きらくなたてものや

楽しむ、楽しい、いえづくり、まちづくり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

風土と伝統が作る本物の食の世界

2006年05月13日 | ピスカリア
今日は葉山芸術祭出展の最終日。
今日はピスカリアにて、ナチュラルハーモニー河名秀郎さんの「風土と伝統が作る本物の食の世界」という題でお話をいただいた。

ナチュラルハーモニーは、ピスカリアで使う野菜の出身地だ。

あいにくの雨だというのに、たくさんの方にお集まりいただきましてありがとうございました。



河名さんの話は何度となく聞いているけれども、休憩もなく約3時間にも及んだその話は、その時間を感じさせないほど、心揺さぶる、興味深いものだった。

野菜の話、食の安全の話、‘栄養’の話、醗酵食品の話…、それぞれ何が本物なのかを示唆いただいた。
そして河名さんの主張を自分なりに総括すると、

・自然界をよく観察する
・自分の感覚に素直に
・自然界の恵みを心していただこう

ということになろう。

これは食だけではなく、生き方にもつながる話である。
いや、食の話だからこそ、生き方につながる話なのであろう。

今回のように、衣食住、心地よい暮らしの提案を随所でしかけていければと思います。

それと、連休中に2階で開催していた建物に関する展示ですが、諸事情で本日は開催できませんでした。
それ目当てにお越しになった方もいらっしゃったのに、たいへん申し訳なかったです。

・・・・・

講演終了後、ご参加いただいた一部の方と夕食をピスカリアで。
今日は昼食もここでとったので、2食連続でピスカリアだが、全く飽きない。
イタリアン(「シチリア料理店」ですけどね)というとけっこう胃にもたれることが多いが、ピスカリアの場合は油がいいのか、まったくそんなことはない。
むしろ、食後爽快感を覚えるほどである。

いつものとおりいろいろなメニューをいただいたが、今日はとくに、たぶん今春最後となる海老のバベッティーニと苺のジェラートを楽しむことができてよかった!



コメント   この記事についてブログを書く
« まちをおもしろくしよう | トップ | 気ままに話し合うということ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ピスカリア」カテゴリの最新記事