。まあ、たくさんあるのだが

私が決めるならここがいいと思います。ここに意識を数秒間向けると僕の意識はQ点の近くに

移動する。このときホッとする感じはどのくらい効果があるかというと、絶対。です。

この、矢印写真のほとんどに「ホッ」とする感じや、「スーッ」とする感じを得られる人

ならば(あなたは普段まあまあ機嫌がいい人ですね)今までと違うことを確かめて

見てください。心が重い、辛い、ちょっと不安 みたいなとき、この写真で「ホッ」と

してみてください。

不思議と元の気分の悪さ、消えてしまうでしょう? どんな悩みかとか関係ないのです。

人に説明できる必要もない。ただ、いやな感情が一緒に無くなってしまうはずです。

医学的エビデンス? ありませんよ。

コメント

わき役が大切

2013-08-27 | メンタルケアと 治療法の訓練



このトマト、とても小さいんです。直径1cm位にしかならない。

マイクロミニトマト、ただ小さいって言う意味だと思うんだけれど。

プチッとかんだときの味はすごく濃いので満足感がありますね。

赤くなり始めた実が目立つけれど、No2,No3を見るとなぜかホットする。

こころと体の健康にはこちらの方が大事なんですね。

赤い実を見てから、矢印の中をジッと数秒。No2の価値が分かったらいいですね。
コメント

そもそも感情の原因は特定できない

2013-08-26 | メンタルケアと 治療法の訓練


松本市は扇状地、山と山の間から流れ出た土砂が大地を作っているのがはっきり見える。

矢印にふさわしい場所を探って(セミナーに参加した人はなんのことか分かるだろう)

みたら珍しく一番遠い場所にならなかった。何故なのかは誰にも分からないはずだ。


数十年の歳月を経て最初に気がついたのは、高ぶった感情が数秒間でなんの意味もなく

収まってしまう意識の場所。 QuietPoint が相応しいと思い、Q点と名付けたこれが実在

するのなら、感情は「原因に全く関係なく鎮められる」ことになる。私と説明を受けた近隣の人たち

の体験では感情の大小にもまったく関係なくて、いつでも数秒で「ホッ」として落ち着いてしまう。

しかも、大きな感情だから集中力が必要なこともない。電灯のスイッチを消すのに

蛍光灯1本でも100本でも労力は同じ。そういう感じだ。

現在のメンタルコントロールを覆すかもしれないが使い勝手がすこぶる良いから

Q点を意識することがみんなのためだと思う。


しかし、そもそも感情は複雑系の創発現象なのだ。複雑系は同じような要素が寄り集まって

(例えば体細胞など)いるところで、予想できる現象を超えた現象が自発的に起きること。

大声で怒鳴られたからと言って、いやな感じはそれが原因だとは言えないもののはず

つまり、原因はあるけれど特定しようとしても無駄なのだ。

感情が「創発」ならば、何の意味もなく鎮めるのが正しい方法なのでしょう。
コメント