京都みどわいふ

京都府助産師会オフィシャルblog

令和2年度 第2回定期研修会を開催しました。

2021年03月28日 | 研修会

今年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、
第1回定期研修会に引き続き第2回もオンラインでの開催となりました。

教育委員会では今回の開催にあたり
前回いただいたご意見ご感想をもとに、
お申し込みシステムや広報の内容などを見直し
ご希望の多かった録画配信(今回は事前希望者のみ)も
定期研修会では初めて導入しました。

また今回は理学療法士さん、作業療法士さん、
その学生さんまで対象を広げたこともあって、
年度末のご多忙な時期にも関わらず全国の助産師会会員・
非会員・潜在さん含め申込者110名(録画配信希望者を含む)、
当日参加者81名での開催となりました。

今回は「産前・産後のリハビリテーションと体の変化」をテーマに
京都民医連中央病院 リハビリテーション療法課部 
理学療法士 木村 珠 先生にご講義いただきました。

ご勤務の京都民医連中央病院は
複数の分娩取り扱い開業助産師の嘱託医療機関として
長年お世話になる一方、当会会員である助産師も多く所属し
本会とは大変関係の深い総合病院です。

中で先生は2017年から産後リハの教育を、
最初はおひとりでボランティアで開始され、
またその後のBFH取得に向けた委員会の発足時からは委員にもなられ、
特に周産期の女性に目を向けて活動なさっているという点で、
まず助産師として大変嬉しく思いました。
他の産科施設でもこのような取り組みがなされることを期待します。

ご講義は、産前産後の解剖生理から、スライドで示しながら詳しくご説明があり、
切迫早産で長期安静後の出産までの予防的アプローチや、
産後の腹直筋離開・恥骨離開など臨床で出会う可能性の高い症状を
実際の症例も交えてリハビリ経過とともに結果までお話くださいました。

現在は医師の処方により理学療法士さんが介入されるとのことで、
助産師との連携については詳しくお話いただけませんでしたが、
筋力低下や肩こりなどに対する予防的なストレッチなどもお示しいただき、
活動の場は様々ですが皆が明日から使える知見を得られました。

そして助産師が支援の中心となるべき周産期ではありますが、
多職種で母児に関わり継続的・長期的に支援することの有効性も大いに感じました。
今後も他職種と連携しながら広い視点で女性や母子にとってより良い支援ができるよう研鑽していきたいと思います。

年度末のお忙しいところご参加いただいた皆様ありがとうございました。

来年度も魅力的なテーマで魅力的な講師をお迎えし皆様と学びを深めたいと思います。
またどうぞご参加ください!

(文責:教育委員 木村)


妊夫講座

2021年03月16日 | 会館管理

昼間はすっかり春めいた陽気になりましたね。

朝晩で寒暖差が激しいので、ご体調崩されませんように。

 

今日は、3月14日に開催された、妊夫講座のご報告です。

3組のパパママ、2名のパパにご参加いただきました。

 

恒例のアイスブレイク。

予定日当てクイズは、皆さん比較的予定日が近いこともあり、

大いに盛り上がりました。

(※写真は参加者の皆さんの許可を得て掲載しております)

参加者の皆さんの緊張も少しずつほぐれてきます。

 

次に、パパ、ママがそれぞれ分かれてのグループワークです。

お互いに、日ごろの感謝や、心配していたり、気になっているけれど、

なかなか口に出せないことを話されていました。

 

次は胎児人形を用いて、赤ちゃんがおなかの中でどのようにすごしているか、

どうやって生まれてくるかのお話。

 

妊娠後期、お産の時に妊婦さんにするマッサージの練習もしました。

 

休憩をはさんで、沐浴実習です。

赤ちゃんの支え方、洗い方など、皆さん、とても熱心に見学し、実習されていました。

質問も積極的に飛び交いました。

沐浴実習と同時に、妊婦ジャケット体験や、抱っこひもの体験などもされました。

 

<参加された方々の感想>

・具体的に赤ちゃんの世話をどうしていくのか、考えるきっかけになりました。

・コロナの影響で、出産予定の病院ではできない沐浴体験などができてよかったです。

・同じくらいの週数のママたちと知り合えてよかったです。

・参加したことで、生まれてくるのが楽しみになりました。大変なこともあると思いますが頑張ります。

・アットホームで楽しかったです。たくさん質問ができて大変有意義な時間を過ごせました。

 

アンケートには、「産後にも交流できる場があれば参加したい」という意見も多数書かれていました。

京都府助産師会では、感染対策を行いながら、産後赤ちゃん連れでも参加できるイベント(パパプロ講座、ベビーマッサージ、ヨガ、ミニ講座)を実施しております。

産後もぜひご参加ください。

また、妊夫講座、沐浴は、京都府助産師会のYoutubeにも載せていますので、そちらも是非ご覧ください。

皆様が楽しい妊娠生活が過ごせますように。どうかご無事にご出産なさいますように。

 

文責:北支部 塩見

 


妊夫講座のご報告

2021年02月12日 | 報告

暖かかったり寒かったり、変わりやすいお天気ですが、皆様お元気にお過ごしでしょうか。

今日は1月24日に開催されました、妊夫講座のご報告です。

 3組のパパとママ、パパ2名にご参加いただきました。

  

まずは恒例のアイスブレイク!

