蔵くら日記

人生最後の数年を田舎暮らしで。2004年4月、実現のための行動開始!それは思わぬ展開でスタート・・。今では安曇野三昧

切手のマナー

2016年08月25日 | 暮らしの積み木

子孫を残すため、盛んにどんぐりを地上に落としています。
左はナラ 右はクヌギ 


郵便切手の貼り方作法です。

郵便局では「お願いします」の範疇だから、一般にはなかなか目に留まらない。

縦型封筒なら切手は左上

横型封筒なら切手は右上

ですって。

理由は
郵便の消印作業は機械。しかし横書き封筒の左側に切手が貼ってあると、機械が読み取れない。

つまり
消印を押す機械は、縦長封筒の切手の位置を基準に設定されており、横長封筒も縦にしてセットされるからです。

横長封筒で左上に切手が貼ってある場合、消印は手作業になるわけ。

アウトではないけど、マナーとして守れば郵便局員のお仕事がスムーズになりますね。

定型外の大型封筒を持ち込んだ時、窓口では特に「今後は切手をここに貼ってください」
とお願いされたことはないなぁ。

今度 聞いてみよう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ディズニーランド

2016年08月22日 | 安曇野を離れて
かねてから孫娘と約束のディズニーランド行き。
ちょうどよい年頃4年生の2016年夏。


いやはや難行苦行!
夏休みは大変と聞いていたが、最高気温37度の日。結果的には予想より問題なく過ごせた。
事前に調べた出し物や観賞は、かなり限定し
それより台風5号とニアミス状況の中で、キャンセル料におののきながらまずはクリア、
に安堵。


1日目は
全体を見回すモノレールに乗り、歩き回り、事前に調べていた「ぜひほしい」ミッキーグッズをゲット。
本人は意気揚々と楽しんでいた。




いわゆるライドというアトラクションには興味を示さなかったので、穏やかに過ごせた。
夜のパレードも、まぁ賑やかにぎやか。
たまたま居合わせた場所から本人納得の観賞ができた。
夜の散策用に持参した浴衣と下駄でご機嫌でした。

2日目午前中
事前に座席予約済の、夏祭り水かぶり「パレード・彩涼華舞」は予想以上に水を浴びせられ、
レインコート類を着用するも、孫娘はズブヌレを楽しんでいたので一安心。

しかし、あの放水量は半端じゃありません。
写真撮影なんぞまったく不可。パンフレットからイメージとして拝借。


初めての体験でもあり、今後いつ来れるかもわからないので、2dayチケット+宿泊キットを利用した。
なんせ物価高に驚き、飲食店も土産物屋も軒を連ね、さらにどの店にも人が溢れかえり、
商魂たくましい施設ではあるが、リピート率の高さが証明するようにスタッフの熱意には
頭が下がります。

このイベントを挟み、都合2週間の滞在にはいささか閉口。
「孫は来るも嬉し 帰るも嬉し」
いつぞや出会ったこのフレーズ

実感しました!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

浦島太郎

2016年08月21日 | つれづれ思うに
白髪染の利用制限に舵を切って半年。
人は慣れという感覚に助けられて生きていることを実感した。

オーバーな!とお叱りを受けそうだけど、私にとっては一大事でした。

ヘナでお世話になっている美容院チャロさん
出来るだけ自然なグレー混じりから白髪に移行するようにお願いしたのだ。


先日、旧知の大阪の友人達を前に帽子を脱ぎ「浦島太郎になったよ」

一瞬何事かと驚いたが「綺麗だー」「草笛光子みたい」
顔と身長は除外して・・・・



時々は固形ヘナ剤をパフでカバーする手法も併用しているが、
永年のヘアカラーから徐々に解放される気分を味わっている。

人によってはなんでもないことなんだろうけど、悩んでる人は多いはず。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おどし

2016年07月30日 | 暮らしの積み木
お気に入りの古ぼけたキャップに、オリジナル書体で刺繍を施していただいた。

キャップというよりマリンキャップに似るかな。
母は、紅衛兵の帽子みたいで好きじゃないと嘆くが・・・


31日に関西で所用があり、早朝出かける予定だ。
この件を知った元居住していた住宅の友人が「会おうよ」
続けて
「またいつか・・・と言うのはもう通用せん齢になったんよ」
と脅された

そうかもなぁと納得し、8月1日の午前中に会うう約束をしている。

ありがたいことに、2008年秋に安曇野へ来てくれた2人にも声かけして、
8年ぶりに4人揃ってのランチとなるらしい。

さてお互いの老けぶりは?

