蔵くら日記

人生最後の数年を田舎暮らしで。2004年4月、実現のための行動開始!それは思わぬ展開でスタート・・。今では安曇野三昧

ミルフォード・トレック 思い出話1

2018年02月20日 | トレッキング
風邪で隙間が空きました。
繋ぎにメモをはさみます

トレックキングと言っても、北アルプスのような縦走では全くない。
マイペースで自由に散策でき、
途中の池で水遊びしようが、川べりの砂地で昼寝しようが自由気まま。
この自由度には大いに感激した。

3日目のマッキンノン峠越えが一番の難所だったかな?700m登り900m下ります。

頂上にてガイド氏撮影

ショートカットしたのは、3日目の帰着後自由参加の「サザーランド滝」の見学。
それなりの凸凹道を往復2時間ばかりといことだったが、帰着時間16:30までなら受付可。
一人参加は”余裕を旨”として断念した。

そして4泊5日のトレッキングツアとはいえ、最終日はミルフォード・サウンドに宿泊し
出発地へバス移動だから、実質歩いたのは4日間。
とは言え、53.5Kは結構歩いたー。

バス移動で出発地に戻るのは、全員だと理解していたいたので眠りこけてしまい、
人の動く気配にあわてた目覚め言葉は「アイスクリーム?」
美味しいアイスクリームを食べられる店があり、一時停車かと寝ぼけていた。

クイーズタウン空港でした。
そういえば、バス乗車の際、ザックを3か所に分別したっけ。
これに似たアホぶりはままありましたが・・・

帰路の空港にて
ニュージーランド航空の国際線と国内線の乗換えが面倒です。
空港ビル内または隣接しておらず、シャトルバスか
徒歩10分離れています。
深夜のビル内で国際線乗り場を探すも、見当たらず。
結局グリーンラインに沿って10分を小走りで到着。

国際線も面倒でした。
電光掲示板にゲート表示がない。
直前にやっと。
慣れた人には何でもないことだろうが焦った。

しかしその待ち時間に楽しい会話ができた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミルフォード・トレック1日目

2018年02月13日 | トレッキング
現地ツア『Ultimate Hikes』は、街の中心にある「The Station」ビル2階。

26日9時ビルをスタート。バスでテ・アナウ・タウンに11時半着。
ランチ後クルーズ船で北へ1時間ほど。




1888年探検家マッキノンさんがミルフォード・サウンド~テ・アナウの山道を、
初めて開拓したと言われているそうです。
その後ここで亡くなったと、記念碑が中州の左端に建てられている。


甲板にて
一人だった私に上品な女性が、英語で話しかけてきた。
ご自分はバイオリニストだということだった。
どうせ長話はできないと思い「英語は話せません」と伝えた。
彼女は「私は日本語は全く話せません」と気遣っていただいた。

さあ下船。消毒をして上陸します。
テ・アナウ湖の北端部へ移動したことになる。

外部から外来種の持ち込みを極度に警戒するお国柄です。


ここから5日間のトレッキングツアが始まる。




1日目のロッジ「グレード・ハウス」へ向け出発。
今日の歩行は1マイル=1.6キロ。20分ほどの足慣らし。

原生林の森を歩くと立ち止まって深呼吸したくなるほど気持ちがいい。


キャハ~、でっかいぞー




今夜のロッジへ到着


1号室

1人参加は女性4人部屋を選択できたのだが、2段ベッドであることやいびきや寝言を
警戒して個室を奮発しました。

ツイン部屋で、水洗トイレとシャワーはあるが鍵はない。全行程同じような仕様でした。

1ツアーは定員50名まで、一ケ国からの参加者は最大24~25名までと制限されており、
国際色豊かなグループとなるように組まれているらしい。
今回、日本からはA社のツア15名くらいと、母と娘の2人組と私。
国別にはアメリカ、カナダ、オーストラリア、イスラエル、台湾、ニュージランド、
ロシアそしてデンマーク?など。
一人参加や夫婦、母と娘など多彩です。