徐々に皆さんの雰囲気も和らぎます。

※写真は全て参加者の許可を得て掲載しています。

 

皆さんの赤ちゃんの様子をスライドを使いながらご紹介したり、グループワークを行いました。

グループワークでは、

「パパはママに/ママはパパに 感謝していること、リクエストしたいこと」

という内容を話し合ってもらいました。

今回のパパとママは普段からよくコミュニケーションを取られていることがわかりました。

この後、どうやって赤ちゃんはうまれてくるか、お産の流れを動画で観ていただいたり、妊娠期の腰痛や、お産の時に使えるマッサージも練習しました。

 

少し休憩を挟んだら、沐浴です。

 

沐浴するときの必要物品や環境、ちょっとしたコツまで丁寧にお伝えします。 

皆さん熱心に練習してくださいました。

沐浴の順番を待っている間や終わった後は、妊婦体験やいろいろな種類の抱っこ紐を見ていただきました。

 

【参加者の感想】

出産する時や産後のイメージが明確になって大変参考になりました。なかなかYouTubeなどの動画を見るだけではイメージが膨らまなかったものが実際に体験することで大変さが分かりました。

出産が近い方とも意見交換ができて、どんな状況なのかも知ることができました。

グループワークなどで他の方とのコミニケーションが取れて思いを共感できました。

子宮内の赤ちゃんの位置が週数の変化によって変わっていくことをスライドで見ることによって、出産する時や産後のイメージが明確になって大変参考になりました。

 

皆様が無事にご出産されますように。

京都府助産師会では、感染対策を行いながらいろいろなイベントを実施しております。

今度はお子さんを連れて、パパプロ講座やヨガ、ベビーマッサージにいらしてくださいね。

 

助産師はいつでもママとパパをサポートします。

どうぞお気軽にご相談ください。

 

中支部 竹下


「仕事復帰と母乳育児」ミニ講座

2021年01月21日 | 会館管理

暦の上では大寒を迎え、まだまだ寒い日が続いております。

寒さは厳しいですがお天気には恵まれ、会館にて「仕事復帰と母乳育児」ミニ講座を開催させていただきました。

2組のお母様とお子様、寒い中ご参加下さりありがとうございました。

感染には細心の注意を払いながら、少人数でのアットホームな雰囲気の中、それぞれの個人的な相談に応じながら話が進みました。

同伴のお子様二人は、初対面ながら大変仲良くされ、見ている皆が思わずほっこりする微笑ましいご様子でした。

参加された方のアンケートでは、

「仕事復帰にあたり、母乳を続けられるか悩んでいたが、自信を持って続けられるよう背中を押してもらえた」

「人数が少なく、安心して受講できた。具体的にわかりやすく教えてもらえた」

というご意見を頂きました。ありがとうございました。

 

次回は、2月24日「卒乳」をテーマにお話しさせて頂きます。

この時期ならでは!の内容になっておりますので、ご参加をお待ちしております。

 

文責 北

 


会館の大掃除終わりました。

2020年12月19日 | 会館管理

新型コロナ感染症第3波の最中、2020年の会館大掃除は3日に分けて実施しました。
「三密」を避け5人で分担協力して、普段掃除が行き届かないところも
きれいにできました。

12月5日(土) 1階ホールと玄関
    

窓、床、エアコン、換気扇、照明器具など
外せるところは全部外してきれいに…。

12月12日(土) 2階と階段
       

重い家具、事務用品、パソコン周囲、流し台など
とにかく扱いが繊細なものから重量感があるもので作業が煩雑。窓の掃除も危険。 

12月19日(土)

       

残りの外回り。網戸からデッキ、看板、ブロック塀
落ち葉ひろい、泥汚れ、苔までごしごしと汚れを落としました。
日程外でしたが、月曜のヨーガ担当助産師のKさん、
一人で2時間近く玄関前をデッキブラシでお掃除してくださってありがとう!

さっぱりした大掃除後の会館です。



来年は、赤ちゃんやママたちが気持ちよく来館してもらえるように祈ります。
年末年始またまた活動自粛かもしれませんが、皆様、よいお年をお迎えください。
(文責 藤垣 会館管理委員会)