大いに楽しんで来ようと思う。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

歩きスマホ

2016年07月27日 | 暮らしの積み木
明け方遠雷を聞いた気がするので、梅雨明けは近い。

群れない
私の信条である。

歩きスマホは、歩きまわるから健康的とはいえ周辺は危険が多すぎる
自身がしなくても相手から危害を受けそう。

今になって、鉄道のホームを禁止にしては?
以前から危険は相当心配されていたはず。

狭い日本で、こんなに無防備でたむろしていたら
近い将来あるとすれば、テロの標的には申し分ない情景だよね。
敵から見れば垂涎もの。
しかも若者がいっぱい!

そもそもポケモンGOがわからん、使ってもいないおばばの真剣な憂いです。

歩き回るなら、歩数計やカロリー消費量や、睡眠不足査定などなどのアプリもセットにすれば?

さてディズニーランドではどうなってんのかな?
入場料が高いから集まらないかね。

我が家の周辺エリアに、
ひょっとしたら上空から見ると、モンスターボールにデザインがちょっと似る場所があるけど、
教えない。
名古屋の公園には負けるけどね・・・・。

こんな田舎には、そもそもクマはいてもモンスターがいるわけないか!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラダック 再会

2016年07月13日 | 海外旅日記
ラダック滞在最終日はレーから南へ下り、2014年に見た景色をもう一度見たくて
スタクモ・ゴンパへ出かけた。

2013年と2014年にお世話になった「ミラズハウス」は、今年度から営業を
休止されていますが、旅行社Mother Earth tours & travels(マザーアース・ツアーズ&トラベルズ))は継続しています。

ご在宅確認はしていないが、せっかく近くを通るのでお訪ねしてみようと、ドライバー君に依頼。
すでに民宿の看板は外してあるので、あたりをつけ道端の小さなお店に尋ねる。
しばらく走って後、下車し木陰から民家を探していたら「●●さ~ん」と背後から声がした。
オーナーご夫婦がわざわざレー方向からUターンして、我々を見つけてくださったのだ。

数分前にすれ違っていたのだがつゆ知らず、道端茶店が「日本人ゲストが探しているよ」と声掛けしてくれたらしい。
小さな村とはいえ、世間が狭すぎるー。
お互いの健在と2年ぶりの再会に大いに盛り上がったが、レーでの所用途中でもあり15分ばかりでお別れした。

ご主人がドライバー君に「あの美しい景色」のポイントを細かく指示してくださったおかげで・・・


遠くの小山頂上が、スタクモ・ゴンパ

曇天だろうが小雨だろうが
旅はいいもんだ、感謝
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラダック 山岳道路

2016年07月05日 | 海外旅日記
帰路、レーの町に向けて出発。

前の車に'alone but happy'のステッカー

ドライバー君と「同感!」でハイタッチ

渋滞
いつもだけど、皆のんき顔で待つ


バイクは多かったが、自転車?
後で判明。チャーターしたドライバーと車に自転車を積み、好きな場所でサイクリングを楽しむらしい

ガードレールなんてありゃしない地道を走る。
恐ろしい

また渋滞




何か所かにショベルカーを待機させているのだろう


やれやれ
遥か遠くの眼下に町が


レーの町は停電中。復旧予定は18時とか。ここでドライバー君とはお別れ。
ありがとね。

結局19時復旧するもほとんどの店は閉店。今夜のホテル近くが開いていた。


停電はストライキだったようだ。
ラマユル・レストランで「ほうれん草とチーズのモモ」を食べるはずだったのに~残念

こんな不便でも楽しいのがインド旅。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラダック デスキット村を歩く

2016年07月04日 | 海外旅日記
翌朝は緑のデスキット村を歩く。
村の入り口には大きなマニ車があり、ここから小学校へスクールバスが出発。
インドは小さな村でもスクールバスが走る。