なぜ分かるかって?
夕食後、国ごとに前に出て自己紹介タイムがありました。
「どこから来た何某」でもよい。

自己紹介タイムがあるのは事前に通知されていたので、
『日本から一人で来ました・・・・・ほぉ~とリアクションあり。
名前はなにそれ。
ニュージーランドへは3度目ですが、トレッキングツアは初めてです。
英語はほんの少ーし少ーし少ーしだけ話します。そして身体も小さいです。
どうぞサポートよろしくお願いいたします。』

って感じで練習してきた英語で臨み、ちょっと受けました。

今思い出すと ”旅の恥はかき捨て”ではあります。















コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

美しい散歩道へ4

2018年02月08日 | 海外旅日記
25日 夕刻クイーンズタウンのビルで事前説明会
26日 バスで9時発。トレッキングスタート地点テ・アナウに向け出発しました。


30日 4泊5日のトレッキングを終え、ミルフォード・サウンドのホテルを出発。
バスで5時間かけ、出発地のビルへ向かう。
途中クイーズタウン空港で停車し、欧米やオーストラリアからの参加者は
それぞれの国へ帰国して行きました。

私は初日のロッジからバゲッジを引き上げ、当夜宿泊のモーテルへ。タクシースタンドから移動。
こちらはやっとキープできた部屋なので仕方ないが地下階だった。
ご夫婦と、食堂からのロケーションはなかなかのロッジでした。




翌日は湖畔を散歩しながら街へ繰り出した。

次頁からトレッキングあれこれ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美しい散歩道へ3

2018年02月05日 | 海外旅日記
クイーンズタウンの空港へ到着。
成田発の欠航による1泊分が減ったのは残念だが、気持を切り替えてスタート。
市内への交通手段はタクシーや一般路線バスもあるが、ホテル前に行くシャトルを利用する。

数人の客が集まったところで出発。
$20で ローモンドロッジLomond Lodge Motel & Apartmentsへ。


車と泊まる「モーテル」。設備はシンプルながらミニキッチンがあり、角部屋でかなり快適だった。




なによりフロントの若い女性が、はきはきゆっくり話してくれるので、とりあえず会話は成立していました。黒人の方でしたが、かなりの美人でありました。
トレッキング帰着日の夕刻までバゲッジを預かってもらう。

このホテルと最終日のホテルは、この街の観光案内所
QBOOKさんにお世話になった。
中心地から少し外れるが湖畔に近くしっかりした土産物屋や飲食店が多く、ぶらつくには良い場所だった。

何よりメールも電話も日本語対応。
そしてハイシーズンの予約が難しかった時期にもかかわらず、きめ細かい配慮を頂いた。
ありがたかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美しい散歩道へ2

2018年02月04日 | 海外旅日記
出直しフライトは、成田発10時。
フライト名NZ6070  つまり臨時便です。


空港は閑散としていた。

結局トレッキング前の、クイーンズタウン滞在初日のホテルはキャンセル。
サマーシーズン中やっととれたのに・・・もちろん返金なし。う~

席前の画面もすっかりスマホのように指でスライドです。


深夜に到着のオークランド空港では、ニュージランド航空手配のバスが待機。
4時間ばかり休憩ができるホテルと翌日朝発の国内線ターミナルへ運んでくれるって。

ドライバーは今では珍しい顔に彫りのある、誇り高いマオリ族です。
結局彼はホテルの敷地内で車内睡眠し、われわれ日本人観光客16人をサポートしてくれました。


クラブツーリズム社の元気な女性添乗員さん。
このメンバーはクイーンズタウン到着後、別のトレッキングツア(ルートバーン・トラック)に行きます。

追記
予約している航空会社に事前登録すると、欠航や遅延など情報をメールで知らせてくれるサービスがあるそうです。
詳細はまだ確認していませんが・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

成田空港混乱

2018年01月24日 | 携帯投稿
渋谷で前泊し、余裕綽々と23日18時のフライトに臨んだ!

