蔵くら日記

人生最後の数年を田舎暮らしで。2004年4月、実現のための行動開始!それは思わぬ展開でスタート・・。今では安曇野三昧

徳本峠小屋へ

2010年08月11日 | トレッキング
徳本峠と書いて「とくごうとうげ」と読む
登山は昨年の槍ケ岳以来だからほぼ1年ぶり

さて
徳本峠に行くには、上高地河童橋から明神を通過して登山道へ。

梓川沿いに穂高連峰を眺めながらお馴染みの景色を歩くと
キャンプ場の人だろうか?椅子を持ち出し梓川のほとりで緑陰読書中。
素敵な景色に断りをいれて撮影させてもらった


その先の水辺では光輝く、まるで映画のワンシーンのような・・・
もし足が不自由になっても、思い出の時空を懐かしむ自由は得られるのだと、思わずシャッターを切る


上高地はいつ訪れても美しい景色を見せてくれる

さて登山開始


せせらぎを渡り


花の時期でないのか、花が少ない登山道なのか、あまりみかけない
 たぶんユキザサ

キホトトギスが珍しかったが画像なし

そして午後1時半頃には峠に到着


テント場側正面から見える穂高連峰


今夜の宿は念願の「峠の宿」
ダケカンバのお爺さんがいる80年の歴史を刻む山小屋だ



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« アンデスメロン第1号 | トップ |  徳本峠から槍見台へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マムート)
2010-08-15 22:10:29
水辺の画像いいですね。
ちょっと古いアメリカ映画に登場するような、素晴らしい”人生”が見えるシーンです。
水辺 (蔵くら)
2010-08-16 14:10:08
マムートさん、コメントありがとうございます。
水面がもうすこし高ければ、木々の影がもっと美しかったでしょうね。
団体行動の中でのこの撮影画像はちょっと自画自賛
です。

コメントを投稿

トレッキング」カテゴリの最新記事