そしておおむね現地語、ここならラダック語、ヒンディー語やチベット語も。そして英語教育は進んでいる印象を持つ。



3人で学校へ行くという。


ん? このチビちゃんは? 学校内に保育園も併設だそうです。


一人の少女ははにかんでうつむくが、実は前歯が抜けているから勘弁して~って

少年も少女もこのキャップ。
行ってらっしゃい

村内は緑の木々も野菜も豊かに育つ。井戸もあちらこちらに


カラコルム山脈からのショク川とヌブラ川が大地を潤す。
地中から水をとる自然水。先にコックがあり無駄にしない


女性4人にも会ったが、高校生だろうか?通り過ぎてから振り返り並んでくれた


村はずれのこの看板はリゾートエリアの前。
経済成長をとげるインドではインド人の観光熱が高く、乗用車もRV車も、特にバイクの若者を多く見かけた。

テントホテルですね。広い駐車場があり大きなテントが幾棟も並んでいた。
帰国後サイトを見つけました。興味ある方はご参考に
Desert Himalaya


のどかで穏やかな村では、おいしい空気と人の温かさでゆったり過ごした。

昼前にはまた5620mの峠を目指し、同じ道でレーへ戻る









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラダック 緑の谷へ

2016年06月29日 | 海外旅日記
レーから北へ1泊2日のドライブ旅
標高5620mの峠(カルドゥン・ラ)を越えて、ヌプラの谷へ。
穂高の自宅は620m、有明山が標高2268m、レーの町は3500m。
自宅を出た日から4日後には標高差5000mに立つ。
高山病に悩まされることなく、順調にスケジュールをこなせる。感謝!

あいにく曇天が続くので画像は期待なし。

気を取り直して
さぁ7時30分ホテルを出発。ドライバーはLobzang君24歳。
ゆったりのんびりの若者で、私より英語はずっと達者。

高度をあげて




14時30分峠着。
どこの峠でもタルチョがはためく

青・白・赤・緑・黄の旗は、それぞれが天・風・火・水・地を表現する。

下って16時にデスキット村へ到着した。


中心は車と人がごったがえしており、ホテルは村はずれを探した。

私の部屋は2400Rsだが、ガイドやドライバーは大部屋に集め、格安で泊めるシステムのようだ。
高度成長を受けて外国人だけでなく、インド人観光客も増えている。

暮れるのが19時か20時頃なので、デスキット・ゴンパへ。
岩山に立つ。15世紀ころの建造だそうで、こんな断崖によくぞ・・・と感心する


少し下がったところには2010年建造の巨大な弥勒菩薩像(高さ30m)
開眼法要はダライ・ラマ14世が招聘されて行われたいう。




山を下る坂道で小坊主君に遭遇

4歳の修行僧でした。ラダックでドラえもんに会えるなんて



この地から北のフンダルには砂漠があり、ラクダが放牧されているがドライブだけにしてもらった。
風紋は綺麗だが強風だったので、カメラのレンズへの支障を考えて車外には出なかった。

Lobzang君は「インドの印象が変わるよ」ともっと案内したかったようだ・・・ごめんね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラダック レー滞在

2016年06月25日 | 海外旅日記
デリー空港はエア・インディアのハブ空港として、2010年7月14日新装開業。
大きすぎて国内線への移動は大変である。




6月6日7時15分、今回も無事に標高3500メートルのラダック/レーの飛行場に降り立ちました。
プリペイドタクシーで、ホテルへ移動。
初めてエクスペディアという総合オンライン旅行会社を利用し、
レー中心地から車で5分の「ホテル カニカ ヒマラヤンビュー」を都合3泊分の予約をしている。


1日目はレセプションのすぐそばの部屋で、設備は悪いしうるさい。
オーナーは、「フルだから・・・あすはビュー側の部屋を用意する」と弁解するが
納得がゆかないまま眠りこけてしまった。

2日目の朝食は庭にて


体調を整えるために付近を散策。


学校へ向かう子供たちと一緒に学校まで。






20分ほどの徒歩で町の食堂でランチを。
レーの旅行会社「ヒドゥン・ヒマラヤ」紗智さんお勧めの「ラマユル・レストラン」にて。




「チョウメンとスープのミックス」と注文したら、トゥクパでした。
「トゥクパ」とはチベットの「五目煮込み麺」

料理はgoodですが、トイレは遠慮しました。

店内で見かけた張り紙


どうも環境問題の提起らしいことは分かったが、帰宅後の宿題になった

レーには日本とラダックをつなぐ
NPOジュレー・ラダックがあります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加