にもかかわらず、前日のフライト混乱に、私の便は欠航となった。

翌24日午前10時便にと確定されたが、空港近辺のホテルは満杯の情報。
前泊の「渋谷ホテルえん」に予約。スゴスゴとエクスプレスで戻った。
現在24日午前6時40分。
真っ赤な朝日が昇り、出直しモードを歓迎してくれている。

さて…と
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美しい散歩道へ1

2018年01月22日 | 海外旅日記
世界で一番美しい散歩道と言われる
ニュージ-ランド
ミルフォードトラック

35年越しの夢の実現へ。
これを最後に大きな山も厳しい海外旅行もスパッと終わる!

つもりの大仕事

一人参加なので海外ツアを選び「google翻訳」の世話になりながら申込み、
23日にスタートします。

今日22日は前泊日として、上野の西洋美術館へ。
明日午前中は渋谷ユーロスペースで上映中の映画「世界でいちばん美しい村」
を観賞して空港へ。

長野(21日)で見逃した映画を、偶然拾うことができました。

美しくないおなごが、美しづくしの旅に出かけます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Kids BedBox

2018年01月05日 | 暮らしの積み木
子連れの海外旅行に超便利

詳しくは
JET KIDSの楽しいホームページで。

ゴロゴロ運び、子供がまたいで乗れば空港内の移動もOK
機内の座席ではベッドになる。

イメージ:ホームページから拝借


スペック
商品名 BedBox ベッドボックス
用途  ライドオンスーツケース・ベッドボックス
付属品 本体・マット・ストラップ
耐荷重 35kg
重さ  3kg
サイズ <本体>奥行48cm×幅20cm×高さ40cm
    <設置時>高さ41~46.5cm(5段階調節)
    トレー長さ20~28cm
製造  台湾
マットレスは手洗いで洗濯可能です。乾燥機は使用不可です。

日本正規輸入販売店
(株)スマートトレーディング
福岡県福津市西福間2-8-24
TEL 0940-72-5509
OPEN 10:00-12:00、13:30-16:00

探してみると
amazon他で購入可。

レンタルなら  
DMM いろいろレンタル がありました。

ご参考になれば・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぶら穂高

2017年12月23日 | トレッキング
わが町に新しい発見を見つけよう。

穂高神社から大王わさび農園方面をめざす。

途中でぶっらと左折。

畑に稲わらを三角にかぶった松本1本ねぎ。防寒できて抜きやすいのかな?
早速私のネギにも応用してみた。

畑の向かいのお宅入り口に、高さ1メートルほどの石碑がある。
『無私風来の自由人』


自由人の文字右下に小さく『臼井吉見 評』?とも読める。
家の裏に男性の人影、先ほどの”わらネギ”製作者のご自宅でした。

しばしお話を伺う。
横山拓衛さんの生家でした。

碌山美術館ファンならきっと横山拓衛さんをご存知!
美術館でー今風に言えばーもろもろの雑用をとても起用に一手に引き受けていた方です。

その方の生家だったのです。

臼井吉見著「安曇野」の最終巻に、その名前が刻まれているそうです。
(余りの大作に、挫折したもので・・・)

横山拓衛さんは池田町広津地区に伝わる野仏像「なまくら観音」を見て、
本も書いています。
図書館では現在貸し出し不可。

”ぶら池田”へそそられる、散策でした。

自宅へ戻る道から

まもなく厳しい冬到来
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

凍結防止カバー

2017年12月17日 | 暮らしの積み木
愛車のフロントガラスカバーを購入した。
毎年こびりついた雪外しに苦労していたので、決断!

 amazonサイトから拝借

カバーを外すと


今の粉雪だと使い勝手は良いが、さらに積雪が多くなった時
ドア上や後ガラスなどの凍った雪を落とすには、結局ぬるま湯が必要だろう。


かと言って
このタイプと迷ったが
 amazonサイトから拝借 

とりあえずドア上部は隠れる。
しかしジムニーではルーフレールが邪魔になる。

購入時外せるとは知らず・・・・
しかし今となっては、広い駐車場で見つける時おおいに役立っていることも確か。

ひもをドアに挟むので盗難の心配無用。
凍結防止 日よけ 落ち葉 と今後の活躍を期待しよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加