日向ぼっこ残日録

移り気そのままの「残日録」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三木市 伽耶院の紅葉

2017年12月03日 17時50分29秒 | 写真日記
三木市 伽耶院の紅葉
大谷山 大谿寺 伽耶院


もう紅葉も終わりと思ったが・・・朝から、日差しが暖かかったので出かけた。

ユニークなお寺の紅葉は、見たかったのである。


入山料は、「草ひき10本」とある。

水子供養は、裏山に人形なども供えられて一種異様ではあるが、これも愛情なのでしょう。
コメント (1)

紅葉を見に行く

2017年11月29日 06時42分30秒 | 写真日記
小春日和」に誘われて「播州清水寺」に、家内と、もみじを見に出かけた。

11月28日(火)9時30分~
車の中は、少し汗ばむという陽気で、窓を開けて走るというくらいであった。
行程は、40Kmくらいと思うが、回って進む田舎道ゆえに1時間20分くらい掛かった。





車のゲート(料金500円)を過ぎてからも、3Kmも登って駐車場に至る山の上に「播州清水寺」がある。

紅葉は、山一面というわけではないが、赤や黄色やグラデーションに彩られたものがあって、美しいものであった。
こんなに山を登る「お寺さん」は、珍しく、徒歩での参詣は、車のない時代は大変な修行のようなものだったと思われます。

帰りでの昼食には、少し困った。火曜日が休業の店が多いのである。西脇市まで帰っても、入り口のベンチで座って待つという
面白くない展開になった。
少し遠回りであったが、三木市の「道の駅」で野菜(サツマイモ、大根、小松菜)やせんべいや(餅菓子)、搗き立ての餅も買った。

そして、老人の一日が無事の過ぎただけだった。少し嫌なことがあった「25日」のことは忘れよう!




コメント (1)

コスモスを見に行く

2016年10月10日 17時57分03秒 | 写真日記
10月10日、祭日ということでコスモス畑を見にいった。家内と二人。
咲き方は、9月の日照不足で遅れていた。一面のコスモス畑は遠くから見ると花のじゅうたんとなってきれいだった。

簡易のテント張りの売店で、これも楽しみの一つである農産物の品定めをする。

数本の枝豆の束(黒豆)と、かぼちゃ(菊かぼちゃ、古来のかぼちゃで、菊花のように7~8本の盛り上がりが谷によってある)
や、栗入りの赤飯をかった。ついでに栗(500g)も買った。



コメント (1)

掻い掘り

2016年10月02日 12時48分05秒 | 写真日記
かいぼり。近いところで生まれているのに(15kmくらい)聞いたことがない。しかし標準語らしい。
加古川市志方町西中の新池に行った。農業ため池を農閑期に池の水を落として、フナやコイなどをとる行事で、子供たちの楽しみでもある。
「池さらえ」や「樋おとし」ともいう。


取ったぞ~!

おにいさん~!助けて~!

など、にぎやかな魚取りになったので、楽しい日になったことでしょう。衣服の汚れはお母さんの苦行でしょうが・・・。
コメント (1)

ああ!高校野球

2016年07月21日 15時53分18秒 | 残日録


相手校の圧倒的な選手層(スタンドを埋め尽くす背番号のない選手たち)と鍛え抜かれた守備力によって敗れた。
2対7である。途中ひょっとしたら・・・・と感じさせたのはなんだったのでしょう?
10番台の選手たちと8番を背負った投手によって敗れた。

姫路高校校歌
1.我が姫高はむつみあい 自由と自治を重んじて
文化国家の建設に 斉しく心を傾くる

2.天下に響く白鷺城 広峰、増位の山緑
海の景よき播磨灘 郷土の美をば讃えなん

3.輝く星を仰ぎ見て 希望は高し将来の
大成を期し携えて 学びの道を辿るべし

4.清明率直意気揚り 信ずるところを実践し
人類愛を旨として 我が姫高は進むなり


三木露風の作詞と平井庚三郎の4番をそれまでと違うメロディーにする工夫によって
類いまれな「名校歌」となった。

75歳のkunio_nikkiの高校野球の応援も終焉を迎えようとしている。
この愛していた校歌を一部失念していたのである。

ありがとう球児達よ!それぞれの青春の1ページを彩った日々を老人に贈って頂いたことに感謝いたします。
コメント (1)

夏の高校野球

2016年07月19日 07時51分46秒 | 残日録
kunio_nikkiは、高校野球地区予選を見に行った。

兵庫県高砂球場にでかけた。
梅雨明けが宣告された所為でもないだろうが、本当に倒れそうになる日差しであった。
県農業高校と市姫路高校の3回戦である。
試合は白熱の試合経過で2対2で延長戦にもつれ込んだ。
幸いにも、姫路高校が11回サヨナラで延長戦を制した。3対2。

老人ボケのせいもあるが、忘れかけた校歌を思い出しながら、時々まちがえながら、歌った。

そうだ、昭和35年(1960年)の卒業だから、56年も前になるのだから・・・・。

腰の痛いのも忘れて、2時間40分の荒行にも耐えた。家でテレビをみるのさえ寝転んでみる、ていたらくなのにである。

次戦は21日 12時30分 から・・・・対三田松聖・・難敵だ。体力が回復しているだろうか?


 作詞 三木露風   作曲 平井康三郎

1.我が姫高はむつみあい 自由と自治を重んじて
文化国家の建設に 斉しく心を傾くる


2.天下に響く白鷺城 広峰、増位の山緑
海の景よき播磨灘 郷土の美をば讃えなん

3.輝く星を仰ぎ見て 希望は高し将来の
大成を期し携えて 学びの道を辿るべし

4.清明率直意気揚り 信ずるところを実践し
人類愛を旨として 我が姫高は進むなり

コメント

楽しいひな祭り

2016年03月04日 16時27分05秒 | 写真日記


ひな祭りが遅くなってしまった訳ではない。
お供えも3度目となった。
60日もアップしないと、パスワードも忘れるし、・・・・・。

少し余裕ができてきたので、ガンバルことにしよう。
コメント (1)

干支 置物

2015年12月20日 12時03分05秒 | 写真日記
2015年も、いよいよ押迫ってきた。

まだ、新年の飾りでもないでしょうが、招福「申歳」(薬師堂窯)を出した



あまり良い年でもなかったので・・・・。
作者によると、「魔が去る」とか、「勝る」ということで、大変演技の良いものらしい。
なんと、年賀状の準備もしていないのにである。
テンプレートを利用するしかない時期になってしまっている。残念だ!

写真撮影も随分と、ご無沙汰なので、来年度は、ガンバルゾ!の意気込みである。
コメント (1)

麦秋のとき

2015年05月17日 18時38分56秒 | 写真日記

canon 5D Ⅱ f7.1 1/400秒 iso 100 105mm(24~105mm)



canon5d Ⅱ f9 1/200秒 iso 100 60mm(24~105mm)

夕日に向かっていて、逆光の麦畑は、黄金色に輝いていた。

こんなに麦作が盛んな地域は珍しい。この時期は「麦秋」(ばくしゅう)と呼ばれていた。季語でもある。
初夏の夕日の中にひときわ輝いて、すばらしい眺めであった。
コメント (1)

ルピナスを見に

2015年05月14日 10時52分34秒 | 写真日記
「近所の畑にルピナスが咲いた」の便りに(風の)見に行った。


スマホ利用1300万画素 長寸を500ピクセルにリサイズ

この場所は、同じ花色が多かったので、逆光を利用して輝きをましてみた。
コメント (2)